マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

バンコク土産はさくさくドリアン!

旅先でのお買い物は結構楽しいものです。
バンコクに行くとだいたいパラゴンショッピングセンターに行きます。
そこで買いたいものって色いろあるのですが、例えばこのドライドリアン。
ドリアンをフリーズドライにしたような感じです。
何種類かあるのですが、今回は2種類買って来ました。
そうそう、ドリアンチップスというポテトチップみたいなものもあるのですが、おすすめはフリーズドライのドリアンです。

11-IMG_4698.jpg

中を開けると小袋になって入っています。
コロコロしたドリアンの実のような感じがしますよね。
そのため1回で全部食べなくても良いのです。

11-IMG_4703.jpg

食べるとさくさくなのですが、口の中の水分を含んでドリアン特有のネットリ感が出てきます。
それがなんともなくいいのです。
あー、ドリアンたべてるという実感が湧いてきます。

今回の旅行ではドリアンを見かけて買おうとしたのですが、触ってみるとまだまだ若いというか実が硬いのです。
そのため買うのを止めてしまい食べることができませんでした。
その代わりにパッションフルーツを山ほど買って食べたのですが、でもドリアンも食べたい。
そしてさくさくドリアンを買ってきました。

生のドリアンと違って食べた後にいつまでもお腹の中からコポっと上がってくることはないので、後味も良いです。
機会があれば、ぜひ皆さんも食べてみてください。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


スポンサーサイト



冬のアジアぐるぐる旅行【その15 帰国便はソウル発券】

15回に渡る冬のアジアぐるぐる旅行記も今日が最終回になります。
9泊10日は、正直なところ長すぎました。
旅行を計画しているときは1日でも長く行きたいのですが、実際に旅行が始まると僕には長すぎるのです。
正直なところ4泊5日もあれば十分と感じています。
体力的な問題もあり、もう長い旅はできないのかもしれません。

さて金浦空港にタクシーで向かいましたが、市内からはだいたい30分ほどで到着します。
料金も25000W程でしょうか。
これだけ安いと重い荷物を抱えて地下鉄に乗る気にはなれないのです。
やはり年をとったのかなぁと実感しますが、こういうお金の使い方は歳相応かなとも思います。

今回はまたソウル発券です。
ソウル発券の最終区間を使いソウル入りして、その航空券は終わり。
そして日本に戻るにはまた新たにソウル発の航空券を仕入れることになります。
ピーク時ですからさすがに事前にエージェントを通して発券済です。
今回は、JAL便で金浦−羽田−沖縄−羽田−金浦という4区間ある1年オープンエコノミー航空券です。
東京にて2回ストップオーバーできる航空券で、かなり使い勝手がよいものです。
ANA便、JAL便いずれもありますが、ANA便のほうが少し値段が高いですね。



今回は事前にアップグレードポイントを使ってビジネスクラスにアップグレードを確定させてあります。
近距離アジア線で使うのはもったいないのですが、私がプライベートで使う航空券で他の路線ではUG出来る値段の航空券を買うことはまずありません。
そのためこの路線で消費するのが常です。

11-IMG_6656.jpg

機内食は、なかなかの味でした。
久しぶりに日本食を食べたような気がします。
優しい味でした。

11-IMG_6640.jpg

窓の外には、凍りついた韓国の街や山が一面に広がっていました。
真冬のソウルと夏のアジアを楽しんだ旅行でした。

今回は、ソウル発券のJAL便航空券とANAマイルを使った特典を組み合わせて、なおかつ別切りでエアアジア便でプーケットへ向かった旅行でした。
旅費総額は計算していませんが、ピークシーズンにお得に旅行できたのではないかなと思っています。
ANAのマイルは、もうほとんど無くなって来ました。
今年からは完全にJALに移行することになろうかと思います。

これで「冬のアジアぐるぐる旅行記」はおしまいです。
長きに渡りお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その14 冬のソウル】

今回のソウルは2泊。
ただ正味1泊のソウルステイになります。
たった1日なのでどこに行くでもなく、普通のソウル滞在になってしまいました。
東大門を歩き、明洞を歩き、南大門を歩いただけのソウルステイです。

数日前に降った雪は道路にはもう無いのですが、舗道にはそのまま残っているところが殆どでご覧のとおりの状態です。雪は踏みしめられて圧縮されつるつると滑るので歩くにはとても注意が必要です。
でもこんなことにはソウルっ子は慣れているのか、滑って転んでいる姿を見かけることがありませんでした。



ちょうどお昼時だったのか、南大門市場に入った所で空腹感を覚えて中華料理店に入ることにしました。
立派な店構えですが、頼んだのはチャジャンミョン(ジャージャー麺)です。

11-IMG_6575.jpg

これまでいくどかチャジャンミョンを食べて来ましたが、なかなかの味です。
最後まで飽きること無く美味しく食べたのはいうまでもありません。
場末の中華料店なら3000Wから3500Wほどですが、ここは6000Wした記憶があります。
かなり高めの料金でしたが、納得の味でした。

11-IMG_6572.jpg

久しぶりに南大門市場を歩きます。
通路には屋台がひしめき合い、何やら色んな物が売られています。
ちょうど見えるのは、パッチですね。
韓国語では바지(パジ)。바지(パジ)とは広義でズボンのことですが、パジが訛ってパッチと日本では言います。

11-IMG_6576.jpg

アバクロのような模様のパッチが5000Wです。
僕は買いませんでしたが、買っておけばよかったと後悔しきりです。

僕の今回のソウルステイはこれでおしまいです。
あとは明日日本に戻るだけになりました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【その13 大好きなパークハイアットソウルでの食事】

大好きなパークハイアットソウル。
ちょっと続きを報告しましょう。
今回はアワードでの滞在です。
いつもこのホテルはアワードなのですが、精算するときにゼロ円というのは僕の主義には反するので、アワードステイの時は何かしらホテルにお金を落とすようにしています。
今回は、2度ほどホテルの部屋で晩御飯を食べました。

まずは、朝ごはんから。
これはダイヤモンド会員に付いている無料のものです。
階下のコーナーストーンです。
これまでとスタッフが随分と変わってしまい「Welcome Back! 」と迎えてくれる素敵な女性スタッフはいませんでした。



せっかくのタダ飯ではありますが、ここで食べ過ぎちゃうと美味しいものだらけのソウルでなかなかお腹が空かなくなってしまいます。
軽く食べるのがコツなんです。そしてこれが朝ごはん。
サラダときのこと生ハム1枚にクロワッサン。
これ以上食べてはいけません。

11-IMG_6618.jpg

晩御飯は2度ほどパスタを頼んでいます。
最初の晩はボロネーゼ。
なかなかの味とボリュームです。

11-IMG_6517.jpg

次の晩はカルボナーラ。
普通のパスタやフィットチーネでしかカルボナーラは食べたことがありませんが、なんとネジネジのマカロニですね。
これがなんとも美味しい。
なかなかのプレゼンテーションでした。

11-IMG_6616.jpg

いずれもこんなパンが付いているんです。

11-IMG_6611.jpg

パスタだけでも十分なボリュームがあるのですが、この暖められたパンでかなりお腹いっぱいになります。
料金は、ボロネーゼが30,000W、カルボナーラが25,000Wでした。
これにビール小瓶1本がなんと11,000W++。
今回のパークハイアットソウル2泊の支払額は合計で72600Wのお支払いとなりました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【その12 大好きなパークハイアットソウル】

長いタイでの滞在を終えてソウルに戻りました。
僕の旅はソウルから始まりソウルで終わるのです。

今回はバンコクから香港を経由してのソウル入りです。
ホテルに到着したのは、すでに夜の21時頃だったと思います。
そうそう、今回のホテルはパークハイアットソウルです。
もちろんいつものようにアワードです。
今回はかなり稼働が良いようで、KALリムジンバスからホテルが見えた時その殆どの部屋の明かりが付いていました。
そのため今回は普通の部屋です。
普通の部屋でもすごく快適なのはいうまでもありません。
チェックインらしいものは、このホテルはではなくて、1Fのエレベータロビーに到着して名前を告げると一緒に部屋までアテンドしてもらえるスタイルというのはいつもどおりです。
そして部屋でサインして終わりです。
エレベーターシステムが少し変わっていましたが、以前よりはわかりやすくなったと思います。
現在は常に24Fフロント経由でそれぞれの部屋に行くスタイルに変更されました。

このコンテンポラリーな部屋が好きなのです。
コンテンポラリーも行き過ぎるとモノトーンの黒っぽい部屋になってしまいますが、このホテルはナチュラル。
それがいいのです。



これはいつもの水回り。
十分に広くて使いやすい。
実はトイレはウォッシュレットです。

11-IMG_6494.jpg

大きすぎる風呂はなんだかなという感じもしますが、ざぶざぶとお湯をこぼしてもよいこのお風呂は大のお気に入りです。あまりに大きいのでお湯がたまるまでに少し時間がかかるのが難点といえば難点です。

11-IMG_6605.jpg

アメニティはイソップ。
ノンシリコンなので好みが分かれるかもしれませんね。
都内でも買うことができますが、驚くほど高いのです。
お金を出してまで買う気にはなれませんが、僕が最も好きなホテルアメニティブランドです。

11-IMG_6499.jpg

このホテルは快適な滞在を約束してくれます。
足元から天井まで広がる全面窓の外には凍えるソウルの街が広がっています。
ここはちょうど三成交差点。
向かいにはCOEXモールやインターコンチネンタルホテルが見えますね。
まさに都会の隠れ家です。

11-IMG_6523_20130113122845.jpg




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。



冬のアジアぐるぐる旅行【その11 ソウルへは香港経由で】

バンコクからソウルに向かうことになっていた。
ただ直行便は取れなくて香港経由であった。
若干のトランジット時間はあったが、香港の街中に行くほどの時間はない。
香港で一泊しようかと思ってもみたのだが、ソウルでの滞在時間を長くしたかったこともあり、今回香港は数時間のトランジットのみにした。

早朝のタクシーはスワンナブームまではあっという間に到着する。
今回ちょっと気になったのが、タクシーメーターである。
なんとメーターにも関わらず700THBもかかった。
その他に高速道路も走るので総額800THBといったところである。
これまでこんなにかかったことがない。
深夜早朝の割増なのだろうか。
メーターに細工をしているのだろうか。。今持って謎である。

チェックインカウンターはすいていた。
座席がどうなっているのかわからなかったこともあり、エグジットをお願いした。
何やらよくわからないが、今日は満席で後方2階席ということだけはわかった。
80という座席番号は、あまり見たことがない番号なのでどんな機材なのかと思っているとなんとA380であった。



この迫力の大きさである。
実は機内に乗り込んで機内誌を見ていてA380ということを知った。
写真を撮りながらもA380と言うことは気が付かなかった。
グランドスタッフが、機材はジャンボだと言っていたので、てっきり747だと思っていたのだ。

11-IMG_6447.jpg

シートはカラフルで快適な空の旅となった。
機内ではWiFiの電波を捉えていたが、接続はできなかった。
路線により接続できないと書いてもありこの路線が使えるのかどうかはわからない。

これだけの大きな機材で満席ということなので、やはりアジアはスゴイなと改めて実感した。

11-IMG_6448.jpg

香港でのトランジットは2−3時間ほどであっただろうか。
腹も空いていないこともあり、まったくもって時間を持て余した。
TGのラウンジに行ってみたりしたが、じっとしていられずにUAのラウンジも顔を出してみた。
噂ではなかなかUAラウンジは良いと聞いていたのだが、うーん、なかなか良いとは言い切れずTGラウンジのほうが僕には合っているように感じた。なによりUAラウンジは混雑し過ぎである。それが一番のマイナス要因であった。

111-IMG_6470.jpg

TG628便は、ガラガラの搭乗率であった。
自由に席を移って3列シートで横になる人なども多数いたが、それでもガラガラであった。
TGにとっては以遠便のこの路線は、盲腸のようなものかもしれない。
このような搭乗率であれば、いつかはなくなるかもしれないなと感じた。

11-IMG_6478.jpg

ソウルに到着したときは、すでに夜だった。
まる1日かけての移動となった。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その10 喧騒のソイ11】

ソイ11の街並みを紹介しよう。
普段僕はこの辺りにはあまり来ないので新鮮味もあったが、全体的には欧米人ツーリスト、日本人ツーリストが集まるエリアである。
安いホテルもこの周辺には多いように感じた。
欧米人が入れるレストランも多く、屋台も多い。

11-IMG_6372.jpg

もうもうと上がる煙の屋台は何を焼いていたのかはもう覚えていない。
意外だったのが、欧米人が屋台で食べている姿を数多く見かけたことだ。
彼らは国を出ても自分のライフスタイルや食生活を変えないで、旅先のご当地モノを食べるという事をしない人たちだと思っていた。ところが、屋台で飲んで食べている姿を数多く見かけたことが意外であった。

11-IMG_6369.jpg

ソイの入口付近にはバイクタクシーがずらっと並んで客を待っている。
それにトゥクトゥクだって健在だ。

11-IMG_6380.jpg 11-IMG_6382.jpg

BTSナナ駅を降りてソイの入口付近のスクンビット通りにはズラッと屋台が並び、チープなものが売られている。
偽ブランド品から生活雑貨まで幅広い。
僕は時計の革バンドを探していたが、ここの屋台街では見つけることができなかった。

11-IMG_6384.jpg

バンコクではこういう屋台街をひやかしながら歩くのがとても楽しい。
パッポンにもこういう屋台街があるのだが、ナナ駅界隈にもこうして広がっていてわざわざロケーションの悪いパッポンにまで行かないで済むのが良いかもしれない。

ソイ11の喧騒は夜遅くまで続き、朝までこの調子だ。
僕がホテルを朝5時30分にチェックアウトした時、欧米系のツーリストたちが現地で出会ったであろう女性を伴ってホテルに帰ってくる姿を数多く見かけた。
こういうのはあまり好きではないので、ちょっと残念な気持ちになった。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その9 Aloftバンコク】

バンコクでの滞在は、どこにしようかとずいぶん迷っていたのだが、Aloftにした。
バンコクには夕方到着し、翌日朝8時のフライトでバンコクを後にする。
朝ごはんも食べれないまま空港に向かうことになるので、良いホテルはもったいない。
最期まで迷っていたホテルはWバンコクなのだが、最近開業していたので泊まりたかったのだが、早朝出発では楽しめないこともあり今回はパスした。
今回はポイント&マネーのアワードで25ドルだ。



Aloftはソイ11のほぼ一番奥付近にある。
BTSのNana駅が最寄りの駅になる。
この周辺は世界中からのツーリストであふれている。
とても活気があって良いのだが、全体的に廃退的な雰囲気で個人的にはあまり好きではないと感じた。

さてホテルを紹介しよう。
今回選んだのは喫煙部屋だったのだが、部屋に入るとあまりにも饐えたタバコの匂いが部屋に染みこんでおり、頭痛を起こしそうだったので、禁煙部屋にチェンジしてもらった。
喫煙者の僕でも耐え難かった。

11-IMG_6359.jpg

部屋の広さは30㎡程であろうか。
全体的に狭い。
広さといいレイアウト等は、ミレミアムヒルトンバンコクに似ているといえる。
ヒルトンバンコクより気持ち広い程度であろうか。

11-IMG_6337.jpg

使い勝手の悪いソファーがあったり、大きな液晶テレビがあったり設備は十分であろう。
アメニティー類も必要な物は十分に揃っている。
ミネラルウォーターもコーヒー類も付いているので、十分だ。

11-IMG_6346.jpg

今回は利用した記憶が定かではないが、インターネットもWiFiがあった。
SPGのPLT会員なので料金を気にすること無く使っているはずだが、一般的な宿泊者がどの程度の料金なのかはわかっていない。

11-IMG_6339.jpg

通常はどういう価格帯なのか僕には分からないが、全体的にはカジュアルなホテルになろう。
客層も全体的にかなり若い。
フロントスタッフは気持ちよく働いてくれるし、印象は良い。
スーパーで買ってきたパッションフルーツを切りたくて、ナイフがないので1Fロビーの喫茶スタッフに20個近くも切ってもらったのだが、気持よく切ってくれた。
もちろん手間をかけさせてしまったので、5個ほどプレゼントしたのだが、タイ人だというのにパッションフルーツは見たことがないと言っているのが不思議だった。

ロケーションがソイ11ということで夜中騒ぐ街なのが、ちょっと難点かもしれない。
ただ部屋から街の乱痴気騒ぎが聞こえるということはない。
部屋も清潔で快適だった。
僕のタイでの滞在にはちょっと不向きだが、また泊まってもいいかなとも感じた。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その8 バンコクへ】

何もしないプーケットの休日も終わりバンコクへ向かうことになりました。
昼過ぎの便ですが、何時に空港に到着しておけばいいのかがわからず、少し早めに向いました。
エアアジアのチェックインカウンターは長蛇の列で、並ぶ列により早かったり遅かったりの当たり外れがあります。
こういうのはなかなか難しい選択ですよね。
幸いにもアタリの列だったようで比較的早くチェックインが済みましたが、それでも20分前後かかったかと思います。ハズレの列なら2倍以上の時間がかかるかと思います。



チェックインが済むと何もすることがない。
ローカル空港ゆえ、時間を潰すのもなかなか厄介です。
アメリカンなレストランがあったのでビールでも飲もうかと入ってみました。
選んだのはビアチャンとナチョスコンビネーション。
これがまたすざまじいほどの量で全部は食べきれずでしたが、ナチョスも手作りのようでこれは美味しかった。

11-IMG_6289.jpg

やっと搭乗の時間になりエアアジアにに乗り込みます。
復路は適度に揺れたのと、前方シートに座っている小さなお子さんが、フライト時間じゅうの大泣きで周囲のお客様はぐったりの様子でした。
別料金を払って前方のシートに乗っていての大泣きは、さぞかしお辛かったと思います。
それにしてもあれだけ泣き続けるのは珍しい。

11-IMG_6300.jpg

夢のような3日を過ごしたプーケットをあとにし、バンコクに降り立ったのでした。
ドンムアン空港に降り立つとタクシーで今日のホテルであるAloftに向かいます。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その7 ウェスティンスィレイベイあれこれ】

ウェスティンスィレイベイのことについてもうちょっと書いておきましょうね。
今回、ウェスティンスィレイベイに泊まることにしたのは、HPを見たからです。
まったく関心のないデスティネ−ションでしたが、ホテルの写真に惹かれたのです。

ホテルのHPは<ここ>からね。

調べてみると年末年始に3日間ほどキャッシュアンドポイントで泊まれることがわかりました。
たった1泊45ドルです。
本当は4−5泊したかったのですが、泊まれるのは12月31日から3日ほど。
そのせいで前後にバンコク1泊ずつすることになりましたが、3日でも十分と思うようになり予約したのです。
ピークシーズンでもあり45ドルの価格は申し訳ないほどの値段です。
そんなことでプーケット行きが決まりました。

少しばかりホテルの写真をご案内しましょう。
これは私の部屋からの眺めです。
ベランダが付いており、日がな一日ベランダにある椅子やソファーに座っていました。

11-IMG_5921.jpg

これは外から私の部屋を見たところです。
私の棟はゆるやかな山の比較的上の方にありました。もちろん海が近い前方のほうが部屋のカテゴリーは高く料金もものすごい料金になるようです。
この棟は8戸で1棟になっています。惜しむらくは隣のテレビの音がよく聞こえたことです。
壁はどうやら薄いようでした。

11-IMG_6068.jpg

これはプールの写真ですが、ホテル敷地内には3つのプールがあります。
そしてここがメインのプールです。

11-IMG_6221.jpg

メインロビーの横にはレストランがあります。
Tastesというレストランで、朝食会場になっています。
エアコンの効いた室内も良いのですが、私はいつもテラス席があるアウトサイドで食べていました。
アラカルトもあるとは思いますが、夜食べに行ったときはバッフェメニューでした。
風を感じながらのごきげんな時間です。

11-IMG_6015.jpg

テラス席から見える風景ですが、山にへばりついているようなコテージももちろんこのホテルの部屋です。
山にコテージがたくさんあるのです。

11-IMG_6017_20130113094833.jpg

こちらは、私の部屋の横にあるプールと併設のバーです。
まさにプールバーなのでしょうか。
プールサイドでぼーっとした時間を過ごし、ビールやカクテルを手にして英気を養います。

11-IMG_6055_20130113094832.jpg

これはカクテルタイムのひとコマです。
Pregoというレストランの片隅や屋根の上がカクテルタイムの場所になります。
リゾートらしい開放感のあるラウンジですね。
ハッピーアワーの時間になると広い敷地内から三々五々プラチナ会員たちが集まってきます。
食べ物は自由に食べれるというのではなく、スタッフが適当に持ってくるというスタイルなので腹の足しにはならないのですが、ここで腹一杯になってしまうとホテルにお金を落とせなくなるので調度良いと感じました。
私はアワードの時はホテルにお金を落とすようにしているので、ここで軽く飲んで部屋でルームサービスを頼むというスタイルです。

11-IMG_6099.jpg

ホテル全体が、海に面したゆるやかな丘陵にできており多数のコテージで構成されていますので、こんなゆるやかな坂を歩きながらメインロビーに行ったりプールに行ったりします。
敷地内はトゥクトゥクが走っており、呼び出しても良いし途中でピックアップもしてくれます。
度々乗りましたし、こうしてぶらぶらと歩くのも良いですね。

11-IMG_6070.jpg

夕暮れ時は圧巻です。
沈む夕日がとても綺麗です。

11-IMG_6081.jpg

このホテルは素晴らしいホテルでした。
プーケットに行ってよかったなと感じさせるホテルでした。
また行きたいかと問われれば、もちろん!という素晴らしい滞在でした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。



冬のアジアぐるぐる旅行【その6 プーケットタウン】

リゾートホテルに缶詰で何もしないプーケットの休日をウェスティンスィレイベイで過ごしていましたが、プーケット空港とホテルしかプーケットのことを知らないということになっていまい、ちょっと勿体無いなと思うようになり、プーケットタウンに足を伸ばしてみることにしました。
ホテルからはホテル仕立てのバスが出ています。
往復で200THB。
無料ではないんですね。
15分ほど乗るとプーケットタウンに到着します。
復路のバスは2時間後を指定。こういうのは予約がいるのです。

さて街歩きを開始したのですが、何も観るところがない。
カラフルなバスがやってきてなかなかキッチュ。

11-IMG_6183.jpg

大きな市場がありましたが、お昼ごろのこの時間帯ではほとんどが閉まっていました。
市場なので朝から取引をして昼には終わっているようです。
大好きなドリアンを見つけましたが、お腹が空いておらず手を出せずでした。

11-IMG_6163.jpg

パイナップルもこの街の名産品なのでしょうか。
山積みになっています。
ちょっと小ぶりのパイナップルは美味しそうに見えました。

11-IMG_6189.jpg

街の中心部なのか、大きなショッピングゾーンがありその周辺をそぞろ歩いたのですが、観るものや欲しいものはほとんどなく2時間という時間がとても長く感じました。

11-IMG_6196.jpg

せっかくのプーケットタウンでしたが、僕にはあまり関心がなかったようです。
何もしないプーケット。プーケットはそういう街なのかもしれません。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【その5 何もしないプーケットの休日】

空港にはメータータクシーがあるわけではなく、カウンターで行き先を言って料金を払いやってくるクルマに乗せて貰う形を取る。この方法は結構難易度が高い。
プーケットというと日本ではお馴染みのデスティネーションだと思うけど、みんなこういう方法でホテルに行っているのかと思うとスゴイなぁと思う。
スィレイベイは遠いのか800THBもした。
やってきたのは大きなワゴンで、他の人も載せることになった。
あれ?それじゃ乗り合いタクシーじゃんと思いつつ、Noとは言えなかった。
50分もかからなかったと思うが、田舎道を通り、ウェスティンスィレイベイに到着した。

チェックインをするフロントロビー棟は、オープンエアである。

11-IMG_5892.jpg

部屋は、満室で特段アップされること無く普通の部屋であったが、50㎡もあって十分の広さでもあり納得であった。なによりピーク時に45ドルで泊まるのに文句は言えない。

11-IMG_5908.jpg 11-IMG_5919.jpg

窓の外には海が見える。
日差しはかなり熱く、日中はプールで裸になるのが恐ろしいほどだ。
街から遠くはなれて孤立したこのホテルは、ホテルの中で一日中過ごすホテルのようだ。

11-IMG_5922.jpg

朝ごはんはフロントがある棟に行くのだが、行くときはゆるやかな坂を歩いてぶらぶらと行く。
ただし帰るときは、坂を登ることになるので無理せずトゥクトゥクを呼んで送ってもらう。

これはある日の朝ごはんだが、だいたいいつもこんな感じだ。
日本で食べる時と殆ど変わらない。

11-IMG_6007.jpg

夜になるとSPGプラチナ会員向けにハッピーアワーがあるため18時からPregoレストランに向かう。
このホテルにはエグゼクティブラウンジはないので、レストランの一角あるいはレストランの屋上がラウンジに早変わりだ。
まずはモヒートで一杯。その後ビールに切り替えたり赤ワインを飲んだりした。
風が心地よく、音楽と相まってリゾート気分を盛り上げてくれる。

11-IMG_5952.jpg

オードブルは、スタッフが持ってきてくれるのだが、お腹いっぱいというわけにはいかない。
連日部屋でピザを頼んだりクラブサンドイッチを頼んだりしたが、いずれも1000円だとか1200円だとか安く感じる。

11-IMG_5981.jpg

こうして酔っぱらい、お腹もいっぱいとなり連日夜10時もなれば倒れこむように寝てしまった。
大晦日の夜、12時だったのだと思うが、頭上でドカンドカンと花火が上がり起こされたのだが、下の方ではガンガン響くロック音楽と嬌声が風に乗って聞こえてきた。
カウントダウンなのだろう。

11-IMG_6085.jpg

沈みゆく夕日が綺麗だった。
何もしない贅沢というプーケットでの時間を過ごした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その4 エアアジアでプーケットへ】

冬のアジアぐるぐる旅行です。
バンコクで一泊した後はプーケットに向かうことにしていました。
コンラッドをチェックアウトすると久しぶりのドンムアン空港に向かいます。
もちろんタクシーなのですが、近いはずのドンムアンも結構な料金で280バーツくらいした記憶がありスワンナブームと大して変わらないのです。あれっ?という感じでした。
チェックインはスムーズそのもの。

111-IMG_5863.jpg

シートは事前に予約していたのですが、通路側を指定してあります。
エアアジアに限らずですが、この空港はLCCのベースになっている空港です。
空港には様々なLCCの機体がずらっと並んでいます。

11-IMG_5861.jpg

それにしてもこの空港は、中に入ると全面に禁煙。
以前とは異なりやはり法律が変わったようです。

機内は欧米人が目立ちます。
プーケットに行くのは欧米人が多いのでしょうかね。
アメリカ人というより耳慣れない言語を話すヨーロッパ人がほとんどです。
空港で意外に目立ったのが、冴えない日本人中高年男性とローカル女性の組み合わせ。複数の姿を見かけましたが見ていてあまり気持ちのよいものではありませんでした。日本ではまったく女性に縁の無さそうな方々のようにお見受けしましたので余計にそう感じたのかもしれません。
ま、人のことはほっときましょう。

前方に赤いシートカバーがかかっている席は、有料の事前指定のシートのようでしたが、どこかメリットが有るのだろうか?シートも普通の席と同じように見えました。

11-IMG_5877_20130113085421.jpg

1時間ちょっと乗った所でプーケットに到着します。
多少の揺れも感じながらのフライトですが、リゾートに行くということでちょっとワクワク感と初めての場所で緊張感とが織り交ぜになっていました。
そして空港から降りた途端、ごちゃごちゃの混沌とした雰囲気にちょっとびっくりです。

11-IMG_5884.jpg

なんとかタクシーに乗る方法がわかってウェスティンスィレイベイに向かうことができました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。



冬のアジアぐるぐる旅行【その3 バンコクぐるぐる】

今回のバンコクステイは1日しかありません。
ホテル沈没もいいけれど、今回は街に繰り出しました。
最初に向かったのは、MBK。
ここは、いろいろなものが売られています。
気になっていた、SIMフリーの携帯を物色したかったのです。
あまりに店が多すぎてどの店が良いのかまったくわからず気後れしてしまいました。
見ていて思ったのは、バンコクよりは香港の通販のほうが2割ほど安いですね。
実はすでに香港の店で携帯は買っていたので、買う気はあまりありませんでした。

11-IMG_5770.jpg

電器店街を後にして、MBKのなかでもアパレル品を扱う店に移ります。
この雑多な雰囲気の中で「これはあるな」と感じました。
お目当ては、アバクロのTシャツです。
上海ではしばしば買うのですが、バンコクでは買ったことがありません。
久しぶりに購買意欲がわきました。
ゲットしたのは、この3つ。
3つで3000円ほどでしょうか。
戦えばもっと安くできたのかもしれませんが、1000円以下なら買うというこの日の僕の相場観でここで妥結。

11-IMG_5843.jpg

MBKでのお買い物の後は、久しく行っていないソンブーンシーフードレストランへ行く事にしました。
19時に行くと、待っている客で受付前はごった返しでした。
一瞬止めようかと逡巡しましたが、ここまで来たので待つことにしました。
受付前だけで40人前後は待っていますが、30分も待てば大丈夫でしょう。
次々に来る人にだいたい30分待ってねと受付のお兄さんは言っています。
ただ結局待っていたのは15分ほどでした。

最初に出てきたのは、空芯菜。
ここの空芯菜は美味しいのです。
食感も良いですが、味付けが美味しい。

11-IMG_5794.jpg

次に出てきたのは、ゆでエビ。
これを食べようかどうか迷ったのですが、ついつい注文してしまいました。
というのは、食べきれないからです。
エビは特にたいしたことはないのですが、タレが美味しいのです。
パクチー三昧というかパクチーソースがなんとも言えず美味しいのです。
ただ久しぶりに食べてみると、味が変わっていてパクチー臭さは半減して洗練されていました。

11-IMG_5798.jpg

そしてお目当てのプーパッポンカレー。
ここのプーパッポンカレーは美味しい。
独特の深い味わいがするのです。

11-IMG_5804.jpg

腹もはちきれんばかりになり、大満足の晩御飯になりました。
バンコクに来たら外せないMBKとソンブーン。
定番だけど何度行っても行き飽きないですね。
たったこれだけのバンコク滞在でした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【その2 やっとバンコクへ】

早朝の釜山は雨模様であった。
昨晩も雨だったが、夜の間に気温が下がり雪に変わっているのではないかと心配したが気温は下がらなかったようだ。
タクシーに乗り込むとあっという間に空港に到着した。
意外なことに早朝の金海空港はごった返していた。
ツアーの客なのだろうか、ガイドさんが航空券を配ったりしているだが羽田空港の閑散とした様子とまるで違っていた。韓国人はアジアのどこでも見かける。北米でもそうだ。日本人とは異なり旺盛に海外旅行に行くようだ。
まるで土曜日に登山に行くような格好をした人も多い。

さて今日はタイ航空でバンコクに向かうのだが、予約していたシートに変更をかけた。
事前に押さえられるシートは限りがあるため空港調整席があるはずだ。
迷わず、エグジットローを押さえてもらった。
これで旅は快適になる。



ただ、チェックインに際して何度もステータスカードを求められた。
出てきたこのボーディングパスにもNH※とはあるが、NH※Gとは出ていない。
普段ステータスカードを使うことはないのだが、他社便に乗るときは持っていないといけないなと実感した。

11-IMG_5689.jpg

バンコクまではずいぶんと距離がある。
乗客はほとんどが韓国人で時折タイ人という構成のようで日本人は見かけない。
途中何度も寝たり起きたりしながら、飛行時間の半分ほどは寝ていたように思う。昨晩の睡眠不足はこれで解消できたようだ。

それにしてもバンコクへ着陸した時には、拍手が起こったがなぜなのだろう。
普段着陸に際して拍手を聞くことはない。
スムーズなフライトで拍手されるような操縦だったとも思えず、これがもし私が操縦していて拍手でもされたらちょっと頭にきちゃうかなと思ったりもした。

11-IMG_5734.jpg

それにしてもスワンナブーム空港のイミグレーションはどうしていつもあんなに混んでいるのだろう。
絶望的な人の列にげんなりしたが、実際並んでみると20分ほどで入国した。

空港から市内のホテルへはいつもタクシーで向かう。
だいたい300バーツを超えるくらいが相場でだろう。
今回は370バーツで少し高かった。それでも1000円、迷わずタクシーが正解である。

今回のホテルはコンラッド・バンコクだ。
夏にもこのホテルには滞在しているが、勝手知ったるホテルだ。
13時過ぎにはコンラッド・バンコクにチェックインしたのだが、まだ部屋はできていないということでラウンジで待つことしばし15分ほどで、部屋も準備できたとのことで部屋に行ってみると、部屋は31Fのスイートルームでした。
何度も泊まっているこのホテルですが、スイートに泊まるのは初めてです。

このホテルはすべて禁煙になったのではないかと思います。
というのは、ラウンジの喫煙コーナーが、禁煙になっていましたし、喫煙の部屋を予約していたにもかかわらず禁煙の部屋でしたし。
おそらくですがタイ国内のホテルは法律が変わって、ホテルは禁煙になったのではないかなと想像します。

11-IMG_5723.jpg

もうだいぶ古くなっていると思っていたコンラッド・バンコクもスイートにアップされると輝いて見えるのが不思議だ。1泊しかしない時に限ってスイートだなんてなかなかニクイことをしてくれる。
来期はヒルトンはゴールドの予定だったが、こういうことをされるとダイヤも悪くないなと思う。
今回の滞在はPoint&Moneyでいわばアワードの一種です。
税込6400円というとても申し訳ない値段で泊まっています。

11-IMG_5724.jpg

1泊だけの短いコンラッド・バンコク滞在のあとはプーケットを目指します。
ホテル滞在を楽しみたいと思いつつ、短い今回のバンコクではMBKを物色したいと思っていたし、久しぶりにソンブーンシーフードレストランのプーパッポンカレーも食べたい。
ホテルを楽しむのは後回しにて僕はMBKへと向かいました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【その1 出発はJAL便ビジネスクラスで】

リアルタイムな旅行を現地からお届けしてきた冬のアジアぐるぐる旅行だが、だいぶ端折っているのできちんとここでお届けしようと思います。
数回に渡りお届けいたしますので、暫くの間お付き合いください。

年末12月29日、年末休みに入ったその日からアジアへ向けて旅立つことになっていました。
最終目的地はバンコクだったのだが、途中で予定を変更しプーケットにした。
バンコク滞在もいいのだが、いつもバンコク沈没で芸が無いと思うようになっていたからだ。
航空券の手配は、年末も押し迫っていた時期だったこともありもちろん直行便なんか空いていない。
キャンセル待ちを入れて待っているほどお人好しではないので、取れるルートを模索した。
中国経由でバンコクに行く方法がANAマイルを使うときはうまくいく事が多い。
特に上海路線はMCT(ミニマムコネクティングタイム)だけを注意すれば、バンコクへのルートはなんとか抜けるものだ。
だが、さすがにこの時はうまく行かなかった。
中国経由は諦めて韓国経由を探してみたが、日韓路線が慢性的に取れない状況だ。
日程はできるだけ目いっぱいにしたい。
そんなこともあって思うように行かなかったが、韓国発で検索すると、釜山発でソウル着であれば空席を見つけることができた。
後は、日韓路線はソウル発券の有償航空券を継ぎ足せばよい。

そうやって苦労して継ぎ足した航空券でまずはソウルに向かうことになった。
この航空券はソウル発Kクラスの航空券で、ソウルー東京ー沖縄ー東京ーソウルというソウルに戻る最終第4区間。
アップグレードポイントでビジネスクラスにすることができるので、事前にビジネスクラスにしておいた。
僕は近距離アジア線はY席で十分と思う人なのだが、ポイントが使えるのであればそれに越したことがない。

11-IMG_5595.jpg

羽田空港は年末年始だというのに、まったく混雑の様子は見えなかった。
国際線は便数が多くはないので、ピーク時でも空いているようだ。
まずはラウンジへと顔を出した。
ラウンジは誰も居ないというような状況である。

11-IMG_5579.jpg

機材は小さいようだ。
いつものオンボロビジネスシートでソウルに向かったのだが、あのシートに正規の料金を払う人がいるのだろうか。
不快ラックスシートなんて呼ばれているが、不快というほどではもちろん無く、有償で乗るシートではないというところだろう。Y席+8000円くらいのビジネスシートと言う感じがする。

11-IMG_5600.jpg

ソウル地方は雪のため飛行機が着陸できない場合は羽田に戻る条件付きのフライトとなったが、着陸前に空から見えるソウルの街並みは条件付きフライトになったのもうなずけるほどの深い雪に埋もれていた。
でも無事金浦に到着。

旅はこれで終わりではない。
釜山に向かわねばならない。
この日は釜山行きの飛行機に乗り継ごうと思っていたのだが、雪のため夕方以降は欠航になったとのことで、KTXで釜山に向かう事になった。

19時少し前にソウル駅に到着したのだが、釜山行きのKTXは満席が続き20時30分発となった。
1時間30分ほどの接続時間がある。
近頃はこういうことが多いように感じる。
以前は、19時30分のKTXでも乗れたような気がしたのだが、近頃はすぐ乗れずしばらく時間を潰さねばならないことが多いようだ。

11-IMG_5633.jpg

釜山到着は23時。
お腹は空いていなかったが、ここで食べておかないと韓国では何も食べること無く出国することになりそうだったので、ソウル駅のフードコートで晩御飯を物色。
以前来た時より綺麗になっており、リニューアルしたのだろうか。
選んだのは野菜キンパで35000ウォンだ。
写真を見てもおわかりだと思うが、なかなかの出来と味であった。

11-IMG_5636.jpg

こうしてKTXに乗って釜山まで来た。
時刻は23時。
釜山駅前にある東横インに予約をしてあったのだが、快適なホテルであった。
ただ誤解を与えてはいけないので一筆書いておくが、ベッドはこれ以上固くできないというほどの硬さで、板の上に寝ているような感じさえするほどの硬さである。決しておんどる部屋に布団をしいて寝る時の硬さではなく、それ以上に固いのである。もう1回寝れるかと問われれば、うーん、難しい。
それほどの硬さであった。

そして今回の旅行で一番高いホテルがこの東横インなのである。

11-IMG_5663.jpg

釜山駅前は雪の様子は見えなかったが、当日釜山経由でシェムリアップに向かった友人によると空港は雪だったとのことで、明日はどうやって金海空港に向かうのかを思案した。
選択肢は3つだ。
タクシー、バス、地下鉄である。
思案したとはいえ答えは決まっていてタクシーなのだが、それでも雪だと聞くと一瞬躊躇するほどではあった。
明日は8時40分発のフライトである。
6時過ぎにはホテルをあとにすることになるので、ほんとうに短い韓国滞在であった。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【現地レポート 無事帰国】

本日の金浦発羽田行きJAL92便にて無事日本に帰国しました。
帰国便は、ソウル発券で新たに発券したものです。
幸いにもビジネスクラスにアップグレードしてありましたので快適な空の旅となりました。
とは言え近距離アジア便ですので、Y席で十分ですけど、せっかくのポイントがあったのでアップしておいたものです。

羽田ー金浦//釜山ーバンコク//バンコクープーケットーバンコク//バンコクー香港ー仁川//金浦ー羽田と合計7本乗りました。
最初と最後はJAL便です。
釜山ーバンコクはTG便(アワード)。
バンコクープーケットはエアアジア便。
バンコクー香港ー仁川はTG便(アワーード)。

11-IMG_6641.jpg


8泊9日に渡る旅行はさすがに長かった。
写真は、ソウル上空です。
暖かいバンコクと極寒のソウル。
一粒で2度美味しい旅行のはずでしたが、さすがに疲れたというのが正直なところです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【現地レポート パークハイアットソウル】

長いタイでの滞在を終えて昨晩ソウルに戻りました。
バンコクから香港を経由してのソウル入りです。
ホテルに到着したのは、すでに夜の21時頃だったと思います。
風呂に入るともうグロッキーでした。

今回のホテルはパークハイアットソウル。
もちろんいつものようにアワードです。
かなり稼働が良いようで、バスからホテルが見えた時その殆どの部屋の明かりが付いていました。
そのため今回は普通の部屋です。
普通の部屋でもすごく快適なのはいうまでもありません。
チェックインらしいものは、このホテルはではなくて、1Fのエレベータロビーに到着して名前を告げると一緒に部屋までアテンドしてもらえるスタイというのはいつもどおりです。
そして部屋でサインして終わりです。
エレベーターシステムが少し変わっていましたが、以前よりはわかりやすくなったと思います。
現在は常に24Fフロント経由で角部屋に行くスタイルに変更されました。

11-IMG_6506.jpg

朝起きてみると、窓の外はこんな風景。
これは三成サゴリとコ・エックスモールを望む写真ですが、路肩にはまだまだ雪が残っていて、つるつると滑ります。
今回は2泊するのですが、正味1日のソウル滞在を楽しんできたいと思います。

11-IMG_6523.jpg

リアルタイム旅行記はこれでおしまいです。
帰国しましたら1月中旬より今回の旅行記をアップして参りますので、楽しみにしていてください。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【現地レポート ウェスティンスィレイベイ】

何もしないというテーマでプーケットに来ています。
一歩もホテルから出ること無く連日過ぎていきます。
多分今日も一歩も出ること無く終わりそうな予感がします。

朝ごはんのバッフェはワクワクしますね。
でも食べるものはいつもとあまり変わりないという食生活です。
レストランのアウトサイドデッキで風を感じながら美味しく食べました。


部屋の横にはプールがあるのでちょっと顔を出してみました。
プールは敷地内に3箇所あるのですが、他のところに行くのは面倒なので、隣のプールです。
欧米人、日本人、タイ人も時々見かけます。

11-IMG_6040.jpg

小1時間ほどプールサイドでぐたぐたした後は、併設されているバーで昼間からビール。
BeerChangなら1杯飲んでも酔わないのですが、今回はSinghaにしたこともあり、すっかり酔っ払いました。
MacBookProを持ってプールに行っていました。
敷地内はいくつものWiFiが飛んでいてどこからでもアクセスできます。
WiFiの料金はいくらするのか知らないのですが、今回はもちろんタダです。

11-IMG_6051.jpg

ビキニのトップを外した欧米系のおばさん(年齢不詳)がいたりしてなかなかファンキーなプールです。
こういうプールサイドでは欧米人ってサマになっていますね。

11-IMG_6055.jpg

部屋にはiPodステーションが置いてあり、僕のiphoneにいれてある音楽をランダムにしてずっと流しています。東方神起が流れてきたり、waxが流れてきたり、シンディ・ローパーのタイム・アフター・タイムが流れてきたり、常夏の休日を楽しんでいます。
何もしない贅沢ってもあるんですね。

夜になるとハッピーアワーが設定されていて多頻度の会員は顔を出すことができます。
モヒートを飲んで、赤ワインを飲むともうすっかり出来上がり状態。
こうして夜もまだこれからというのに沈没していまう毎日です。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【現地レポート プーケットより】

プーケットに来ました。ここは遠い。
久しぶりのドンムアン空港からエアアジアに乗ってプーケットに来ました。
昔エアアジアに乗った時などは日本人なんて見たことがないのに、今回はずいぶんと見かけました。
日本でもエアアジアは有名になりましたので、その影響なんでしょうね。

11-IMG_5859.jpg

飛行機そのものは1時間ちょっとですが、前後に時間がかかります。
プーケット空港からホテルまでは40-50分かかるのでしょうか。
タイの田舎町という感じの街を過ぎ、ウェスティン・スィレイベイまでやって来ました。
今回は、Cash&Pointで申し訳ないほどの格安で宿泊しています。

11-IMG_5907.jpg

部屋は普通の部屋。
有償でも満室なこともありスイートにできなくて申し訳ないというスタッフの言葉がありましたが、僕には十分です。
ラナイというのかバルコニーがあるのでタバコはバルコニーで。
ここは、隔離された場所にあるため街まで出るにはひと苦労しそうです。
そのため数日ここに沈没ということになりそうです。
リゾートには慣れていないなぁと改めて実感しています。
じっとしていられない性格なので、大丈夫かなぁ。

そうそう、今日は一年の最後の日。
今年一年、お世話になりました。
みなさんの暖かいコメントで頑張って記事を書こうという気にさせていただきました。
来年もよろしくお願い致します。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

冬のアジアぐるぐる旅行【現地レポート バンコクより】

冬のアジアぐるぐる旅行は釜山からバンコクに到着しました。
13時過ぎにコンラッドバンコクにチェックイン。
まだ部屋はできていないということでラウンジで待つことに。
しばらくして部屋も準備できて行ってみると、部屋は31Fのスイートルームでした。
何度も泊まっているこのホテルですが、スイートは初めてです。
禁煙の部屋にしたのが功を奏したのでしょうか。
というか、このホテルオール禁煙になったのではないかと思われます。
というのは、ラウンジの喫煙コーナーが、禁煙になっていました。

1泊だけのバンコクですので、珍しく歩きまわりました。
まずはMBK。

11-IMG_5843.jpg

写真は、ゲットしたアバクロのTシャツ3つ。
だいたい1枚あたり1000円するかしないかというところでしょうか。
ケータイショップなどを物色しながら結局買わず、アバクロのTシャツだけを買いました。
明日はまた移動します。
せっかくのスイートルームですが、1日でおわかれということになりました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


冬のアジアぐるぐる旅行【現地レポート 釜山より】

昨日は、羽田発金浦行きのJAL便でソウル入りしました。
飛行機は羽田に戻る条件付きのフライトとなりましたが、無事金浦に到着しました。
ソウルは粉雪が降っていました。
釜山行きの飛行機は夕方以降は欠航になったとのことで、KTXで釜山に向かいました。
深夜に釜山到着。

11-IMG_5662.jpg


KTXはかなり満席の様子で19時30分の釜山ゆきには満席で乗れずに20時30分発のKTXとなりました。
釜山で1泊して、さきほど金海空港に到着しました。
こんな早い時間なのにかなりの賑わいで、驚きです。
雪は雨でとけてなく、高速道路もぶっとびでした。
チェックインの際に非常口席も押さえられて快適な空の旅になりそうです。
長いフライトになりそうです。

今回は、釜山発のANAマイルによるタイ航空便の特典航空券。
もちろんY席です。
珍しくチェックインの時にステータスカードとマイレージ番号を求められました。
いつも持ち歩いていますが、ちゃんと持っていないといけませんね。

では!バンコク目指していってきます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


今日から冬のアジアぐるぐる旅行

今日から冬休みが始まります。
韓国を経由してタイに行って参ります。

まずは、羽田発のJAL便でスタート。
これはソウル発券の最終区間を利用してのソウル入りです。
アップグレードポイントがありましたのでこれを利用してのビジネスクラスへのアップグレードを確定させてあります。近距離なのでビジネスクラスなんて必要ないのですが、せっかくのポイントがあるのでというアップです(笑)

JAL1229_20121229002956.jpg



さて金浦についたら次は釜山に向かます。
バンコクへは釜山から出発するのです。
ソウルから釜山へはKTXにする予定ですが何も予約はしておりません。LCCを使うかもしれませんしね。

釜山についたら翌日朝にバンコクに向かうことになります。
もちろん特典予約なのですが、予約が遅かったのでこの路線しか空いておりませんでした。

TG.jpg

復路は、香港を経由してソウルに戻ります。
そしてソウルからは新たにJAL便を発券して戻ってきますが、この区間もビジネスクラスにアップしておきました。

JAL0106.jpg

移動ばかりの旅行になります。
現地での予定は何も決めていない状態ですので、移動とホテル滞在を楽しむ旅行になります。
今回はチープなホテルからラクジュアリーなホテルまで多彩です。
MacBookProを持っていきますので、現地からのリアルタイムレポートができるようであればしてみようと思います。

それでは!
行ってまいります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


年末年始の旅行確定!【その3 タイ国内線はどうしようか?】

年末年始の旅行計画である。

タイ国内線部分をどうするか思案中である。
バンコクからプーケットに向かおうかと考えている。
もちろん飛行機だ。
ちょっと調べてみると、幾つかの航空会社がある。

①Nok Air ノック・エア(タイ航空の子会社)
②Orient Thai オリエント・タイ
③Thai AirAsia タイ・エアアジア (AirAsiaの子会社)
④Bngkok Airways バンコクエアウェイズ 

この中で乗ったことがあるのは、エアアジアだけである。
僕が予定している日程を入れてみると随分と値段に開きがあるようだ。
一番安いかと思っていたエアアジアが決して一番安いわけではないということもわかったのがとても意外であった。
まだ予約は入れていない。
そろそろ行くのであれば予約・発券をしないといけない時期が来ている。

同じ条件で調べてみよう。
日程はまだ未確定なので仮置きという日程である。
往路を12/31の昼前後の便。
復路は01/03の昼前後の便。
こういう設定で調べてみた。

①ノックエア
値段は、4580B(12137円)

スクリーンショット 2012-09-30 18.04.09

②オリエントタイ航空
値段は3700B(9805円)
実はこれが一番安い価格である。

スクリーンショット 2012-09-30 18.05.25


③エア・アジア
値段は5020B(13303円)
他社と比べると決して安くはない。

スクリーンショット 2012-09-30 18.07.00

④バンコクエアウェイズ
値段は9340B(24751円)で、ダントツに高い。そのため選択肢からは外れることになった。
スクリーンショット 2012-09-30 18.08.47

それにしても格安のLCCと言われている航空会社で9800円から24000円まで開きがある。
中心値は決めにくいが12000円程度であろうか。
そう考えるとオリエントタイ航空の9800円はかなり安い価格になる。

これに決まりかな。

と、ここまで書いておきながらの続報である。この記事を書いたのは約1週間前。
その後、この1週間で航空券の価格はみるみるうちに上がって行った。
オリエントタイ航空に関しては、復路の便がちょうど良い時間の便がなくなり、選択枝から外れた。
こうなるとエアアジアしかない。
しかもさらに価格は上がっており、15000円ほどとなった。
LCCの買い方は難しいですね、ちょっと様子見しているうちに、空席なしやら価格高騰などが起こります。
特にオンシーズンでしたので、価格が下がることはないでしょうから、迷ったら即断即決で買いが正しいのだと思います。

行くなら今が買い時!さぁ、決断だ。




年末年始の旅行確定!【その2 金浦−釜山の移動はどうしようか?】

年末年始に海外に行こうとしている。
その1は<ここ>からみてね。

ソウルに夕方到着し、釜山からバンコクへと向かう予定である。
今回の航空券は継ぎ接ぎだらけの航空券なのだ。

そこで思案しているのが、ソウルと釜山の移動だ。金浦空港に到着するのが18:05である。
方法は2つある。
①金浦空港から金海空港まで空路移動(アシアナと大韓とエアプサンがある)
②ソウル駅からKTXでの陸路移動

①に関しては19時30分あたりだとギリギリなので2030のフライトになろう。
現在のところアシアナ航空でもLCCのエアプサンでも料金は変わらない。
変わらないのであればアシアナにしたいところであるが、悩ましいのは予約がwebではできないことだ。
アシアナの会員でないと予約発券できないという状況なので、日本のオフィスでする必要があろう。
それが面倒だ。
かと言って、料金の変わらないエアプサンで予約するのもしゃくだ。

■エアプサン 

Unknown-1.png

■アシアナ航空

Unknown-2.png


②に関してだが、まずは時刻表を見てみよう。

Unknown.png

釜山行きの最終は23時である。
19時30分以降10本もあるので予約の必要はないだろう。
A'REXでソウル駅についたら適当なKTXに乗ればいい。
さぁてどうするかなぁ。

旅の楽しみはこうして旅行を計画している時が一番楽しいかもしれない。


年末年始の旅行確定!【その1 サマリー】

いつも秋になると年末年始のことが気になってくる。
普段は余裕がなくて先々のことが考えられないということもあり、11月ぐらいになると年末どうしようと考えている。
今年は少し早く10月になって年末にどこか行きたいと思うようになった。
このように僕の旅行計画は通常は1ヶ月、そして最大3ヶ月先だ。
もちろん特典で探すのだが、さすがに無理があるようだ。中国路線には空席はあってもそれ以外には見つからない。
いつもは中国に飛んでから東南アジアに向かうのだが、今年は無理なようだ。

苦肉の策は、こうだ。
①ソウル発のチケットを使って日本ー韓国間は有償。
②ソウル発の無料航空券を発券する。JALマイル、ANAマイルとも使える。

まず①から。
OPEN状態のソウル発券最終区間でソウルに向かいます。
12月の末でも簡単に予約が入りました。
ついでにアップグレードポイントを使えるかと聞いてみるとOKとのことでビジネスにアップしました。

2012-09-29 12

次に日本に戻ってくるために新たにソウル発券の航空券を仕入れました。
これはいつも買う ソウルー東京ー沖縄ー東京ーソウル という航空券で、国際線区間はBクラス、国内線部分はYクラスというチケットです。第1区間もあっさり予約が入りました。
ついでにビジネスクラスへのアップが出来るか聞いてみるとこれもその場でアップが確定しました。
ピーク時だというのになんともあっさりです。

2012-09-29 11

そして②だ。
そもそもどこに行こうかと考えて、ANAの提携先、JALの提携先の目的地をいろいろ入れてみるが、これがなかなか大変。
東南アジア方面をいろいろ探したが思うようなところがない。というか空席がそもそも無い。
出発地を釜山に変えてみたところ、バンコクが見つかった。

2012-09-29 10

復路は、香港経由でソウルに戻る。
なんともぐちゃぐちゃ乗り継ぎばかりのバンコク旅行をすることになった。
そのため、釜山で1泊することになった。
また復路ソウルではその日の乗り継ぎで日本に戻るのもつまらないので数日ソウルステイしてから戻ることにしました。

年末年始の直前予約はいつもこんなルートになってしまう。
直前だから仕方ないのだが、それにしても飛行機好きでないとこんなつかれるルート、乗ってられませんねぇ。

と、ここまで書いていて、ホテルを調べてみるとスレィベイがCash&pointで45$で出ている。
もう心はこのホテルになりました。
バンコクでは新しくできるWバンコクで沈没もいいけれど、このホテルで沈没したくなりました。
そのため別切りで更に航空券を仕入れるはめになりました。

10-スクリーンショット 2012-09-30 8.08.59

あっち行ったりこっち行ったりのぐるぐる旅行になりました。