マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【SPG】遂にライフタイムプラチナプレミア750泊へ到達!

遂に念願のSPG(マリオット)ライフタイムプラチナプレミア基準に到達しました。

ライフタイムで通算750泊+プラチナ10年というのがその達成基準ですが、10年かかっていずれもクリアして生涯プラチナプレミア会員基準へと到達しました。
プログラム統合前の2018年3月に旧SPGにて最上位であるライフタイムプラチナに滑り込みましたが、新制度ではプラチナプレミアというライフタイム基準ができたこともあり、ライフタイムプラチナでは最上位ではなくなってしまいましたが、2018年12月いっぱいまでに750泊へと到達すれば付与されるという緩和策が出てきたためにこの恩恵を受けることになりました。

sIMG_3130.jpg sIMG_3129.jpg


航空会社のステータスに置き換えるとライフタイムダイヤモンドという感じでしょうか。
JALならばJGC(ANAならばSFC)を得てライフタイムでワンワールドサファイヤ(スターアライアンスゴールド)を得られますが、飛ばなければ、年度ごとのステータスであるダイヤモンドなどを失うことになります。ホテルのライフタイムの場合は生涯最上位のステータス(SPGの場合はライフタイムプラチナプレミア)ということになります。


現在のMarriottにおいてはこれ以上のステータスはなくなります。
そのためホテル遊びで資格を得るということに関してはこれにてひと区切りとなりました。
これからは年度ごとの会員ステータスを意識して宿泊数を重ねないといけないということがなくなるからです。これからはもっと自由にホテル選びをすることができるようになります。ただ、現在SPG(Marriott)ホテルにて得られるベネフィットというか大事にされ感を考えるとやはりホテルを探すときはSPG(Marriott)をファーストプライオリティに選ぶことになると思います。

ホテルのベネフィットは会員ステータスで決まっていますが、表には出てこないベネフィットがあります。私も詳しく書きませんが、一つだけ言えるのはホテル遊びはスマートにありたいということ。ホテル遊びの師匠様に教わってきたことをこれからも忘れないようにしていこうと思います。


プラチナ10年750泊。ずいぶん長かった。
プラチナ会員を10年続けるのは正直なところ大変です。750泊どころかホテル生活は1500泊になりますので、どんな快適なホテルでもさすがに疲れてしまいます。
荷物は最小にして出張しますので、仕事のために必要最低限のものしか持ち歩きません。ワイシャツや下着の在庫やローテーションを気にしながら暮らしてきました。今週は2泊でいいなと思って2泊分の着替えを持って出張すると3泊、4泊へと変更になったりします。今夜も泊まると思っていても出張先からさらに出張するということになってしまうこともしばしばで、荷物をホテルの部屋に置いたまま仕事には行くことができません。部屋も当日予約、当日キャンセルということも出てきますので、なかなか苦しいことが多いのです。
以前のようなホテル価格の信じられないような高騰だとか連日の満室御礼で全く空室がないということはあまりなくなりましたが、泊まるところがないまま出張に出かけるというのは今でも時折あります。
なんとかなるさと思わないとやっていけない出張生活です。

今しばらく出張生活は続きます。
どうせなら楽しく出張しないとこんな生活は続けられない。
仕事を通して遊ぶ。それが長続きのコツかもしれません。

SPG(マリオット)ライフタイムプラチナプレミア会員資格に到達しましたのでひと区切りとなりました。
この資格付与は2019年1月になりますが、これからもこれまでと同じようにゴキゲンな出張生活を送れればいいなと願っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事
スポンサーサイト



【SPG】ライフタイムプラチナプレミア(LTPP)はどんなカードになるんだろう

スターウッド(SPG)で今期120泊、通算750泊を目指しています。
ライフタイムで750泊基準ができましたのでやはり年内に到達しておきたい。

私の場合、そもそもプラチナ10年500泊が目標でした。これが最終的なゴールでした。ただ、M&Aでの売却先がMarriottに決まった段階でライフタイムステータスも750泊基準に切り上げされることが予想されていました。指南していただいているSPGライフタイムプラチナの先輩方々が500泊を超えてなお宿泊を積み上げていらっしゃいました。そして750泊基準を超えて今なお1000泊を目指していらっしゃいます。
プラチナ10年になった段階で500泊で良いのに、656泊とオーバーステイしていたのはそういう背景があります。先輩たちのヨミとアドバイスは正しかったのです。

sIMG_0770_20180513040904c25.jpg

今の目標は、ライフタイムプラチナプレミアです。
健康で仕事を頑張れれば、年内には到達できる水準です。がんばって仕事するぞという励みにもなります。
例年150泊前後していますのでそのうち120泊をSPGにすれば到達できる水準です。全てをSPGにできないのはSPGホテルのないエリア、例えば福岡などに行くことがしばしばあるためなのですが、それが悩ましくもあります。

達成できそうなところに到達ラインがある。そうとなれば目指したくなるものです。
今期も残すところ7ヶ月。60泊前後せねばなりません。十分に到達できるラインです。


ライフタイムプラチナプレミア、いったいどんなステータスカードになるのでしょうか。
素材はチタン? 今と同じような金属素材?
SPGの文字は消えてしまうのが残念ですが、まぁ、なんでもいいのです、到達できればいいなぁ、楽しみです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


関連記事

【SPG】ライフタイムプラチナプレミアの変更

スターウッド(SPG)のプログラム変更に関して、最近は本当に騒がしいですね。
それだけファンが多かったということなのか、統合でどういう風にステータスが変わって行くか気になるし、それともアフェリエイトでの煽りのせいなのかわからないですが、いつの間にか注目のホテルプログラムとなっていることはたしかです。

ライフタイムプラチナの変更がアナウンスされています。
当初からちょっと中途半端なアナウンスでしたが、少しだけ具体的に発表されていて、おまけにちょっとうれしい設計になりました。


2018-05-12185552.png

詳しく見てみると記載がありますね。

2018-05-136.png



先のアナウンスの際には、ライフタイムに関してはゴールドとプラチナしかありませんでしたが、やはり予想通りライフタイムプラチナプレミアというステータスが設定されました。


【SPG】このライフタイムはきっと何かあるね


2018年12月31日までにプラチナで750泊と10年間に達する会員は、ライフタイムプラチナプレミアのステータスになります。このライフタイムプラチナプレミアの資格には2019年以降は取得できないということのようなのでそれがよくわからないのですが、今期に750泊には到達しておくことには大いに意味があります。
まだまだライフタイムの制度についてはベネフィットなどを含めてわからないことが多いのでこれからもアナウンスもあることでしょう。



マリオットに統合されると聞いた段階で750泊まで到達することを目指していましたので、このライフタイムプラチナプレミアにはなんとか到達したいと思っています。統合が遅れたことも幸いしましたがなんとか滑り込み到達ができそうです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事

【SPG】このライフタイムはきっと何かあるね

ずっとロードに出ていることもあり、PCもないのでなかなかSPGの情報のキャッチアップもできなかったのですが、やっと週末になりWEBサイトを見てみました。

気になるのはライフタイムの制度です。
私はYearlyでの宿泊は現役ビジネスマン生活の期間がそう長くないのであまりに気にしていません。たまたま今は出張生活者なので年間100泊を超える多頻度生活ですが、それもこの1年とか2年の間には終わりにしようと思っています。そうなるとほぼ多頻度では泊まらなくなるので年度毎の資格を得ることができなくなります。そういうこともあって年度毎の会員資格にはたいして関心がありません。

気になるのはライフタイムなのです。

ライフタイムは、2つのプログラムで微妙に違うようです。

まずは、SPG側から見たものです。
SPGにはライフタイムゴールド(250泊5年)とライフタイムプラチナ(500泊10年)がありました。
それが新プログラムでは、新ライフタイムゴールド(400泊7年)と新ライフタイムプラチナ(600泊10年)へと格付けされました。


2018-04-2147.png


一方でMarriott側からの格付けはどうなったかというとSPG側からは見えなかった資格が見えてきます。
Marriottにはライフタイムに関してはライフタイム シルバー(250泊120万ポイント)、ライフタイム ゴールド(500泊160万ポイント)、ライフタイム プラチナ(750泊200万ポイント)とありました。
それを新しく画像にように格付けし直しています。


2018-04-218.png

気がつきましたでしょうか。
SPG側からは見えなかったライフタイムシルバーライフタイムプラチナプレミアという資格が存在します。
Yearly会員で見かけたプラチナプレミア(75泊)という単語がライフタイムでも出てきています。それはSPG側の会員のライフタイムには出てきませんでしたので意外感があったのですが、Marriott側にはしっかりとライフタイムで存在しています。

ライフタイムは4つに分類されるということになります。

ライフタイムシルバー(250泊5年)
ライフタイムゴールド(400泊7年)
ライフタイムプラチナ(600泊10年)
ライフタイムプラチナプレミア(???)



うーん、これは何かありますね。

これはもしかしたら来年ライフタイムの資格を新たに設計し直すんじゃないだろうか。
統合の格付けは、上記の画像のようなものにしましたが、新しいプログラムでスタートした時に新しいライフタイム資格を設定してくるということのようにも想像できます。

つまり、ライフタイムプラチナプレミアをSPG側の方にも設定するのではないかと予測します。その基準はMarriottでもSPGでもない新しいプログラムですから、750泊になるのか800泊になるの1000泊になるのかわからないですが、そのあたりの水準になるのではないかなと予想します。もしかすると金額基準が加わるかもしれません。
いやぁ、ライフタイムプラチナが維持できたのでそれで十分かと思っていましたが、上には上を用意していたとは、、、。

ひとまず年内には750泊には到達しますのでそこまでは宿泊できると思うのですが、800泊となれば、ちょっと大変ですが、先々到達ができないということないレベル感ではあります。

まだまだ修行が足りないようです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

関連記事