マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott(マリオット) / SPG ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【Marriott】キャンペーン終了

マリオットが2月中旬から4月下旬までに行っていた通称ダブルカウントキャンペーン。
宿泊数が2倍、ポイントも2倍という激列なキャンペーンを行っていましたが、最終的にはダブルカウント分は18泊ほどいただきました。期間が長かっただけにいただいたものも大きかったと言う感じでしょうか。


2021-05-0690517.png


この期間のダブルナイトカウントは修行の方には最も効率的なキャンペーンでしたのでホテルは上級会員で溢れていました。比較的リーズナブルなホテルでは稼働もずいぶん上がってはいましたが、宿泊者の半分はステータス会員のようでしたので、思うようなアップグレードもされなかったりコロナ対策でサービスが不十分だったりと修行と割り切らないとなんだかなぁと思うような滞在をされた方も多かったのではないかなと想像します。

キャンペーンにはいろいろありますけれどこのダブルナイトカウントのキャンペーンは決して多くあるわけではありません。10年ちょっと泊まってきていますけれど、個別のターゲットプロモーションを除けばほとんどありませんでした。その伝家の宝刀を持ち出したのですからお客さんが来ないわけがありません。今季来季とこれからどんなキャンペーンを繰り出してもインパクトに欠けるモノになると思います。

今後のキャンペーンがまだ出てきていませんが、何をどうやってもインパクトのないモノになると思いけれどそれでも発表を楽しみにしてます。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【Marriott】ステータスカードは来ない?デジタル会員証ってどれだ?

今、マリオットは会員証を発行していないと聞きます。
たしかにここしばらく受け取った記憶がありません。
SPG時代はちゃんときましたし、マリオットとリンクした際に1年ほどマリオットの会員証も届きました。それがSPGとマリオットが統合して以降もらったことがないんじゃないだろうか。記憶がちょっと曖昧ではありますが覚えていないんですよね。たぶんもらっていないような気がします。

今はデジタルの時代だからデジタル会員証があればいいのだろうか。
SPG時代は、プラスチックカードはもちろんですがアプリにもデジタル会員証がありました。それが下の画像です。





今のマリオットのアプリにはログインすれば会員ステータスが表示されていますけれど、これってステータスカードとはちょっと違うし、なんだかなぁという気持ちになります。

プラスチックでもいいし、金属でもいいので、ステータス会員証は発行してもらいたいと思っています。
正式にカードは発行をしていないとアナウンスしてきたのでしょうか。
どうもそんな記憶はないし、どうなっているのでしょう、謎です。

SPG時代は、システム上でライフタイムステータスも把握していたと思うのですが、マリオットになってからはライフタイムステータスは反映しないようになっていると感じています。つまり今年プラチナになった会員もプラチナ10年を超えてライフタイムプラチナになってもマリオットのシステムでは把握できないので扱いは同じです。あとは個別のホテルサイドでコミュニケーションを通して把握していただくしかないようにも思います。なんだかなぁと言う思いをしている長期多頻度会員は多いんじゃないかなと思っています。


いずれにしても会員証はちゃんと発行して欲しいと思っています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】シェラトン沖縄サンマリーナ(その2)

シェラトン沖縄サンマリーナで何度かアサインされた部屋をアップしておきましょう。
サウスタワーの部屋になるのですが、おおよそ50平米くらいのツインのワンルームです。このサウスタワーは本館とは違い新しい建物で、とても快適に過ごすことができます。

お気に入りはデイベッドのように広いソファーでしょうか。
日がな一日ゴロゴロとすることができてなかなか居心地の良いソファーで気に入っています。





水廻りも新しいこともあってとても気持ちが良いですね。
特筆すべきは、ベッドルームとの壁が可動式なんですよね。いつもフルオープンにして広く使っています。寝るときもです。最近はガラスにして部屋からシースルーというのはよくありますが、その先にはこういうデザインになるのでしょうね。部屋を広く見せる先進的なデザインでとても良いと感じます。


IMG_1992.jpeg


いつもウェルカムのおやつが置かれています。
紅芋のタルトは食べたことがないので味が分かりませんが、それ以外はいつも美味しくいただいています。
これは、ステータス会員に置かれているものなのかゲスト全員におかれているものなのかはよくわかっていません。


IMG_1996.png


そうそう前回も書き忘れましたが、スイートのお客さん、サウスタワーのお客さんは冷蔵庫のドリンクはフリーになっています。ビールやソフトドリンクなどは課金されませんのでちょっと嬉しかったりします。
これ、ちゃんとアナウンスしているのだろうか。初めて泊まったときそれに気がつきませんでした。ただ料金表はないのでなんでなんだろうと思っていて、2回目に泊まった時にチェックインの際に尋ねたらフリーだということを知りました。

スイートもとても良い部屋ですが、この普通のワンルームのサウスタワーのお部屋もとても気に入っているのでした。
普通のツインルームとはいえ50平米もありますのでビッグワンルームで好みなのです。
個人的には50平米くらいの部屋がちょうどよくて好みです。このホテルに限らずですが部屋の広さが40平米だと狭く感じますし、50平米あると満足感があります。もちろんスイートの方が満足感が高いのは言うまでもないですけれど。

また泊まりたいホテル大好きな部屋です。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】シェラトン沖縄サンマリーナ(その1)

沖縄のマリオット系ホテルは4つほどあります。
オキナワマリオット、シェラトン沖縄サンマリーナ、ルネッサンスオキナワ、リッツカール沖縄の4つになります。
リッツはちょっと高いのでパスしてそれ以外の3つは宿泊したことがあります。
この3つの中ではダントツにシェラトン沖縄サンマリーナが好きです。
プロパティはルネッサンスの方が良いですし、それなのにシェラトンの方が好きというのは好みや相性なのだと思います。

これまで記事にしたことがなく何度か泊まってきたシェラトン沖縄サンマリーナをちょっと記事にしてみます。
本館にはスイートは4つありますが好みのスイートは2つで残り2つは好みではないのでそれになるのであればサウス棟のツインがいいかな。というのも好みですね(笑)

写真は、本館9階のオーシャンスイートです。
広さは普通の部屋の2倍くらいだと思うので60平米ちょっとのような気がします。これにメゾネットになった2Fのベッドルームがありますのそれを含めると80−90平米という感じでしょうか。

リビングルームには和室が緩くつながっていてちょうどこのソファーの後ろの方ですがそこには3つのお布団がいつも敷かれています。私は2Fのベッドルームに上がって寝るのが面倒でいつもこのお布団で寝ています。ファミリーで使う場合に便利なお部屋ですね。2Fにはご両親が寝て1Fではお子さんが寝るのにちょうどいい感じでしょうか。
なかなか面白い作りをしていると思います。お子さんがよろこぶ部屋でまさにファミリースイートという感じですね。
スイートではありませんが、このフロアは全てメゾネットタイプだと思いますのでいずれもお子様連れにはよろこばれるホテルだと思います。


IMG_1885.jpeg


こちらが2Fのベッドルーム。
ベッドルームにはトイレと洗面が付いています。


IMG_1893.jpeg


こちらはバスルーム。
せっかく間口が広いバスルームなのですがバスタブは狭いもの(一般的にはこのバスタブは決して狭くはないのですが)を使っていて残念です。間口いっぱいのものを使えばいいのにと思います。ホーロー製ですので良いものを使っているのですが、不思議なことにどれだけ熱いお湯を入れても座面が冷たいのです。これがなんといっても不思議です。暖かいお風呂に入って身体は温まるのですが、お尻だけは冷えていきます。とても不思議なバスです。
個人的には立ち上がりの高いお風呂は苦手で洋バスタイプが好きでそれだといいのになと思いますがそういうバスは少ないですね。なによりせっかくのワイドな間口を生かしたバスタブにすればいいのになって思います。


IMG_1676.jpeg


このホテルにはバルコニーがついているのですが、日光浴を楽しんだり本を読んだりするのにちょうどいいですね。
サンセットを楽しむのもよし、海を見て過ごすのもよし、ナイスなバルコニーです。



IMG_1755.jpeg


プロパティ自体はかなり古いものです。
おそらく築30年以上のものでしょう。建築年数以上に傷みがあるのは海辺のホテルですから仕方がありません。丁寧にリノベーションしていることはわかっているのですが、それでも古さは隠せません。どこかの段階で大きく建て替えをする時が来るように思います。

1Fロビーには海水を引き込んだラグーンがあります。
魚が泳いでいたり、ヒトデがいたり、リゾート感満載のホテルでお子様連れには喜ばれるホテルだと思います。しかしながら、私にはそのラグーンの匂いが苦手かな。水槽の匂いというのか、水苔の匂いなのか、潮の匂いなのか、池の匂いというのか。子供の時に金魚を飼っている時に水槽の水が古くなると匂ってくるあの匂いです。ラグーンの水は循環していると思うのですが、どうしてもこの匂いがしてきます。

これさえなければもっと素晴らしいと思うのですが、ただこれがこのホテルのこだわりなのでしょうし大きな特徴でもありますので意見が分かれるところかもしれません。


フロントスタッフも若手からベテランまでチームワークはよく、いつも気持ちよく滞在させていただいています。
なんだかんだ言いながらとても気に入っているホテルでもあります。
私自身このホテルやスタッフのことを大切に思っているのですが、ホテル側からもとても大事にしていただいていると実感しています。それが沖縄のマリオット系ホテルの中で一番お気に入りのホテルになっている理由だともいえます。お互いがお互いを大切に思っている関係のホテルです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】キャンペーンのダブルカウントは正常に戻りました

マリオットのキャンペーンに関して、いくつもトラブルが生じていましたが、本日より正常に戻りました。
これまでのトラブルの数々をいくつか書いておきます。


【1】期間外から対象期間に宿泊していた場合
キャンペーンは2月16日からですが、15・16日と宿泊していた場合、16日分のポイントも今季宿泊のダブルもライフタイムのダブルも加算漏れをしていました。マリオット日本側はこの場合は加算対象だということは認識しており、加算漏れを確認し加算処理をしてくれました。

【2】これまでのポイントのつき方
期間中2泊で2滞在しています。私以外にもみられた症状ですが、ポイントはダブルで付き、今季分には通常の2泊のみでダブルなし、ライフタイムはダブルが加わり4泊加算となり、1週間後に加算漏れしている今季のダブルが2泊加わりました。

【3】今回、そして今後のポイントのつき方
3回目の滞在をしました。チェックアウトした翌日、一気に全て(ダブルポイント、今季ダブル、ライフタイムダブル)がダブルでつきました。おそらく今後は今までのようにバラバラではなく全てがダブルで一気についていくものと思われます。
そうでないと複数の滞在があると、どれが加算されていてどれが加算されていないかわからなくなるんです。ポイントについては明細で分かりますが、宿泊数についてはどの宿泊に加算されていてどの宿泊について未加算なのかが分かりません。これじゃまずいですしね。

【4】その他
上記1のダブルポイントとダブルナイト1泊がいずれも加算漏れが生じた際に修正いただきました。
ただ修正されたのは、ダブルポイントのみでした。ダブルナイトは1泊加算のところを間違って1ポイントと誤加算されており、再度修正依頼をしたところ当日夜に1ポイント→1泊へ(今期・ライフタイムの両方へ)と変更されました。1泊の宿泊実績を1ポイントと間違って加算するのもどうかと思いますが、USで再度修正いただきました。間違いは間違いと認識し速やかに修正されたことは好感が持てました。



2021-02-062040.png



今回はいつになくデスクに電話することになりました。年に1度も電話しないのですが、今回は合計3回でしょうか。
話をしていて気がついたのは「今どんなトラブルが起こっているかについて気がついていないということ」です。
そして1番の問題は「ポイントなどがバラバラに付いていること」でした。「アカウントの修正など触れるのはUSでしかできないこと」「問い合わせた内容はCTIで保存されていてUSからどんな回答がされたのかデータが残っていること」などもわかりました。


3回とも良いご担当者が対応していただいたようで、こちらが伝えることをよく理解いただきUSサイドにエスカレーションしていただきました。今どんなトラブルが起こっているかがわからなかったようで、1人の利用者に起こっている内容ではなく参加者の多くに起こっていることあるいは起こりうることだと感じられたようです。ポイントの付き方がバラバラで問題を生みやすいことも感じていただいたようです。速やかに対応していただき、感謝しています。

優秀でスピーディな対応だと思いました。
おみごとでした。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】ダブルカウントはいきなり加算漏れ(笑)

マリオットのダブルキャンペーンでいきなり加算漏れしました。
ポイントも宿泊もカウント漏れをしています。ころあいを見てから電話しようと思っています。


このキャンペーンは2月16日からスタートしていますが、私の場合は15・16の2泊で17日OUT。16日はキャンペーン期間なのでダブルの対象になりますが通常通りの2泊になっていました。加えてポイントに関してもダブルにはなっていません。
このケース(期間が超える滞在の場合のケース)は以下のようにマリオット側の回答があります。


2021-02-22174944.png


Q:If a member’s stay crosses over the promotion earning period dates, will their stay count toward promotion credit?


(会員の滞在がプロモーション獲得期間を超えた場合、その滞在はプロモーションクレジットの対象となりますか?)


A:If you are registered prior to your stay, your stay is eligible and if at least one night of your stay falls within the promotion period, it will count toward promotion credit.


(滞在前に登録した場合、滞在が対象となり、プロモーション期間内に1泊以上の滞在があれば、プロモーションクレジットの対象となります。)


常識的に考えると期間が16日から始まりますので16日分のみがダブルとなり合計3日となるのですが、期間外の部分も含めて4泊になるのかそのあたりのことはわかりません。まぁ、3日分と考えておけば良いでしょう。このケースは加算漏れするとは予想していましたが予想通りでした。マリオットとは長い付き合いなのでだいたいパターンがわかります。


今年もまだ2ヶ月だというのにすでに50泊は超えていますし、最終的には100泊前後にはなるでしょうから1泊漏れても大勢に影響はないんですけれど、このままじゃね。
さぁ、どうなることでしょう。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】ライフタイム資格年の変更

マリオット が今年の2月にいくつかT&Cの変更を行っています。
しばしば改訂しているので変更に気がつかないことも多く、年に何度もT&Cを読み直す必要があるというプログラムです。
また改訂したところをわかりやすくまとめていないので、ちゃんと読んで、あれ?変わった?というのを感じないと変化に気がつきません。



その中で注目するのが下記のライフタイムの資格のカウント方法です。
それ以外は関心がなかったのか気がつきませんでした。


2021-02-1842001.png


4.2.e. ライフタイムエリート会員資格の獲得
i. ライフタイムエリート会員資格を獲得するには、会員はロイヤルティプログラム参加中に、以下のライフタイムエリート会員資格条件 (4.2.f.) を満たす必要があります。「有資格年」とは、会員がシルバーエリート、ゴールドエリート、プラチナエリート、チタンエリート、またはアンバサダーエリートの最低要件を達成することでエリート会員資格 (シルバーエリート、ゴールドエリート、プラチナエリート、チタンエリート、またはアンバサダーエリート) を獲得することができる1暦年です。前記のように、会員がシルバーエリート、ゴールドエリート、プラチナエリート、チタンエリート、またはアンバサダーエリートの会員資格を達成した1暦年が、会員がエリート会員資格の特典を保持するその後の各暦年に加えて、有資格年と見なされます。たとえば、会員が2021年の有資格年中に25泊の対象となる宿泊日数を獲得してゴールドエリートの最低条件を満たし、2021年の残りの期間と2022年1年間を通じてゴールドエリート会員となった場合、2021年と2022年はそれぞれ別の有資格年としてカウントされます。


注目すべきは上記のところで、特に赤字で強調しておきました。
簡単に言えば、有資格年を2年カウントするということです。これまでは、PLTなどに到達した年のみをPLTの有資格年としてカウントしていましたが、翌年もまた1年としてカウントするということです。
これは、ライフタイムステータスを取りたいなと思う人にとっては、2年に1回PLTに到達すれば10年後にはPLT10年になりライフタイムプラチナになるためのPLT10年を満たすということです。ただし、600泊という関門も設定されていますので、2年に1回50泊しても10年後にはPLT10年となるものの宿泊数は250泊にしかなりませんので純粋に2年ごとにPLTになれば良いというものでもないでしょうね。


そして以前書きましたように、PLT資格に到達しても年度をなかなかカウントアップしないのでこれまた厄介です(笑)
ちゃんとカウントアップしてくれればいいけれど、こればかりは気まぐれです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】マリオットとの付き合い方

マリオットとは長い付き合いになりますが、近年のいい加減さには複雑な気持ちになることがしばしばあります。旧SPGにはそういうことはなかったんですけどね。

統合してもうだいぶ経ちますので統合の混乱とは言えないような気がします。
巨大企業が一緒になりましたのでいろいろあるのだと思いますが、そろそろ落ち着いて欲しいなと思っています。
プログラムはとても優れていると感じていますし、宿泊でお世話になる個々のホテルに関してはよくしていただいていてとても満足しています。


2021-02-062040.png



いろいろなことがありますが少し書いてみましょう。


①今回のキャンペーンについて

せっかくのキャンペーンなのに開始前から混乱しています。
1滞在2泊以上でダブルカウントになるのですが、こまごまと問い合わせた方々に対して「予約番号が2つ以上あると合算されない」というアナウンスをしていました。例えば1泊の予約を2つつなげた場合は1滞在2泊となりますので対象となるはずですが、1滞在1泊が2回となりボーナス対象外になるということです。

これは常識で考えるとあり得ない。宿泊数と滞在数の概念を変えるようなことが起こるなんてあり得ない。

そもそも予約番号の件などはキャンペーンの詳細には一言も触れられていませんしなんの広報もなされていません。多くの会員には知らされていないことです。予約番号が2つ3つで数泊した方々が加算対象外で加算されないというようなことがあるはずがありません。

このような事はネットを通じて拡散していきます。
間違った情報が拡散されていくものです。

おかしいと気が付いたのでしょう、それは訂正されました。
ただし既にそう回答している人に訂正したのではありません。
また新たに問い合わせてきた人に、修正した内容で案内しているにすぎません。
そうすると、また違う内容がネットに拡散していきます。

どうも有償+有償なら問題はなくなったようですが、有償+無償などだとシステム対応がうまくできない可能性があるようで加算できませんと言っているようです。加算されないわけがないのでもし加算されないようであれば→クレームで手動対応になる可能性もあるかもしれません。

常識で考えると答えは出てきます。マリオットにはこの常識が欠如しています。


②ライフタイムの年数

実は加算漏れしています。12年と表記されていますが13年です。もっと正確に言うと今年の分も入れれば14年です。
2018年8月22日から2020年2月28日まで1年半ほど11年のままでしたが2020年2月29日に12年になりました。
それから1年経ち現在はまだ12年のままですが、これは13年が正しいはずです。年数の加算時期がきちんと決まっていないことから混乱を生じさせています。旧SPG時代は速やかにカウントアップされましたので驚くばかりです。

すでにライフタイム会員になっていますので10年超えれば1年違おうとも影響はないのですがいつ加算されるのだろうとコールセンターに問い合わせをしてみました。昨年は2月末の加算でしたので今回もそうかなと思ったので、3月あたりに加算状況を見てからでもいいかなと思ったのですが、思い立ったのがこのタイミングでした。

「昨年もPLT以上にはなったので13年になるのだけれど、まだ12年のままです。いつ加算されますか?」
「2020年8月にコロナ対応でイレギュラーな時期ながらすでに1年加算しています」
「それはありえません、スクショを度々撮っており加算されていないのは証拠があるためそれはあり得ない」
「・・・・・。アメリカに問い合わせないと分からない、いつ回答できるか分からない」
「逃げないでください。納期のない仕事は仕事ではない、いつまでに回答するか明言してほしい」

と言うと常識的な納期(回答期限)を言ってきましたのでそれを了解しました。



私の問い合わせは日本では対応できないようでUSに問い合わせるとのことのようです。
それから数時間後、USから直接連絡があり「不足している分は2021年2月末から3月末までの間に加算する」という回答でした。この素早い対応には正直なところ感心しました。ただし、加算されるかわかりませんけれど(笑)
なお、先に書いた通りすでに今季のPLTもすでに確定しているので前年分の加算なのか今期の分なのかまたわからなくなりますので困ったものです。また確認する必要が出てくるかもしれません。

今回の一連のコミュニケーションの中で「2020年8月にコロナ対応でイレギュラーな時期ながらすでに1年加算している」というなんともありえない回答がお粗末すぎました。これは実は知人が昨年問い合わせた際にケムに巻かれた言葉そのものだったからです。おそらくそういうマニュアルになっているのだと思います。知人は素直にそうなのかとケムに巻かれてしまいましたがスクショを頻繁に撮っている私には通じませんでした。知人はライフタイムがかかっているので今か今かとカウントアップを待っている状態でもあります。

マリオットとお付き合いしてきて実感しているのは、コールセンターの回答(たとえメールでも)は実にいい加減なものであり正しくないことが往々にしてあるということです。
原理原則では考えられない返事なので「あれ?なんか変だな」と感じた時は自分で考えると答えが出てきます。そして常識で考えて出てきた答えは概ね間違っていないはずです。

マリオットには十分に満足しているのですが、こういうことを理解しながらでないとなかなか大変です。
普段ホテルに泊まっている分にはとても満足しているマリオットなんですけどね。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】来期プラチナへ到達!

来期プラチナ基準の50泊になりました。
2月の第1週での到達ですので個人的には過去最速での到達となります。

実際には12泊しただけですけれど、今年はオペレーショナルな38泊のゲタのおかげでそれが2月上旬に加算されての到達です。この調子だとどこまで行くんだろうという気もしますけれど、今のところはわかりません。
なんとなく75泊は到達すると思いますけれど、100泊は行くような気もしますし難しいかもしれません。このあたりの事は先が分からないのでなんとも言えないんですよね。


IMG_1921.jpg


世の中はこんな調子なので、先は不透明です。
ただ、個人的には自分で考えて行動しています。昨年春先のようにただじっとおとなしくということではなくて動いています。だから電車にも乗るし飛行機にも乗るしホテルにも行きます。ただ他の人との食事はほぼありません。
どこでウィルスを拾うかわからないので、そうならないようにと動いています。

それにしても昨期もでしたが今期もゲタが大きいですね。
なんてったって38泊という宿泊実績の付与ですからとてつもなく大きい。そのためホテルの需要は低迷しているとはいえ、救済策が大きいため上級会員大量発生という感じでしょうか。
新型ウィルスの蔓延がこの調子で続くようであれば、来年に向けてもまた同じレベル感で救済策が出てくるようにも思います。この上期の状況次第なのでしょうけれど、おそらくそうなるんだろうなって感じています。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】ライフタイムで1000泊越えた

2月2日付けでマリオットの今期救済38泊が加算されライフタイムで1000泊を超えました。

目標だった500・750・1000泊と到達して、次はどんな目標を立てようかと思っていますけれど、これからもたぶんマリオットなんだろうなという気がしています。だってホテルにはとても大事にしてもらっているなという実感があるからです。私も懇意にしているホテル(そしてそのグループを)を大事にしたくなります。

なお表記では、12年となっていますが昨年分が未加算ですので、PLT以上は13年です。2月末から3月あたりにはカウントアップすると思います。今期もPLT到達直前ですのでもう直ぐ14年になります。


IMG_1872.png


今期も75泊のチタン会員基準までは到達しようと思っていますけれど(到達しないでもチタンですけれど)、救済38泊があるので意外にも100泊に到達するかもしれませんね。


2009年 042泊
2010年 043泊
2011年 037泊 
2012年 041泊 ライフタイム制度発足
2013年 056泊 ライフタイムゴールド(250泊)到達
2014年 079泊 
2015年 105泊 マリオットへの売却確定
2016年 110泊 500泊超えてあと2年PLT維持すれば良くなった
2017年 117泊 
2018年 136泊 ライフタイムプラチナ(500泊)到達、ライフタイムチタン(750泊)到達
2019年 107泊 
2020年 093泊 
2021年 048泊 ライフタイム1000泊到達。


マリオットに泊まるようになったここ13年の足跡は上記の通りですけれど、2014•15年あたりから急速に増えています。2020年はコロナ問題もあり宿泊数は減り本来であれば2020年に到達予定ではありましたが少し延びてしまいました。
以前はプラチナ会員資格には宿泊数だけではなく滞在数の25滞在で到達できましたので容易に到達できて、ハイアットやヒルトンなど他社のプログラムにも手を出して並行して資格を得ていましたが、今は宿泊数のみとなりそれが50泊というかなり高い水準なのでマリオットのみに集約した経緯があります。
手を広げたくなる気持ちは私自身そうでしたのでわかりますが、私は選択と集中でマリオット に絞ることを選びました。


次の目標はもうありません。
これからも旅はマリオット と共にありたいなと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】アロフト東京銀座

ちょっと前になりますが、アロフト銀座に泊まってきました。
最寄りの駅は東銀座、地上に上がってからは2分ほどでしょうか。また新橋からも無理のない距離感ですのでとても便利なところにあります。

私は東京でホテルに泊まることはほとんどないのですが、この時は翌日羽田から出かける予定があったため前泊ということにしました。前泊する必要はもちろんないのですが、たまにはいいでしょう。都営浅草線で羽田まで乗り換えなしで行けますので選びました。それと破格な値段でしたので。


IMG_1560.jpeg


部屋は普通の部屋と気持ち程度広い部屋とが同じ値段でしたので広い方を選びましたが部屋に入ってみると狭い。私には狭すぎました。新しいホテルですし、スタッフもフレンドリーですし、心地よい滞在でしたが27平米というのはあまりにも狭いというのがこのホテルについての感想でした。寝るだけと言っても、、ね、もうちょっと広いのがいい。


IMG_1547.jpeg


とてもいいなと思ったのは朝食でした。
朝食は選択式ベネフィットの中から選んだものでしたが、オムレツは美味しいしサラダも美味しいしで納得の味でした。
普段オムレツを食べることはほとんどないのですが、シグネイチャーのようでしたので選びましたがよかったです。


IMG_1557.jpeg


アロフトは海外で泊まったことがあります。私の好みとは違うこともありそれ以降選ぶことはありませんでした。
ただ今回泊まったアロフト東京銀座はちょっと縁のあるホテルです。そんなこともあり今回泊まってみたのですがアロフトはやはりアロフト。年寄りの私にはちょっと雰囲気が合っていないようにも感じました。

ホテルはTPOで選べはよいですし、旅行の前泊で泊まるのであればこれでも十分とも言えます。価格との相関関係で考えると今回のレートはかなりお得感がありました。それ以上の価格であればちょっと躊躇するけれどホテルの高い東京、それも銀座エリアで考えると仕方がないのかもしれませんね。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】マリオットの今期の救済策が出た!

マリオット がやっと後出しで今期の救済策を出してきました。
内容は2020年の対応と同じでゲタ方式でクレジットも同じです。そのゲタはライフタイムにもカウントされます。
昨年と違うのはアンバサダー要件の2万ドルが14000ドルに減額されたことです。
プロモーションセントラルに出てくるのはもう少し先だと思います。なおクレジットされるのは2月。

内容的には予想し期待していた通りでとても素晴らしいものと言えます。

【マリオット】2021年の資格要件を予想する(笑)


2021-01-12527.png


昨季はナイトクレジットを既存ステータス会員に付与しました。
資格への到達必要宿泊数の半分を付与して到達しやすいようにしました。このように既存ステータス会員には資格への到達ラインをゲタを付与することで到達しやすいようにしたのでした。一方で新規会員や非ステータス会員に対しては特段何も手を打ちませんでした。そこで2021年は、ダブルナイトカウントを1Qのプロモーションとして既存ステータス会員はもちろん非ステータス会員や新規会員にも恩恵が得られるようにしたという感じがします。またもちろん既存ステータス会員にも資格到達がしやすいものでもあります。既存ステータス会員、非ステータス会員、新規会員の全方位型の対応策と言えそうです。


■1Qのプロモーション
期間 2021年2月16日〜4月27日まで
内容 1滞在2泊以上の滞在で、ダブルポイントダブルナイトカウント
   ※アワードステイを除きます。
    ただしその滞在中に1泊以上の有償が含まれればダブルになると思われます。
   ※キャンペーンは登録が必要になります。後日各人のHPに出てきます。


コロナで思うように宿泊もしにくい状況ではありますが、マリオットの納得の対応で今期もステータス維持は比較的ラクになりましたね。私自身これでチタンを維持できそうです。14000ドルは多分使わないと思うのでアンバサダーには到達しませんけれど十分です。なお、カウントされた段階で今期目標のライフタイム1000泊に到達します。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】大阪マリオット都ホテルのロイヤルスイートは素晴らしい

大阪を代表するホテルである大阪マリオット都ホテル

天王寺にあるため非常にロケーションは良いところです。空港バスもあるし地下鉄も直結、近鉄もJRもあります。天王寺が魅力的な街なのかどうかは意見が分かれるところではありますが、交通の要所でもありますので商業も充実しています。
すぐそばには住宅街も広がっていたり、近くには通天閣があったりドヤ街もあったりなかなか面白いエリアと言えます。学校もたくさんあって文教地区でもあるんですね。

この日の滞在は私が知る限り最高の滞在でした。
プロパティはもちろん素晴らしいのですがサービスもこれ以上ないというくらい隙のないもので、それはエレベータを降りた瞬間から始まりました。エレベータ前でピックアップされてラウンジへ誘導されお茶をしながらのチェックイン。
それ以降も付かず離れず、決して目を離すことのない、かといって押し付けがましくないサービスに感嘆しました。一人のスタッフだけではなくいく人ものスタッフの連携プレイにすごいなぁと思ったのでした。

この日の部屋はロイヤルスイートです。
もうこのアサインだけで圧倒されました。
54Fの角部屋に相当する部屋になりますが、広さは120平米くらいだと思っていましたら159平米だそうです。だだっ広いスイートはたくさんありますが、広いにもかかわらず有効に設計されているのでしょう、だだっ広いとは感じさせず贅沢な広さを感じさせてくれました。これだけ広いのにちょうどいいと感じさせるのですから見事なものです。



IMG_1310.jpeg

IMG_1306.jpeg



リビングルームも素敵です。
こういうコーナー型のゆとりあるソファーっていいものですね。多くの時間をここで過ごしました。座り心地も寝心地も良くて欲しくなっちゃいますがさすがに置くところがありません。
巨大なテレビに接続された大きなスピーカーも迫力満点のサウンドでした。


IMG_1326.jpeg


ワークデスクも十分なサイズですが、残念ながら使うチャンスがありませんでした。
こんなところで仕事したいものです。


IMG_1334.jpeg


バスルームもビューバスになっていて眼下に広がる大阪の街を見ながらお風呂に入るのは素敵な時間でした。
ジェットバスになっているのでかなり贅沢な時間を過ごすことができます。


IMG_1313.jpeg



部屋からは大阪東部(生駒方面)、西部(南港方面)、北部(梅田方面)とを見ることができます。
この写真は西部方面を見たものですが、大阪府庁、ハイアット、神戸、そして明石大橋まで見渡すことができました。わたしはホテルの部屋からのビューには全くこだわりのない人ですが、この部屋からのビューには圧倒されました。とてもいいものですね。やがて陽が落ち街に明かりがついていくのを見ていると街が生きているんだなと感じます。


IMG_1347.jpeg


ラウンジやレストランも利用しましたが、いずれも最高のサービスでした。
大事にされているんだなということを実感した滞在となりました。
素晴らしい時間を過ごすことができて感謝感激です。

わたしはこのホテルが大好きです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マイレージ決算】2020年マリオット決算

2020年のマリオットの決算です。

最終的に93泊となりました。
今年はコロナ対応ということでマリオット側から38泊の下駄を履かせていただきましたので実際には55泊の宿泊実績となります。マリオット以外には18泊していますのでそれを合わせると実際には73泊ですが表面上111泊の宿泊実績となりました。そしてマリオットのライフタイムは966泊まできました。

飛行機のフライト実績もですが宿泊実績もコロナの影響により例年の約半分となりました。
やはりどこにもいけないというのはつまらないですね。



IMG_1527.png IMG_1526.png



来年はマリオットで75泊してチタンは維持したいと思っています。
そして目の前に迫っているライフタイムで1000泊するというのは直近の目標となっています。1000泊に到達しても特に何かあるわけではないのですが、1つの区切りですのでここを目指しています。

また2021年もコロナ対応ということでマリオット側の対応があろうかと思います。
今季のように38泊の下駄になるのか、それとも他社のように半分の宿泊で良いというようなものになるのかはわかりませんが、今回は他社へ追随するような対応になるような気がしています。


【マリオット】2021年の資格要件を予想する(笑)



ライフスタイルを考えるとステータス維持はそう難しいものではないように思いますが、海外にいつ行けるようになるかが今の関心ごとです。
日本でのホテルステイはもちろん素晴らしいものなのですが、できればアジアで泊まりたい、それがいつからできるようになるのだろうかというのが今の関心ごとです。


例年の半分とはいえ、今年もマリオットホテルにはたくさん泊まりました。ちょっと考えられないくらいの分不相応な対応をずいぶんとしていただいてきています。そんなこともありさすがにここには書けないことばかりです。

2021年も素敵なホテルライフを送れればいいなと願っています。
そして皆さんも素敵なホテルライフができることを願っています。


2020年はお世話になりました。
2021年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

佳いお年をお迎えください。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】2021年の資格要件を予想する(笑)

マリオットの2021年の資格要件がまだ発表されていません。
そろそろだと思いますが、今期と同じような対応にはしないような気がしてきました。

少しおさらいですが、今期はナイトクレジットを既存会員に付与しました。
下記の表をみていただいての通り、資格への到達必要宿泊数の半分を付与して到達しやすいようにしました。またプラチナ以上にはベネフィットで5泊あるいは10泊のカウントを選べるベネフィットも用意されています。それを選べばさらに資格まで到達しやすいようにしています。このように既存会員には資格への到達ラインを下げて到達しやすいようにしたのでした。一方で新規会員に対しては特段何も手を打ちませんでした。


2020-12-31223729.png

※上記アンバサダーの今期必要宿泊数は50泊ですが2万ドルが必要なのは変わらず同じです。
※間違いを修正しておきました。ご指摘ありがとうございました。

一方で来期に向けてヒルトン始めハイアットなどは資格基準の緩和策を発表しています。
下記はヒルトン になります。

2020-12-1291121.png


ハイアットはマリオットからすると規模感が違うのでベンチマークしているとは思いませんが、グローバリストには60泊必要だったものが半分の30泊(もしくは50,000ポイント)で到達できるようにしました。期間限定とはいえダブルステイカウントも用意されており、最短15泊でのグローバリスト到達というように仕上げています。


気になるのはマリオットがまだ来期の要件をアナウンスしていないことです。
そしてなによりヒルトンやハイアットとの大きな違いは、2020年のマリオットは既存会員向けの救済策であることに対して他社は新規の顧客に対しても適用しているということです。この差はとても大きい。
つまり、マリオットは守りの救済策で新規の顧客を呼び込むことを想定していなかったことです。他社が新規に呼び込むことを考えるとそれはどこからなのか? その答えは巨大な会員を抱えているマリオットからでしょう。つまりマリオットは草刈り場になろうとしています。他社の救済策はマリオットからの顧客を奪うことを想定していると思います。

それに対してマリオットは後出しジャンケンで対抗策を打ち出してくるだろうと予想しています。
答えは、これまでのような防戦ではなく新規に他社から取り込むということ以外には考えられません。そのためには他社を凌駕するプランを提示して行くしかない。

考えうるプランはヒルトンのように半分の資格要件で到達できるというものです。
つまり、例えばチタンであれば75泊のチタンの要件を38泊、プラチナであれば25泊で到達とし、これまでのようなナイトクレジットの付与という形にはしないということです。こうすることで既存会員にも新規会員にも広くベネフィットを届けることができることになります。

ただし、、、これでは他社を凌駕するというものではなく横並びになっただけです。

これまでのマリオットのやり方を見るとこれっぽっちとは考えられません。プロパティも多く、たくさんのホテルに送客しないとなりません。そんなことを考えると、もっとインパクトのある施策を行うと予想しています。
それはダブルナイトカウント。期間限定にするか、オールシーズンにするかはわかりませんが、ダブルカウントのインパクトはとてつもなく大きい。38泊どころか19泊でチタンになれるとなればこれ以上のインパクトはないですよね。

また2020年実績をロールオーバーするということも考えられます。
2020年実績をそのまま2021年実績にカウントするならば、プラチナで終わった方もその先のチタンを目指せるので大きなインセンティブになるでしょう。

また、タイミング的に今かどうかはわかりませんが、ライフタイムチタンの恒久化、その上にライフタイムアンバサダーの新設などもインパクト的に大きいと思われます。こうすることでライフタイムプラチナになってひと段落している顧客を掘り起こすことも考えられます。

多大に期待を込めた私の予想ですが、さてさてどうなることやら。ハズれても許してくださいね(笑)
まぁ、こんな都合の良いようになるかどうかはわかりませんが、これから出てくるであろうマリオットの来期資格要件を楽しみに待ちましょう!



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【Marriott】今期到達地点はどこまで行くか?

今期もマリオットホテルには着々と泊まりました。
現在のところ89泊になっています。出張が全くない中ですので例年に比べるとものすごく少ないのですがそれでも89泊まで行っています。

年内残すところどれぐらい泊まるだろうかと考えているのですがまだ未確定で読めません。
そんな状態ですが今期は95泊まで到達すると予測しています。そしてライフタイムでは968泊が到達予測です


IMG_1063.png


マリオットに関しては得たい資格であるライフタイムプラチナを取得しその後ライフタイムチタンに格付けし直しをされていますので、もう十分すぎるほどでこれ以上の資格はありません。毎年チタンを維持しないでもチタンであり続けることになっていますのでしゃかりきになって泊まる必要は全くないのですが、それでもやっぱり年度毎のベネフィットもありますのでどうせ泊まるならマリオットでと思ってしまいます。

次なるプログラムに手を出すことは考えておりません。

これまでハイアット、ヒルトンと多頻度で泊まって上級会員資格をいただいたりしましたが、ホテルプログラムには相性があります。
幸いにも旧SPG時代からいちばん相性が良いプログラムでもあり、これからもマリオットを基本的に選ぶことになると思います。それがいちばんストレスがないんですよね。マリオットのないエリアに行く時だけはチェーンに囚われず選ぶことになりますが、できるだけ安心できるマリオット系がある場所を選んでしまうんですよね。やっぱりホームって感じがするからでしょうか。大事にしてくれてるという実感があるからなんでしょうかね。

マリオットはラグジュアリーラインもあればバジェット系もあります。
普段泊まる時にラグジュアリーは必要ありませんし、モデレートやバジェットで十分だと感じています。TPOに合わせてホテル選びができるというのはなにごとにもかえがたいことです。

今の目標はライフタイム1000泊です。
年明け以降で32泊で到達しますので今のペースで予測すると4月くらいには到達できるのではないかなと予想しています。
そして1000泊に到達しても変わらずマリオット系に泊まりたいなと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】来期のマリオットのステータスを考える

10月を過ぎるとそろそろ来期のホテルステータスのことを考えるようになります。
現状の進捗具合と今期の最終予測を立てどこまで行きそうなのか、無理せず来季に回すのがいいのかなどを考えます。

私がメインで使っているのはマリオットですが、ここ数年ぐだぐだのマリオット。資格の付与やコロナ対応などは紆余屈曲の連続で一貫性もなくまったく好感が持てません。そんな声も届いていると思うのですが、改める気もないようなのでそういう意思決定のあり方の会社なのでしょう。まぁ、生きるか死ぬかの瀬戸際でもありましょうし、前言を翻すなんてことは躊躇もないことでしょう。

北米が本拠地の会社ですからアメリカの状況を考えながら予想をすると、来期の需要も前半半年はあまり期待できないこともありステータスの延長や宿泊数の付与などが来季もあると予想しています。
今季のようにステータスの半分の宿泊数(チタンで38泊)を与えるか、その半分(チタンで19泊)かはコロナの状況次第と言えます。その状況が見えないので今は判断せず、4月以降に判断するのではないかなと思っています。ステータスの延長も然りです。

ssIMG_8656111.jpg


個人的には、来季もチタンのラインまでは宿泊することをイメージしています。
すでにライフタイムチタンなので年度会員を維持する必要は全くないのですが、ホテル暮らしがライフスタイルにもなっていますので75泊はする予定でいます。1年の三分の一である120泊ほどはホテルステイをしたいと思っています。
また今年年末段階でライフタイムで965泊くらいになると予想していますのでライフタイムで1000泊という目標もあり1000泊までの35泊は前半で片付けないとなりません。そんなこともあり来季も多頻度宿泊は確定です。

可能であればアジアでのステイを増やしたいと思っていますけれど、こればかりは読めないでいます。
なんとなく4月以降はアジアとの往来は自由(2週間隔離は無し)になりそうな予感もしますけれど、やはりわからない。オリンピックがあるから往来を自由にするということはもうないと思っています。オリンピックをするかしないかはわかりませんが、すくなくとも実施するとしても従来型のオリンピックはもう期待できなくて実施するとしても無観客とかになれば、オリンピックは実施するけれど自由な往来は無しということになります。勝手なことを書いていますが、この辺りのことは予想が難しいですね。

Gotoも延長されると読んでおり国内でコツコツ積み上げるのが良いですね。
来年前半戦は、国内でステイを重ねていこうと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】フェアフィールド栃木宇都宮

フェアフィールドバイマリオット栃木宇都宮に泊まってきました。
宇都宮は結構距離がありますので過去行ったことがあるのは1回だけです。せっかくの宇都宮遠征なので泊まることにしたのですが、ということであればできたばかりのマリオット系のホテルにしました。着々とステイカウントを重ねないといけませんしね。

宇都宮の駅前からはかなりの距離があります。
ろまんちっく村という道の駅の敷地内にできていて、主としてクルマで移動する方達向けのホテルと言えます。ビジネス用途ではなかなか使いにくいロケーションです。

建物は、他のフェアフィールドとほぼ同じ作りになっていて完全にフォーマット化されています。

IMG_0656.jpeg


フロント横にはラウンジスペースが広がっていて、ワークデスク、ソファースペース、チェアスペースがあり寛ぐスペースが広がっています。コーヒーもフリーで飲めるようになっていて、ここで飲むのもよし部屋に持ち帰るのもよしです。また電子レンジやオーブントースターが置かれていることもありここでパンを焼いたりお弁当を温めたりすることができます。
そうなのです、ここは宿泊特化型のホテルなのでレストランがありません。だからこのスペースはかなり重要なのです。

IMG_0668.jpeg


部屋は25平米くらいでしょうか。
これも他のフェアフィールドと同じですね。写真ではわかりにくいですが、窓側には作り付けのチェアーがあります。
そして手前には手洗いカウンター。このスタイルは部屋を広く使うことができるのでこの手のホテルのモデルになるような気がします。バスタブもなくシャワーのみですし、そのぶん居住空間を確保したという感じですね。
私はバスタブがないとダメという人ではないので全く問題がありません。


IMG_0661.jpeg


フェアフィールドは大阪難波に続いて2つ目の滞在でしたが、ほぼ同じという感じがします。
上級会員向けに特にベネフィットはないような気もしましたが、何かあったのかな?レイトアウトはあるようでしたが朝早くチェックアウトしましたので利用せずでした。

このフェアフィールドは日本では積水ハウスがマリオット と組んで展開を始めています。
3000室ほどを展開するようですが、現在計画が明らかになっているのは2000室ほどです。その展開の具合や稼働などを観ながらその後の展開を決めていくのではないかなと想像します。
コンセプトはおそらく都市型の滞在者をターゲットにしたものではなく、道の駅を通して地方創生や地域の再活性化を図ることを狙っているものと思われます。これまで道の駅は通過点での休憩所であることが多く、点と点を繋ぐだけのものだったのが、滞在をすることでそこで体験できるものをじっくり提供するという場に変えようとしているのではないかなという気がしました。ホテルには飲食できる施設がないこともあり隣接する道の駅の売店やレストランなどを利用することになりますが、栃木宇都宮の場合はフードコートは午後4時までということで利用はできません。幸いなことにきちんとしたレストランが夜まで開いていましたのでそちらを利用することになります。
レストランをホテル内に作らなかったのは、飲食は道の駅でということで道の駅とのカニバリをしないという大人の事情があるのではないかなという気もどこかしています。

ともあれ、フェアフィールドは私の旅行スタイルには合わないので利用頻度はあまりないと思いますが、地方を旅する際にあるようであれば使ってようかなと感じました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】欲しいベネフィットは何?

マリオットのプログラムは、ホテルプログラムの中では最も優れていると感じています。
旧マリオットに関しては良いと感じたことはありませんので加入もしていませんでしたが、旧スターウッドのプログラムは優れていると感じていてプライマリーで使っていました。ヒルトン、ハイアットとも最上級を経験していますがその上で一番お得感があって相性がいいかなと感じています。こう言うのは最後は相性かなって思っています。

上級会員のベネフィットに求めるものはそれぞれですが、私の場合は広い部屋へのアップグレードが一番うれしいベネフィットです。上層階の狭い部屋より低層階の広い部屋が良いですしビューにもこだわりはありません。上層階のエグゼクティブフロアより低層階の広い部屋が希望です。


2020-10-05132637.png


レイトアウトに関しては全く関心がありません。
これまで散々泊まってきましたけれど、レイトアウトしたことはあまりありません。多分海外で1-2回、国内で1-2回ほどではないかなと思います。それには背景もあるのですが、特に海外からの帰国時には早朝便を選ぶことが多いからです。帰国する時や移動する時など次へ向かう時は朝早くから行動する傾向があるのでレイトアウトが必要ないのです。だからレイトアウトは私はあまり大きなベネフィットとして感じたことがありません。


そしてラウンジに関しても、正直なところあまり関心がありません。
ラウンジはあれば便利だけれど、そもそもなくても構いません。カクテルタイムのサービスはあれば便利だけれど、ラウンジで飲食してしまうとご当地の美味しいものを食べれなくなってしまうのでラウンジでの飲食は痛し痒しだと思っています。そして決して美味しいとは限らないことも多く、美味しくないものでお腹いっぱいにしてしまった時の残念感は何とも言えない失敗したような気持ちになってしまいます。ただ、海外出張時など外出先からホテルに戻りグッタリしている中で外へ食べにいくのは面倒なときもあってそんなときにはとてもありがたいと感じています。
またラウンジの雰囲気はやっぱり良いものですよね。ゆっくりできる居心地の良いラウンジは素晴らしいものです。

近頃はホテルのラウンジのお得感をPRする方が多いですが、本当にそうなのだろうかといつも思っています。ラウンジでお腹一杯になるよりも美味しいものを食べに出る方が私は好きです。アジアなら美味しいものがたくさん街に溢れていますしね。ラウンジサービスはあって欲しいと思いますけれど、まぁなくてもいいかなというふうに感じています。

そんなこんなで私が一番欲しいベネフィットはちょっと広い部屋のアップグレードかな。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】遅々として進まないステイカウント

今期のマリオットの宿泊数が伸びません。
4月以降全く泊まらない月がいくつもあるようでは伸びないもの仕方がないですね。全く宿泊していないわけではなないのですが、マリオット以外への宿泊もそれなりにあってマリオットでの数字が伸びないという状態になっています。
今期は特例措置で38泊のゲタを履かせてもらっているので78泊ということになっていますけれど実質は40泊です。100泊に満たないというのは実に数年ぶりということになりそうです。


IMG_030900.png


今期はどこまで行くのかを予測するのは難しいのですが、年内あと10泊はしたいんですよね。ということは88泊というラインでしょうか。ストレッチしても90泊というのが関の山のような気がします。
今期宿泊数を伸ばしてもこれ以上のステータスであるアンバサダー資格は金額概念があるためはるかに及ばないこともあり今期100泊したところでステータスアップするわけではないこともあり、マイペースで良いかなと思っています。今期にステイカウントつけるよりも来季につけた方が意味があります。

現在のところライフタイムで950泊は超えていますので目標としている1000泊へは来年へのお楽しみといったところです。なお1000泊に到達しても何かがあるわけではないのですが、私の目標となっています。
JAL国内線で1000フライト、Marriottで1000泊。
いずれも来季に持ち越しですが到達するのが楽しみです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】コートヤード大阪本町

この日は大阪遠征。
堺筋本町にあるコートヤードバイマリオット大阪本町に宿泊しました。このホテルを選んだのはとても安かったからです。
もうできて数年経っているのですがこちらのホテルに泊まったことがありませんでした、それは高かったからです。いつもとは言いませんが1泊税込で15000−17000円ほどのホテルだと認識していて、ちょっと予算を超えるかなという印象を持っていました。そんなこともあり泊まったことがありませんでした。

※追記
随分前からあるかと思っていましたが2019年10月の開業とのことでした。まだとても新しいホテルですね。

この日は税抜きで8000円。税込でも1万を超えることもなく他のホテルがそれなりに高いこともあってこちらを選択しました。場所は堺筋本町の駅からすぐで便利なところにあります。もちろん御堂筋線の本町へも歩いてすぐですし、便利なところにあります。





ベネフィットは、ポイントかレストランクレジットでしたのでクレジットをいただきました。
部屋は至って普通という感じでしょうか。まだまだ新しいホテルですから痛んだところは目につきませんでしたし気持ちよく滞在ができます。ネスプレッソがあったのがうれしかったです。
それとバスタブがあったりなかったりするそうですので、バスが欲しい方はリクエストしておくと佳いかもしれません、私はあってもなくても構わないのでリクエストをすることはありませんでした。


IMG_9684.jpeg


これまでコートヤードには泊まったことがなくて知らなかったのですが、コートヤードでは上級会員へのベネフィットでは朝食はデフォルトにはなっていないということでした。
1Fのコーヒーラウンジみたいなところが上級会員は自由に使えるということでしたので利用形態によっては便利かもしれません。

清潔感があるホテルでした。
個人的にはちょっと狭いなとも感じましたので利用するときは他のホテルとの価格とも相談しながらの選択になるような気がします。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】約款は時々読んでおくのが良いね

マリオットはしばしば約款を変えていきます。
ルールが変わっても特にアナウンスはないため全く気がつかないままということがしばしばあるプログラムです。現行のものは2020年3月に更新されているようですが、それ以前との違いはもちろんわからずでが、時間をかけてよく読んでおくことが肝要です。

T&Cをいちいち読んでおくなんてありえないのですが、変更をしばしばして信頼性が低いので読んどかないとね。
こんなにT&Cを読んだプログラムはありません、ほんまに。

さて今回暇にあかせて読んで気がついたこと。





これは何かの予兆でしょうか。
この表記は以前からあったと思うので、特段こっそり変更をかけたものではないと思うのですが、ライフタイム会員にもポイントの有効期限が設定される可能性がある。現在のように未来永劫有効期限ということは約束していない。
知らなかったのですが、ライフタイム会員ということはライフタイムシルバー以上になると思うので、LTS以上の会員はポイントの有効期限は現在のところないのだろうか。もしそうであればちょっと甘いので変更されていく可能性があるような気がする。私の時はライフタイムシルバーはなくてゴールドからだったけれど、ちょっと覚えていないなぁ。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】ライフタイムのすごい人たちがたくさん

この日は大阪遠征。
たまたま知人達と同じ日に同じホテルに宿泊することがわかり、いつも世話を焼いてくださる方がアレンジしていただいてランチで集いました。

この日集まったのはマリオットのライフタイム会員4人です。
ライフタイム会員が4人も同じ日に同じホテルに宿泊しているというのもなかなかあるのかないのか、それも小さなホテルで(笑)
みなさんは国内外に長期滞在される方々で暮らすように旅されています。それぞれのライフスタイルに合った滞在をしているように感じます。そのライフスタイルはわたしの憧れでもあります。彼らのようになりたいと思っています。


IMG_9680.jpeg



彼ら彼女らの知見や経験値そしてレベル感にはまだまだ届かずですが、それでもその謦咳に触れることで得られることも多々あってうれしくもありました。

最近は2泊もするともう疲れてしまい十分だと思うようになって自宅に帰りたくなってしまいます。彼らのように「暮らすように旅する」というそのスタイルを私も目指しているのですが、最近は少々自信がなくなりつつあります。私にもできるだろうか。彼らのように1ヶ月とか3ヶ月も海外に行くことはないにしても2週間ほどの旅行を繰り返したいと思っているのですがそれすら自信がなくなっています。なによりは気力・体力が必要なんですよね。今の私にはそれがないんですよね。

そうそう長期滞在の際に気になっていた「洗濯の干し方」のノウハウを教わってきました。ノウハウなので、ここでは公開せずということで(笑)

楽しい食事会でした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】フェアフィールド大阪難波

この日は大阪遠征。
いつも泊まるシェラトン都ホテル大阪の価格が少々高く、安かったフェアフィールド大阪難波に宿泊しました。最近できたホテルのようで全体的に新しいホテルでした。なんば駅からもほど近く多少歩くとは言え許容範囲の距離感です。

マリオット系の中ではライフタイル提案型のカテゴリーになるのでしょうか。
21平米くらいのようなので、狭い部屋のはずなのですが広く感じたのはなぜでしょうか。おそらく入り口は得てしてデッドスペースになりがちですが、デッドスペースにならないような工夫がなされているからでしょうか。狭い部屋面積なので捨てるものは捨てています。例えばお風呂ですがシャワーブースになっています。また写真にありますようにサニタリーはオープンスペースにあってクローズしたバスルームにあるというような形にはなっていないのでその分空間面積が広くなっています。


IMG_9643.jpeg


なかなか思い切ったスタイルですが、個人的には好感が持てました。
価格はもう覚えていないのですが、税抜き7000円くらいだったように思います。この安い価格はそれが恒常的なものなのかたまたまのタイミングだったのかはわからないのですが、十分に満足できるものでした。

おもしろかったのは、選択式ベネフィットです。ポイント(1000Pだったか500Pだったかは覚えておらず)か500円分のクレジットと言われて、クレジットを選択。ホテルの売店みたいなところで選んだのは数あるお酒の中でヒューガルデンとワッフルのようなお菓子。かなり種類豊富なお酒が用意されていてしかもリーズナブルというかかなり安いのでとても良いものでした。こういう演出はなかなかいいですね。

狭いはずなのに狭いと思わせないなかなか工夫されたホテルでした。
なお、スタッフは開業間もないこともありまだなれていないはずなのですが、そう感じることは全くなくお見事でした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】75泊到達で年間チョイス特典を決めた

連日マリオットの記事で本日は年間チョイス特典の記事になります。

今期は、38泊程の下駄を履かせていただいているので実質的に宿泊したのは37泊なのですがカウント上は75泊となり今季も無事にチタン基準に到達しました。もっともステータスの1年延長が決まっていますので今季到達せずともいいのですがあと2泊となっていましたので、そのうち到達するだろうと思っていました。今年もまだ5ヶ月あるのでまだまだ積み増ししそうではあります。

マリオットでは50泊到達時、75泊到達時に選択式の年間チョイス特典というベネフィットがあります。
毎年少しずつ変わりますが、今期については以下のようになっています。

【50泊到達時】
・5泊分のエリートナイトクレジットを2020年の合計に加算。
・お気に入りのホテルブランドのベッドが40%割引。
・Marriott Bonvoyシルバーエリート会員資格をご家族やご友人、ご同僚にプレゼント。
・WEに100ドルを寄付し、当社との提携を通してケニヤ、カボルウォの未来の世代を応援。
・5泊分のスイートナイトアワードを獲得し、スイートおよびプレミアムルームへのアップグレードと交換。

【75泊到達時】
今年、対象となる宿泊日数75泊以上を達成されると、2つ目の年間チョイス特典をお楽しみいただけます。上記オプションに加えて、次の特典からお選びいただけます。

・1泊分の無料宿泊特典で最大40,000ポイント相当の客室に宿泊。
・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をご家族やご友人、ご同僚にプレゼント。


2020-07-2664759.png


いずれも基準に到達した日の宿泊後2−3日で案内メールがやってきます。
まだ50泊の選択もしていないまま75泊の案内がやってきましたが、50泊では5泊分のスイートナイトを選択し75泊では1泊分の無料宿泊特典を選びました。
この選択パターンは昨年と同じです。

今年から、5泊分のエリートナイトを選ぶという人が多いようです。それはライフタイムにカウントされるようになったことが大きいようです。50泊の時と75泊の時にそれぞれ5泊ぶエリートナイトを選択すると合計で10泊分のライフタイムがカウントされます。多くの方が持っていらっしゃるマリオット提携のクレジットカードを持っているとさらに5泊分が加算されますので、年間15泊分のライフタイムに相当します。

そんなこともありライフタイムプラチナを意識されている方には、5泊分のエリートナイトは人気のあるベネフィットと言えます。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】今期75泊到達!

マリオットにて今期75泊に到達しました。
オペレーショナルな38泊という下駄を履いてのことになるので実際には37泊になります。
ここ数年100泊以上していますけれど、今期はこういう状況でもありどこまで泊まれるかは全く未知の世界になっていますが、100泊には到達したいなという気持ちはあります。
現在のステータスは2022年3月まで延長されているのでわざわざ今年ステータス維持しても意味がないのですが、到達することによってえられるものがあります。

やがて年間チョイス特典の案内がくると思うので、それが楽しみなのです。


2020-07-23182100.png


ライフタイムはこれで948泊になります。
目標にしている1000泊には今期はこんな状況ですので難しいですが、残すところ50泊ほどですから来期には到達することでしょう。

細く長く。

これは普段私が普段思うことなのですが、マリオットとのお付き合いもそうありたいと思っています。
チタンレベルの75泊を継続するのは大変ですけれど、プラチナレベルの50泊は毎年クリアしていきたいと思っていますし、これからもマリオットと仲良く上手にお付き合いしていきたいなと思っています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】50泊の年間チョイス特典がきた

マリオットでは、50泊到達時、75泊到達時に年間チョイス特典があります。
今回の38泊クレジットにより、50泊を超えましたので予想通り年間チョイス特典の案内がやってきました。

今年、対象となる宿泊日数50泊を達成されますと、Marriott Bonvoy™年間チョイス特典として以下のいずれかをお選びいただけます。

・5泊分のエリートナイトクレジットを2020年の合計に加算。
・お気に入りのホテルブランドのベッドが40%割引。
・Marriott Bonvoyシルバーエリート会員資格をご家族やご友人、ご同僚にプレゼント。
・WEに100ドルを寄付し、当社との提携を通してケニヤ、カボルウォの未来の世代を応援。
・5泊分のスイートナイトアワードを獲得し、スイートおよびプレミアムルームへのアップグレードと交換。

付け加えておきますと、今年、対象となる宿泊日数75泊以上を達成されると、2つ目の年間チョイス特典を選択することができます。これは上記に加えてだと思いますが、例年はアドオンなので今年もそうではないかなと思います。

・1泊分の無料宿泊特典で最大40,000ポイント相当の客室に宿泊。
・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をご家族やご友人、ご同僚にプレゼント。

2020-07-1474148.png


このメールの案内文にはありませんが、特筆すべきは5泊分のエリートナイトクレジットはライフタイムにも加算されることです。これは以前にはなかったことですが、今年はじめだか昨年年末だかにいつのまにかT&Cに記載されていました。ライフタイムに加算されるというのはライフタイムプラチナを狙っているメンバーには大きなことですね。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Marriott】チタン向けに宿泊実績38泊加算!

マリオットでは、ステータスの半分ほどをオペレーショナルに今期宿泊実績として加算することになっています。
シルバーは5泊、ゴールドは13泊、プラチナは25泊、チタンは38泊、アンバサダーは50泊が7月に加算されます。

私の場合は、チタンになりますので38泊なのですが、それが本日加算されました。
ライフタイムにも加算されており、一気にステータス維持まで近くなりましたのでこの調子ならもうすぐです。

今回のエリートナイトクレジットの措置で資格到達までの半分ほどをクレジットしてくれます。そのことにより資格到達までの高いボーダーラインを半分ほどに下げることになりました。
現在のところ、現在の資格を1年延長するということになっていますが、資格到達することによって得られるベネフィット(50泊や75泊到達時に選択できる無料宿泊やスイートナイトなど)は得られるとは思われません。単に期間延長するだけですから。ところがこの特例措置の宿泊実績のクレジットにより自力で資格に到達することができますので、これらのベネフィットを得ることができます。
これが大きいですね。

私の場合は50泊で5スイートナイト、75泊で1泊無料を選んでいますが、それを得ることができるのがありがたいです。
一気に73泊まで行って50泊の関門を超えましたので、近日50泊のベネフィットの選択案内が来ると思います。


IMG_9516.png


それにしても38泊実績のプレゼントのインパクトは大きいですね。
35泊くらいで3ヶ月ちょっと足踏みしていましたが、一気に進んでチタンまであと2泊となりました。それとなんと言ってもライフタイムへ加算されていることも大きいですね。目標にしている1000泊も射程距離に入りました。まぁ、今年は無理かな。来年には到達することでしょう。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】年間チョイス特典の注意点

マリオットは、先日既報の通り、来季のステータス確保に向けて大きく手を打ち出しています。
日本語版ではそろそろオープンになっていくかと思いますが、もう少し待たれます。

2019年に獲得したステータスで現在の2020年のステータスになっていますけれど、この有効期限は2021年2月。それが1年延長されて2022年2月までとなっています。プラチナやチタンに到達した際にもらえるギフトベネフィットがこの延長時の来年もいただけるかについてはなんのアナウンスもなく、いただけるかはかなり疑問です。21年のステータスは、ステータス期間の延長ですのでステータスを得たわけではないからです。ライフタイムに関してもアナウンスがありませんが、1年は加算されないだろうと予想しています。

そして、今年2020年にプラチナやチタンステータスに到達した際にいただける50ナイトアワード、75ナイトアワードの年間チョイス特典の内容はアナウンスされていますので、ちょっとおさらいしておきましょう。


STAY FOR MORE

This year, stay at least 50 eligible nights to choose one of these Annual Choice Benefits from Marriott Bonvoy™:

・Add five Elite Night Credits to your 2020 total.
・Save 40% on a bed from your favorite hotel brand.
・Gift Marriott Bonvoy Silver Elite status to a family member, friend or colleague.
・US$100 Charity Donation to WE.
・Get five Suite Night Awards™ to redeem for upgrades to suites and premium rooms.

Stay at least 75 eligible nights this year to earn a second Annual Choice Benefit. You can choose from the options above plus these:

・One Free Night Award worth up to 40,000 points.
・Gift Marriott Bonvoy Gold Elite status to a family member, friend or colleague.



注意点は、5エリートナイトクレジットを選択する場合でしょうか。これは2020年にクレジットされることになります。繰り越して来年にクレジットはされないので今年十分な滞在クレジットを獲得している人は選んでも仕方がないのですが、ライフタイムステータスがかかっている人は今年選択するのもありでしょう。
これはこれまで議論があったポイントなのですが年が明けて申請すれば翌年にクレジットされるとかされないとか議論にもなった経緯があります。それでわざわざCredits to your 2020 total.と記載しているのでしょう。
ただ、このベネフィットはライフタイムに加算されますので、それはそれで意味があるものと思います。


しばしば変更のあるマリオットのことなのでこれからもどうなるかわかりませんが、今後出てきたときに注意が必要かもしれませんので頭に入れておくと良いでしょう。

ちなみにですが、私の場合は50ナイトワードは5スイートナイト75ナイトアワードは1泊無料宿泊を選択する予定です。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Mariiott】速報版:緊急Bigキャンペーン(見たこともないレベル感)

マリオットがかつてないレベルでのBigなキャンペーンを行います。
現在ホテル業界はとても苦戦しており、マリオットもその中で苦しんでいます。そしてこの苦境を乗り越えるべくプロアクティブに打って出てきました。
日本語版で出てくるのは少し先になると追いますが、マリオットファンにはこの夏のボーナスはすごいことになります。特に会員資格を得るためにはまたとないチャンスになります。

日本語版ではまだ案内はないですが、US版では出ていますので間違いはないでしょう。
私の理解間違いもあるかもしれませんので、下記をご覧ください。

https://help.marriott.com/s/article/Article-24119?nck=18195460&ck=49714612&lk=1000414549


ssIMG_4005.jpg



◉エリートナイトを付与
シルバーメンバー さらに5つのエリートナイトを付与。
ゴールドメンバー さらに13のエリートナイトを付与。
プラチナメンバー さらに25のエリートナイトを付与。
チタンメンバー  さらに38のエリートナイトを付与。
アンバサダーメンバーは さらに50のエリートナイトを付与。

7月下旬に加算されます。

いずれも資格到達までの半分ほどをクレジットします。つまり資格到達までの高いボーダーラインを半分ほどに下げることにしたということです。
現在、来年も現在の資格を延長するということになっていますが、資格到達することによって得られるベネフィット(50泊や75泊到達時に選択できる無料宿泊やスイートナイトなど)は得られるとは思われませんが、いわばこの特例措置のキャンペーンで自力で資格に到達することになりますので、これらを得ることができます。これが大きいかもしれません。
私の場合は50泊で5スイートナイト、75泊で1泊無料を選んでいますが、それを得ることができるのがありがたいです。

何より現在のステータス以上のポジションに到達することができるチャンスと言えます。
今年も半年が終わり、現在のところ全く泊まっていないという方も少ないでしょう。ゴールド会員はプラチナ会員を、プラチナ会員はチタンを目指すにはまたとないチャンスとなりましょう。

またクレジットカードを持つことによって得られる宿泊数のベネフィットもあるでしょうから、それらを加えたいわば下駄はものすごいことになりますね。私はクレジットカードは持っていないので、その恩恵はありませんけれど。

現在34泊していますので、38泊が加算されて72泊になります。チタン到達まであと3泊ということになりました。3泊ならあっという間です。流石に2万ドルという壁は超えられないのでアンバサダー会員になることは難しいですけれど。


◉7月の無料宿泊の滞在はオフピーク特典で利用可能

・予約は6月15日から30日の間までに。
・7月31日までの宿泊が対象。

ピーク時にオフピーク扱いのアワードはありがたいですね。どうせであれば7月だけではなく8月も対象にすればいいのにと思いますが、それは仕方がありません。


◉アンバサダーメンバーはプラチナステータスを友人へプレゼント
アンバサダーメンバーは、友人や家族にプラチナステータスをあげることができます。これもすごい話です。
今の日本にはアンバサダーメンバーは極めて少ないとは思いますが、その方からいただくことができるというのは、これまで聞いたことが無いようなベネフィットです。Gold会員資格は、年間チョイス特典でさしあげることができても流石にプラチナ資格をプレゼントできるというのは驚愕です。


Marriottは現在すでに次のことを実施しています。
・会員資格の1年延長。
・ポイントは2021年2月まで有効期限延長。
・スイートナイトアワードの有効期限は 1 年延長されていますので、2021年 12月 31日まで延長。
・無料宿泊アワードはほんのちょっとで2021年1月31日まで延長。

これらに加えて上記のようなキャンペーンを行います。今期のホテル業界は極めて苦しい状況にありますが、これからのピークシーズンにファンのみなさんに最大限よろこんでもらい、そしてファンを増やしファンとのWinーWinでこれからを乗り切ろうということでしょうか。
10年ちょっとホテルに多頻度で泊まるようになりましたが、このレベル感のキャンペーンは見たことがありません。すごい話です。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【Mariiott】SPGのタグはレアもの

3月末に宿泊して以来、全くホテルとは無縁の生活になりました。


普段することがないので自宅デスクを片付けたりしているといろいろなモノが出てきます。
これは、SPG時代に送られてきたラッケージタグです。
担当アンバサダーからの誕生日カードとメッセージが添えられていましたので、アンバサダー会員向けに送られてきたものと思われます。タグは大きなサイズで預け入れ用のキャリーにしか使わないので(JGCタグをつけています)引き出しに入ったままになっていましたがタグコレクターにとってはレアものかもしれません。


IMG_9156.jpeg


タグは合成皮革のようなものでできていますが、ANAやJALで送られてくるタグの方がコストもかけていると思いますし質感があります。
そういえば、ハイアットのアンダーグラウンド組織のHyatt Insiderのメンバー時代にタグが送られてきましたが、それは見つけられませんでした。どうやら断捨離の際に捨ててしまったようです。

タグには好みもあるし、使う使わないというのはありますけれどそれでもいただくとうれしいものですね。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】ライフタイムへの道のり

SPG生活は12年になります。
多頻度で出張する中で、SPGのPLT会員資格を得るとものすごく快適であることを実感するようになりましたが、全てをSPGに振るのではなくハイアットやヒルトンにも振り分けて資格の維持をしていました。最初こそSPGメインでしたが、そのうちハイアットが一番好きになりその後ハイアットを メインにしていました。

SPG(スターウッド)はPLTを維持できればいいという考えで25ステイでのPLT維持をしていまししたが最終的には25滞在では終わらなくて40泊ほどするのですが、それでも50泊することはありませんでした。
年間130-160泊ほどしていましたが、その半分以上をハイアットに振っていました。ハイアットをメインにSPG(スターウッド)をサブにしていました。

少し雲行きがかわったのはたくさん泊まるようになって4年ごろの2012年3月にSPGにライフタイムの制度ができてからです。翌年にライフタイムゴールドになり強くライフタイムプラチナを意識するようになりました。この時にライフタイムプラチナになりたいと思いました。出張生活がいつまで続くか分からない中でのことなので、前倒しで宿泊数を確保しておかないといけないと考えるようになったのです。


2009年 042泊
2010年 043泊
2011年 037泊 
2012年 041泊 ライフタイム制度発足
2013年 056泊 ライフタイムゴールド(250泊)到達
2014年 079泊 
2015年 105泊 マリオットへの売却確定
2016年 110泊 500泊超えてあと2年PLT維持すれば良くなった
2017年 117泊 
2018年 136泊 ライフタイムプラチナ(500泊)到達、ライフタイムプラチナプレミア(750泊)到達
2019年 107泊 
2020年 038泊

ssIMG_8656.jpg



上記のように2014年からSPGホテルをプライマリーにして宿泊数が多くなり、2015年からは完全にSPGシフトをしています。500泊という目標は8年で到達していますが、マリオットへの売却が決まってからは目標を750泊に上方修正しています。統合される2018年に750泊に到達するようにという計算で宿泊数をコントロールしていました。
当時のマリオットには750泊でライフタイムプラチナという基準になっていましたので、吸収される側のSPGライフタイムプラチナは500泊で到達基準でしたし、1つ段階を下げられて格付けされる可能性もあるのではないかと予測していました。この予測は半分アタリで半分ハズレでもありました。プログラム統合に際して750泊基準を設定しライフタイムプラチナプレミアというステータスを作りましたが、これは時限立法みたいなもので2018年末の段階で到達している人のみにしか与えず、以降このステータスは新規に到達できない幻のステータスとしてしまったからです。ですので半分アタリで半分ハズレです。

SPGのライフタイムをとりに行くと決めた段階でハイアットのダイヤモンドを維持することをやめましたので、500泊することは難しいものではありませんでしたが、ハイアットのダイヤモンドは7−8年継続していましたので辞めることはちょっと残念なことではありました。ハイアットでは金額概念が入っていてライフタイムを狙うことは不可能でした。到達にはおおよそSPGの4倍ほどのコスト(2000万円超)がかかりますので桁違いに到達することが難しいプログラムです。そういうこともあり諦めて現実的なSPGへとシフトを重ねました。

最終的には、2018年秋に750泊へと到達しライフタイムプラチナプレミア(現ライフタイムチタン)へ滑り込みましたが、プラチナとチタンの差はほぼないこともあり期待するほどのものはないようにも思います。

10年かかって得る資格なので、なかなか大変で遠い道のりです。
出張族でしたのでできましたが、プライベートでライフタイムの資格を得ている方は本当にスゴイなと感じます。ホテル好きでないとできないことに加えてなんといっても多額なコストがかかります。

念願のライフタイム会員になったということもあり、これからのホテル生活はマイペースで行きたいなと思っています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



【マリオット】プラチナ会員の不正手口となれの果て

画像を見てなんのことかわかりますでしょうか?

オークションサイトでマリオットホテルの予約代行です。
この意味することは、出品者のプラチナ会員が落札者の代わりに予約するので、落札する宿泊者はプラチナベネフィットを得られるというものです。プラチナベネフィットですから「アップグレード(スイート含む)」「ラウンジ利用」「朝食」「レイトアウト」などを謳っていました。

代行する本人は、自分になりかわり誰かに宿泊してもらい「滞在日数」「宿泊ポイント」を得ようといています。
1円で出品していますが、出品者は「滞在日数」「宿泊ポイント」を得られるのでそれでいいのでしょう。その代わり自ら宿泊することなく宿泊数やポイントが得られるので来季に向けた会員資格も得やすくなります。もちろんポイントもです。会員自身が宿泊して得るべきものを代理者に宿泊させて得ようとしていますので規約違反です。


2020-05-26203633111.png


完全に不正行為でアウトですね。
予約した会員がなりすましの宿泊者で宿泊していることになります。不正行為を行いポイントと宿泊実績を得てステータスを得ることになります。

このようなことをすると、マリオット のアカウントはロックされ、会員資格は剥奪され、ポイントも剥奪されます。そして2度と会員になることもできません。

ii. 当社による取り消しまたは留保: 当社は会員が下記のような行為を行ったと考えられる場合 (これらに限りません)、いかなる理由でも、当社独自の裁量で、書面による通知なくいつでも即時に会員の累積ポイントの取り消し、ロイヤルティプログラム特典の留保、エリート会員資格の留保、ライフタイムエリート会員資格の留保 (およびその結果、会員がセクション1.5.d.に記載されたようにアクティビティのない状態となった場合のポイントの喪失に対する保護の解除)、会員アカウントの取り消しを行うことができます。

A. 適用される法律、規制、条例に違反する行為を行った。
B. ホテルその他からの請求に関して、当社または参加施設への支払いを支払い期限内に行わなかった、あるいはマリオット・バケーション・クラブ、マリオット・グランド・レジデンス・クラブ、またはヴィスタナ・ネットワークに対する支払い義務の履行を怠った場合。
C. 不適切、詐欺的、虐待的、敵対的な行為を行った。
D. これらのプログラム規約またはウェブサイトご利用規約に違反した、または規約不履行があった。
E. Marriott Bonvoy™ Events を通じて特典を獲得する権利を不正に請求した場合。
F. ポイント、エリートナイトクレジット、ポイント交換アワードの利用方法、プロモーションアワードの利用方法、またはその他のロイヤルティプログラムの会員特典ご利用に際して、違法行為または不正行為に関わった。



おそらく、日本国内のホテルでの宿泊に限られることでしょう。
海外の場合は宿泊時にパスポートの提示を求められますし、デポジットでクレジットカードを出すことを求められます。
そういうことを考えると日本国内のホテルに限って行っていたと思われます。

このほかにもライフタイムプラチナ資格を販売していたり(100万以上とかなりの高額です)もしているのを見かけましたが、今では見かけなくなりました。


オークションサイトでこのようなことをしている人がいること自体が驚きですが、マリオットもこういう不正行為を見逃さなかったのでしょうね。ブランドの価値を維持することが必要ですし多くの会員のベネフィットを毀損することにもなりかねませんしね。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【マリオット】久しぶりにログインしてみると!

マリオットが、2019年に獲得したステータスの1年延長をして2022年2月までにしたというニュースは既報ですが、ホテルに泊まることのない日々なので、それから1ヶ月ログインすることもなく、スマホのアプリもトップ画面から集約してホルダの方へ移動し、全くみることがなくなりました。アプリはJALも集約してホルダ行きです。


【マリオット】今期ステータスの1年延長が決定!


久しぶりにWEBの画面を見ると、ステータスが延長されていました。
昨年は100泊を超えましたが2万ドルには程遠く、現在はチタン会員なのですが、有効期限は2021年1月までではなくその1年後の2022年2月となっています。会員期間は1月末までだと思っていましたが、1ヶ月ほど伸びたのかな?
ただ、ライフタイムチタンステータスなので、年度毎のチタンステータスは維持しないでもいいのでとてもありがたいことです。とはいえ、これまでもですがこれからもマリオット系のホテルを中心に選んでいくことになります。
ホテルからいただく様々なベネフィットにとても満足していますし何より特別なゲストとして大事にされていると言う実感があります。リーズナブルなホテルからラグジュアリーなホテルまであるのも良いですしね。
それがマリオットを選んでいる理由かな。


2020-05-0525.png


今期は3月末で34泊まできていますが、そこから足踏み状態で今後の見通しは全く立っていません。今期は夏以降には現在のコロナの嵐も回復してくるんじゃないかなと想像しており、そうなれば少しは宿泊は重ねることができるんじゃないかなと思っています。それでも50泊するのが精一杯かな。75泊は無理かもしれません。せめて50泊までは泊まりたいなぁと思っていますけれど、今は日本でももちろん海外でも宿泊することができないので見通しが立たないなぁ。仕方がないですね。





にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【マリオット】今期ステータスの1年延長が決定!

マリオットのステータスが1年延長されることがやっと確定しました。
いくつか予想されていた対応の中で最も妥当なものではないかなと思います。

下記はニュースレターをステータスに関しての部分を切り出したものですがURLもつけておきましょう。

https://news.marriott.com/news/2020/04/08/an-update-from-our-ceo?fbclid=IwAR2zGIfqisaAKAzcirToKaO3HYoqwgbLIu5PNgxMt19eviKFCR3WAmVIWH0



For Our Marriott Bonvoy Members

I also want to take a moment to address our Marriott Bonvoy members. Like many of you, frequent travel is a way of life for me and most of the Marriott team. It is the way we connect, get inspired and evolve our business every day. While it is the right thing to do, it’s been hard not to be able to travel. We know that when you get back in the air and on the road, your points and status will be important to you.

・Status Extension: We want you to be able to enjoy the status that you earned in 2019. With that in mind, the status you earned in 2019 will be extended to February 2022.
・Points Expiration: To provide you ample time to redeem points, the expiration of points will be paused until February 2021. At that time, your points will only expire if your account has been inactive for at least 24 months.





英文のニュースレターは長いので、特に関心のあるところを切り出しています。Status Extensionとあるところですね。2019年に獲得したステータスを2022年2月まで延長しますとあります。これまでアワードやポイントやキャンセルのことについては触れられてきていますが、ステータスに関しては言及してきていませんでした。ここにきてやっと1年延長することを意思決定したということになります。


※現在表示されているステータスは2019年の宿泊実績に基づいた2020年のステータスで2021年2月まで有効のものです。これが1年延長されて2022年2月まで有効ということになります。


わからないこともあります。
今年は資格年として1年ほど加算されるかどうかです。私にはあまり関係ないですがライフタイムを意識している人には1年は大きいですので意外に大事なことです。追ってアナウンスがあることでしょう。ただ、わかるのはまだだいぶ先ですかね。個人的な予測としては、資格年として1年加算されると思っています。

ともあれ、心配だったマリオットの今季の対応が良い方向で出たことはよろこばしいことです。


※追記:情報が更新されています。スイートナイトアワード・フリーナイトアワードについて加筆されました。

https://marriott-re-2019ncovc.com

For Our Members:

Travel is a way of life for our Marriott Bonvoy members. It is the way we connect, get inspired and evolve our business every day. While it is the right thing to do, it’s been hard not to be able to travel. We know that when you get back in the air and on the road, your points and status will be important to you.

・Status Extension: We want you to be able to enjoy the status that you earned in 2019. With that in mind, the status you earned in 2019 will be extended to February 2022.
・Points Expiration: To provide you ample time to redeem points, the expiration of points will be paused until February 2021. At that time, your points will only expire if your account has been inactive for at least 24 months.
・Suite Night Awards (SNAs): We have extended the expiration of suite night awards by one year from December 31, 2020 to December 31, 2021.
・Free Night Award (FNA): Members who currently have an active Free Night Award (FNA) expiring in 2020 as part of their credit card benefit, annual choice benefit, promotions or travel package will be able to use it through January 31, 2021. (Exception: Members in mainland China, Hong Kong SAR, Macau SAR and Taiwan the Free Night Awards will be extended 12 months into 2021 from the date of expiration).







にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사



【マリオット】現在34泊、今は全く泊まれない。

コロナ問題は深刻を極めています。
緊急事態宣言がなされることが決まりました。対象となった都道府県に在住していることもあり、移動もままならなくなりました。不要不急の外出は強く自粛が求められています。そういう中ではなかなかホテルに滞在するということがし難くなっています。いろいろなケースがあるでしょうからホテルステイは必ずしも誰もが難しいとはいえませんが、私の場合は少ししにくい状態ではあります。

マリオットでは、現在のところステータスに関しての救済はアナウンスされていないこともありどうなっていくのかはわかりません。今後の動きに注意しておきたいですが、ここまで酷い状態を考えるならば何らかの救済があるのではないかと思われます。ただ、USの会社なので極東のこの国に関してどういう風に考えているかはわかりません。ただ、おそらく今季のステータスを1年ほど期間延長、あるいは資格要件の緩和というような感じになるのかなと想像しています。まぁ、希望的観測なのでその通りになるかは全くわかりませんけれど。


ssIMG_8656.jpg


現在段階での宿泊数は34泊となっていますが、ここで足踏みしています。今後の予約は一切ありません。チタンを維持しようとするとまだ41泊必要です。ライフタイムであれば年度毎のステータスは考えないでもいいのですが、それでも年度毎のステータスも維持したいなぁと思っています。ただこの状況であれば、なかなかそれも難しいかもしれませんね。

多くの方も同じ状況かと想像します。
今季はどこまで宿泊できるか全く不透明という状況になっています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【マリオット】900泊に到達!

3月上旬のこと、マリオットで通算900泊目に到達しました。
一つの目安にしていましたので、ようやくここまで来たかと言う感じがします。
1000泊までは目指していますので、変わらずマリオット系のホテルをこれからもファーストチョイスで選んでいこうと思っています。

ここのところのコロナ騒ぎでホテルの需要は低迷しており宿泊のたびに人のいなくなったホテルに向かいます。
スタッフは変わらずの笑顔で接してくれていてこれまで以上に隅々まで目をとどかせているように見えますが、賑やかさからは程遠くなった状態にきっと辛い思いをしているのではないかなと想像します。


ssIMG_8464.jpg


さぁ次なる目標は1000泊です。
来年には届きたいなぁと願っていますけれど、外部環境が激変してしまいましたので到達できるのだろうかとちょっと心配ではあります。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사



【マリオット】ついにマリオットの今期ステータス更新!

ついにマリオットのステータスが更新されました。
おそらく本日未明に変更されたものと思われます。
本来であれば、2月1日からのはずですが約2か月ほど遅れて、一斉に新しいステータスへと格付けされました。
私の場合は、アンバサダーからチタンへと。
また、1ランクダウンのソフトランディングではなく、チタンからいきなりゴールドへとダウンしている方も多数いらっしゃるようで、昨年の実績に沿って正しく格付けされたようです。

202012234.png


この時期に格付けしなおすということは、その後、今回のコロナ問題でステータス延長をやがてしてくると思われますが、新しいステータスでの延長ということになり、ここ数年多かったステータスマッチで資格を得ていた方には、昨年実績に応じた通常通りの資格となりますので、それはうれしくないお知らせになるかもしれません。

ともあれ、マリオットはやっとステータスの更新をしたというニュースでした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【マリオット】シェラトン都ホテル大阪 euでのカクテルタイム

シェラトン都ホテル大阪でラウンジに行くことは稀なのですが、この日は早くチェックインできたので顔を出してみました。折しもコロナ騒ぎでラウンジは閉鎖されているので、振替えされているのは eu と言うフロントフロアにあるバーラウンジです。以前よりラウンジが満席の場合はこちらに振り替えをしていましたが、わざわざ18階から2階へ行く気にもなれなくて行ったことがありませんでしたが、たまにはいいかなと思って行ってみました。

席に案内されるとメニューを渡されます。
ドリンクや乾き物のメニューなのですが、乾き物は3種類の中から選びますが、いくつ選んでも良いようでしたので、チーズとナッツを選びました。飲み物はスパークリングワインを選択。

程なくして運ばれてきたのがこちらです。
オードブルのプレートでラウンジでこれまでみてきた定番のものが取り寄せられていました。




この中では生タコのマリネが秀逸で、とても好きです。
お酒はおかわりできると思いますが、プレートはおかわり自由なのかはわかりません。一皿食べて一杯だけ飲んでおしまいにしました。狭いラウンジですと次から次へといらっしゃるお客様に申し訳なくてそそくさと退出するのですが、ホテルは今、低稼働状態ということもあり、ここではゆっくりできました。ただし長居しても仕方ないのですぐに出ましたけれど。

気分転換にもなりましたし、eu での運用はなかなかいいのではないかなと感じます。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【Marriott】いまだにアンバサダーはありがたいんだかどうなんだか(笑)

この記事を書いているのは2月29日です。
マリオット では相変わらずステータス変更はされていないようで、2020年1月末でおしまいのアンバサダーのステータスのままになっています。正確には今期はチタンのはずですが、いまだにアンバサダーのようなのでそれはそれでありがたいのですが、なんだか変な気分ですね。アンバサダーデスクに電話するのも気が引けます。まぁ、MariiottはWEBで全てが完結するのでデスクに電話することはほぼないのですけれど。

今期はすでに20泊ですが、そう遠くない先に50泊とか75泊ははするでしょうし、来季もチタンステータスになりそうな気がしています。
ライフタイムも500泊、750泊、900泊が私の中ではマイルストーンなのですが、900泊はすぐそこまできています。900泊は当面のマイルストーンですが、来年あたりには最後の目標である1000泊になりそうですね。



ssIMG_8266.jpg ssIMG_8267.jpg


これ以上のステータスがないのでどうしようかとついつい考えてしまいますが、マリオットには慣れているのでラクなんですよね。今から他のホテルでアウェイ感を感じるのも面倒かなという気がして、結局こういうのがリワードプログラムの作戦というか囲い込み作戦なんでしょうね、すっかり取り込まれています。

12年にわたるホテル生活は、ライフスタイルまで影響を与えました。
仕事で泊まるホテルは時間に追われてホテルライフを十分に堪能できるものではなくて味気ないものですが、それでも時間のある時やプライベートで泊まる時などはホテルの良さを十分に感じることができますし、ラウンジやレストラン、スパなどを楽しむことを覚えましたし、シンプルなインテリアなどは良いものだなぁと自分の生活にも取り入れるようにもなりました。

セカンドライフでは、比較的滞在費が安く済む東南アジアのホテルで過ごしたいと思うようにもなりましたし、やはりホテルでの経験が大きく影響を与えてくれたと感じています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사


【Marriott】ポイントの有効期限

Mariiottのアプリはこれまで何度も見てきているのですが、それでも今まで気がつかなかったことに改めて気がついたりしてなかなかおもしろかったりします。

これはどの画面だったか、ポイントの有効期限に関してのものですが「現在の状況から判断して、お客様のポイントが失効することはありません」と書かれています。





確かに私の場合はライフタイム会員なのでポイントに有効期限はないのですが「ポイントに有効期限はありません」と書けばいいのに「現在の状況から判断して」だなんてなかなか周りくどいというかなんというか。
アメリカ系のプログラムですから日本語ベースで作られているものではないのでしょうからこうなっちゃうんですかね。

今年もマリオットにはよく泊まっています。3月には900泊を超えるでしょうから今期どこまでいくのか楽しみです。
年内にライフタイムでさすがに1000泊には届かないと思うので、その楽しみは来年に取っておくとして、1000泊はひとつの目標でもありましたので達成できればよろこびもひとしおと言った感じでしょうかね。


そうそう、まだ今期のステータスの変更がなされていませんね。
2月1日からあたらしいステータスに変わるはずなのですが(私の場合はアンバサダーからチタンへ)相変わらずのマリオット。
新型肺炎で需要が低迷しているので、ステータスを延期してこの1年も同じステータスにするのかな?単にシステムがプアだからなのかな?まぁ、ステータスはどっちでも良いけれど、いい加減と言うかテキトーなのは相変わらずだなぁ。困ったことがあるとすれば、アンバサダーデスクにメールして良いものなのかいけないものなのかと言ったところですが、海外の予定がないので、そのチャンスもなかったりします。





にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사


【マリオット】コロナ対策のアメリカンブレックファスト

ホテルの朝食でバッフェがなくなったのは周知の通りです。
ある日のこと、代わりに出されると言うアメリカンブレックファストを頼んでみました。

テーブルにカトラリーがセットされていて、卵料理や飲み物を選択する形になっていました。そして程なくして運ばれてきたのがこれです。結構なボリュームで楽しんで食べました。このレストランでパンを食べたことがなかったのですが、トーストされたパンはさっくりしていてとてもおいしいんですね。





なんだかんだ言われていますけれど、個人的には十分かなと感じました。
量も多いので、クロワッサンとヨーグルトは食べることができませんでした。

気になったのは、この日食事に出ていた時間の約20分の間、レストランのお客さんは私以外には一人もいなかったことです。思えば、昨晩チェックインする時もチェックアウトする時も誰一人として他のお客さんには会いませんでしたし、想像以上に稼働が悪いようです。10%あるのかないのかと言う感じではないでしょうか。これからが心配です。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【マリオット】シェラトン都ホテル大阪のインペリアルスイート

この日のシェラトン都ホテルの部屋はインペリアルスイートでした。
このホテルには、インペリアルスイート(134㎡)、ロイヤルスイート(121㎡)、プレミアムスイート(62㎡)と3つのスイートのカテゴリーがありますが、今回は一番広いインペリアルスイートでした。

この部屋になるのは年のほんの数回という感じです。
同じようなネーミングスイートのロイヤルの方が少し狭いのですが、どちらかというとロイヤルの方が好きです。
インペリアルスイートはベッドルームが他のスイートに比べてほんの少し狭いのですが、リビングルームがとても広い部屋になります。ただリビングルームに行く事はほぼないこともあり、ベッドルームが広い方が好みですが、この辺りは部屋の使い方によるのでしょうね。


ssIMG_7786.jpg

ssIMG_7789.jpg

この2つのネーミングスイートの良いところは水廻りになります。
他の寝屋に比べてバスタブが大きいんですよね。多少ザバザバとお風呂に入っても水が溢れることもないのでとても良いなぁと思っています。シャワールームも別にありますし、普段はバスタブで身体を洗い、シャワーブースで髪を洗うというような使い方をしています。

ssIMG_7788.jpg


ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ミキモトのシャンプーなどが2セット置いてあるのもネーミングスイートの特徴で、このアメニティは人気があるようです。個人的には1度しか使ったことがないのでその良し悪しはわからないですが、コレをお土産にするとよろこばれるようです。


ssIMG_7787.jpg


いつもこんな部屋に泊まっているかというと決してそんなことはありません。
年に100泊前後していますのでこういう日もたまにはあるということです。たまたまこの日はわたし以上に多頻度で泊まるお客さんがいなかったということなのだと思います。
それにしても長年にわたっての出張生活を支えてくれてきたこのホテルには、感謝の言葉しかありません。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【マリオット】シェラトン都ホテル大阪のプレミアムスイート

私がスターウッド(現マリオット)に多頻度で泊まるようになったのはこのホテルからです。
SPG会員は2002年からですけれど、2009年から多頻度で泊まりだしましたので足掛け12年になります。そしてこのホテルでプラチナ会員になりました。

写真を見てお分かりの通り、シェラトン都ホテル大阪のプレミアムスイートというカテゴリーのお部屋です。
足掛け12年ですから合計すると多分おそらくここだけで500泊にはなるのではないかと思うくらい泊まり続けています。

18Fにあるこのタイプのお部屋は、62平米のワンルームタイプのお部屋です。
もう随分リノベーションされていないので、そろそろそういうタイミングかなという気もしますけれど、部屋は清潔ですし、導線もよくなかなか使いやすいお部屋です。何より間口に広い部屋なのが良いですね。
気なるのは明るさです。少し暗いんですよね。これは電気を全てつけた状態なのですが、全体的に暗いので天井からのダウンライトなどあるといいのですが、そう遠くない先にあるであろうリノベーションでは明るい部屋になってほしいと願っています。

ssIMG_7739.jpg


多くの滞在ではこんなに広い部屋に泊まることが多いので、ありがたいことこの上ないです。
出張ホテルというとビジネスホテルの10数平米をイメージしがちですけれど、この部屋になることが多いので、大事にしていただいていると実感しています。
小さな職場ではありますけれど、ライフタイムプラチナ会員もしますし、プラチナ会員もいます。ただこのような部屋になってはいませんのでちょっと扱いが違うんだろうなということは理解しています。


出張生活はもうちょっとだけありますので、もうしばらく快適に滞在させていただきたく思っています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사




【マリオット】会員になれない国々がある

ここのところマリオットの約款を隅々まで読んでいるのですが、マリオットの会員になれない国の居住者がいるのですね。ここには、キューバ、イラン、北朝鮮、シリア、ウクライナのクリミア地域の居住者は、会員になれないと書かれています。

いずれもアメリカ政府と敵対的な関係にある国々です。
その国や地域に在住している人が会員になれないだけでその国籍を問題にはしていないようです。




そしてその国々にはマリオット系のホテルがないかどうかを調べてみましたら、なんと驚きの事実が。

キューバには、フォーポイントが1軒。
ウクライナには、アロフトとデザインホテルが、合計2軒。ただこれはクリミア地域ではなく、首都キエフにあります。
そのほかのイラン、北朝鮮、シリアにはありませんでした。
会員になれない国や地域ではキューバにあるフォーポイントがイレギュラーということになりますでしょうか。キューバに住んでいる人は自分の国にあるフォーポイントには宿泊できても会員にはなれないということのようです。


他社のホテルプログラムやエアラインプログラムは調べたことがないので他社や大まかな動向はわかりかねますが、米系のプログラムだなぁと実感した記載でした。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사




【マリオット】ライフタイムのポイントは無期限有効?

マリオットのポイントは、2年くらい有効なポイントの増減がないと失効してしまうものなのですが、ライフタイム会員に限ってはポイントの有効期限はありません。
まぁ、大したポイントは持ってはいないので失効しても問題はないのですが、この有効期限は未来永劫無期限なのかというとそうではないようです。


今現在は、有効期限はない。しかし先々はわからないよと書かれています。
マリオットは約款をちょっこちょこ変えているのは先日書いた通りですが、このライフタイム会員のポイント無期限に関してもちゃんとヘッジがかかっていました。


2020-01-12457.png





いつか有効期限が設定されるかも知れません。
ライフタイム会員は、多頻度会員を長年続けてきた人なので、ロイヤリティの高い人たちで使ってきた金額も合算するとそれなりに大きい人たちで、これからも利用金額はそれなりにあるのではないかな想像されます。こういった人たちを規約改定で失うことにもなりかねないので、慎重に対応するとは思いますが、わざわざ一筆書いているということは、先のことはわからないということでしょうね。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사


【マリオット】シェラトン都ホテル大阪のロイヤルスイート

シェラトン都ホテル大阪は大阪で最も宿泊しているホテルで、私の出張生活の多くはこのホテルで寝泊まりしていると言っても過言ではありません。必ず毎週1日は泊まっていて、少ない時で1泊、多い時で4泊という感じです。

ホテルからも大事にしていただいています。
この日はロイヤルスイートでした。

大きなベッドルームにはにベッドが2つ。
十分に大きなベッドが2つでリネンもツルツルしていてとても気持ちが良いベッドです。
ベッドルームだけで他の部屋の2倍くらいの広さがあるように思います。

ssIMG_0198.jpg


使うことは全くないのですが、隣の部屋がありリビングルームがあります。
せっかくのリビングルームなのですが、ここで寛ぐ事がないのが残念です。ワークデスクがベッドルームにあることもありデスクが使えるベッドルームにいる事が多いです。

ssIMG_0202.jpg


ロイヤルスイートやプレジデンシャルスイートになる機会はそう多くはありませんが、それでも年に数回はこういうネーミングスイートにしていただく事があります。ありがたいやら申し訳ないやら不思議な感情が芽生えます。
とても大事にしていただいていることはこれまでのご対応で実感しています。

毎年相当な宿泊数ですけれど、こうして快適な滞在をサポートしていただて今があることを考えると感謝に絶えません。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【マリオット】ステータス(エリート・ライフタイム・ポイント)が相続できる!

マリオットというのは、しばしば約款を変えています。
まぁ、統合したばかりのプログラムで、旧マリオット、旧スターウッド、旧リッツカールトンなどのレガシープログラムをマージして巨大な会員数をかかえているので、いろいろ予想もつかないことがあるのでしょう。
会員からの色々な声やクレームも散々あったと想像しています。つどつどビルドアップしているように感じています。

古くは、旧SPG会員でライフタイムでは最高位であるライフタイムプラチナ会員を新マリオットでは2番目のライフタイムプラチナ会員へと格付けしたにも関わらず、旧SPGライフタイムプラチナ会員で750泊以上の方に限っては統合後のライフタイムの最高位であるライフタイムチタン会員(※)へと格付けし直したことなどは、旧SPGライフタイム会員からの相当なクレームがあったと想像できます。これなどは身をもって経験したわかりやすい事例です。

※現在では新規に到達することはできなくなったステータスです。

先日、50泊・75泊のベネフィットの変更のことを書いていますが、これまで寄せられたクレームなどをもとに変更したものと思われますし、約款を読んでいると解釈に困るものなどは随分と明確に書くようになっていたり変更したりしています。

◽️【マリオット】50泊・75泊特典のちょっとした変更でライフタイムプラチナが近くなった?


今回約款を細かく読んでいて気がついたのは、会員が死亡した時、離婚した時の扱いです。
以前からあったかどうかは定かではありませんが、今見ると明確に記載されていて、相続できるということになっています。『すべての必要書類およびお知らせを当社が受領し、確認させていただいた後、当社の独自裁量により、逝去された会員のアカウントの未交換ポイントを、有効な会員であるご家族またはご友人のアカウントへ移行する事を許可する場合があります。ポイントの受取人には、エリート会員資格、ライフタイム会員資格、エリートナイトクレジットを含む』というような書き方をしています。

2020-01-0581401.png




一方で、ちゃんとヘッジもかけていて『許可する場合がある』という表記にしています。
イニシアティブを決して会員に渡さないでマリオット側が持つようにしています。

今回、この記載を見つけて初めてポイントやライフタイム会員資格などが相続できる事がわかりました。
また、離婚の際の財産分与のことも記載されています。

アメリカなどでは友人への相続はあるのかもしれませんが、日本では法定相続人以外に相続することなどはなかなか考えにくいので実際に友人などに相続はないものと想像します。また相続や分与に際してマリオットの日本法人への資料の提出なのか、US本社への提出なのか、日本語でいいのか英文にされたものが必要なのか、どんな書類が必要なのかなどはここでは書かれていませんが、そこにも障壁があろうことは想像がつきます。

この記載からわかることは、マリオットのポイントや資格は資産であるということでしょうか。日本では課税していないと思うけれど、国によっては、課税しているところもあるかもしれませんね。ともあれ、エリートステータスやポイントはともかくライフタイムステータスが相続できるというのはオモシロイ発見でした。

これがJALやANAのJGCやSFCですと本会員が死亡して資格を失うと家族会員も資格喪失となるので大きく異なります。まぁ、これはクレジットカードを保持する事で得られる会員資格なので致し方がありませんし、比較するのは適当ではないですが、航空会社のいわば永年上級会員資格は本会員の死亡により失効してしまいますが、ホテルのライフタイム会員は家族が相続できるというのはなかなかオモシロいことです。

※ANA/JALのマイレージは相続できるようです。

ライフタイムどころかライフタイムを超えてのステータスであるということでもありかなり魅力的なステータスになったと言えます。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사




【マリオット】50泊・75泊特典のちょっとした変更でライフタイムプラチナが近くなった?

マリオットで50泊・75泊した際にいただける選択式の特典でちょっとした変更がなされています。
見た目は気がつかないのですが、T&Cをよく読み込んでみるとこれまで気がつかなかったことが書かれていて意外に重要かもしれません。

問題は5エリートナイトクレジットです。
これは通常75泊まではいかなくて70泊で終わりそうだというときに選択して5泊分のクレジットをもらい75泊にするというベネフィットなので選ぶ人はあまりいないと思われるベネフィットです。ただ75泊になるのでチタンになります。

私は例年50泊の時は5スイートナイト、75泊の時も5スイートナイトを選んでいます。
今年は、スイートナイトは使いきれないので50泊で5スイートナイト、75泊の時は1フリーナイト(1泊無料特典)を選択しました。


2020-01-0375955.png 2020-01-0380006.png

50泊のベネフィットを読みすすめると、この5泊分のエリートナイトは当該年にクレジットされるだけではなく、ライフタイムにも加算されるようになっています。このライフタイムにも加算されるというのが大きな変更点です。

2020-01-0375326.png


上記の記載は50泊のベネフィットに記載されているもので、75泊のT&Cにはこの記載がありませんが、75泊の際に選んでもライフタイムに加算されると通常は読めますので、50泊・75泊の両方の段階でこれを選ぶと10泊分がライフタイムに加算されることになりますので、ライフタイムを意識している人であるならば、魅力的なベネフィットになったと言えます。
加えてSPGアメックカードをお持ちの方であれば、さらに5泊分のクレジットがつきましょうから、なかなか効果的です。

個人的には選択することはありませんが、ライフタイムプラチナを意識されている方であれば選択肢の一つにされると良いと思います。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사




【マリオット】昨年は9泊失効、スイートナイトアワード

毎年大量のスイートナイトアワードを失効させています。
2019年はご覧の通り、現在のところ14泊のアワードが残っていたのですが2019年末段階で9泊を失効してしまうことになりました。

毎年10泊ほどいただいていました。
今の制度だと50泊した時に5泊分、75泊した段階でさらに5泊分をいただき年間10泊ほどのスイートナイトアワードを得ていたのですが、使いきれない状態です。
今年はどれぐらい使ったのかを考えてみたのですが、バンコク2回で7泊、ソウル1回で2泊の合計9泊を使っています。
結構使っていましたが、それ以上にたくさんもらっていたという事なのでしょう。

9泊使っても9泊失効する。
来年からは5泊なので、これなら足りないくらいですね。

2019-12-3099.png


2019年の50泊到達時には2020年末まで有効な5泊のスイートナイトをいただいています。
そして75泊到達時には5泊のスイートナイトを選ばずに無償宿泊を選んでいます。使いきれないスイートナイトが勿体無いと思うようになったので、無料宿泊を選んだのですが、これでよかったのかはわかりません。

正直なところ、ここ数年の海外での宿泊でスイートでなかったことは一度もありません。それはスイートナイトアワードを利用したからなのか、力学が働いたからなのか、そのあたりは全くわからないのですけれど、スイートでなくなれば、なんだかなぁと思うようになるのかもしれないですね。ただこれも現実なので、受け入れるしかないのかもしれません。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사