マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【2018年4月ソウル旅行】ソウルの食べ物あれこれ(5)

短いソウルの旅行が終わろうとしていた。
何をするでもなく、街を歩き、なんとなく食事をした。
ホテルのラウンジは美味しくないのでできるだけ外で食べるようにはしたのだが、なかなかこれというものには出会わなかった。
そんな時もあるだろう。若い時のようにあれも食べなくちゃこれも食べなくちゃというものがもうなくなっていて、食べるものも保守的になった。

観光旅行の時だけではないのだけれど、いつも思うのは日本が一番美味しい。
何食べたって美味しいし、なんだこれ?というものに出会うことは少ない。
安くて美味しいものが日本には溢れていると思う。
食事が安いのが韓国だと思っていたが、今ではそうではなくなっていると感じた。フードコートで食べたチャジャンミョンが9000Wだと言われた時には驚いた。5000Wくらいかと思ったのにである。どうも僕の相場観はだいぶズレてきているようだ。

最後に食べたものを少しアップしておこう。
ホテルの朝ごはんでは、だいたいこんな感じである。サラダにアワビがゆ。おかゆは滅多に食べないが、アワビがゆは韓国らしい食べ物かなと感じることもあり連日食べた。レタスが妙にみずっぽいのが日本とは異なるが、それでも新鮮な野菜を食べれるのは旅をしているときはありがたいものだ。

sIMG_1012.jpg



これはくだんのチャジャンミョン。
別の皿に盛られているのは初めてだし、目玉焼きが乗っているのも初めてだ。値段を上げる工夫がなされているのだが、それでも味はいつものチャジャンミョン。特段美味しくなったわけではなくていつものようにボケた味。おどろおどろしい色合いだが、味はいたって普通というか不思議な味がする。韓国人が好きだというチャジャンミョンは僕はあまり美味しいとは思わないけれど、韓国を代表する味なのだろう。

sIMG_1008.jpg



これはラウンジで食べたものだ。
このラウンジには炊飯器が置いてありご飯が食べれる。ご飯にユッケをたくさん載せてカンジャンケジャンを乗せてユッケケジャン丼を作ってみた。ごま油が置いてないので風味に欠けるがこれはこれで美味しいものだった。
このカンジャンケジャンは、朝のレストラン会場でも連日メニューに出ていて、何度も食べたがやはり美味しいものだった。


sIMG_0913.jpg



これはサバ焼き定食。
たまたま路地を歩いている時に妙に行列のできている店があり僕も並んでみた。サバを選んだが、大変美味しいものでした。鯖がおいしいのは予想通りでしたが、それでもこんなに美味しいとは思わなかった。トッペギで炊いたご飯ももちろん美味しい。あまりご飯は食べないのだが、全部平らげてしまったほどである。

sIMG_0946.jpg


そのほかいろいろ食べたようにも思うが、なんだかんだ言いながら結構食べていますね。
今回のソウル旅行は、ソウルを散歩するがテーマでしたが、たくさん食べてたくさん散歩した旅行となりました。

5回にわたってお届けしたソウル旅行記はこれでひとまず終了となります。
連日ご覧いただきありがとうございました。



スポンサーサイト



【2018年4月ソウル旅行】仁川で日本家屋探し

仁川の駅の降り立った。
この日は、仁川を歩こうと思ってやってきたのだ。最寄りの駅であるシンドリム駅から乗り換えをしないで良いということも背景にあった。この街には何度か来たことがあり、日本家屋を探しに街中を隅から隅まで歩いたことがある。文字通り隅から隅までである。

sIMG_1019.jpg

そんなこともあってこの街の姿の大体のことはわかっていたけれど、それでも駅前の観光案内所でこの街で見所はないかと聞いてみた。返って来た言葉に驚いた。

「ない」

職員はそう答えた。思わず「えっ、ない?」のかと驚いた。
観光案内所の職員がこの街には何もないと答えたことが、驚きである。すぐ目の前には中華街があり、その先には19世紀に建てられた歴史的建造物がいくらでもあるのにである。歴史遺産として大事にしているのは知っている。日本家屋だってある。繁華街もある。

「ない」

やる気がないのか、自分の暮らす街が嫌いなのか、僕が日本人だからそのような対応をしたのかそれは分からないが、自分の街の観光を案内できない観光案内所の職員がいることが驚きである。観光案内所の職員は知らないのかもしれないが、この街から近代韓国の歴史が始まっている。日本に統治されていた悲しい歴史は消すことはできないかもしれないが、その歴史を観光の目玉にもしてるじゃないか。複雑な感情がこの街にはあるのかもしれないが、観光客に罪はない。


この建物は、だいぶ適当にリノベーションされているが日本家屋の名残がある。見分け方は色々あるのだが、屋根の形状、窓、などにその名残がある。
注意してみてみるとこういうのがそこかしこにあるのがこの街なのだ。

sIMG_1031.jpg


これは、近年かなり丁寧にリノベーションされたものだが、日本家屋がベースになっている。そして町家風に仕上げていると言える。

sIMG_1036.jpg


それにしても「ない」と言ったあの職員は、どういう理由でそういったのだろう。
ふしぎだ。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2018年4月ソウル旅行】水原を歩いた(3)

実にいろんなところを歩きました。
チョンノを歩き、乙支路を歩き、水原を歩いて、仁川を歩いた。普段の東京散歩や埼玉散歩と同じく今回はソウルを散歩した。その中でスウォンを歩いたことをお届けしようと思います。

ホテルの最寄りの駅はシンドリムだ。
ここにはKR(韓国国鉄)の駅があり、そのまま水原に行けることがわかっていたので今回はそうすることにした。
乗り換えすることなく約30分で到着したのだが、ソウルから30分ということであれば十分に近い街である。スウォンには世界遺産にもなっている華城があるのでここを歩くことにした。今回は散歩の旅なのです。
さすがにスウォン駅から華城まで歩く元気はないのでタクシーに乗ることにした。これまで何度も来たことがある水原華城であるが、いつもタクシーに乗っている。歩くにはちょっと遠い。

sIMG_0989.jpg


八逹門で降りて城壁に上がるのだが、ここから上がるのはさすがにきつい。西門あたりで良かったかもしれない。前回来た時もそう思っていたのだが、すっかり忘れていた。
八逹門から上がるのはそれなりの標高があるので階段は急だし、なまりきった体にはたまらないほど苦しい。休み休み登った。
城壁に到着するとそこには爽やかな風が吹いていて登りきった達成感がある。一番苦しいところを最初に超えたので、あとは城壁に沿って緩やかに歩いて行くだけである。来るたびに立派になって行くのは何故なのか、世界遺産というけれど近代に作ったような城壁ではある。まぁ、そのあたりのことをツッコミのはやめておこう。

全体の半分歩いたあたりでヨンポカルビの煙突が見えて来た。
これは風情があるもので、スウォンに来たからにはヨンポカルビに寄りたくなる。今時どこで食べても味は変わらないと思うだが、スウォンはカルビが有名な街でもある。
国産とアメリカ産の値段には3倍の価格差があるのだが、まぁ、こんな時にお金をケチっても仕方がない。韓国産を選んだ。

sIMG_0994.jpg


高いだけのことはある。
ボリュームあるが、味も良かった。肉を喰らうという実感のある食べ応えがあった。和牛だとそういうわけにはいかない。柔らかくて美味しいのだけれど脂だらけになってしまい、食べていながら体に悪いなという気になってしまう。だけどこの国の肉は肉を喰らうという感じがする。肉を食うのではない、肉を喰らうのだ。この感覚の差がわかるだろうか。適度の弾力があり肉を噛み込み最後は適当なところで飲み込む。そういう食いかたをしないといけない。日本では柔らかいというのが美味しい肉の代名詞になっているが、それは違う。肥満で脂肪が回りきった肉が美味しいというのは僕は違うと思う。
柔らかい肉ばかりでは人間は弱くなってしまう。そう感じさせてくれるような肉だった。書き方がいけなかったかもしれないが固い肉と言っているわけではない。食べ応えのある肉だということを言っている。

sIMG_0998.jpg


前回来た時もそうだったが、適当なバスに乗ってしまい、水原駅に着くことができなかった。
駅に向かうかと思われたバスは気がつくと巨大なマンション群の中を走っていた。どこを走っているのかさえ分からなかったが、このまま乗ることにした。やがてどこかにつくだろう。ハングルが読めなければあわてるかもしれないが幸いにもその心配なはい。慌てても仕方ない、バスは予想とは違ったところを走っているだけのことだ。
幸いにも隣の駅の近くまで来たところで降りることにした。そのバス停で行き先を見ているとソウル市内行きのバスがあるようなので電車で帰っても面白くないこともありバスでソウルに向かうことにした。路線バスの旅は好きなのだ。
いくつかの山を越えバスはソウル カンナムの街へと入っていった。こうして路線バスの旅が終わった。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ


【2018年4月ソウル旅行】スパークリングがお迎え(2)

8時過ぎの羽田空港発のフライトだ。
いつも朝は早起きなのだけど、さすがに5時30分には電車に乗っていたいとなるとなかなか大変だ。5時前には起きないといけないということを考えるとちょっと面倒だなと思う。しかしちょうどいい時間帯の便の空席がないのだから仕方がない。
羽田にはどのくらい前に到着していないといけないのかわからないのだけれど、60分前くらいだろうか。個人的には空港でちょっと時間も欲しいので1時間30分前には到着していたい。

ラウンジに行きいつものようにカレーを食べてスパークリングワインを飲んだ。
僕はお酒は弱いけれど、これくらいなら美味しく飲める。

sIMG_0857.jpg



ソウルの街は爽やかな気候だった。
長袖だと暑いし半袖だと寒しというちょうど簿妙な気温だ。
まぁ、今回はいつものTシャツに薄いジャッケットとパーカーという出で立ちなので完全防備に近い。寒がりなのだ。昔から寒がりだったけれど近年はそれに拍車をかけるような寒がりである。どこか血行が悪いんじゃないかなと思う。コルステロールで血管が詰まっているんじゃないか、それで寒く感じる。医学的な知識な皆無だけれどそんな気がしている。


いつもならタクシーに乗ってホテルに向かうのだけど、急ぐ旅ではないので地下鉄でホテルへと向かった。
もう何度も泊まってきたホテルなのでなじみのホテルでもある。ウェルカムバックと迎えられた部屋はエグゼクティブスイートである。今回はスイートアップアワードは使っていなかったが、事前にスイートにしていただいていたのはわかっていたのだけどこんなスパークリングワインまで冷やして待っていてくれたとは思いもしなかった。

sIMG_0886.jpg


ホテル遊びには私なりの掟がある。
特に今回のように無料で泊まっている場合はなおさらです。できるだけホテルにお金を落としてあげることです。
ただ、このホテルにはメインのレストランは1つしかなくおまけにバッフェレストランなのでなかなかお金を落としにくい。朝ごはんのバフェは嬉しいものだけど、晩御飯でバフェはあまり魅力的ではない。もちろんアラカルトでも作ってもらえるとは思うけれど、バフェのレストランでアラカルトを頼むのも野暮なものだ。ルームサービスでもいいのだけどあまり魅力的なメニューが見当たらなかった。そんなこんなでチェックアウトの際に清算することがなかったことに申し訳ないと思う。

ただ最低限、ご好意をいただいたことにはそれなりのお礼はしておいた。
気遣いには気遣い、そういうお互いを大切に思う気持ちが大切なんだと僕は思っている。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ

【2018年4月ソウル旅行】ちょっとソウルまで(1)

ちょっとソウルまで行って来ました。
最近は旅行への関心が少し薄くなっていてどこに行きたいというのもないのですが、ソウル発の航空券の有効期限が迫っていることもあり急遽、予約を入れ直しておさえました。
復路は特典を片道で発券しています。

今回往路で使ったソウル発の航空券の最終区間はビジネスクラスへのUG可能運賃ですが、この路線ではマイルを使うのはもったいない。エコノミーで十分です。一方で復路は、ビジネスクラスしか空きがなくビジネスクラスの片道で発券しています。エコノミーで十分なのですが、直前予約だと選択肢がないのが辛いところです。

マイルは貯まる一方ですが、使い道がないので何かモノにでも変えようかなと最近は思うようになりました。そういうのができるんだろうか。この辺りはよくわかっていないのでよく調べてみないといけません。だんだんと興味関心が薄れて来ているのかもしれませんね。
航空券は行きたい時に買えばいい。別にビジネスクラスにこだわってはいないのでエコノミークラスなら常識の範囲内の航空券代金だし最近はそう感じるようになっています。

マイル単価なんか考えたことがないし、あまり関心もありません。
長蛇のエコノミークラスのカウンターに並びたくないだけで、あとはラウンジに入れればそれでよし。ファーストクラスのラウンジでもビジネスクラスのラウンジでも構わないし、こだわりもない。今はJGCがあるので歳をとってからの旅行も快適にできそうで十分に満足しています。

sIMG_0890.jpg



今回のソウル旅行、特に予定があるわけでもなく、かといってホテルにじっとしているわけでもなく、いろいろ歩きましたが、これまで行ったことがあるところがほとんどなので新しい発見があるわけでもありませんでした。
久しぶりに聞く韓国語も耳に入らなかったり、発音を忘れていたりしてブラッシュアップが必要です。もう一度学び直すか?ううん、韓国にそれほど関心は無くなっています。旅行する程度の韓国語にはまだ困らないので、それでいいかな。

旅行への関心は薄れているものの、たぶん僕はそう遠くない先に来るであろう自由な時間をどう過ごそうかと考えてる。
移住はしないけれど、ある程度のショートタームで海外に出てそこで暮らすように旅したい。アパートやマンションを借りるわけではないので暮らすという感じではないものの、そういう暮らしをしたいなとどこかで考えてる。
この国に暮らそうか、あの国に暮らそうか、といつも考えている。


この国は複雑だ。分断された国と国がある。
経済は成長した。経済成長を通して自信を持ち、豊かな暮らしを目指して一生懸命に仕事して来たのだろう。今日より明日はきっと明るいはずだと未来を信じて来たのは素晴らしいことだ。今の日本にはそういう空気はない。だが、この国の若者や老人たちに明るい未来があるのだろうか。今を刹那的に生きているだけのような気がしている。日がな一日することもなく公園をぶらついている老人を見ていると何か大切なものを忘れてはいないだろうかと感じている。



しばらく旅行記が続きます。お付き合いください。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



세일여행사

JAL日本航空 ビジネスきっぷ