マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

2013年11月バンコク出張【番外編 マイルが加算された】

バンコク出張のマイルが加算されました。
運賃はダイナミックセーバーのCとFの組み合わせだったと思います。

東京−バンコク間の区間マイルは2870マイルです。
往路のC運賃は70%加算ですので、フライトマイルが2008マイル。ボーナスが5547マイルで合計が7555マイルです。
復路のF運賃は50%加算ですので、フライトマイルが1435マイル。ボーナスが6120マイルで合計7555マイル。
往復で15110マイルになりました。

2013-11-26.png

結構おいしいですよね。
ANA派の方には、こんなにもらえるというのが不思議かもしれませんね。
ちょっと打ちわけを見てみましょう。

まずは往路。

2013-11-2623.jpg


次に復路。
2013-11-2623.jpg

見比べてわかるのは、マイルアップボーナス(ツアーなど)というところのボーナスマイルは往復で異なりますね。
これはツアープレミアムという会員制度があり、運賃種別に関係なくフライトマイルとあわせて100%になる制度です。
70%加算運賃の往路であれば、30%分がツアーマイルとなります。往路では861マイルになります。
50%加算運賃の復路であれば、50%分がツカ−マイルとなります。復路では1434マイルになります。
こういうことなので、運賃の加算率が低くても100%になるという仕掛けです。
コレはANAにはない制度なので、ナカナカ良い制度だと思います。
それとちょっと修正が入っているのは紹介ボーナスです。

ただし、FOPに関しては70%加算運賃と50%加算運賃では、4015FOPと2982FOPと差がでています。
コレはしかたないですね。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


スポンサーサイト



2013年11月バンコク出張【その19帰国へ、夜行便は疲れるね】

バンコク出張で4泊、その後の休暇で2泊。
僕のバンコク出張は1週間が過ぎ、終わりになりました。
最終日は夜行便です。
そのためホテルをチェックアウト最大の時間である午後4時に設定しました。
何もしないパタヤですから、本当に何もしませんでした。
特にこの日は、日がな一日テラスでのんびりというありさまで、朝ごはんを食べに行ったくらいで部屋から出ることもなく、時間が過ぎて行きました。

ホテルからスワンナブーム空港へは、前日にタクシーを予約しておきました。
バンコクの手前ですから2時間はかからず1時間30分といったところでした。
残念ながらチェックインカウンターはまだ開いておらず、スターバックスで時間を潰したりしながら時がすぎるのを待ちます。

そうこうしているうちにチェックインカウンターも開き、ボーディングパスを受け取ると予定通りのエグジットローでした。この空港では免税のタバコも僕の好きなマルボロもないため買うことができません。考えてみたらマルボロを探して前回もウロウロしたことを思い出しました。

201311301.jpg

ちょうどご飯時でもあるためラウンジでいろいろ食べましたが、満腹となってしまいました。
ふと手にした豆乳でしたが、これがまた甘いのなんのって。

それにしてもこのサクララウンジはおぢさんたちでいっぱいです。
それもスーツを着ている人が多いので、本当にご苦労様という感じがします。

2013-4-IMG_2369.jpg

早々と機内に乗り込むと乗客があとからあとからやってきます。
意外なことに女性も多いのが不思議でした。
ビジネス路線でもありますが、やはり観光路線なのだなと実感したのでした。

2013-4-IMG_2370.jpg

今年は夜行便に乗ることが多く、ハノイからの復路、ジャカルタからの復路と夜行便でした。
この2回とも機内食を食べる機会に恵まれませんでしたので、今回はなんとか食べるか写真を撮るかしたかったので、機内食の配膳まで我慢して起きていました。

2013-4-IMG_2373.jpg

出てきた機内食は、まるで朝ごはんのようなヘルシーなものでしたが、ほんのちょっとかじっておしまいにしました。
だってラウンジでお腹いっぱいなんですもの。
いつしか気を失い、寝れないと思っていた夜行便でしたがいくぶん寝たようです。
日曜の早朝6時に羽田に降り立つと足元は多少ふらつきましたがそのままオフィスににいって仕事です。1週間もオフィスをあけていると仕事が山積みになっています。月曜日に片付けていては仕事が遅れるばかりです。夜行便で帰ってきたらそのまま仕事。ビジネスマンが乗る夜行便とはそういうもののようです。
結局朝7時から夕方まで山のように溜まった仕事を片付けるはめになってしまいました。


旅行記は19回にも渡りましたが、バンコク出張はこうして終わりました。
炎熱商人のように駆けまわり、アジアの果てで途方に暮れた出張も無事に終えることが出来ました。
休暇をくっつけて何もしないリゾートでひと休みができたのは、企業戦士の束の間の骨休みだったのかもしれません。

※番外編として2日後に加算されたマイルの様子をアップします。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その18インフィニティでの食事】

パタヤ最後の日は夕方から部屋で飲んでいたりして変な時間に昼寝をしてしまいました。
気が付くともう21時ちょっと前で、微妙にお腹が空いています。
レストランでタイフードもなぁと躊躇していると部屋の外から女性ボーカリストの歌声が聞こえてきました。
この歌声で決めました。
インフィニティに行こう、と。

インフィニティは敷地内にあるオープンエアのレストランです。
まさにインフィニティという名にふさわしく眼下には無限大に水平線が広がっています。

2013-4-IMG_2340.jpg

頼んだのはモヒートとマルゲリータ・ピザ。
モヒートは当たり外れのあるドリンクですが、今回はちょっとハズレかな。
甘みが少なく辛口でした。
驚いたのはマルゲリータです。
なんといっても薄いクリスピーのピザで出てくるとは思いませんでした。そしてふんだんに使ったチーズ。どちらかと言うと適当にチーズを載せることが多いピザですが、隅から隅までチーズを惜しげもなく使っていることに驚きました。そして、8ピースに切ったそれぞれにトマトの冊切りを載せています。
食べてみておいしいのはもちろんですが、これはマルゲリータなのか?とふと疑問がわいたのでした。

2013-4-IMG_2321.jpg

お客さんは欧米人をはじめとして、アジアンな人もいてそれなりに賑わっていました。
真っ暗な海とハスキーなボーカリストの声で雰囲気抜群のレストランでした。

2013-4-IMG_2331.jpg

リゾート感満点のこのインフィニティ。
雰囲気だけじゃなくて味も良いレストランでした。
また来たいなと思わせるパタヤ最後の夜でした。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その17パタヤシティ】

今日は2つの記事をアップしています。

パタヤの夜は世界一猥雑な街です。
町の詳しい歴史は知りませんが、パタヤはベトナム戦争時の米軍兵士のつかの間の休暇を楽しむ街でしたので、死を前にした男たちが我を忘れるための街です。
ゴーゴーバーからは大音響で音楽が流れ、ビール片手に現地の女をはべらせたりして廃退的な夜が更けていきます。
そんな廃退的な夜もいいのですが、僕のスタイルにはちょっと合わない。

パタヤではホテル沈没の予定でしたが、そうはいっても街を見ておきたいと思って街まで行きました。

2013-4-IMG_2247.jpg

街ゆく人は欧米人が目立ちます。
言葉の様子からするとアメリカ人、ドイツ人、ロシア人が多かったように思います。
欧米人とタイ人女性のカップルも目立ちます。

2013-4-IMG_2232.jpg

道端のジュース屋台は、今回は手を出しませんでしたが、その場でみかんを潰して絞るジュースは美味しいものです。
20バーツ程度なので安いし健康的だと思います。

2013-4-IMG_2291.jpg

ビーチまで出るとどこまでも狭いビーチには何百というパラソルがずっと向こうまで広がります。
泳ぐような海ではなくパラソルの下でゆっくりとした時間を過ごすようなスタイルのビーチです。

意外だったのは、欧米人女性の姿も多かったことです。
乱痴気騒ぎの米兵崩ればかりだと思っていたのが、女性や子供も多く、健全なリゾートの側面も垣間見れました。
夜の姿はわかりませんでしたが、日中は明るい健康的なビーチリゾートのようです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その16たった9バーツのシアワセ】

たった9バーツでこんなに幸せになれる。
9バーツって3円ちょっとの掛け算で日本円に換算すると30円。

マクドナルドには何度か行ったのですが、僕はいつもコレ。
ソフトクリームです。



ちょっと量が少ないのですが、それがちょうどいいサイズなのです。
日本で食べるソフトクリームの標準の量の半分から3分の1という感じなので、値段も納得ですが、この小さめのサイズと9バーツというのがとてもいい。
僕はこの出張と休暇を合わせたバンコク旅行のあいだに3回は食べました。
マクドナルドは日本以上に店が多いようにも感じます。
だからちょっと疲れた時に休憩代わりに店に入り、このソフトクリームを食べたのでした。

たった9バーツのシアワセ。
それはマクドナルドのソフトクリームなのでした。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その15シェラトンパタヤ】

僕のバンコク出張が終わりました。
3営業日かけてたくさんの訪問先に出かけ毎日ヘロヘロになるまで汗をかきました。
連日バタンキューの毎日で観光どころではありませんでしたが、これにて業務は終わりです。
レポートとかややこしい仕事は空いている時間を見つけてこまめに済ませておいたので日本に帰ってからの業務はほとんどありません。

通常ならこのまま帰国となるのですが、今回は有給休暇を1日付けておきましたのでここからが自分の時間です。
このままバンコクステイもいのですが、バンコクの喧騒はちょっと飽きてきていて静かなリゾートに沈没することにしてありました。
Wホテルからは前日にタクシーをチャーターしており、チェックアウトした12時にタクシーでパタヤに向かいます。
高速道路ぶっ飛ばしで2時間かかりました。

シェラトンパタヤは、ちょっと高台にあって風景の良いホテルと言う印象です。
オープンスタイルのフロントにはバンブーファンが廻り、風が通り抜けていきます。
通された部屋はアップグレードされていてデラックスガーデンビューパビリオンだそうです。



部屋はコテージタイプとなっているのですが、完全なコテージというよりは、4戸で1戸建てになっているようなスタイルの部屋です。
幾つものタイプのお部屋があるようです。ベランダからプールへアクセス出来る部屋など様々ですが、格安で泊まっている身の上ではナンの文句もありません。

2013-4-IMG_1988.jpg 2013-4-IMG_1996.jpg
2013-4-IMG_2001.jpg 2013-4-IMG_2018.jpg

特徴なのは、巨大なお風呂で大人2人どころかちょっと窮屈ですが3−4人でもはいれそうです。
屋外に「タイサラ」(パビリオン)と呼ばれる東屋があるのですが、これはいわばベランダですね。少し広めのベランダで、遠くに水平線が見えるのが特徴です。

広々とした敷地内を探検を兼ねて歩きます。
迷路のようなホテルですが、ジャングルのような木々を抜けていくといくつものプールに出くわします。
気合を入れて泳ぐようなプールじゃなくて日がな一日のんびりするようなプールです。

2013-4-IMG_2203.jpg

そして視界が一気に広がったと思うとそこには海が突然現れます。
波は少々高いようです。小さなプライベートビーチのようで人工的な砂浜になっていますが海は遊泳には向いていないようです。

何もしないという贅沢な時間を僕はここで過ごしました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その14食後のシアワセ】

バンコクで楽しみにしていたものに『パッションフルーツ』があります。
昨年末にバンコクで食べて衝撃を受けたパッションフルーツ。
あれから上海で食べたり、シンガポールで食べたりしましたが、全然ダメでした。
酸っぱいだけで甘みが少ないのです。

そして今回は前回買ってアタリだったバンコクのパラゴンショッピングセンターに晩御飯を食べに行った際に買い込みました。袋には12個位入っていたような気がするのですが、だいたい500円位です。だけどどれがおいしいのか見てもわからず、選ぶときはエイヤッという感じで選ぶしかありません。

2013-4-IMG_1889.jpg

お皿がないのでアイスペールに。
コンビニで買ったお酒とともになかなか洒落た組み合わせです。
お酒はバカルディみたいなお酒で甘めでおいしい。
そしてパッションフルーツは、アタリでした。やはりバンコクで食べるパッションフルーツが一番美味しいようです。わざわざ買いに行った甲斐がありました。
食後のシアワセはパッションフルーツ。多忙な海外出張の合間にシアワセを感じたひとコマでした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その13バンコクの晩御飯はタイフード】

アジアへの出張の時は昼ごはんは食べれない。
朝ホテルで食べたあとは飲まず食わずで夜までご飯を食べることができない。
そういうアポイント設定になっているのだ。
9時/11時/13時/15時/17時と設定されており、1時間で打ち合わせをなんとか終わらせ、次のアポイントへと向かう。
これが連日続く。
今回のホテルはラウンジがないので外のレストランで晩御飯を食べることにしていた。ホテルで食べることも可能なのだが、部屋付にすると経費精算が面倒なのでホテルでは食べないようにしているのだ。

夜になり仕事が終わり荷物を部屋においてホテルの外に出てなにか食べようかと物色しているとテラス席のある明るいレストランがあったので入ってみることにした。
ここはタイフードのレストランだった。
僕は屋台では食べないことにしている。
それは食中毒や下痢など体調不良を起こすことがあってはならないためだ。
すでに中高年、いや50歳を過ぎて高年齢になっている。どんなに元気を気取っていてもストレスにも弱くなっているし、ちょっとした事で体調不良になる。抵抗力が低くなっているのだ。
だから屋台モノには手を出さないことにしている。



さて選んだのは、タイグリーンカレー。
マイルドな辛さだ。
シャバシャバしており非常に緩く、スープのような感じだ。
感動的に特別美味しいというわけでもなくふつうに美味しいと感じる。なかなか表現は難しいがつまりおいしいということだ。
2013-4-IMG_1643.jpg

これだけではさびしい。
そして一緒に頼んだのはこれだ。

2013-4-IMG_1651.jpg

エビのスパイシーなグリルといったところだ。
エビは軽く素揚げしているように感じた。それにスパイシーなソースを絡めて炒めている。にんにくやパクチーのフレイバーがしてタイらしい味がする。日本にはこの手の味付けをした料理はないだろう。
大きなエビでこれだけでお腹いっぱいになるほどである。

シアワセなタイメシ。
こんなシアワセがタイにはある。
だからバンコクが好きだ。

バンコクでは様々なレストランに入ったのだが、今回はアジアンフードは胃にストレスを感じるようになった。
そのため日本食も口にしたし、イタリアンも口にした。
以前なら決してこういうことはなかったのだが、やはり僕もいい年になったのだということを実感した。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その12炎熱商人は歩く】

今日は2つの記事をお届けしますので両方ご覧下さいね。

今回は出張です。
バンコクじゅうを歩きまわりました。
もちろん都心のオフィスビルに行くこともあれば、郊外の工業団地もある。
事前に綿密な地図を作ってBTSやMRTを使いながら企業訪問している。
果てしなく遠いところはタクシーを使うのだが、時間に追われていることもあり、最短最適なルートを探しての企業訪問だ。

都心を歩いているときはまだいい。
郊外になるとナカナカ大変だ。

ある企業を訪ねたのだが、効率よく訪問出来て少し時間が余った。
待機している時に企業の前の商店を何気なく覗いてみた。
手前の不思議な形の自動販売機のようなものは、ミネラルウォーターの自動販売機である。

2013-4-IMG_1709.jpg

30階建てのオフィスビルの横にはこんな民家が連なっている。
洗濯物がはためいている。

2013-4-IMG_1701.jpg

洗濯物は男物ばかりのようだ。
道端に干しているのだから女性物は干さないのだろう。

2013-4-IMG_1706.jpg

ちょっと賑やかな店が並んでいるが、これは訪問先のオフィスビルの横だ。
巨大なビルの真横にはこのような庶民的な店が並んでいて近代と古い街が混在しているということが実感できる。

2013-4-IMG_1692.jpg

バンコクは不思議な街だ。
喧騒とエネルギーがあふれていてアジアの熱気を感じることができる街だ。
限りなく猥雑でこの街の街角に佇むと不思議と元気になる。
この街にはそんな不思議な魅力がある。

僕のアジア出張はいつもこんな感じだ。
大都会を歩き、田舎を歩き、そしてどうやって戻ればいいのだろうと途方に暮れる。
体じゅうから吹き出す汗でワイシャツもびっしょりで、拭っても拭っても汗は止まらない。ワイシャツの襟が首にまとわりつき、まくり上げた袖もうっとおしい。
炎熱のアジアの太陽が恨めしい。いったい俺はこんなところでなにをしているんだろうとふと我に返るとやりきれなくなる。

毎回こんなことの繰り返しだ。でもこんな風景に出会えるからアジアへの出張は楽しいんだ。
灼熱のアジアを炎熱商人として地べたを這ってする仕事は辛いといえば辛いのだが、楽しいといえば楽しい。
こんな地の果てでも日本人は這いつくばって頑張っている。そんな姿に出会えるから僕は頑張れる。
どうせする仕事なら楽しくしないとね。仕事を通して遊ぶんだって決めた時から、僕はこういう旅ぐらしの生活が好きになった。

この日もまたバンコク郊外の地の果てで、いつの間にかどっぷりと日は暮れて途方に暮れたのであった。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その11Wバンコクでの朝ごはんはキッチンテーブルで】

Wバンコクでの朝ごはんは2Fにあるキッチンテーブルで食べることになっている。
もちろん今回もプラチナ会員であるため無料だ。
今回は4回ほどここで朝ごはんを食べたのだが、メニューも豊富でなににしようかと随分迷うほどの種類がある。



4回もここで食べたのだが、ひとつひとつ説明するよりまとめてみていただこう。
毎日同じようなものばかり食べているので代わり映えもしないような感じだが(笑)

2013-4-IMG_1808.jpg 2013-4-IMG_1741.jpg
2013-4-IMG_1891.jpg 2013-4-IMG_1677.jpg
2013-4-IMG_1811.jpg 2013-4-IMG_1739.jpg

卵はオーダー制だ。
どのように焼くのかを指示する。
目玉焼きにしても半熟なのかよく焼くのかなどきめ細かく指示が出せるようになっている。
麺のコーナーも有り、一度タイラーメンをオーダーした。
優しい味のラーメンで御存知の通り自分で味付けするのだが、とても美味しく感じる。ポーションも小さいのでこれだけでお腹いっぱいにはならないので、ラーメン食べちゃうとほかが食べれくなるというような心配はない。
パンの種類も多くおいしい。そして僕は手を出さなかったがデザートも種類が多く楽しめることだろう。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その10ホテルはWバンコク】

今回の出張で選んだホテルはWバンコクだ。
色々悩みながら選んだのだが、今回の訪問先にチョンノンシー界隈の企業とサラデーン界隈の企業が半分あることからロケーション的に便利なこのホテルを選択した。もちろんスターウッドであることが理由の半分でもある。
このエリアで最も高級なホテルはデシュタ二ホテルだ。
実は、このデシュタニホテルは、事情があって顔を出したのが素晴らしいホテルであった。
それはプロパティのことではなくそのホスピタリティである。
僕は、企業訪問の際に地図通りに目指すビルを見つけられずに汗をかきかき慌てていたのが、交番があるわけでもなく、道ゆく人は英語も通じないためこのホテルに飛び込んだ。
そしてドアマンにビルを尋ねるとにこやかにかつ丁寧に目指すビルを教えていただいた。
もうこれだけで好きになったのである。
いつかこの素晴らしいホテルに泊まりたいとさえ思うようになった。

さてさて話題はWバンコクである。
Wホテルはファンキーなテイストのホテルだ。
言い方を換えるとラブホ系のホテルだが、今はブテック系とでも言うのだろうか。
印象的なWのロゴマークが迎えてくれる。



今回予約してあったのは、クールコーナールームというカテゴリーなので少し上へのアップグレードを期待していた。
しかしながらアサインされたのはクールコーナールームであり、まったくアップグレードされないという珍しい結果に終わった。

2013-4-IMG_1594.jpg

部屋は十分広いし、何の文句もないのだが、UGされることが当たり前という風に感じている困った客なので、これでは気持ちがよろしくない。上級会員というのは厄介な属性の会員だ。つくづくそう思う。

2013-4-IMG_1609.jpg

お風呂も十分に広く、快適である。
ついでに言うと2度ほどお湯を入れながら溢れさせたのだが、自然にトイレやシャワーブースに流れていく構造になっており、多少お湯が溢れようが問題はないようだ。

2013-4-IMG_1600.jpg

シンクも十分に広く使いやすいものだった。

2013-4-IMG_1604.jpg

アメニティーはここに映っているものだけではなくシャワーブースにきちんと十分に置かれています。
僕はシャンプーと固形石鹸くらいしか使わないのだが、いずれも悪くない。
高級かと言われればそうではないと思うのだが、十分素晴らしいクオリティのアメニティでした。

このホテルには4泊したのだが、新しく清潔で素晴らしいホテルだと感じました。
スタッフのサービスも行き届いており、洗練されたホテルのサービスというより若いスタッフがフレンドリーかつ一生懸命サービスしているというふうに感じた。
 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その9旅の始まり】

今回のバンコク出張は、日曜日発である。
個人旅行で日曜日に海外に行く人は意外に少なくて、通常日曜日に出発するのはビジネスマンである。
案の定、空港はスーツ姿のビジネスマンで賑わっている。

Untitled101.jpg

今回のJAL便は午前中成田発のバンコク行きだ。
もちろんエコノミーでの航空券だが事前にY席もC席も満席だとわかっていたためインボラの恩恵はないと思っていたが、やはり予約通りのシートアサインであった。
エグジット席をおさえていたのだが、こういう時にはありがたい。
一方で空席が多い時はこの席は結構不自由な席でもあるので、リリースして後方の隣席空席の座席に帰ることにしている。ともあれ満席なので正解ではないかなと思う。

2013-4-IMG_1555.jpg

ファーストラウンジに行ってみるとなんだかものすごく混んでいた。
ここのスーツ姿のビジネスマンがほとんどで、皆さんやはり出張のようだ。

2013-4-IMG_1549.jpg

ラウンジでは朝ごはんを食べようと思っていたので、いつになく空腹でもあったりして結構がっついて食べてしまったが、なかなか美味しい。
サラダにトロトロのバターいっぱいのスクランブルエッグをかけるのはなかなか美味しい食べ方だと思っている。
あまり話題になることは少ないのだが、このラウンジのスクランブルエッグはかなり秀逸だと思っている。バターをふんだんに使っていること、それと塊と柔らかいところのバランスが極めて素晴らしい。
カレーが話題になることの多いJALラウンジであるが、スクランブルエッグが一番優れていると思っている。

2013-4-IMG_1569.jpg

今日の機材は777である。
長い旅が始まったが、今回ほどバンコクが遠いと感じたことはない。体調が悪かったのか、乗っているだけで非常に疲れるのである。脚のむくみもひどく腰も痛い。
修行なら疲れることはないのだろうか、それとも仕事で乗るから疲れを感じるのか。
いずれにしても年をとったんだなぁと実感させられるフライトであったことは間違いない。
長い長いフライトを終え、Wホテルに到着した時にはもうバンコクの夜が始まっていた。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その8バンコクから現地レポート】

やっと現地レポートが出来る心と時間の余裕ができました。
ただいま、バンコクのWホテルの2Fのテラスからです。

2013-4-IMG_1670.jpg


4日間に渡るバンコク出張は終わりました。
バンコクじゅうを歩きまわったというか、汗かきまくりました。
それだけでも十分に忙しいのですが、山のようなメール、東京から届く電話対応なども移動の合間にせねばならず完全に疲労困憊です。タイミング悪く東京でのトラブルも重なり、寝れない夜もありました。
海外出張はほんとうに疲れます。良いホテルに泊まっていますし、ナンの問題もないのですが、観光で行くのと出張で行くのはまったく異なります。
バンコクは雨季が終わり乾季になっていて気候も多少涼しくて過ごしやすいのですが、ワイシャツを着てビジネスバッグを持っての仕事となると話は別で、汗はまとわりつきますし、連日疲労困憊です。
朝ごはんを食べたあとは夜まで飲まず食わずです。
これが連日続きます。

本来なら本日帰国の途につきますが、1−2日ほどこちらに滞在を延ばします。
仕事でステイしたホテルと連続してプライベートで宿泊すると経費精算も面倒なのでホテルを変えます。
バンコクはもう十分です。
喧騒から離れてパタヤのリゾートに向かいます。
ホテルはシェラトンパタヤ。



いつの間にか部屋がアップグレードされています。これを期待していました。
部屋は65㎡です。ナカナカ素敵な感じです。
デラックスガーデンビューパビリオンだそうです。
屋外に「タイサラ」(パビリオン)と呼ばれる東屋があるそうです。ホテルから一歩も出ないでパタヤの街を歩くこともないかもしれません。

申し訳ないほどの格安で泊まりますので、ちゃんとお部屋にお金を落とさないとね。
それが僕のホテル遊びのやり方です。
さぁ、これでバンコク出張も終わりです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その7今日から出発、JAL便は満席】

今日からバンコクへの出張です。
往路は成田発のJL717便ですが、ナントほぼ満席です。
空席はY席1席・C席満席という状況なのです。
エコノミーのみならずビジネスクラスも満席というこの状態なので、インボラは難しいですね。



ついでに復路も見てみましょう。
復路は深夜便の予定です。
機材は767の小さな機材ですが、Y席・C席とも完全に満席です。
これも絶望的ですね。

BKKHND.png

今回は往復ともエグジットローをおさえているので、満席ならばベストシートかもしれません。
それにしてもぐったりしそうですね。
さて今日から1週間ほどバンコクに行って参ります。
朝から夜までぎっしりのスケジュールが入っており、お昼ごはんも食べる時間は用意されていないのはいつものことなので慣れっこですが、夜くらいはちゃんとご飯を食べたいと思います。

PCは持っていきますので、適度にリアルタイムレポートで現地の様子をお届けできると思いますので楽しみにしていてください。
それでは行ってまいります!


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空



2013年11月バンコク出張【その6バンコクで食べたいもの】

来週からバンコク出張に出かけますが、今回もいつもと同様で朝から晩まで忙しい日を送ります。
そして今回選択したWホテルはラウンジが無いため晩御飯を食べに行かないといけません。
賑やかなエリアにありますので食事するところには困らないのですが、せっかくこのエリアに泊まるのであれば食べに行きたいところがあります。
それはいつも行く『ソンブーン シーフードレストラン』です。
僕が行くのはスラウォン店です。
それもホテルからある市ける所にあります。

2013-4-2013-11-10150250.jpg

大好きなのはプーパッポンカレー。
一度食べると当分もういらないという濃い味なのですが、また食べたくなる味なのです。

2013-4-IMG_5802.jpg 2013-4-IMG_5794.jpg

プーパッポンカレーと空芯菜炒め。この2つは外せません。
僕にとって一番のバンコクの味です。

あとはホテルの近くにある『遼寧餃子館』。
味は大したことがないと思うけど、バンコクで餃子を中心とした中華は落ち着けます。
最近はまったく行っていないのでどんな味だったか忘れてしまいましたが、それでも昔はなんども行った店です。

そうそう『鼎泰豊』がバンコクにもできています。
僕の今回の動きからするとちょっとロケーションが悪いけど、ここもありですね。ジャカルタのようなハズレは引かないと思うので、選択肢に入れておこうかと思います。
たぶんわざわざ出かけて行くにも限度があるので、このうち1つか2つしか行けないと思います。
だけど、面倒だなと思うバンコク出張もこんな楽しみができてきました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その5ホテルはWホテルだ】

迫ってきた11月のバンコク出張のホテルをやっと決めました。
僕の選択肢は、出張ですから慣れたホテルであること。ロケーションの良い所
プレミアムな会員として大事にしてくれる所

僕は、スターウッド、ハイアット、ヒルトンとも最上級の会員なのでどのホテルチェーンでも大事にしてくれるのですが、今回はなんとなくスターウッド系で選ぼうと考えていました。スターウッドは東南アジアでは爆裂なアップグレードをしてくれるからでもあります。

バンコクのスターウッド系ホテルはいくつもあります。
ビジネスで使うとしたら、セントレジス(高すぎてNG)、Wバンコク、プラザアテネ、ウェスティングランデスクンビット(満室でNG)、シェラトングランデスクンビットの中からの選択肢です。

そんな観点でしたが、今回は迷いに迷い『Wバンコク』にしました。
ホテルの様子は<ここ>からね。

ラウンジはありませんが、問題はありません。便利なバンコクですのでラウンジは無くても不便ではないのです。
そしてキャンペーンの価格が出てきていて、少し安くなっていること。
駅からも近いロケーションで便利であること。
新しいホテルで清潔であること。
まだ泊まったことがないホテルでワクワク感があること。
そんな観点で今回は選びました。
最初のホテル選びの基準とは少し異なってしまいました。

2013-10-27195304.png

正直なところプラザアテネロイヤル・メリディアンと最後まで迷いました。
バンコクのプラザアテネは慣れているホテルなので安心感があるのです。
ただ今回は自分では泊まることのなかなか無いホテルを選択しました。
予算的に余裕が少しだけあったので、最安値のカテゴリーではなく中間レベルのカテゴリーのクールコーナールームというのにしてみました。ネーミングからすると角部屋なのでしょう。明るい部屋のような気がします。

135331_large.jpg

この写真は、普通の部屋の写真ですが、こんなテイストのホテルです。
まぁ、普通は出張で使うホテルとは違いそうですね。

さてどこまでアップしてくれるでしょうか。
ジュニアスイート止まり?スイートまで行くか?
直前にはわかると思いますので、ちょっと楽しみです。
ちょっと調べてみるとジュニアスイートというカテゴリーはないようですので、5種類あるスイートのいずれかになるような気がします。
そんなに甘くないか?
いずれにしても楽しみなバンコク出張となりそうです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その4JALの予約機能でこんなのあった?】

バンコク出張の航空券はJAL便で予約したのだが、見ていて「あれっ?こんな機能があったっけ?」という場面に遭遇したので、ちょっとお知らせします。

まずは航空券を選ぶ画面。
1日3便ですね。
往路は、真ん中の成田発10時50分の便。
ダイヤミックセーバーのタイプCですからちょっと高い航空券ですよね。
フライトマイル数は5594マイルと書いてあります。

復路は、真ん中の羽田ゆきの便を選んでいます。
ここにはタイプDで5021マイルと書かれています。

2013-08-1113751-11.jpg

そして気になってマイルのところをクリックしてみました。
すると現れたのが、この画面です。

2013-08-1113721.png

すごいですね、こんな機能があったとは今まで知りませんでした。
会員属性も自動的にダイヤモンドになっているし、驚いたなぁ。
きっと以前からあったけど、僕は気が付かなかっただけなのだとおもいますが、こんな便利なのがあったんですね。
いやはや、びっくりです。

ただ、ちょっと中途半端なのがJALらしいところです。
ツアープレミアムのボーナスマイルがここには反映されてはいないみたい。
実際には、2869マイルほどこれに加わるはずです。
もう、JALったら!



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その3出張後の休暇はリゾートへ】

出張は日曜日から水曜日の夜までで終わります。
翌日の木曜日が東京への移動日なのだが、今回は木・金と休暇を取ることにしてちょっとタイの休日を楽しむことにした。
そのままバンコクにホテルを替えてステイするつもりでいたが、ちょっと遠足。
ひとまず予約を入れたのが、シェラトン・パタヤ・リゾート。
もちろんまともに泊まるほど裕福ではないので、Cash&Pointでの宿泊だ。
1泊あたり75ドル+5000ポイントで宿泊。
Cash&Pointの時の予約は、最も低いカテゴリーの部屋でシティビューになるのだが、SPG-PLTであればこれまでの経験値からするとジュニアスイートクラスの部屋にはなるだろう。
この値段で泊まるので、そもそもこだわりはないのだが、ちょっと楽しみでもある。

2013-08-103.jpg

パタヤはバンコクから最も近いビーチリゾートで、スワンナプーム空港から100キロ強。
1時間30分ほどの距離になる。
帰国日は、深夜22時25分の便なので夕方までホテルに滞在してそのまま空港に向かえばいいだろう。
16時のチェックアウトで十分早く空港には到着する。
気になるのは、タクシー代だ。
パタヤはバンコク近郊の街なのだが、交通の便は不便だ。
高速バスに乗るかタクシーでバンコクから向かうことになろう。
復路はもうタクシーだなと観念しています。
それにしてもタクシー代はどのくらいなのだろうか。2000バーツ(6000円)では無理かな(涙)

2日ほどの休暇は、パタヤに沈没することにしました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


2013年11月バンコク出張【その2ホテル選択はどうする?】

ヒコーキの手配は済んだ。
あとはホテルなのだが、まずは出張用のホテルである。
日曜日の夕方にバンコクに到着して木曜日の朝までの4泊の滞在だ。

僕の選択肢は、スターウッド(SPG)、ハイアット、ヒルトンと3つのホテルチェーンからになる。
まず最初に考えたのは、ハイアットだ。
グランドハイアットエラワンがあり、早割で予約すれば予算の範囲内で泊まれるのだが、残念ながらスイートアップの枠がすでにないということで、選択肢から外す事にした。
次にヒルトンだが、リバーサイドにあるミレニアムヒルトンは、仕事で使うには場所が悪すぎる。
加えてコンラッドもBTS駅から少し歩くことを考えると選択したくない。
新しくヒルトンスクンビットができているようでちょっと気にはなっているのだが、ヒルトンは最後の選択肢というところである。

そうなるとやはりスターウッド(SPG)になろう。
バンコクのSPGホテルは非常にたくさんあり、選択に迷うほどである。


2013-08-12.png

これだけたくさんあるのだが、帯に短し襷に長しという状況でどれにしようかと迷っている。
今回はビジネストリップとはいえ、予算には限りもある。
セントレジスは少し高い。
Wホテルは、ファンキーというかラブホテル系のテイストでちょっと好みではない。
シェラトンは無難だがラウンジがなかったような記憶があり選択から外したい。
そんなことを考えると残すところプラザアテネバンコクになってしまう。
ここはロケーションもよく、部屋代も安い。
前回宿泊時はジュニアスイートにはならなかったので、ちょっと迷う所ではあるが、ここにしようかと思っている。
ビジネストリップだし、無難な選択かなと考えています。
ただし、ホテルは出発2週間前に予約しようと思っています。
訪問する企業のロケーションを踏まえてのチョイスが正しいからです。

そういうこともあり、正式に決めるのはだいぶ先になりそうですね。
ただ、このビジネストリップのあとの休暇のホテルは実はもう決めてしまいました。
その記事は、2日後にね。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

2013年11月バンコク出張【その1フライトはJAL便で予約】

次回の海外出張は、バンコクとなった。
ちょっと先で11月である。
いつもは直前のアサインでバタバタと予約するのだが、今回は計画的な出張ですでに日程も確定した。
ホテルの選択肢はいろいろあるので、ひとまずフライトを押さえることにした。
もちろんJAL便を選択する。
選択肢はいくつかあるのだが、往路は日中のフライトが良いため成田発を選択した。
復路は、どうしようかと迷っている。
今回は、月・火・水と仕事になるので、前泊の日曜日にバンコク入りする。
そして通常なら木曜日に東京に戻るのだが、木・金と休みを取り土曜日か日曜日に帰国することにした。
あまりの長旅もしんどくなるので、土曜日の深夜便で帰国することを決めた。
そうすれば、たとえ機内で寝れないでも日曜日は一日寝ていればよい。
それでも日曜日に出て日曜日に帰ってくるという一週間の旅程だ。


そう考えて選んだフライトはコレだ。
すでにダイナミックセーバーの中くらい予約クラスで(行き:タイプC  帰り:タイプE)、込みこみ92800円もする。結構な値段だが、出張だから特に問題はない。



往復ともシートは45Cでエグジット席を抑えたが、これはフライトが近くなれば変更をかけることになろう。

まずは往路。
エグジットの窓側の席は寒いので嫌いだ。それで通路側を選んだ。
この図を見てもわかる通り、23列などのバルクヘッドの席はブロックがかかっているようだ。
往路は変更はかけないような気がする。

2013-08-105

問題は復路。
深夜便なので、エグジットの席は辛い。
後方で3列取れる席に直前に変更をかけることになろうかと思う。

2013-08-106.png

それにしても以前は深夜便などは選ばなかったのだが、今年になってからはすでにハノイからの復路、ジャカルタからの復路と深夜便に乗っている。
ビジネスマンのフライトには深夜便が都合が良いのかもしれない。

ヒコーキはひとまずこれで確定したので、次はホテルだ。
出張用のホテルは、直前にSPG系で選ぶことになろう。
問題は、出張明けの2泊する休暇である。
ホテルを変えないと精算がややこしくなるので、ホテルを変えるのだが、ちょっと遊んでみることにした。
仕事をしに行くバンコクなのだが、仕事を通して遊ぶというのが僕の仕事の仕方である。

バンコクにいても仕方ない。
バンコクからちょっとお出かけである。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空