マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【ブックオフでの仕入れ】年金不安の正体

こちらは、ブックオフでの仕入れではなくて、新刊を購入しています。
11月8日に発行されたばかりのほやほやの本です。

海老原さんの「年金不安の正体」という今最も関心のあるテーマを題材にした本です。
年金問題はとかく政治の道具にされるが、野党がいうような本当に破綻するのか、枯渇するのか、100年安心は嘘だとか、その欺瞞に満ちたアジテーションに真っ向から切り込みを入れている。


IMG_7231.jpg


学者もだが、政治家も基本的な年金の仕組みを知らないにも関わらず政権攻撃のために間違った知識をもとに論理を展開し国民の不安を煽っているのが今の状態だ。マスメディアも根拠のない妄言をそのまま流し一緒になって不安を煽る姿には、メディアとしてのレゾンデートルはなんなのかと問いたい。

年金問題に少しでも関心がある方には、この本は極めて良書である。
年金は政治の道具ではなく政治家やメディアが流す情報が決して正しくはないということを自分の目でみて知ってほしい。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사






スポンサーサイト



【ブックオフでの仕入れ】濱嘉之『警視庁情報官 ゴーストマネー』でクロちゃん復帰

大好きな作家、濱嘉之の『警視庁情報官 ゴーストマネー』を買いました。
ブックオフではなくて街の本屋で買っています。

濱嘉之は主に警察モノの作家ですが公安モノに関しては秀逸だと思っています。文章の展開は後半に差し掛かるほど多少の飛躍が出てくるようになり地味な論理を積み上げていく刑事モノの大家に比べるとかなりライトですが、その分明るいものが多いので通勤で読むには最適だと思っています。
またその時の政治・経済・国際情勢をリアルに反映したものであることが多いのでまさに今起きているような錯覚を覚えてしまいます。

2015-09IMG_6069.jpg

この作家の魅力は、主人公のクロちゃんにあります。情報室長の黒田警視正があまりにカッコイイ。今回もクロちゃんの魅力が余すところなくでてきています。僕もクロちゃんみたいになりたいと思わせるような魅力がこの主人公にはあります。
3年ぶりの日本復帰ですが、いきなりの難問に情報官としてパワーアップしたクロちゃんの奮闘ぶりが面白かったです。

クロちゃんのシリーズはいくつかありますが、個人的には『ハニートラップ』が一番よかっかな。今そこかしこにあるハニートラップ、気を付けたいものです(笑)


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


세일여행사






スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ


【ブックオフでの仕入れ】鉄のあけぼの

正確にはブックオフではなくてアマゾンですけど(笑)
オマケに定価だなんて。

警察ものばかり読んでるわけではなくて経済モノも結構読むんですよ。
今回の本は、是非読んでみてと鉄鋼マンに言われて買った本です。鉄鋼会社のまさにあけぼののものがたりです。
その昔20代の頃、小説日本興業銀行という本を読み、その中で中山素平が動いて新日鉄が生まれてくる時のことが書かれていたことを思い出しました。今回の舞台は川崎製鉄です。
鉄一筋に生きたオトコの生涯を描いたこの本は読んでいて感銘も受けました。
おまえは十分やりきったか?と問いかけられてるようにも感じ、そろそろ引退か?だんなんて思っていたことが恥ずかしくなりました。

2015-09IMG_1180_201607022225380cd.jpg

小説日本興業銀行でも感じましたし、大地の子でも感じましたが、鉄にはロマンがある。僕は昔から感じています。だけど現実はロマンどころではない。
製鉄業界は、日本、韓国、中国、欧州と巨大なメーカーが幾つもあり価格と技術の競争が激しく、戦後の日本を率いてきた鉄鋼業界も決して安穏としてはいられません。
乱立する中国メーカーの乱暴な増産で価格が下落していたり、韓国の産業スパイが日本の電磁鋼板の技術を盗んだりと戦いは熾烈を極めています。

もう一度大学生に戻って社会にでるチャンスがあるならば鉄鋼メーカーに行きたいなぁと今でも思っています。
鉄鋼マンたちのココロザシと熱き戦いが僕は好きです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


室析食楳紫





スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【ブックオフでの仕入れ】ハゲタカⅣ グリードは秀逸だ。

これは新刊なのでブックオフではなく伊丹空港の書店で購入したものです。
これまで真山仁のハゲタカシリーズは何度も何度も読んできた本です。1冊を何度も何度もです。
最初にハゲタカに出会ったのはNHKのドラマだったと思います。
バブルの崩壊とともに金融機関は不良債権にまみれ公的資金を投入し国有化されていったのは覚えていますでしょうか。
ハゲタカファンドと言われ悪のように言われてきたファンドですが、どうも投資ファンドはハゲタカと一括りされていてきちんと理解されていないようにも思います。

主人公の鷲津はハゲタカと言われていますが、ディストレストファンドですね。
状態の悪い企業の株や債券に投資して経営権を持ちマネジメントを変えて再生させてエグジットさせていくというのは今の企業再生ファンドと何が違うのかと思います。全く同じではないのだろうか。

この男が魅力的なのです。冴えない風貌に仕立てられていますが私にはとても魅力的な男に見えます。
今回のⅣではグリード(貪欲の意味)というタイトルが付けられていますが、この主人公の鷲津は貪欲というにはロマンチストだと思っています。

sIMG_5442.jpg

今回の舞台はリーマン・ショック前夜のニューヨーク。
今でも覚えていますが、2008年9月15日。この日サブプライムローンに端を発したバブル崩壊により投資銀行のリーマンブラザーズが倒産しました。ここではもうひとつの投資銀行であるゴールドバーグ・コールズ(架空)が倒産しています。
このリーマン・ショックの前後に繰り広げられた闇を舞台に主人公の鷲津がひと暴れした物語です。

投資銀行の本来の役割を逸脱したやり方に痛烈な批判をしているのがこの本ではよくわかります。
伝統的な大企業だろうが、エスタブリッシュな投資銀行だろうが、ハゲタカファンドだろうが、顧客のことを忘れて自分たちの営利のみを追求してしまった企業の姿勢はタイトルにあるようなグリード(貪欲・欲張り)なのだろう。
このグリードというタイトルは、鷲津につけたタイトルではないだろう。欲にくらんだ男たちに与えた称号だろうと僕は思っています。

なぜこのハゲタカシリーズにこんなに惹かれているか、、。
それは私もリーマン・ショックが直撃して今の仕事があるからです。
リーマンショック以前は主として不動産業界を相手に仕事をしていました。特に不動産と金融が融合する領域に関しては専門領域でしたので、面白く仕事させていただきましたし、圧倒的な業績を残しました。流れが変わったのは2008年1月です。サブプライム問題は2007年から出ていましたが、年が明けて2008年になると金融機関は貸出を渋りだしローンが出ないという物件が増えました。決済できない物件がものすごく増え不動産取引が成立しなくなったのです。日本のリーマンブラザーズでは早くも解雇が始まりました。
やがて新興のデベロッパはたとえ上場していてもバタバタと倒産しだし、クリードやパシフィックマネジメントまで倒産した夏には、もう僕には仕事はありませんでした。倒産した顧客は20社までは数えましたが、それ以上はもうやめました。キリがないからです。そしてリーマン・ブラザーズの倒産した2008年9月15日がリーマン・ショックとなりました。

もうこの会社にはいられない、、と思った時、幸か不幸か『関西を担当しないか』と救いの手を差し伸べてもらったのでした。僕が関西を担当するようになったのはまさにリーマン・ショックのあった2008年9月からなのです。

あれから丸7年が過ぎました。
リーマンの傷跡は今はもうあまり感じることがありません。不動産業界も好景気に湧き、金融機関も不動産業界にはじゃぶじゃぶに融資しているようです。
まさに『喉元過ぎれば熱さ忘れる』という状況で、このままでいいのだろうかとさえ感じています。きっと主人公鷲津を通して作者の真山仁さんはそんなことが言いたかったのかもしれないなと感じています。

【ブックオフ】久しぶりの濱嘉之

ここ最近は読書から遠ざかっていました。
どうも乱視がひどく、パソコンを長く観たあとは、もう文字が全く見えなかったりして、読書が億劫になっていました。
たまたま時間があり、ブックオフに行ってみると、大好きな 濱 嘉之 の本があるじゃないです。
ほとんど読み尽くしてはいますが、『オメガ対中工作』は読んだ記憶がなかったので、棚から取り出しました。『電子の標的』は読んだような読んでいないような曖昧な記憶。でもまぁ、買っちゃいました。
濱嘉之の本に出てくる魅力的なキャラクターのクロちゃんでもアオちゃんでもないのですが、どんな活躍をしてくれるかが楽しみです。

2015-08IMG_1686.jpg

久しぶりのブックオフでは2冊しか買えませんでしたので、また時間を作ってガサガサッと買って来たいと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【ブックオフ】堂場瞬一シリーズ

久しぶりにブックオフへ仕入れに行ってきました。
今回仕入れたのは14冊。ほとんどすべてが堂場瞬一シリーズです。
現在読んでいたのが『警視庁失踪課 高城賢吾』のシリーズですので、欠品になっていたものを物色してきたついでに他のものも仕入れています。
『アナザーフェイス』で1-4を仕入れていますので、これも楽しみです。

2014-9IMG_2953.jpg

堂場瞬一のシリーズはこれまであまり縁がなかったのですが、読んでみるとなかなか面白い。
『刑事・鳴沢了』では読み応えを感じましたし、その次に読んだ『警視庁失踪課 高城賢吾』も鳴沢了ほどのくらさもなく楽しめました。
刑事モノは主人公のキャラクターで色が決まるのですが、この人の本は面白いなと思いました。

13冊ですので2週間から3週間という感じでしょうか。
これで当面の出張の友が出来ました。




スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

【ブックオフでの仕入れ】刑事・鳴沢了

ブックオフでの仕入れシリーズだ。
最近読んでいるのは、堂場瞬一の刑事物シリーズだ。
『刑事・鳴沢了』のシリーズを6冊読んだところで残りの5冊を仕入れてきた。
そして『警視庁失踪課・高城賢吾』シリーズも7冊仕入れてきた。
これでコンプリートなのかどうかが、正直なところわからない。
というのは、1とか2とか番号がふられていないので順番がわからないのだ。背表紙にある順番でこれでいいのかと考えながら読んでいるのだが、タイトルも難しかったりして順番を間違えて読み始めてしまったりなかなか難易度が高い。おまけにブックオフで適当に買ってくるからあるものを買うという制約条件もある。

2014-9IMG_1733.jpg

最近はこの堂場瞬一のシリーズを読んでいるのだが、軽快なテンポで文章が進むという感じではない。それは主人公である刑事・鳴沢了が持つ心の闇のせいかもしれない。重々しい流れになっていくのは堂場瞬一の文体のせいなのか主人公の刑事のキャラクターなのかは僕にはわからないけれど、それは次の『警視庁失踪課・高城賢吾』シリーズを読むとわかるかもしれない。

久しぶりに大量に仕入れてきた。
これでしばらくは安泰だが1ヶ月もするとまた仕入れに行ってこないといけないだろう。
それにしても1冊100円とは安いものだ。なかなか電子書籍に行けないのは、この破格の値段のせいだ。電子書籍も新刊の時期を過ぎて100円や200円あるいは300円程度で買えることになればブックオフに仕入れに行くこともなくなる。そんな時は来るのだろうか。


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

【ブックオフでの仕入れ】濱嘉之 濁流資金

ブックオフでの仕入れにカテゴライズしていますけど、これは新刊です。
この9月に出た本です。

伊丹空港の本屋をのぞいていたら、なんと大好きな濱嘉之の新刊が出ていました。
僕の大好きな公安モノです。警視庁公安部・青山望シリーズの最新刊です。
濱嘉之さんの公安モノには、古いシリーズにはクロちゃんそして今はアオちゃんがいますが、この本はアオちゃんが主人公で、そのキャラクターがとても魅力的です。



今回は本庁に戻ってまた辣腕をふるいますが、パラレルに進む複雑な事件をこの1冊でまとめようとするのは無理があるなと感じました。
それぞれの事件の背景や掘り下げがなされていないので、事件は解決するものの、アオちゃんの凄みが余すこと無く表現できたかというとかなり無理があるように感じました。
これではお気楽事件簿という感じで、胡桃沢耕史の翔んでる警視シリーズのような軽いタッチになってしまいます。翔んでる警視シリーズの岩崎白昼夢も大好きなキャラクターですが、求めているのは公安モノの凄みです。ちょっと残念だったかなと感じました。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 ビジネスきっぷ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



ブックオフでの仕入れ【銀翼のイカロス】

書籍関連なのでブックオフでの仕入れにカテゴライズしたのだが、正確にはブックオフで仕入れしたのではない。
連日ブックオフで仕入れしていた堂場瞬一の刑事・鳴沢了のシリーズを読んでいたのだが、出張先で手持ちの本を読み終わってしまい、新たに本を探していた。

そんな時に伊丹空港の搭乗ゲートの前にある書店で気になっていた『銀翼のイカロス』が平積みにしていたので買ったのであった。ご存知『半沢直樹シリーズ』の最新刊だ。もう1年前に終わってしまっていた半沢直樹のその後の活躍にワクワクして手に取った。

舞台は『JAL』だ。本の中では帝国航空となっていたが、破綻直前の日本航空を取り巻く舞台裏を小説にしたものであろう。
もうだいぶ前なのでJALの破綻前後のことをお忘れの方も多いかと思うが、民主党政権でコドモ大臣と揶揄された国土交通大臣が法的根拠もなくJAL再生タスクフォースなるものを立ち上げて、混乱の中解散し、企業再生支援機構へと引き継がれていったが、なんで短期間にドタバタとこんなことが起こったのか僕には意味がわからなかった。



あくまで小説である。
小説ではあるけれど、なるほどそういうことだったのかとあの時のドタバタ劇の舞台裏に思い至った。
銀行員の面魂というか誇りを改めて実感した小説でした。

 


スーツケースを選ぶならJALショッピング♪ アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 先得

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

【2014年3月】ブックオフでの仕入れ

恒例のブックオフでの仕入れだ。
3月は2回も仕入れに行っており、合計20冊を超えます。
最初はこの9冊。
どれも面白かったけど、濱嘉之さんの鬼手『世田谷駐在刑事』がこれまでの公安モノとは違う味があってよかったです。
ホロリとさせられてずいぶんと胸がキュンとしました。

2013-4-IMG_5801.jpg

そして2回めの仕入れもほとんどすべてが警官もので今回の仕入れは13冊だ。大好きな濱 嘉之さんの本も2冊含まれている。
どうも最近警察モノが好きですっかりハマってしまっている。

今回は初めて読む作家の堂場瞬一さんの本をまとめて6冊も仕入れてきています。とても楽しみです。

2013-4-IMG_5792.jpg

ブックオフでの仕入れもシリーズ化したのでカテゴリーを作りました。
❏ブックオフでの仕入れ
これまでのも合わせてご覧ください。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JALショッピング

JAL 日本航空

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード







【2013年10月】久々のブックオフでの仕入れ

久しぶりにブックオフでの仕入れに行ってきた。
最近は半沢直樹3部作(オレたちバブル入行組、オレたち花のバブル組、ロスジェネの逆襲)とか、鄭銀淑さんの『中国東北部の昭和を歩く』などを何度も何度も読み返していたので、そろそろ新しい仕入れをしてきました。

今回の仕入れはブックオフで8冊ほど。
警察もの小説4部作の『警視庁情報官』シリーズが目玉だ。

IMG_0802.jpg

加えて北朝鮮モノの『北朝鮮はるかなり』はなかなかの大作のようだ。
そのほかには『上海タイフーン』『裏アジア紀行』『まるわかり日本・中国・韓国の大問題』を仕入れることができた。僕は旅行本以外にも、経済モノ、アジアモノが好きです。
ノンフィクションばかりじゃなくてフィクションも好き。

そういえば昔は浅見モノや赤かぶモノも好きだったなぁ。
いつしかたくさんあった本は、どこで売ってきたのか跡形も無いですけど。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

JAL 日本航空



【2013年10月】ハゲタカはなかなか面白い。

もうだいぶ以前にこの本は買っていて、ブックオフでの仕入れのシリーズでご案内したことがあると思います。
ハゲタカで上下2巻。
そしてハゲタカⅡで上下2巻。
昔、NHKのドラマで『ハゲタカ』はドラマ化されましたので、ご覧頂いた方も多いのではないかと思いますが、原作とドラマとはやはりだいぶ異なります。
正直なところドラマよりは原作のこの本のほうがはるかに面白いです。

2013-4-IMG_0863.jpg

『ハゲタカ』よりは『ハゲタカⅡ』のほうが更に面白いです。
小説ですから肩もこりません。

ハゲタカというとその言葉の持つイメージでどうしても悪いイメージがつきまといますけど、決してそうではないと思います。アングロサクソン系のビジネスのあり方が正しいとは言いませんが、立ち行かなくなった企業の再生に立ち向かう人たちがいることをたくましく思います。

一般的に業績が悪くなって立ち行かなくなった企業にはいろいろな問題が山積みになっています。
内部の人材では変える事ができないことが往々にしてあります。
内科的手法に加えて外科的な手法も必要でしょう。
そんな時にターンアラウンドマネジャーとして企業再生に立ち向かうプロフェッショナルな人たちがいることをこの本は教えてくれます。
ファンドはお金は出しても事業会社のオペレーションを変えていく経営人材はいません。
経営のプロ、再生のプロたちが企業再生に向けて日夜戦っていることをこの本は教えてくれます。
機会があれば皆さんも是非。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


【2013年7月】ブックオフでの仕入れ

恒例のブックオフでの仕入れに行ってきた。
限られた時間しかなかったので、十分に時間がなくて目につくものを選んだという感じだ。
30分でなんとか4冊選んだので、これでしばしの通勤の友となろう。

ハゲタカは下巻。
実はこの間、間違って買ってきている。
ハゲタカ(上)とハゲタカⅡ(下)という組み合わせで買ってきており、ハゲタカ(上)を読み終わった所で中途半端に中断していた。
これでひとまずハゲタカの上と下を読み切ることになるので、次回のブックオフでの仕入れではハゲタカⅡ(上)を探さねばならない。ちなみに本日はなかった。

2013-4-IMG_8356.jpg

ハゲタカを除くとやはりアジアに関わるものばかりだ。
このあたりは僕の好みなのだが、同じような本ばかりだなと改めて感じる。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


【2013年7月】ブックオフでの仕入れ

週末に時間があったので、ブックオフに仕入れに行きました。
面白そうな本に出会って、今回は13冊の仕入れです。



アジア旅行モノ、北朝鮮・中国モノ、ヒコーキモノ、経済系事案モノなどが僕の興味関心の方向感です。
ゆうに2冊分のボリュームがある江副氏の書いたリクルート事件は江副氏のなくなった今読み直してみるのも面白いかもしれないね。
僕は電車の中では本を読む人なので、ブックオフで安く仕入れることが結構大事なのです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

【2013年4月】Bookoffで本の仕入れ

ブックオフで古本の仕入れに行って来ました。
だいたい月に1回ほどブックオフで10冊前後仕入れてきます。
普段の通勤で読んだり、出張の飛行機で読んだり、暇な時に老眼と闘いながら読んでいます。

2013-2-IMG_6689.jpg

今回出会った本で気になるのは、ハゲタカでしょうか。
NHKのテレビドラマでもやったことがあるのでご覧になった方も多いでしょう。
投資ファンドのものがたりです。
日本ではハゲタカファンドだといわれあまりいいイメージがありませんが、イメージと実際では大きく異る事が多いと思います。私の仕事はファンドとの連動で仕事することがしばしばあるので、ちょっと気になった本でした。
アングロサクソン流の経済合理性(リターン)のみが求められるファンドのあり方は、日本マーケットではどうかな?という気もしますが、日本には外資系とは異なる日本のマーケットに合ったファンドもあります。
ヘタった会社がターン・アラウンドしていくのは、企業再生の醍醐味だと思います。

ニュースなんかを見ていると最近では西武グループへのサーベラスの経営への介入でいろいろ物議を醸しています。
断片的に聞くとサーベラスが『大規模なリストラ案を株主提案していて大きな反発』をされています。
不採算鉄道路線の廃止、西武ライオンズの売却、プリンスホテルや西武鉄道の諸料金値上げ、品川駅周辺などの再開発案の策定などです。
それに対して西武は反発しています。
沿線住民などが反対の声を上げるなど、世論はハゲタカがやってくるととんでもないことになる、と思われています。

ですが、本当にそうでしょうか。
報道されているのは、表面だけを捉えての感情的反対論のような気がします。

忘れている人が多いかと思いますが、西武は破綻した企業なのです。
どの金融機関ももうお金を貸さなかった。
インフラを担う企業ですので、なんとか再生をさせなくてはなりません。だけど、こんな泥沼の会社にお金を貸す会社など見つかりませんでした。
貸したら即引き倒れを積み増す必要がありますし、下手すりゃ株主代表訴訟になるかもしれません。
日本には、こういう状態の企業にお金を出す機能がなかったのです。
そして米系のPEファンドのサーベラスが引き受けたという背景があります。

ちょっと話が脱線しましたね。
そんなファンドの話なので楽しみです。

岸本葉子さんの本にも久しぶりに出会いました。
『旅はお肌の曲がり角』はこれまで読んだことがあった本ですが、その後Bookoffに売却しています。
久しぶりにまた読むことになります。
彼女の『よい旅をアジア』は最も大好きな旅行本です。
この本を一体どのくらい読んだでしょうかというくらい読みました。
彼女の本は大好きなのです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


【2013年1月】ブックオフでの仕入れ

前回仕入れの10数冊を読み終わり12月の中旬に新しくブックオフにいって仕入れてきました。
今回は7冊ですので、年内読むにはこれで十分ですね。
ちょうど年末年始に差し掛かるのでその分をと思ったのですが、その前に読み終わりそうです。
年末年始の旅行用にはまた仕入れにいってこないといけない感じですね。

11-IMG_4824.jpg

僕が好んで読むのは、韓国・北朝鮮モノ。アジア旅モノ。飛行機モノ。
ビジネスにかかわる本は時事的なものが多いので古本ではダメですね。
そういう本は新刊で買います。

さてこれでしばらく読む本の仕入れができましたのでひと安心です。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


【2012年10月】ブックオフでの仕入れ

僕は時々ブックオフに行き、ドドっと本を仕入れてくる。
これまでも売ったり買ったりしてきている。
本は読んでしまうと場所を取るのでブックオフに売ってきた。
この日は韓国、中国、旅行関連を中心に17冊ほど仕入れてきた。

10-IMG_3649.jpg 10-IMG_3652.jpg

今回の掘り出し物は、沈まぬ太陽だ。
言わずとしれた山崎豊子の著作だが、5冊にも渡る大作なので読み終わるまではしばらくかかりそうだ。

そして外事警察。
先日韓国便の機内で見た映画に触発されたのだ。
なかなか期待できそうである。

10-IMG_3654.jpg

僕の書棚はアカデミックとは言いがたいのでお見せするのは恥ずかしいが、こうして本がたまりだすとまたバサッと売却してしまう。
この繰り返しだ。