マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott(マリオット) / SPG ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

マレーシア航空機撃墜、どうにかしてる

既出のニュースなので皆さんご存知の通り、マレーシア航空機がウクライナ上空で撃墜された模様です。
親ロシア派勢力の仕業と言われていますが、紛争地帯なので真相解明までは時間がかかるかもしれません。
フライトレーダーで航空機の動きを見てみると、今はもう見事にウクライナ上空には飛行機がいません。少し見えるのは、モルドバ航空、S7航空などの限られた航空会社のようです。それにしてもこの期に及んで飛んでいる会社があるとは驚きですが、危険な東部は飛んでいないようです。



マレーシア航空は、今回のことで深刻なダメージを受けることになったと思います。
つい3ヶ月前にはクアラルンプール発北京行きの飛行機が行方不明となっていて、追い打ちをかけるように今回の事件です。
自分で引き起こした事故ではないとはいえ、顧客離れは深刻であろうと想像します。
もともと、破綻直前の航空会社でしたので、何をどう考えても踏ん張れるとは思えません。組合が強い航空会社でリストラやコストカットが進まず、未動きが取れない状況のなか今回の事件が起こりました。
もう自然な流れで破綻へと進むのではないかと想像します。

亡くなった罪のない人々が生き返ることはないですが、せめて今回の不幸な事故がきちんと解明されることを祈りたい。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング 
 
JAL 日本航空
 
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード


スポンサーサイト



オフ会に参加してきました

5月の最終日に成田空港でオフ会に参加してきました。
僕はこの日伊丹から東京に戻ってくる日でしたので、羽田に降り立ち成田行きのバスに乗って向かいました。
待ち合わせは、成田空港第2ビル中央のランデブープラザ。



主催いただいたのは『快適な空の旅を求めて』というブログを書いていらっしゃるtak-airtravelさん。US在住で香港へ出張へ向かわれる途中の成田トランジットの時間でオフ会を設定いただきました。もちろん一度入国いただいています。

集まったのは、6人の男女。
みなさん、アメリカ系、日系いずれかの航空会社の上級会員で多彩な発券をされていらっしゃる方が多いようでした。仕事や遊びでマイレージプログラムと上手に付き合われていて楽しく乗っていらっしゃいますね。
グローバルに飛び回っている方、欧州が得意な方、日系が得意な方、みなさんそれぞれです。また昨今のプログラムの改悪の流れの中でどういう方向に向かおうかと模索されているようにも感じました。もちろん正解はないですし、エリアにもよるので個々人ごとのベターがあるのだと思います。
『JAL愛』だとゆるぎがないのかな(笑)そんなことを感じたひとときでした。

楽しいひと時を与えていただきました。
そうそう、圧倒的な最年長は私だったような気がします(笑)
若くしてマイル遊びの達人のみなさんが頼もしくもあり羨ましくもありました。
また機会があればご一緒させてください。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング 
 
JAL 日本航空
 
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード


飛行機・ホテル情報源は?

みなさん、飛行機やホテルのプログラムのキャンペーン情報などはどのようにして入手されていますか?
なかなか表に出ない情報もありますけど、オープンになっているにも関わらず情報をキャッチアップ出来ずにいるのであればそれはもったいないですね。
ターゲットオファーはともかく、オープン情報はやはりチェックが必要です。

僕が時々チェックするのは英文のサイトですが Frequnt Flyer Bonuses です。
エアライン、ホテルごとのカテゴリーにわかれていますので、目指すプログラムに到達しやすいのが特徴です。

❏Frequent Flyer Bonuses

2013-4-2014-06-08153940.jpg

飛行機は今はJALしか乗らないので、チェックしていませんが、キャンペーンの多いSPGだけは比較的こま目に見るようにしています。特に3泊目無料とか4泊目無料のキャンペーン設定は海外出張や海外旅行の際には大事なので見落とさないようにしています。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング 
 
JAL 日本航空
 
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

さらばUA、また会う日まで!

ユナイテッド航空のマイルが中途半端に残っていました。
そして2月1日より改悪でこのマイルもお蔵入りしてしまう。なんとか消化したいと思いつつも忙しくてどうしようもありませんでした。
そして2月1日になりあえなく撃沈。
なんとか国内線を12000マイルで発券しようと思っていたのに、ざんねんでした。

ところが、2月3日まで延長したという記事を『快適な空の旅を求めて』を2月2日に見つけ、2月2日に発券したのでした。
タイムリーな情報に感謝感謝です。

United.jpg

散々使ってきたUAのサイトですが、久しぶりに使ってみると何をどうすればいいのかわからないという中高年丸出しで格闘して、沖縄行ではなく、ソウル発東京行きの片道での発券にしました。
GWに有効期限いっぱいになるソウル発の航空券の最終区間を使ってソウルに行くつもりでいるのですが、その復路であるソウル~東京を新たに手配しないといけなかったのですが、これをユナイテッド航空のマイルを消化するために発券しました。これでソウル発券はしばらくお休みということになります。
もう10年くらいソウル発の航空券を使ってきましたが、2度めの休止です。
今の為替レートだとお得感がだいぶ減っていることもあり、迷いはありませんでした。
沖縄を切り込んだ便利な航空券が手元になくなるのが少し残念ですが、沖縄にはJALマイルを使ってアワードで行くという方法で行こうと思っています。

これで完全にユナイテッド航空(UA)とはおさらばです。
提携しているクレジットカードも解約の方向かな。セゾンUAカードも15年以上ホールドしていると思うのですが、これでもう未練はありません。

さらばUA、また会う日まで!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

今年も届いたSFC手帳とJGCダイヤリー

毎年楽しみにしているANAのSFC手帳とJAL-JGCダイヤリーが届きました。
これがすべてなのかな?まだあるのかな?たぶんまだ他にあるんじゃないだろうか、、。

まずANAから届いたのは、大きなカレンダーとSFC手帳。
例年これにプラチナ会員のダイヤリーがあったのだが、今年はこれだけ。
考えてみたらANAに乗っていないんですから、プラチナじゃないのでダイヤリーは届きませんね。
カレンダーは誰も欲しい人はいないでしょうから、便所に貼り付けることにします。
SFC手帳は忘年会のおみやげにしようと思います。



続いてJALはJGCのダイヤリーとデスクカレンダー。
このデスクカレンダーは重宝するので自分で使っています。ダイヤリーは忘年会へ。

2013-4-IMG_2430.jpg

なんだか例年に比べると少ない気がするのは、僕の会員属性のせいでしょうかね。
ANA-PLTとJAL-DIAという組み合わせではなくなって、ANA-SFCとJAL-DIAという組み合わせなので、これだけなのでしょうかね。まだJALから大きなカレンダーでも来るのかなと思っていましたが、どうなんだろう。
なんだか忘年会のお土産にできるものがかなり少なくなって残念です。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


ユナイテッド航空の改悪に思う【さようならUA】

ユナイテッド航空(UA)のマイレージチャートが来年2014年2月より変更になります。
ひと言で言うと改悪と言われるものです。
様々なところでアナウンスされているので、ご存じの方も多いかと思いますし、私は現在はUAマイラーではないのでニュースはスルーしていたのですが、元々はUAファンでもありましたので、私なりに簡単にまとめておこうかと思い記事にしました。

ざっと表組みにしておくとこんな感じになります。

0023.png

もう残念としか言いようのない改悪で、ついつい私が普段乗っているJALと比較してしまいます。
私が関心のある所は赤字にしておきました。

1.韓国行くのに3万マイルはあほらしいよ。JALなら15000マイルで済むのに。
2.バンコク行くのにY席45000マイルはアホらしい。JALなら35000マイルだよ。
3.バンコク行くのにC席80000マイルかぁ。JALなら60000マイルだよ。
4.香港行くのに45000マイルはアホらしい。JALなら20000マイルで行けるのに。
5.ヨーロッパのC席は150000マイルかぁ。JALなら85000マイルだよ。


JALとUAを比較するのは適切じゃないし、UAにだってオセアニアなどのお得な路線は未だに残っていますので使い方次第ではまだまだ有効だと思います。
よく言われている燃油がかからないというメリットや片道発券、複雑なルーティングも健在です。

とは言え、これだけ改悪されたらそんなメリットも吹っ飛んじゃう。
貯まりやすいと言われるクレジットカードもありますしまだまだ有効のはず。でも思うんですが、それって誤差の範囲内ですし、貯まりやすくてもたくさんのマイルが必要ならいわゆるインフレなので、チャラだと思うのです。
100円1マイルのJALカードも利用シーンで随分と変わります。
私は多頻度でフライトしますから航空券の決済もかなりあり、その結果、毎月平均100円1.6マイルの換算率でのクレジットカードからのマイルの加算があります。
利用シーンなどを考えるとなにが得なのかは個人事に大きく異なることになりましょう。

3万マイルや8万マイル貯めるのにどれだけカード決済が必要なのかを考えてみることも重要でしょう。
また多少フライトで貯めれる人なら格安でも110%とか125%加算されるJALはかなりのアドバンテッジだと思います。(※ツアープレミアムに入るのがJALではセオリーです)
カードだけで貯める人もいれば多少飛んでマイルを貯める人がいるのでベストは決めにくいのですが『日系は50%加算や70%加算があるので嫌だ。格安でも100%加算される米系がいい』とUAを選んだのは遠い昔です。今はそれが逆転しています。

僕にマイル遊びを教えてくれたのはUAでした。
古くにマイル遊びを覚えた私は、マイル遊びの原則は『遠くで貯めて近くで使う』というものでしたが、今はそうではなくなって多様化してきていますので一概には言えませんが、これじゃ近く飛ぶにもJALのほうがお得という状態も出てきています。
その昔『エコノミーでニューヨークに行けば、ビジネスクラスのバンコクが付いてきた』という時代を知っているだけに残念で仕方ないです。

そうなんです。
UAってそれぐらい美味しかったんです。100円1.5マイル貯まるクレジットカードはあるし、少ないマイルで特典は取れるし、特にフライトで貯まる上級会員ボーナスマイルでアワードまでが近かった。
UAのNY路線はフライトマイルは13500マイルです。MPMの許容範囲10%でルーティングして15000マイル。1Pボーナス100%で3万マイルになりました。バンコクへのビジネスクラスアワードは3万マイルでした。オフに飛べばNYCは3万円台でしたのでオフシーズンは北米ばかり飛んでいました。オフシーズンに東海岸へ2回で合計8万円ほどかけて飛んでおけば、ピーク時に3万マイルでバンコクへ2回はビジネスクラスで行けましたのでほんとうに美味しかった。

あぁUA、いつもお前と一緒だったのに。マイル遊びはもうUAの時代じゃないなぁと思います。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


AC(アエロプラン)でどこ行こう?

最近あまり書いていないのだが、エアカナダのアエロプランでマイルを育成中である。
積極的にはためているわけではないのですが、ヒルトンのダブルディップで貯まったりして現在33000マイルほどになっている。



33000マイルってどこに行けるのかちょっと調べてみました。
僕が関連するアジア路線を調べてみました。

2013-09-29155451.png


3万マイルビジネスクラスで飛べるところは、「日本・中国・韓国・香港・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム」。
最大10レグが刻める。そしてストップオーバーできないことと同じ都市には戻れないことという注意点がある。
ビジネスクラスで飛ぶのもいいけれど、4万マイルになればエコノミーで2回分となるので、そうしようかなと思っています。ということもあり、現在久しぶりにエアロプランを育成中。
10-11月には4万マイルになるような気がしています。
そうしたら、アーティステックなルートでぐるぐる旅行に出ようかな。

※記事中の日本-バリに必要なマイル数は35,000/60,000/85,000という情報をいただいております。
 間違った記載もあろうかと思いますので、お許しください。



これまで何回かアエロプランについては書いてきています。
以下の記事も参考にしてください。

❏エアカナダ/アエロプランに加入
❏エアカナダアエロプランを育成中
❏アエロプラン育成中
❏エアカナダ3万マイル到達
❏ヒルトンのダブルディップはアエロプランで。

もうちょっと育成しないとね。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

ソウル発券のススメ【その4】

何回か書いてきているのだが、今回もソウル発券のススメです。
以前書いたものも参考にしていただきましょうか。

❏ソウル発券のススメ【その3】
❏ソウル発券のススメ【その2】
❏ソウル発券のススメ

今回ご案内したいのは、JAL便ソウル発東京経由東南アジア行きです。
ビジネスクラスの運賃もありますが、ここでお知らせするのは、1年有効のエコノミーKクラスの航空券です。
デスティネーションは幾つもありますが、ここではソーン2をベースに話をしましょう。
❏ソウル-東京-(目的地)-東京-ソウル
❏ソウル-大阪-東京-(目的地)-東京-大阪-ソウルも可能です。

【ゾーン1】 香港, 台北, 松山, 高雄, グアム, マニラ
【ゾーン2】 バンコク, ホーチミン, ハノイ, シンガポール, クアラルンプ-ル, ジャカルタ
【ゾーン3】 デリー
【予約クラス】・K CLS/マイレージは70%
       ・日本国内線はH/CLSかY/CLSで可能-マイレージは100%
       ・アップグレード可能K/CLS一般1年のみのになります。
【シーズン区分】 LOW SEASON(L)  2013.4/1-7/19,8/19-12/19,2014.2/1-3/31
         SHLD-SEASON(S) 2013.7/20-7/26,8/5-8/18,12/20-24,1/6-1/31
         HI- SEASON(H)   2013.7/27-8/4,12/25-1/5

1.L 900,000W   SO 1回可
2.L 950,000W   SO 2回可
3.S 960,000W  SO 1回可
4.S 1,010,000W SO 2回可
5.H 1,020,000W SO 1回可
6.H 1,070,000W SO 2回可

この中で、使いやすいものは、ストップオーバー(SO)が2回可能なものです。そうすると上記の太文字のモノになります。シーズナリティを確認してみると、ハイシーズン(HI)は夏休みとクリスマスから年末年始ですね。
僕が使うとすると、現在のソウル発の航空券につなげる形になるので、来年のGW位になりますね。
そうするとローシーズン扱いになるので、上記だと2の95万WONが該当します。
ただし、正確なことをいうと上記の料金表は、2013年4月-2014年3月出発ベースなので来年4月以降の料金はまだ出ていないということになりますが、だいたいの相場観ということで、理解すると良いと思います。

かかるコストは、950,000W(A)+発券手数料7%で約66,500W(B)+空港税や燃油(C)となります。
Cの値段は行く空港などで異なりますが、3-4万円だと思います。
A+B=1,016,500W(約9万円)
A+B+C=12-3万円ということになります。

注意点は、予約変更に関してです。K/CLSは、往路は同じシーズンで可能。出発後は発券元で変更時は無料で可能とのこと。

この航空券があれば、ソウルを楽しみ、後日東南アジアを楽しむことができるという一粒で2度おいしい旅行ができます。シーズナリティをちゃんと離解して利用すれば変更も自由にできますので、便利な航空券と言えます。
それでいて12万円ほどですので、なかなかお得かなと思います。
またKクラスですからアップグレード可能な運賃ですので、マイルを使ってのUGも空席があれば可能です。

※参考までに書いておきますと、ビジネスクラス(Dクラス)のストップオーバー2回可能な航空券であれば航空券が1,450,000Wになります。発券手数料が101,500W、税金などが3-4万とすると17-18万円です。エコノミークラスとの価格差も少なく、お得な航空券と言えます。

sailkd.png

私は今は、ソウル発東京経由沖縄行きの航空券を好んで買っていますが、次回は、東南アジア行きを買おうかなって思っています。
ソウル発の航空券は、変更などの自由度が高いため非常に便利です。
機会があれば、ソウル発の航空券もご検討いただければ幸いです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

ユナイテッド航空 無料航空券を販売!

面白いニュースが流れていました。

我がUA、あ、いえ、以前は我がUAだったのでさんざん乗ってきたのですが、今はANAやJALへと移行してしまい最近はとんとご無沙汰のUAのお話です。
ユナイテッド航空(UA)のWEBサイトで14日までに、一部米国内路線の航空券が手違いで「無料」もしくは10ドルなどの価格で約15分間売り出されてしまったようです。


2013-09-14 214854

どれぐらいの被害になったのかは明確にはなっていませんが、UAはこの航空券は有効として使用を認めるとのことです。被害額が小さかったのか、思い切った意思決定ですね。

以前日本でWEBでの表示価格を謝って販売したものを販売取消にされたことがありました。
法的にどうなのかな?というのは私にはわからないですが、日本広告審査機構(JARO)でのガイド基準があるようです。参考までに<ここ>からどうぞ。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空

JAL特典のお得なルート【その2ソウル発沖縄ストップオーバー東京行き】

恒例になるのか? JAL特典のお得なルートについての第2弾です。
詳しいルールの内容は、リンク先を見ていただきましょうね。<ここ>からね。
で、今回特に気になったのは以下の記載。

2013-08-04-25.png

どこが気になったかというと『海外発日本国内を目的地とする旅行は往路、復路あわせて目的地以外に1回のみ可能』というところです。
特典は、何も日本発ばかりじゃない。
海外発で利用できると面白いことができそうですね。

これまでの情報からちょっと海外発日本行きのルールのおさらい。
・特典で、往路・復路各3区間までご利用いただけます。
・日本国内区間のご利用は、往路、復路あわせて2区間までです。
ストップオーバーは、目的地以外で1箇所できる。
・日本発着の旅程で日本の発着地点から、または発着地点への国内往復旅行は設定できません。

これらの情報を元に例えばこんなルートが組めます。

◎ソウルー大阪ー沖縄ー東京ーソウル


必要マイル数は15000マイル。
最終目的地は、沖縄。
ソウルを出た日、大阪に到着し、その足で沖縄に向かいます。
沖縄は最終目的地なので、数日滞在します。
そして東京に向かい、ストップオーバーします。また後日1年以内にソウルに戻るというルートです。

これは特典旅行のソウル発券みたいなものですね。

問題は、最初にソウルに向かうための手段です。
先日書いたソウル発券のススメをご覧いただくことにしましょうか。ちょっと抜粋+加筆しましょうね。

片道航空券でソウルに行く。
 LCCを使うのが現実的ですね。
片道特典航空券で行く。
 ユナイテッド航空などは片道発券ができますので便利です。
往復特典航空券で行く。
 復路はずっと後にしておいてください。また特典は変更が利きますので適当に後ろの日程にしておく。そして、このソウル発の特典の締めとして日本に戻って来るというのがいいかもしれません。
海路韓国に向かう。
 大阪、福岡、下関アタリからであれば釜山に航路があります。
格安航空券の復路を放棄する。
 ノーショーしないで現地で電話して「乗らないですとか乗れないです」とお伝えしましょう。

ソウル発の特典ですので、最初に行く方法、最後に締める方法を考えないといけません。
最初に行く方法は、上記のいずれかでしょう。
そして閉めるときがいつか来ます。
延々と無限ループでもいいのですが、いつか飽きが来ますしね。
なので、オススメは上記の3でしょうか。
それも先日お伝えしたように、単純往復ではなく『沖縄経由でソウル入り』するのが面白いと思います。
机上の空論か、それともマイルを使い倒すか、いろいろ考えることは楽しくもありアホらしくもあります(笑)


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

JAL 日本航空


JAL特典のお得なルートを研究しよう【その1沖縄まわってソウルへ】

JALのお得なアワードってどんなアワードがあるのかを勉強したいと思います。
僕にはまだまだ知らない世界なので、みなさんにもいろいろ教えていただいて、No3以降の記事にしていきますので、ぜひぜひご協力ください。あ、No2はすでに用意してありますので、明日ご案内しますね。
特に、アジアルートに関しての情報を集めたいと思いますし、皆さんにもご協力いただければと思います。

さぁて、最初は『沖縄経由のソウル』です。
ルートはいろいろあろうかと思いますが、考えつく所で以下のプラン。

◎羽田ー那覇ー関空ーソウルー羽田

必要マイル数は、日本-韓国間は15,000マイルです。
いろいろ調べてみるとJALのHPには、異なる2つの記載があります。
ちょっと見比べていただきましょう。

2013-08-04-7


2013-08-4-9.png

よく読むと、違うことが書いてあるのです。
『国内は往路と復路でおのおの1区間づつOK』というのと『あわせて2区間がOK』という意味ではまったくルートの取り方が異なりますので、注意が必要です。

まったく別のことが書いてあるので電話で確認してみますと、正解は以下のようでした。
日本国内地点とソウルの間を旅程とする場合、国内線の切り込みは往復で2区間まで利用できる。
加えて、
・ストップオーバーはできない。
・同じ都市には寄れない。


というルールがあることがわかりました。

羽田ーソウルー羽田と単純往復しても15000マイル。
羽田ー沖縄ー関空ーソウルー羽田と飛んでも、必要マイル数は同じになります。
また、国内線の区間に関しては、どんなに遠回りになっても大丈夫だと書いてあります。
今回のモデルは、沖縄にしましたが、札幌もOKですし、福岡もOKです。

亜流ですが、上記のルールを踏まえるとこんなルートも考えられますね。
◎羽田ー札幌ー大阪ーソウルー羽田

どうでしょうか。
ソウルに行くなら、沖縄なんか廻ってないでとっとと行けと言われそうですが、どうせアワードを取るなら、沖縄で沖縄そばを食べてから行くのも良し、札幌でキンキの塩焼きを食べてから行くのも良し、こんな面白いルートもあることを共有したいなと思います。
みなさんも面白いルートがあれば、ぜひお知らせください。


ルールに書かれている内容は、以下のとおりです。
ルールを見ながらいろいろ考えるのは楽しいですね!

※明日も別の角度からお得なルートの記事をご案内します。


2013-08-04-20.png
2013-08-04-21.png
2013-08-04-22.png
2013-08-04-23.png




ソウル発券のススメ【その3】

僕はソウル発の航空券を利用しています。
これまで何度か、ソウル発券のことに関して書いてきています。

ソウル発券のススメ
ソウル発券のススメ【その2】

少し繰り返しになりますけど、今日はソウル発券【その3】と題してお届けしましょう。
円ーウォンの為替レートも以前に比べてかなり悪くなっているので、お得感はだいぶ減りましたけど、使い方によってはまだまだお得です。
今のレートからすると1万円で11万ウォンくらいが交換レートだと思いますので、ウォン表記に0.9をかけた数字が
日本円の価格になります。

また為替レートが悪くなりお得な発券地は、ソウルではなく台北だとも聞きますが、台湾発券は未体験なので、僕の知るソウルについて記載しますね。
台湾発券については、近いうちに勉強したいと思います。
何度か記事にしていますし、実際にご利用の方もいらっしゃるし予備知識は持っていらっしゃる方が多いかと思いますが、念の為におさらい。

海外発の航空券は、現地の代理店を使って予約・発券します。
もちろん、現地の航空会社のオフィスや空港カウンターでも発券出来ますし、ANAやJALのHPで現地のHPにして発券もできますが、お得な航空券は代理店で販売されていますので、是非現地の代理店をお使いください。
僕が長年使っているのは、<世一旅行社>です。
ここは、日本チームがあるので日本人が対応してくれます。
気になる航空券を見つけたら、日本語でメールを出して問い合わせてください。
丁寧に対応してくれますし非常にスムーズに行きます。
掲示板やメールにて問い合わせをして進めていけますので非常に簡単です。

●事前学習
海外発券は、現地発の航空券です。
たとえばソウル発券の場合、常にソウルが出発地です。日本→ソウル→日本という形にはできません。
そのためには、ソウルに行く方法を考えないといけません。
方法はいくつかあります。ざっと考えると以下の方法があります。僕自身は、海路片道で行く方法以外のすべての方法で行っています。

片道航空券でソウルに行く。
 LCCを使うのが現実的ですね。
片道特典航空券で行く。
 ユナイテッド航空などは片道発券ができますので便利です。
往復特典航空券で行く。
 復路はずっと後にしておいてください。また特典は変更が利きますので適当に後ろの日程にしておく。
海路韓国に向かう。
 大阪、福岡、下関アタリからであれば釜山に航路があります。
格安航空券の復路を放棄する。
 ノーショーしないで現地で電話して「乗らないですとか乗れないです」とお伝えしましょう。

いろいろな方法でソウルに向かうことができますが、いずれにせよソウルに行かないといけません。
そしてお気に入りの航空券を見つけたら、問合わせましょう。

◎手順1<予約方法>
世一旅行社のウェブサイトをみて、乗りたい便のチケットの値段・席の空きがあるか否かをメールします。
料金、空席状況を確認します。
この段階で問題なければ、メールにて「氏名(漢字・ローマ字)・便名・パスポート番号・有効期限」などを送り、予約は完了します。

◎手順2<発券>
発券は、発券期限内に行います。
現地に行かなくても可能で、カードあるいは現金で支払いが可能です。
航空券はメールでE-Ticketで送られてきます。
日本への郵送の依頼も可能ですが別途料金は発生しますので、E-ticketで十分ですね。
      
たったこれだけです。空席があるか否かを問い合わせ、あれば予約。後は発券するのみです。
1年に何度も海外にいかれる方やピークシーズンにしか海外にいけない方には非常におすすめの方法です。


◎お得な航空券
単純往復の航空券もいいでしょうし、羽田を経由して日本の地方に行ったり北米などに行くこともできます。
私は、ソウル→羽田→沖縄→羽田→ソウルという航空券がお気に入りで、今はこの航空券を買っています。

ソウル発東京経由沖縄行き
第1区間 金浦→羽田
第2区間 羽田→沖縄
第3区間 沖縄→羽田
第4区間 羽田→金浦
今は日程を確定させての発券になっていますが、発券後の第2区間の日程変更は自由です。
JAL便でこの予約をして使っており、価格は710,000w+税約200,000wで手数料込みの値段です。
約90万ウォンですから、今のレートですと8万円強でしょうか。
ソウル往復して沖縄に行ってこの価格。
以前は、6万円ほどの値段でしたので、お得感はだいぶ減少しましたが、それでもピーク時に使えばお得かと思います。

ソウル発ー日本経由ー欧州行き
以前はとてもお得な航空券でした。アップグレード可能なKクラスを使ってアップグレードポイントを使っての利用がコストパフォーマンス抜群でしたが、現在ではUGポイントが無くなったことや、Kクラスの航空券が少し高くなり魅力がなくなりましたが、UGしないのであれば、まだまだ魅力的な航空券はあります。

Sクラスであれば、東京で2度ストップオーバーして90−100万W(税など抜き)という価格でありますので、これはこれでお得かと思います。
また以前のように、日本でのストップオーバーが14日以内という制限はなくなり、航空券有効期間内で可能になりました。
そして面白いのは、日本の国内線部分でソウルー大阪ー東京ー欧州も国内線込みで同一料金で可能になったので、なかなかステキです。

1ソウルー大阪ー東京
2東京ーロンドン
3ロンドンー東京
4東京ー大阪ーソウル

余計な大阪を切り込んじゃうのが、面白いかと思います(笑)
日本国内のストップオーバーは往復とも1回ずつは無料なので、上記のような設定にしました。
100万Wに燃油や発券手数料などが付きますので、ピーク時に10万円でイケるわけじゃないですが、お得じゃやないでしょうか。
僕は、ソーン2のカテゴリーにある、リスボンが気になっています。
120万wかぁ。どうしようかな(笑)


※発券手数料は航空運賃が30万W未満のものは3万W、航空運賃が30万W-50万W未満のものは5万Wの手数料がかかります。50万W以上のものは航空運賃の7%が手数料になります。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


JAL 日本航空


アシアナ便サンフランシスコ着陸失敗で炎上!

仁川発サンフランシスコ行きのOZ214便が、着陸に失敗した模様で炎上しています。
詳しい被害の状況はわからずですが、死者けが人が出ている模様。
この便は、日本からの乗り継ぎでも使う便でしょうから、日本人乗客もいらっしゃることだと思います。
仁川発の便は、日本からのハブになっているのでANAやUAマイラーあたりが、仁川経由で乗っていてもおかしくありません。
SFOの空港は、離発着が難しい空港であると聞いたことがあります。
何が原因だったのか、、、。

乗員乗客の無事を祈っています。

追記:
乗客は291人で、日本人1人、中国人141人、韓国人77人、米国人61人などとなっているそうです。 


写真は、USATodayからお借りしました。
2013-4- 2013-07-07

2013年6月のマイレージサマリー

6月のマイレージサマリーだ。

フライトは12回で37608マイル。
クレジットカードで6298マイル。
その他で30マイル。
合計すると 43936マイル

2013-07-06-0.jpg

それにしても今月は多かった。
ハノイの復路、ジャカルタの往復などが大きく引っ張ってくれた。
それにしてもジャカルタ往復は、18454マイルほどなのでかなり大きい。
50%加算運賃でこれだから驚くほどだ。

フライオンポイントは20190FOPだ。
月間で2万ポイントを超えるのはさすがに珍しいので、やはり中距離アジア線が入ると爆裂する。
10万FOPはすぐそこまで来ており、7月下旬には到達することになった。
来期ダイヤモンドは今月確定する。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
 
 
エクスパンシス

5月のJALマイルは、、、

僕の場合はだいたいマイルは月々2万マイル前後貯まる計算です。
大雑把に言うと、月10回の東京ー大阪フライトでJAL1万マイル。
クレジットカードがANAとJALで分散しているのだが、合計すると5000-1万マイル。
だいたいそういう組み合わせである。

JALの5月のサマリーを見てみよう。

2013-06-08-11.png

フライトが月またぎがあるので正確に5月分ということで画像を切り出した。
東京ー大阪が3回半で7レグ。東京ー沖縄は1往復で2レグ。ソウルー東京の1レグ。東京ーハノイで1レグ。
5月は合計11レグで21742マイルとなった。
沖縄やアジア路線に飛んでいるのでいつもの月より多かったようだ。

加えてJALカードの決済分も多かった。
ううん、多すぎた。

7924マイルもある。

合計すると29666マイルであった。

加えて書いておくとANAには3400マイルほどのクレジットカードからのマイルが加算されていました。

毎月カードの決済がドキドキするほどあるので、経費精算もこまめにしているのですが、書類不備で戻ってくるともう大変。建て替え金額が数10万円ということもしばしばです。
完全に大きなPLで回っているので怖いです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。


アメックススカイトラベラープレミアカードは得か?

もうみなさんご存知のアメックスのスカイトラベラープレミアカード。
詳しくは<ここ>からね。

入会キャンペーンも爆裂ですね。
このカード、僕のライフスタイルには合っているのだろうか?
継続利用ができるかということで少し検証したい。

◯年会費 36,750円(税込)
 ※JAL、ANAへのポイント移行には、別途参加登録費が必要です。
 (JAL:年間9,000円(税込) ANA:年間5,250円(税込))
 ※僕の場合は、JALへの移行と考えると年会費は45760円となる。

◯通常のクレジットは100円1マイル。
◯航空券の購入代金は、100円5マイル。

◯年間のJAL航空券のJALでの直接購入代金はJAL便で国内線50回購入とする(150万円相当)
◯クレジットの利用は、150万円とする。

2013-4-2013-04-29-1.jpg
2013-4-2013-04-29-2.jpg


僕のライフスタイルでの上記の前提だと以下のようになる。

◯JAL便でのカード決済での獲得は、150万☓5=7万5000マイル。
◯クレジットの利用は、150万=1万5000マイル。
カードを利用しての獲得マイルは、年間9万マイルである。

現在のJAL-JCBーJGC-Goldを使っての獲得マイルは、どうか?
この場合は、年間300万を航空券150万円分、その他で150万円分利用するという前提になる。

◯JAL便でのカード決済での獲得はクレジット150万☓2マイル=3万マイル。
◯クレジットの利用は、150万☓1マイル=1万5000マイル。
カードを利用しての獲得マイルは、年間4万5000マイルとなる。

JALカードを使ってフライトするときの特別なボーナスはどうだったっけ?
特になかったような気がする。
そう考えると、JALカードのアドバンテッジは特にはない。
これはだいぶ開きがありますよね。
僕のライフスタイルであれば年会費は約2倍になりますが、初年度の爆裂ボーナスを除いてもかなりオク感があるカードになりそうです。
ただ、クレジットカードにこれだけの年会費を出すかという問題。
それと個人的には好みではないカードデザイン。
そんなことから今のところ気にはなるけど取得の意思はありません。

スター系ヒコーキが8機駐機中!

以前お知らせしていたダイドードリンコの缶コーヒーに付いているヒコーキのおまけ。
これがなかなかスター系ヒコーキファンにはたまらない。
今はスターアライアンスにはメインには乗っていませんが、長くスターファンでした。

大人買いをしそうな衝動を押さえてに、缶コーヒーを買うときにその都度探して1本づつ購入していました。
この辺りは冷静なんですよね、だってガラクタだもの(笑)
少しづつ増えて、現在本棚で8機ほど駐機中です。

2013-2-IMG_6684.jpg

どこまで増えるかな。
そろそろダブりも出てきそうですけど、そのあたりのこだわりはないのでコンプリート!は難しいかもね。
このあたりは、性格的にツメが甘そうです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。

スター アライアンス プルバックプレーンコレクション』キャンペーン

ダイドードリンコの微糖に付いているおまけ。
これがなかなかスター系ヒコーキファンにはたまらない。

2013-03-30.jpg


詳しくは<ここ>から見ていただくとして。

梅田のコンビニで朝缶コーヒーを買いに行ったら、売っていました。
僕は缶コーヒーは、このダイドーの微糖が一番美味しいと思っています。
いろいろあったのですが、今回はタイ航空を選択。



大人買いをしそうな衝動に駆られましたが、グッと我慢。
毎日1本ずつかな。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



Boeing787はダメだ!

今日も2つの投稿だ。
予定していた記事に加えて緊急に787問題を取り上げたい。

Boeing787がANAもJALも大変なことになっている。
僕は国際線では乗ったことはないけれど、国内線ではANAで何度か乗っている。
なぜ787という機材の導入で騒ぐのかわからない単なる中型機だと思うのだが、ANAがローンチカスタマーということもあって導入当初からずいぶん騒いでいた。

今回の頻発する787のトラブルの極めつけが今日のANAの重大インシデント。
コックピットから煙と異臭のことでどうやらバッテリーに問題ありそうだ。
GSユアサのバッテリーと聞いているが、技術に定評のあるバッテリーメーカーなのになにか克服できない問題があるのだろうか。
このバッテリーはリチウムイオン電池のようだが、リチウムイオン電池は非常に素晴らしい電池であるが、非常に危ない電池でもある。
それは「爆発」するからだ。
今回は液漏れというような記事も見たが、本当にそうだろうか。
バッテリーの液漏れで煙は出ない。そして液漏れだけでは異臭はしない。
大なり小なりの火災が発生していたと考えるのが普通である。
報道の言葉が意味することを読み取らないといけない。
上空での大規模な火災、爆発がなかったのが不思議である。
一連のバッテリートラブルから推察するに、今の構造では787に搭載しているリチウムイオンバッテリーが正常に機能しないということを意味している。
バッテリー単体の問題ではなくシステム全体の問題というふうに考えるのが普通だ。
今回は原因解明やその後の復旧に相当な時間が掛かると予想する。
中途半端ではなく完全な形で復旧することを期待している。

20130116.png


今しばらく787に関しては冷静に安全を検証してほしい。
見切り発車はやめてほしい。
僕はそう願っている。
実は2月のシンガポール出張はJALの787機材の予定だ。
正直なところ乗りたくない。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

2012年ANA/JALフライトステータス

飛行機のマイレージステータスに関しては、今期は昨年に続きANAからJALへとシフトしたこともありステータスの変化があった。

まずはANA。
2012年はプラチナ生活だった。
年初からANAに乗り3万PP乗ったところでJALへとシフト。
最終的にANAは3万ポイントで終わった。
ということで、ANAの来期のステータスはブロンズ+SFCとなる。
つまり来期はスーパーフライヤーズ会員ということだ。
今年は3万ほど乗ったANAであるが、来期もJALシフトということもあり、ANAではほとんど乗らなくなることだろう。実はマイルはほとんど残っていない。ここに1万ほどあるスカイコインも何とかしたいと思いつつ失効する可能性も高い。すでに3000スカイコインほどは失効してしまっている。

フライト本数は、国内線で30レグ、国際線で3レグの合計33レグであった。
アワードは、釜山ーバンコクで1レグ。

ANA1012.jpg

次にJAL。
こちらは、ダイヤモンド会員を維持することができた。
来期も同じような出張生活が続くならばダイヤモンド会員を維持できそうだが、この生活ももう4年以上続いておりそろそろ終りに近いのではないかと思っている。
そう考えると来期あたりはあまりフライトしない生活に戻るのではないだろうか。
そうなれば寂しさも感じるが、今の生活はあまりにも過酷でありなかなか悩ましい。

JAL2012.jpg

JALに関しては、年末にソウルに飛ぶこともあるので最終的には90フライトが確定している。
国内線で78レグ、国際線で11レグ、特典1レグ+年末の1レグを加えて合計91レグである。

その他で言うと、ユナイテッド航空で東京−ソウルを1レグほどアワード発券している。
マイル加算されない、中華航空で台湾にも行って2レグほど乗っている。
LCCは、ソウルーチェジュー釜山と2レグほど乗っている。
加えて年末にタイ国内線をLCCで1レグほど乗る予定があるので、年間合計フライト数は、131レグ。
結構乗ったなぁ。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


マイレージプログラムに踊らされて(マイレージヒストリー)

ANAだとかJALだとか随分踊らされてきたような気がする。
最初にマイルというものを意識したのは、JALだった。
JALから始まりコンチネンタル航空→ユナイテッド航空→ANA→JALと変遷してきている。
一体いつから踊らされてきているのか記憶にないのだが、マイルにのめり込んで最初に踊らされたなと覚えているのが2003年にユナイテッド航空(UA)の6万マイルボーナスマイルキャンペーンだ。
これは国際線ビジネスクラス(予約クラスC)でフライトすると6万マイルのボーナスマイルがもらえるものであった。
安い路線は成田−ソウル便である。当時10−12万円だったと記憶しているが、ソウルにUAのビジネスクラスで行ったら6万マイルほどいただけた。これを僕は1セットだけ行ったが、2セット行う人もいたりしたのを覚えている。
当時は、アジア内ビジネスクラスのセーバー特典は3万マイルだったので、このマイルでバンコクにビジネスクラスで行ったのを覚えている。
これが2003年である。
当時は2004年までは、支払いをできるだけクレジットカードでするなどで、年間3万マイル前後をもらうのが精一杯だった。

様相が変わったのは、2005年だ。
この年、僕はANAにしようかUAにしようかと迷いつつ、UAの上級会員プレミアエグゼクティブを取得することを決めた。年間5万EQM(まぁ、5万マイルと思えばいい)飛ぶと5万に到達する。
この年は、ニューヨークに2回、シンガポールに2回、バンコクに1回、韓国に3回行っている。完全な修行モードであるが、それが楽しかった。
ソウル発券は2003年にはもうすでにしているようなので、ソウル発の航空券も組み合わせている。

UAでのプレミアエグゼクティブは、2005年から2009年までの5年ほど続いた。
僕の仕事の環境変化で、東京−大阪の出張族になりプレミアエグゼクティブの身分の間にANAへと転向したのは2008年の秋である。3ヶ月の間に5万PPほど飛んでANA-PLTとなりスーパーフライヤーズカード(SFC)を手にした時のことはよく覚えている。
これで生涯スターアライアンスゴールドになれたことがうれしかった。
翌年の2009年にはあまりに他頻度ゆえ、PLTなんかを飛び越えてダイヤモンド会員にまでなった。

日本にはANAとJALがあり、JALのJALグローバルクラブ(JGC)が気になっていた。
出張族でいられるのはいつまでかは分からないが、いつかは終わる時が来る。
出張族でいられる間にJGCも取っておきたいと思うようになった。
毎年ズルズルと先延ばしにしていたが、決意したのは2011年春だ。
年始から5月まではANAで飛んでPLTを確定させたあと年末までANAからJALに転向して一気にダイヤモンド会員にまで到達した。
この年のフライトは、ANAとJALとで158本にも達した。

暫くの間、ANAとJALの両方でダイヤモンド会員の状態が続いたが、平均的には僕は年間12−13万ポイントほどのフライトなのでいずれか一方しかダイヤモンド会員を維持できない。
今年2012年は秋まで迷いつつも最終的にはJALをメインにすることに決め、JALをダイヤモンドにANAはSFC(+BRZ)で行く事にした。

僕はUAで遊んでいたので自然になんの迷いもなくANAに乗るようになったが、ANAからJALへと切り替えるときは随分と迷った。
これは「スターアライアンスの呪縛」とも言えるものだ。
この呪縛から逃れられない人も多い。
僕がまさにそうだった。

その呪縛から逃れて現在はJALに乗っている。
乗ってみて言えるのは結構いいよということだ。
航空券だってANAよりはJALのほうが安いことが多い。それも近距離アジア線で数万円もだ。
機材は古くて座席はボロいというのが定説だけど、エコノミーのシートはANAよりピッチが意外に広くて楽なことも多い。加えて最初からリクライニングしているようなシートなので楽なのだ。これは座り比べないとわからないだろう。ANAのカチッとしたシートにはない乗り心地なのである。

11-IMG_4662.jpg

徒然と書いてきたが、そろそろマイレージプログラムに躍らされるのは辞めにしたいと思っている。
もちろん普段は仕事で乗るので、JALやANAに乗るのだけれど、プライベートな旅行はLCCで十分かなと思っている。
近距離アジア線は、LCCの台頭で安く気軽にいけるようになったのが大きい。
国内線だって安くLCCで行く事ができるようになった。
理屈ではわかっているのだが、そうは言っても毎年これからも躍らされることだろう。

飛行機は移動手段。
その移動手段を快適にしてくれるマイレージプログラムではあるけれど、上手に付き合いたいと思っている。
僕はもう、SFCとJGCがあるのでいつだって快適に旅ができる。
個人で飛ぶにはこれで十分かなと思っている。
LCCは劇的に旅のスタイルを変えそうな気がしている。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

これでもまだANAに乗る?2【ANA/JAL の比較表】

ちょっとしつこくてすみません。
ANAとJALでもらえるマイル数、ポイント数をANAとJALで表にしたのですが、もっと分かりやすくするためにこれを合体させました。

あわせて、JALに比べてANAの割合をパーセントで表示しました。
このほうがリアルかもですね。

スクリーンショット 2012-11-26 19.39.28


さぁて衝撃の事実です。
じっくり見てください。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


これでもまだANAに乗る?【ANA/JALマイル数チャート】

先日のANAの来期以降の改変に伴い、どれぐらいマイル数がもらえるのかを書いてきた。
◯『ANAアジア主要目的地別マイル数・プレミアムポイント数を追加』の記事は<ここ>からね。
◯『ANAマイルはたとえダイヤ会員でも激減する驚愕の事実!』の記事は<ここ>からね。

そしてチャートにしてきたのだが、JALとの比較でどう違うのかを今回はJALについてもチャートにしてみたのでご覧いただきたい。両方を比較してみると頭ではわかっていたことも視覚で入ってくると理解しやすい。
驚きというか怒りというか不思議な感情が出てくるに違いない。

まずは、ANAだ。

スクリーンショット 2012-11-26 19.44.54


そしてJALだ。

スクリーンショット 2012-11-24 16.26.00

※ANAの算出は①券種はスーパーエコ割(50%) ②DIA/PLT1年目/SFC ゴールドカード保有 ③ボーナスはDIA120%、PLT95%、SFC40%で算出
※JALの算出は①JALカードツアープレミアム会員 ②ダイナミックセーバー70%加算運賃 ③FOPは2013年12月までFly onボーナスキャンペンで120%(Club-A) で算出。

この2つを見比べてほしい。
おおよそ、同じような会員属性であれば、ANAはJALに比べてもらえるマイル数は半分になる。
もう一度言います、半分なのである。

ANAもJALも券種は個人で通常普段買う安い割引航空券だ。
同じ条件で調べた結果がこれなのです。
ANAはアジア路線をプレミアムポイントを1.5倍に引き上げたとは言っても、運賃倍率を引き下げたために焼け石に水の状態だ。
おおよそ、もらえるマイルでANAはJALの半分。もらえるプレミアムポイントはJALと比較して50-70%強である。
運賃倍率の概念(正確には引き下げ)をプレミアムポイントにも入れたことにより、あまりにもポイントが減ることになったためアジア路線を1.5倍に引き上げたというのが真相であろう。1.5倍に引き上げてもJALと比べるとこれだけしかない。
「アジア路線のプレミアムポイントが溜まりやすくなります」
ANAはこんなことを言っているが、こういうのを詭弁と言う。

表をよく見ていただきたい。
シンガポールに行くとJALーDiaでもらえるマイルは15000マイルほど。一方のANA-Diaで7200マイルほどだ。
JAL-JGCですらであれば8900マイルもらえる。
アホらしい。
バカにしてる。

これでもまだANAに乗りますか?
ANAにはANAの魅力はあるけれど、国内線に乗るにはあまり関係ないかもしれないけれど、僕はアホらしくてANAに乗る気が全くしない。
個人で乗る飛行機は楽しいものです。
ささやかなマイルの楽しみが急に奪われた感じがしてなりません。

ANAは顧客の選別をはっきりさせたということです。
単価の高い法人顧客と富裕層を顧客としてターゲティングし、単価の安い個人顧客や修行僧は切り捨てたということです。今回のこの改定が意味することは、そういうことです。

今からでも間に合います。来期はJALに乗ったほうがいい。
僕はそう思う。

※伏せておいたのですが、ちょっと書き足します。
JAL−ClubAをもって一般会員がJGC修行する方のほうが、ANA-Diaの方よりもらえるマイルは多いんです。
JAL−ClubAだとボーナスマイルは25%なので、SIN往復で8280マイルになります。ANA-Diaだと7286マイル。
JALの一般会員の方が、ANA-Diaの方よりたくさんマイルをもらえるという現実。
言葉がありません。
個人客はお呼びじゃないのです。あまりにもひどすぎる。

JALもANAに追随しないとも限りませんが、今回の改変によりANAをやめる顧客はJALに行く可能性もあります。
そういう顧客をJALが取り込んで行くとJALは追随しないかもしれません。
先のことは誰もわかりませんが、それでもANA・JALの選択肢がある私はANAを選ぶことはもう無いでしょう。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。

ソウル発券のススメ【その2】

ソウル発券を奨めたい。
これまでも<ソウル発券のススメ>と題して書いてきたし、記事の中でもソウル発の航空券を使った内容をたびたび目にして頂いていると思う。

長くANAやJALで発券してきた。
ソウル発のANA便やJAL便に良い航空券がありますが、全体的にはANAの方に魅力的な航空券が多いと感じます。
以前のようなJAL便で欧州行きのKクラスというUG可能な魅力的な航空券はUGポイント廃止で魅力が半減したが、それでもJAL修行にソウル発券を使う人も多い。
ましてやANA修行に使う方も多い。
僕は、ソウルマニアなので度々行くソウルに自由な航空券があれば便利という理由から使っているが、それでも修行のニュアンスも含んでいる。

ここに今年のJALのソウル発券の際のクレジットが出ているので書いておこう。

2012-11-04 90
2012-11-04 92

画像が小さくなって申し訳ないが、合計すると7598FOPということになる。
かかった費用は、89万Won (発券手数料込み)である。
航空券の価格は71万Wonであるが、これに空港税などの諸税や発券手数料がかかる。
為替変動があり、航空券の価格は同じでも5月のGWに買ったときは61000円(0.068円/KRWレート)、年末用に仕込んだものは65000円(0.073円/KRWレート)であった。
FOP単価は、考えたことがないけれど、割り算すると8円から8.5円となる。
獲得マイルは10002マイルで、これにはかなりのボーナスマイルが付いているという理由があり、皆さんも同じようにはならないと思いますのでお許し頂きたい。

※発券手数料は航空運賃が30万W未満のものは3万W、航空運賃が30万W-50万W未満のものは5万Wの手数料がかかります。50万W以上のものは航空運賃の7%が手数料になります。

僕がいつも買っているのは、ソウル発羽田経由沖縄行の東京2ストップオーバーの航空券だ。
国際線Bクラス(70%加算)、国内線Yクラス(100%加算)というものだ。
予約時には、第1区間と第2区間の予約が必要で、それ以降はOPENで発券できる。
また仮置きで入れた第2区間の日程も手数料もかからず変更が自由である。
つまり第1区間だけはしっかり確定しておく必要があるが、第2区間以降は自由にできるものだ。
これがとても便利なのである。

日本で買う航空券とは異なり、シーズンによってまた買う時期によって細かく料金が変動するということもなく、年間を通してほぼ同じである。変わるとすると為替相場でありそのリスクははらんでいる。
この6万5000円という料金をどう捉えるかである。
オンシーズンに使ったり、直前予約で使ったりすると極めて割安なものになる。
今回使っている沖縄路線は、まさに直前予約でピーク時の利用であったので、片道3万円強相当であろう。
これだけで十分に元が取れるといえる。
ソウルには年末年始のピークに使うので、これもベストな使い方といえる。

総合すると、この6万円強のソウル発の航空券は半額相当ではないかと思っている。
ソウル発券の仕方は以前書いた<ソウル発券のススメ>を読んでいただくとして、改めてソウル発をみなさんにもオススメしたいと思っている。

旅のスタイルは各人各様。休みの事情も各人各様。ステータスへの到達の仕方は各人各様。
ANA便の沖縄切り込みもいいけれど、JAL便の宮古ピストンもいいけれど、ね。
まぁ、僕だって年末調整と称して昨年の12月30日に羽田ー伊丹を4レグほどピストンしているので大して言えはしないけど(笑)
ヒコーキ乗りとしてもっと旅を楽しみたいものです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
←FC2のランキングにも参加中。こちらもクリックしてください。


JALはどこまで乗ろうか?

9月が終わって、フライオンポイント(FOP)は70906ポイントまで来ている。

2012-09-30−10

8万FOPで到達するJGPまでは、9094FOP。
羽田ー伊丹なら9回の4往復半で到達する。
10月には、沖縄1往復もあるので、これが5000FOPくらいはありそうなので、10月中には8万FOPとなり来期のJGPは確定しそうだ。

問題はその先である。
このまま出張するとすれば、11月と12月の2ヶ月で2万FOPは飛びそうだ。
JAL-JGPを通りすぎてJAL-Diamondまで行くのがいいのか、あるいはJALは8万FOPでやめておいて、ANAに乗り変えて現在3万ポイントのANAを5万ほどのプラチナまで持っていくのかで悩んでいる。

うーん、どっちがいいのだろうか、、。

ちょうどタイミングよく、JALからメールが届いた。
JGPまでもうすぐですよって。

20120930.jpg


僕のクレジットカードたち

僕のクレットカードは、ここ1年ほど安定しているけれど、クレジットカードはライフスタイルの変化で持つカードが変わってくるものだ。
今はこの5枚をホールドしている。

5-IMG_1367_20120609175640.jpg


この中で一番古いカードは、SaisonUAカードであろう。
ユナイテッド航空でマイルを貯めていた頃は、このカードが不動のメインカードであった。
100円1.5マイルになる上にUAで上級会員になったこともありこのカードを使っていた。
当時は、年間300万ほどはこのカードで決済していたことになる。
ただ今はライフスタイルの変化によりスリープカードになっている。ここ3年ほどの決済は殆ど無い。
アカウントに残っているマイルも殆どなくなったこともあり、そろそろお別れの時が来ている。

あわせて、Hilton-Visa-Goldも結構長い間持っているカードである。
このカードを持っているとHiltonではGold-VIP扱いになるためアップグレードを始めベネフィットが大きい。
一番安いレートで部屋を押さえておけばだいたいにおいてエグゼクティブフロアになる。
スイートにさえなったことがある。(現在ではEXEフロアまでの運用です)
国内もだが、海外特にアジアにおいては威力が大きく、エグゼクティブフロアになった上にラウンジアクセスができたりフィットネスやプールがただになったり、もちろん朝ごはんだって付く。
そんなホテルの楽しみを教えてくれたカードである。
現在はヒルトンはメインのFSPではないが、昨年も15滞在ほどしており決済ももちろんこのカードで行なっている。
捨てるに捨てれないカードといえる。

次にANA-Visa-SFC-ゴールドカード
これはここ数年の不動のメインカードであった。
出張族になったときは、まだUA-PremierExecutiveであったので、スターアライアンスゴールドのベネフィットを享受しながらANAにせっせとカウントしながらANA-Platinumになった。
その時にANAカードをSFC(スーパーフライヤーズカード)に切り替えた。
年間150回ほどANAに乗っていた時代ががあるのでその決済だけで200万。
ホテルも150泊ほどしていたのでその決済で200万。
その他生活費関連もこのカードでしていたため合計すると800万~1000万近い決済額になる。
毎月平均80万ほどの決済であった。
現在でも結構な金額を決済しており、半分に減ったとはいえ、毎月30-50万ほどの請求が来る。
海外でのキャッシングをできるようにしている唯一のカードでもある。

次にANA-Masterカード
これが悩ましいカードである。
Masterカードは個人的にはデザインが嫌いで好きではなく、これまでもあまり持ったことがないカードである。
しかしながら、私のよく泊まるスターウッド系ホテルでは年に1回ほどMasterカードのキャンペーンを行うこともありこのカードをホールドしているのだ。
期間中2滞在や3滞在し、Masterカードで決済すると無料宿泊アワードがもらえるというものだ。
これは結構美味しいキャンペーンなので、どうしてもMasterカードをホールドしておく必要がある。
普段使わないこともあり、スリープカードではあるがそれでも年に2-3回ほど数万円ほどの決済をしている。

次にJAL-JGC-JCB-clubAゴールドカード
これは昨年取得したカードだ。
ANAからJALに転向しJGCカードを取得した。
JALに乗り始めたときはゴールドではなくclubAカードであったが、JGCに切り替えるときにGoldにした。
clubAカードでは決済可能額が少なくて仕事で使えないということもありJGCに切り替えの際にゴールドにしたのだ。
しかしながら生活関連ではANAーSFCカードも結構使っており、このカードはゴールドでなくてもよかったかなと思っている。
JCBにしたのは、JCBを持っていなかったからである。
使うことがないとは思うけど、海外でJCBプラザが使えると便利かもしれない。
そんな背景だ。
しかしながらJCBカードを持って1年ほどとはいえ、JCBプラザは使ったことがない。
やがてclubAのカードにダウンさせるかもしれないと思いつつ、ほとんど年会費も変わらないためこれはこれでいいのかなという気もしている。
このJGCカードをMasterカードにするという方法もあるのだが、(そうすればANA-Masterを捨てれるし)普段使う頻度の高いカードでMasterカードは持ちたくない。そんなこともありJALーJGCをMasterカードにすることはないだろうなぁと思っている。

今はこの5枚の組み合わせで安定しているが、これもライフスタイルの変化で変わってくることになるだろう。

そうそう、僕はクレジットカードに特別な機能やステータスは求めていない。
よくクレジットカードにステータスを感じたり求めたりする方が居らっしゃるが、僕は決済手段としてだけを求めておりコンシェルジェなどの特別なサービスは必要ないと思っている。
もちろん、ステータス性を感じることもなく、プラチナカードやブラックカードには全くの関心がないということも付け加えておこう。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加中
←FC2のランキングにも参加中。

ANAとJALの特典空席の実態

1日2つの記事のアップロードになるが、リアルな情報をお届けしたいのでアップしておこう。

本日は7月1日。
そろそろ夏休みのことを考えようと特典の空席をみてみた。
行き先は、バンコクとホーチミン。
特にこの2つの街に行くと決めているわけではないのだが、比較対照するのにちょうどよいので調べてみた。
驚愕の実態をご覧いただこう。

まずはJALのバンコク便。
お盆明けの8月15日を起点に調べているのだが、十分に取れそうだ。

スクリーンショット 2012-07-01 7.41.49

そしてANA便。
これは絶望的だ。キャンセル待ち入れれるようだが、、、。難しいにおいがする。

スクリーンショット 2012-07-01 7.45.11

次にホーチミンをみてみよう。
まずはJAL便。
多少塞がってはいるが、上手に日を選べば取れそうですね。

スクリーンショット 2012-07-01 7.42.24

それではANA便便はというと、、。
これは無理ですね。

スクリーンショット 2012-07-01 7.45.53

現在の僕のステータスはJALはダイヤモンドでANAはプラチナだ。
比較するにはステータスが違うので多少無理があろうかと思うが、これがANAとJALの特典の実態なのだ。
最近ANAからJALに移行したのだが、理由の一つはここにある。
前もって計画的に休みが決まらないため、直前でないと予約できない。
そんな僕のワークスタイルにはJALがあっている。

一方、今回は自社便の直行便だけを調べたが、ANAには豊富な提携便がある。
今からなら絶望的なANA便でのバンコク行きも提携会社を使えば中国経由で行く事もできよう。

さて、そろそろ本当に休みを決めて行き先を考えないといけない。
どこにしようかな。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加中
←FC2のランキングにも参加中。

「マイレージライフ」へタイトル変更しました

ブログを書くようになって、そろそろ1年になろうとしています。
これまでは、「路地裏別館--マイレージライフ--」というタイトルで書いていたのですが
サブタイトルであった「マイレージライフ」というタイトルに変更することにしました。

この秋が来たら10年という長きに渡って続けている「ソウル路地裏日記」から、最近書かなくなった旅行記とマイレージやホテルに関してブログに書いていたのですが、1年近く書いていてやはり毎日が出張生活のためマイレージ色が強いのとホテル色が強いので、思い切って「マイレージライフ」と変更することにしました。
そもそもHP版のソウル路地裏日記とはリンクを貼っていないですしね。
そういうこともあり「別館」としての色合いが殆ど無いというのも背景です。

マイレージライフと言いながらよくある「陸マイル」情報には関心がありません。
お得な陸マイル情報は私の専門ではありませんので、日々の出張生活の中でのマイレージ生活とホテル生活のことをこれからも書いていくんだろうなと思います。

どうぞこれからもヨロシクお願いします。


飛行機とホテルとさてどうする?

この期に及んで飛行機とホテルの会員資格についていろいろな迷いが出てきた。
少し現在の状況(5月13日現在)をまとめておこう。

飛行機については先般少し書いたが、ANAのプラチナ会員維持を目指していたのをJALに切り替えた。
出遅れたJALの会員属性をサファイヤあるいはJGPまで持って行きたいと思っている。
正直なところJALはダイヤまで到達するのは難しいのではないかと思っている。
例年であれば13-15万ポイントまで飛ぶのでJAL-ダイヤを維持した上でANA-プラチナまで到達するのだが、今期はワークスタイルの変化などにより、出張が激減することが予想される。この春から減るのではないかと思っていたが、10月以降激減することになりそうだ。

●ANA
現在はPLTステータス。30462PP。

スクリーンショット 2012-05-13 8.23.54

●JAL
現在はDIAステータス。16318FOP(15レグ)

スクリーンショット 2012-05-13 8.23.33

ホテルについても悩ましい。
私のメインはHYATTである。ここ数年ダイヤモンド会員を続けておりそのベネフィットを最大限いただいてきた。
たまに行く海外では、ほとんどホテル代金を払ったことがない。スイートにしたい時のみ安いレートで予約してスイートアップしている。
来期ももう少しでダイヤ会員を維持できるので、これはこのまま進むであろう。

そしてその次にSPGをプラチナ会員として維持している。
SPGは、なんだかんだ言いながら使いやすい。特にCash&Pointというアワードでの滞在が美味しく、高級ホテルを安く使えることができるのが非常に良いと感じている。
アジアなどに滞在するときは、アワードでもジュニアスイート以上にしてくれるのでプラチナ会員としてのベネフィットは限りなく大きい。

ここに迷いが出てきた。
実は、ヒルトンの存在だ。私はヒルトンは永年のゴールド会員だ。それはそれでメリットもあり昨年はヒルトン大阪の爆裂レートのお陰で13泊もしている。
そしていま、4-6月の間に7滞在(もしくは15泊)するとダイヤステータスになるというプロモーションをしている。
これを知ったのは5月になってからで、残すところ1ヶ月半で7滞在しないといけない。
実はできないことはない。
おまけに勤務先の従業員向けにヒルトン大阪が爆裂レートを出しているのでこれを利用したい。

ヒルトンのダイヤステータスを優先するとSPGがプラチナ維持がしにくくなるのだ。
今期もこれまでどおりの出張生活が続くのであれば問題ないのだが、秋以降が不透明である。
さぁ、どうするかと悩んでいる。

●HYATT
現在はDIAステータス。19滞在24泊。

スクリーンショット 2012-05-13 8.23.06


●SPG
現在はPLTステータス。16滞在17泊。

スクリーンショット 2012-05-13 8.22.37

結論であるが、迷いながらも突き進みそうな気がしている。
つまり、JALはサファイヤを目指すが、これは何とかなりそうなので、続いてのJGPを最後まで追いかけることになろう。ソウル発券の沖縄行も年内に消化しないといけないものがある。こういうものを使いながら何とかJGPまではいきそうな予感がする。
ホテルは、ヒルトンのダイヤを取りに行くのだろう。
SPGは後回しでPLTから落ちをするかもしれないが、HYATTとHILTONで進むのだろう。あわよくば、プラチナにまで行くかもしれない。
そんな感じで突き進んでいきそうな予感がする。

【緊急】恐ろしいANAカードが出た(注意が必要です)

1日に2つも記事をアップすることはないのだが、思わずアップロードします。

ご存知の方も多い、ANAの新しいカードであるソラチカカード。
http://www.ana.co.jp/amc/promo/tomecard_pasmo_jcb/

以前からあるToMeCARDにANAカードがついたものですがなかなかパフォーマンスが高いカードだ。
年会費は2100円で安い。おまけに初年度年会費無料だ。
以前からあるToMeCARDは貯まったメトロポイントは、ANAマイルに交換できましたが、あまりに悪い交換比率でした。
ところがこのカードはなかなか良い。
特に定期区間外の乗車、そして平日より土日祝日であれば爆裂にポイントがつくと言うものだ。
東京メトロではクレジットカードの利用にはかなりの制限があるため地下鉄によく乗る方にはなかなか良いANAカードになります。

しかしこのカードには大きな落とし穴がある
先ほどのリンク先であるANAのHPには書かれていないが、申し込みをクリックしてJCBのHPに行くとその一番下に書いてあるのだ。
http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/ana_tome_tk.html

20120317-4.jpg


●ANA-JCBカードを持っている人に対しては、
ANA JCBカードとの重複保有はできない。
本会員として、ANA To Me CARD PASMO JCBとANA JCBカードを重複して保有することはできず、すでにANA JCBカードにご入会の場合、ANA To Me CARD PASMO JCBの新規入会手続きを行うと、切り替えとなります。

ANA-JCBなら持っている人は極めて多いだろう。
このカードを追加で持とうとすると勝手に切り替わってしまうのだ。
これには大きな注意が必要であろう。

●ANAスーパーフライヤーズカードを持ってる人に対して
ANA To Me CARD PASMO JCBへ入会すると下記の各種サービスはご利用できなくなりますので、ご注意ください。

ANA空港ラウンジや優先チェックイン等の各種スーパーフライヤーズカードのメンバーサービス。

つまりSFCのメリットがなくなってしまうということだ。
現在SFCを持っていて(JCBに限らずすべてのブランド・JCB/VISA/MASTER/AMEX/Diners)このカードを作ってしまうと恐ろしいことになるのだ。
こんな恐ろしい排他的なカードは見たことがない。
近づいてはいけないいけない、絶対いけない。

※正確にJCB以外のSFCも無効となるかはHPの記載だけではわからないが、読むかぎりはそのように読めます。
 おそらくJCB-SFC以外のSFCは大丈夫だとは思うけれど、しかしながらこの表記ではすべてのSFCと読めて
 しまう。
※よく行くブログで知った内容で思わず私も調べました。
※画像はカード会社(JCB)のHPでキャプチャーした内容です。

2月末のステータス進捗状況

すでに3月中旬であるが、2月末段階での、この2ヶ月間の進捗状況のまとめである。
※3月になりだいぶ進捗が進んでいますが、2月26日段階での進捗になります。

■ANA
20レグで18,946 ポイント
正確には、このあと1レグ飛んで21レグ19,906ポイントとなった。

20120226.jpg

■JAL
東京-大阪を2往復したのみの4レグである。
そのため4288ポイントだ。

20120226jal.jpg

今期はどうしようかと今現在も迷っている。
ANAマイルが欲しいのでとりあえずANAで飛んでいるが、5万ポイントでPLTに到達するところまではこのままANAメインで月に1往復ほどJALを入れる程度に飛ぼうと思っている。
ただし、ANAで5万トンで来期PLTが確定した段階でJALにシフトする。
JALで8万ほど飛べば来期JGPになるのでJGPを目指そうと思っている。

いずれにしても1年かかりの長期戦だ。
そしてこのままのワークスタイルが続くのかどうかはまったく持って不明である。
いつまでもこのようなワークスタイルが続くとも思えない。
会社が大阪への転勤を命じるか、担当変えで東京勤務になるか、あるいは私が会社を変わるか、いずれもの可能性が常にありこのままのワークスタイルが続くとも思えない。
飛行機遊びもホテル遊びも長くは続かないのではないだろうかという気がしている。
ただ、続く限りは楽しんで飛行機に乗りたいと思っている。

JAL それ行け秋旅キャンペーン当選!

昨年秋に行っていた、JALの「それ行け秋旅キャンペーン」のD賞があたりました。
この手のキャンペーンは発送を持って当選なので、そろそろかなと思っていましたので
やっと届いた!という感じです。

20120129.jpg

2搭乗ごとに1回分の応募チャンスがあり、期間中40フライトくらいしたので山ほど応募しました。
正確な数は覚えていませんが、20口くらい応募したのではなかったかと記憶しています。
どの賞にどの程度応募したのかは覚えていませんが、航空券やモデルプレーンにも応募していますので、それははずれたのかもしれません。
そしてそのうちのひとつが当たったようです。
1-IMG_0905.jpg

D賞はJALオリジナルカバー付きロディアメモ帳です。
残念ながらカバーは革製ではなく、合成皮革。
JALのロゴだけが特徴でしょうか。
JALのロゴ入りボールペンもセットされています。

ただ私は比較的持ち物にこだわりがある人なので、これを使うことはなさそうです。

今年はどうする?ANAとJAL

昨年は、思いがけずJALもダイヤモンド会員(10万FOP)にまで到達した。
ANAは昨年は前半しか乗っておらず、プラチナ会員(5万PP)である。

今年は今週からまた飛行機乗りが始まるのだが、いまだどちらをメインの乗るかを決めかねている。
これまでどおりのワークスタイルであればおおよそ年間120回ほどは乗るはずだ。
昨年は少し多くて150回近く乗ったのだが、平均的には120-130回であろう。
つまり、ポイント的には毎年平均は13万ポイント程度乗っているという計算である。
これをどう組み合わせて行くかが悩ましい。
いくつかの組み合わせがあるのだ。
以下の5つのパターンがあるのだが、いずれも意味があるのでどのようにすればいいのかが決められない。

●組み合わせ
1.ANA(13万)
2.ANA(10万)+JAL(3万)
3.ANA(5万) +JAL(8万)
4.ANA(3万) +JAL(10万)
5.JAL(13万)

●意味するところ
1.ANAダイヤ優先。ANAのマイルはスター系で使いやすい。JALはJGCへ陥落。
2.ANAダイヤを確保。JALはJGCのみのタイトル(クリスタルは意味なし)。
3.ANAはPLTを確保した上でJALのJGPを目指す。
4.JALダイヤ確保優先。ANAには少しマイルを加えるが、SFCへ陥落(ブロンズは意味なし)。
5.JALダイヤ優先。ANAはSFCへ陥落。

昨年は、上記3の亜流で、ANA(5万)でPLT確定させた上でJAL(5万)を目指しJGCを取ると言うのが目標であった。ところがANA(5万)+JAL(8万)に上方修正し、さらにはANA(5万)+JAL(10万)という組み合わせになった。

悩むには理由があるのだ。
昨年のANAアワードでトルコ航空に乗ったのが迷いの始まりだ。
そのビジネスクラスのシートは、あまりにすばらしいものだったのだ。
フルフラットのシートはストレスゼロなのだ。
10時間以上乗っても疲れはゼロ。ぐっすり寝れるのだ。
アワードでトルコ航空に乗ってトルコをベースに欧州に行きたい。最近そう思うようになったのだ。
そう考えるとANAのマイルが欲しいのだ。
1-DSCF0993.jpg


一方で<ANAのご紹介ねっと>は非常に面倒である。
毎回出張の際の予約はこのHPを経由して行わないといけないのだ。
おまけに予約と発券は同時という制限がある。

ところが<JALのご紹介サイト>は半年に1度エントリーをすればよいだけである。
付け加えて言うならば、JALのほうは、韓国発券やAgentルートなどどこで発券しようがJALに乗る限りボーナスマイルが付くのである。こんなに便利なことはない。

普段の出張生活で、毎回ANAご紹介ねっとのサイトからの予約と同時発券は本当に不便である。
毎週毎週、時には週に2度も出張が入る。

書いている今でもまだ頭が整理できない。優柔不断はしばらく続きそうだ。
当面は、ANA(5万)+JAL(5万)という最低限のところから目指そうかと思っている。
そして最終的には、3のパターンになろうかと想像している。
今週末から入る出張もまだ予約をしていないが、JALとANAを交互に予約を入れていくことにした。
まずは、ANAからはじめようと思い、たった今予約・発券をした。
今年はANAからスタートする。

2011年マイレージサマリーとホテルステイの結果

今年も終わろうとしている。
今期の結果がほぼ確定しましたので報告いたします。

まずはANAのマイレージサマリーだ。
201112232.jpg
今年は、55853プレミアムポイントで終わり、ダイヤモンド会員から来年はプラチナ会員に格下げになる。
今年は後半はJALへ転向しているのでこういう結果となった。
ANAのダイヤモンド会員を捨ててJALのJGCを取りに行ったので、こういう結果である。

●ANA
有償 57レグ
無償 07レグ
PP 55853ポイント
来期は『プラチナ』となりました。

やはりJALへ転向したこともあり昨年獲得した26万マイルの13万マイルほどの獲得となった。
ANAのマイルはスターアライアンスの提携が多いのでやはり便利だと感じており、ある程度のマイルは欲しいと思う。

●JAL
有償 90レグ
無償 02レグ
FOP 100369ポイント
来期は『ダイアモンド』となりました。
2012010101.jpg
また1月1日からは事前JGPとなっている。
2012010102.jpg

JALでの獲得マイル数は13万マイルほどでANAと合わせると26万マイルで昨年と同じになります。
マイルは、毎月平均2万マイルほど獲得している計算になりますので、毎月韓国にいけるほどになるのですが、なかなかそういう風にはならずで残念です。

飛行機は上記のほかに韓国系LCCに乗っており『合計158本』のりました。
来年は今の流れだとJALがメインになろうかと思いますが、ANAのマイルはある程度確保しておきたい。
バランスよく乗っていこうと思っています。

■ホテル
ハイアット 51滞在 65泊 アワード05泊(来期DIA)
SPG   36滞在 37泊 アワード10泊(来期PLT)
ヒルトン  15滞在 18泊(来期GOLD)
その他   19滞在 19泊
ホテルは『合計154泊』でした。

これはSPGとハイアットの画像だ。
20111228.jpg
20111230.jpg


飛行機もホテルもだいたい昨年どおりの結果と言えるでしょう。
自宅で寝るほうがホテルステイより多かったので、ちょっとホッとしています。
趣味とワークスタイルが一致しているので、ご機嫌に飛行機に乗ったりホテルステイを楽しんでいますが
それでも最近はしんどいなぁと思うことがしばしばあります。
いつまで続けられるだろうかと心配にもなります。
来年も楽しく通勤飛行機ライフができればなぁと思います。

ソウル発券のススメ

僕はソウル発券をしている。
ソウル発券はなかなかコストパフォーマンスが良いのだ。
様々なサイトでその方法については紹介されていますが、ここでは私が体験したおそらく最も簡単な方法を
ご案内いたします。

私が利用している<世一旅行社の料金表>などはこのリンク先から見てください。

初心者の場合、予約と発券の違いもわからなかったりします。
そんな難しいことではありませんので、ご心配なく。
ここでは、実際に体験した「ソウル発券」をベースにお話します。
現地の旅行代理店には日本人がいたり、日系の代理店だったり、WEBもメールも日本語ベースで進めることが
できます。非常にスムーズに行きますのでご安心ください。
掲示板やメールにて問い合わせをして進めていけますので非常に簡単です。

●事前学習
海外発券は、現地発の航空券です。
たとえばソウル発券の場合、常にソウルが出発地です。日本→ソウル→日本という形にはできません。

私の場合、これまでANAとJALの航空券を買いました。
往路:ソウル→東京(羽田)
復路:東京(羽田)→ソウル(オープン)

こういう単純往復の航空券もいいでしょうし、羽田を経由して日本の地方に行ったり北米などに行くこともできます。
私は、ソウル→羽田→沖縄→羽田→ソウルという航空券がお気に入りで、今はこの航空券を買っています。
第1区間 金浦→羽田
第2区間 羽田→沖縄
第3区間 沖縄→羽田
第4区間 羽田→金浦
第1区間のみ日程を確定させる必要がありますが、第2区間以降はオープンで発券できます。
ただANAは上記で大丈夫ですが、ただJALは、第2区間まで日程を確定させる必要があります。
ただし、発券後の第2区間の日程変更は自由です。
JAL便でこの予約をして使っており、価格は706,200w+税約200,000wで手数料込みの値段です。
約90万ウォンですから、今のレートですと6万円強でしょうか。
ソウル往復して沖縄に行ってこの価格。
強烈な値段だと思います。

●海外発券のメリット
日本でメジャーの格安航空券というものが海外の場合存在しないので、かなり自由なチケットです。
・1年オープンのノーマルチケットであることが多い。
・いわゆる格安チケットとは異なり予約優先順位も高く、直前の予約、キャンセルもできます。
・マイレージ加算率は70%もしくは100%です。
・予約は1年前から可能。年末年始やGWなども早々と予約できます。
・年間を通して価格変動が少ない。
・ピーク時に使うと安い。

●海外発券のデメリット
現地にまず行く方法を考えないといけません。
・片道航空券を日本で買う。
・安い時期の格安航空券を買い、復路を放棄する(必ずキャンセル連絡を入れてくださいね)
・海路ソウルに行く(関釜フェリー・ビートル)
・マイレージのアワードで行く(片道アワードだと便利です)
このようにまず現地に行く方法が必要です。私の場合はUAのアワードでソウル入りしました。      
常にソウルへ帰る航空券を持っていることになります。このチケットでソウルに帰り、現地でまた発券して日本へ
戻ることになります。常にベースはソウルになります。

●手順1<予約方法>
世一旅行社のウェブサイトをみて、乗りたい便のチケットの値段・席の空きがあるか否かをメールする。
担当の方から回答がをもらう。
この段階で問題なければ、メールにて「氏名(漢字・ローマ字)・便名・パスポート番号・有効期限」などを送り、予約完了。

●手順2<発券>
発券は、発券期限内に行う。
現地に行かなくても可能で、カードあるいは現金で支払い、航空券はメールでE-Ticketで送られてくる。
日本への郵送も可能です。
一時期、FAXやメールではカード情報は受け付けないという時期もありましたが、現在では大丈夫になっています。       
たったこれだけです。空席があるか否かを問い合わせ、あれば予約。後は発券するのみです。
1年に何度も海外にいかれる方やピークシーズンにしか海外にいけない方には非常におすすめの方法です。

韓国系LCC2社に乗って

今年のGWに韓国系LCC2社に乗ってみた。
この日は、羽田からソウル金浦空港に向かった。
最終目的地はチェジュ島だ。
羽田-金浦の航空券はもちろん予約してあるが、その先は予約していない。

金浦に到着するとターミナル間の移動バスに乗りすぐさま国内線ターミナルに向かった。
LCC各社のカウンターが隣接しており、どこの航空会社でも良かったのだが目に付いたEasterJetのカウンターに並んだ。
英語でも良かったのだが、これくらいの韓国語は使えるので、韓国語でおねいさんに話すと
1時間30分先の次の便に空席があるとのことですぐさまその場で予約・決済。
もちろん支払いはクレジットカードだ。
値段はよく覚えていないが、5000円前後であった。
k-DSCF1264.jpg
機材は沖止めである。
LCC各社は金浦を見ている限り沖止めの様子であった。
機内は、3席3席で中央に通路のある座席配列で思っていたほど狭くも無く、普通の飛行機であった。
混んでいるわけでもなく空席が目立った。
快適であった。
k-DSCF1269.jpg
次に復路は、結構大変であった。
天候が良くないため海も大荒れで、もしものためと思い前の日に空港まで行き、復路の予約をしに行ったのだが、
欠航続出のため空港はごった返しており、翌日の空席がまったくないのだ。
長蛇の列に並び、アシアナ航空をはじめいくつもの航空会社にも並んだが、空席ゼロでどこにも行けない。
ソウルに限ったことではなく内地であればどこでも良かったが、それもだめ。
ふと見つけた、T-wayと言う航空会社のカウンターでだめもとで聞いてみると、翌日の朝の便でソウル行きに空席があった。
ホッとしたことを覚えている。
k-DSCF1566.jpg
翌日は早くに空港まで向かったが、昨日のような混乱はなく、スムーズにチェックイン。
この航空券も5000円前後であったことを覚えている。
k-DSCF1573.jpg
韓国には複数のLCCといわれる格安航空会社が乱立しているが、本当に安いと実感する。
競争は、価格の下方圧力を生む。
過当な競争は体力をすり減らすだけで不毛であるが、適度な競争は利用者に利益を生む。
日本もこうあって欲しいものだ。
日本でもLCCがもうすぐ立ち上がる予定だ。
東京-大阪間を5000円程度で平均的な価格で出してくれればありがたい。
いや表現を変えると、5000円程度で利益がでるような体質とオペレーションで会社を作り上げていって欲しいと願っている。

JALとANAの特典の取りやすさ

私は長年のANAフライヤーである。
といってもここ3年ほどだ。
現在はJALにも乗るようになって半年と言ったところだ。
ANAはダイヤモンド会員、JALはサファイヤ会員だ。
JALは乗るようになって半年とはいえANAより優れているのは特典の取りやすさではないかと感じている。
8月に一度特典を取っているのだが、そのときに感じた。
ANAでは皆目出て来ない空席がJALでは出て来るのだ。
気になる日韓路線について少し調べてみた。

これは10月の後半のJALの空席だ。
10/21の金曜の出発は難しいがそれ以外は日曜日戻りも可能な状況だ。
これで必要なマイル数は13500マイル。


一方ANAの空席についてはこれだ。
101006.jpg
まずほとんどソウルにANAで行くことができない。
そして日曜日ばかりではなく月曜日でさえ、いや当分戻ってくることができない。
ダイヤモンド会員の私でさえこのありさまなので、一般会員は絶望的ではないだろうか。
ただ注意点もある。
これはスターアライアンス特典のアシアナ航空やユナイテッド航空などを使えば取れるかもしれない。
そう思って調べてみるとユナイテッド航空便などで空席が抑えることができた。
ただし提携便になるので2万マイルが必要となる。

取りやすいJAL。
取りにくいANA。
これが実態である。

トルコ航空ビジネスクラス アメニティ

これは今年の7月にトルコ航空ビジネスクラスに乗ったときのアメニティだ。
イスタンブール-成田の路線は、フルフラットシートで快適だと言うのは以前報告してあるが(記事はここ)、今回はアメニティーについて報告したい。
k-20111021.jpg

このフライトのすごいところは、Y席もC席もアメニティーがあることだ。
機内に乗り込むときにひとりひとりアメニティーを渡される。
私ももらったのだが、その後ビジネスクラスに行くと、取り上げられた。
乗り込むときのアメニティーはエコノミークラスのアメニティーらしい。
ビジネスクラスには別途別のモノを座席についたら渡された。
ポーチもいいモノであるが、中味はさらによい。
それはエルメスを使っていることだ。
エルメスのボディーローション、オードトワレ、ハンドクリーム。
それにコルゲートの歯磨き粉、歯ブラシ、靴下、耳栓、靴べら、ヘアブラシ、そしてアイマスクと完璧な内容である。

ただ正直なところ、エルメスは好きではない。
においが強すぎるのだ。
ロクシタンを使ってくれれば言うことはない。
ちなみに機内のトレイではロクシタンを使っていたので、エコノミークラスのポーチにはロクシタンを使っているのではないかと思っている。

エアカナダ3万マイル到達

エアカナダのアエロプランが、ついに3万マイルに到達した!
さぁ、これでアジア内ぐるぐるができる。
どこに行こうか思案中。
1005.jpg

それにしてもうれしいなぁ。
最大10レグ刻めるので、目的地なしでぐるぐるの極みをしてみたいです。
3万マイルビジネスクラスで飛べるところは、「日本・中国・韓国・香港・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム」。
そしてストップオーバーできないことと同じ都市には戻れないこと。
このルールを上手に使ってできるだけたくさん飛んでみたい。

アエロプラン育成中

エアカナダ(AC)のアエロプランが育ってきた。
写真は、現在27500マイルの画像である。
現在は、あとハイアットから2500マイルとヒルトンホテルから500マイルの加算待ちである。
3万マイルにはここ数日に間に到達することであろう。
※ヒルトンのダブルディップの500マイルは、今回は余分であった。ANA/JALにつけておけばよかった。

100220.jpg

これが最近の明細である。
ハイアットから1泊あたり500マイルと5倍マイルキャンペーンの2000マイル(合計2500マイル)が加算されていることがわかるであろう。
また死蔵していたPCRの20000ポイントをACへ移行した。
ACに移行すると4000マイルになる。
これはあっという間に加算された。
現在はWEBではできないようで、PCRのカスタマーセンターへの電話することになるのだが、中1日でACへ加算された。
電話で話した際には3週間程度かかると聞いていたが3日ほどで加算されているスピード感には驚いた。
これでPCRとはきれいさっぱり別れることになった。
100221.jpg

さぁ、3万マイルになったらアジアぐるぐるの旅にでたいと思っている。
目的地なんてない。
ぐるぐる廻れればそれでいい。
楽しみだ。

JALサファイア到達

昨日(10/9)のフライトでJALサファイア基準に到達しました。
昨日の段階で49144FOP(47回)まで来ている。
10101.jpg

10/8に羽田-岡山を特便割引で搭乗し、これが1040(267×2×1.2+400)FOP。
これが加算され49144FOPとなり残すところ856FOPとなった。
復路は伊丹-羽田となり、この残数字であれば特便割引で大丈夫なようだ。
特便割引(クラスJ)は、210×2×1.1×1.2+400で954FOP。計算上は、到達する。
岡山大阪出張の復路は、時間が読めないため予約していなかったのだが、安全な時間帯での予約を前日夜に入れた。
この特便割引は、安い価格で出ていてなかなか良いのだが、仕事で使う分には変更が効かないため使いにくい。
ただ今回のような、岡山in伊丹outのような場合は、片道普通運賃では高すぎるのでさすがに躊躇する。
片道発券は特便割引を使わざるを得ないのだが、時間の読めない仕事では使いにくいのが実情だ。
本日は15時から梅田で仕事があり17時には終わると思われるが、安全策のために17時30分のフライトの予約と発券をした。
サファイヤには、48本のフライトでの到達となる。
そのうちの42本が羽田-伊丹路線である。
伊丹-但馬2往復のような修行もしたが、仕事でのフライトがほとんどである。
出張生活丸3年間でSFCとJGCを得たことが飛行機旅行を趣味としている身にはうれしいものだ。

さてこの先のことについて。
ANAに戻るかJALに突っ込むかをずいぶん悩んできたが、年内はJALに突っ込むことにした。
どうせならJGPを目指したい。
仕事フライトのみでは多少足りないので、沖縄に行ったり週2往復の大阪出張にしたりして到達しようと考えている。
JGCカードへの切り替えもしなくてはならない。
現在のJAL-JCBは、どうも使いにくい。与信枠が低すぎて仕事で使うには無理がある。
メインにするつもりはなかったので、Club-AゴールドではなくClub-Aカードにしていたが、高い年会費のゴールドにすることも含めて考えなくてはならないようだ。
どうせなら新しい券面に変わったJGCカードにしたいと思っている。
どのカードにするかも楽しみだ。

10111.jpg
今朝ほどHPを確認してみると、無事5万ポイントを超えていました。
ひと安心しました。

※追記
JALへ本日電話しました。
今回はJAL-JCB‐Goldにすることにしました。
またJGCの券面も新デザインとのことでしたのでJGCカードの切り替えのお願いをしました。

来期メインエアラインはどっちにする?

9月が終わりましたので現在の状況を確認しました。

●ANA 有償57レグ 55,853ポイント(来期プラチナ確定)
●JAL 有償44レグ 45,623ポイント(来期サファイアまで4レグ)

○UA  12764マイル(目標ラインに到達、ソウル発券用に使います)
○AC  27500マイル(30000マイルまで育成中)

JALがようやく5万ポイントに到達しそうです。
5万ポイントに到達後、そのままJALに乗り続けると仕事フライトで22本(23584ポイント)乗ることになると思われるので73000ポイント強になります。
JALには8万ポイントでプレミアという会員になれるのでその差は7000ポイント。
5万ポイントを越えた後のJALをどうするかということと来期のメインエアラインをANAかJALのどちらにしようかと迷っている。

問題は
①今期はANA/JALをどうするかということ。
②来期のメインはANA/JALのどっちにするか。

このままJALに乗ってJGC-Premirer(JGP)まで目指すかそれともANAに戻るかで悩んでいます。
JALにこのまま乗り続けるとJGPまで近いところに行くので少しがんばればミニダイヤにはなります。
JALに乗っていていいなと思うのは、特典がとり易いということです。
JALに乗るようになってまだ少ししか経っていませんがすでに実感しています。

ライフスタイル的にやはりANAが合っている気がすることとANAのまとまったマイルが欲しいと言うことが思いの中にあります。
10月から年内をANAで飛んでも今期はPLTで終わります。
今現在は、結論の出ないままどうしようかとウジウジ悩み中というところです。

ブログとホームページとタイトル変更

路地裏‐別館‐ という名前でこのブログがスタートした。

私にはソウル路地裏日記と言う2002年9月からはじめたホームページがあるのだが、コンテンツの更新がなかなか面倒で、最近はあまりメインテナンスをしていない。
掲示板だけは、今でもかなりのヒットがあり来場者も実はものすごく多い。
毎日200人前後の方が来訪している掲示板でもある。
熱心に発信してくれる昔からのファンも多く有意義で新鮮な情報も多い。

ものぐさでもあり、あわせて出張生活者となりPCが身近に無いことなどもあり、ブログは、気になりつつも手を出さなかった。
継続することが難しいのである。
そんな中、手を出してみた。
3ヶ月ほど作ってきたが、続けられそうでもあり難しそうでもある。
書きたいことが続く限りは続けていきたいと思っている。
現在は毎日更新しているが、毎日更新にこだわっているわけではない。
高頻度で無くてもよいので続けていければと思っている。

さてブログのタイトルの件だが、路地裏‐別館‐と言うのは、仮の名前であった。
あくまで本家の別館扱いであったが、もうそろそろきちんとした名前を付けてもいい頃だと思う。
マイレージ関連が多いため、路地裏‐マイレージライフ‐と言うことにした。
マイレージマイライフと言う生活を送っているのでマイレージマイライフというのも浮かんだが、映画のタイトルと同じだということとジョージ・クルーニーのように颯爽としたビジネスマンではないので、ちょっとばかり躊躇した。
本家HPはソウル関連のコンテンツを中心としていることとこちらでは出張生活の中でのマイレージ・ホテル関連が中心である。
同じ路地裏ではあるが、微妙に使い分けをしている。
路地裏‐マイレージライフ‐という新しいタイトルにしたことを報告しておこう。
これからもよろしくお願いしたい。

エアカナダアエロプランを育成中

実は今、エアカナダ(AC)のアエロプランを育成しているところだ。
現在は、写真のとおり12500マイルまで来ている。
その後の滞在もあったりして、正しくは20000マイルまで到達した。
aeroplan.jpg

私のメインはANAでありサブでUA、そして最近はJALに乗っているのだが、8月よりACを育成中だ。
ハイアットホテルに泊まると通常はホテルポイントになるのだが、エアラインマイルを選択することもできる。
ホテルポイントであれば、通常の私であれば800ポイント前後が貯まる。
エアラインマイルを選択すると1滞在500マイルになる。
これが7-9月の期間限定で1滞在2500マイルになるのだ。
実に5倍だ。
最大10滞在25000マイルまでが加算できる。

最初はマイルがこれ以上分散しても仕方がないと思っていたのだが、アジア内エコノミークラスに必要な20000マイルには8滞在で良い。
アジア内ビジネスクラス3万マイルで飛べることを考えれば、またとないチャンスと言える。
このキャンペーンでは25000マイルまでしかたまらないが、残りは買うなりホテルステイで貯めるなりなんとかなるだろう。
3万マイルビジネスクラスで飛べるところは、「日本・中国・韓国・香港・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム」。
最大10レグが刻める。そしてストップオーバーできないことと同じ都市には戻れないこと。
すで8滞在で20000マイルになる。
あと2滞在できるので、25000マイルにはなる。
ちょっと楽しみである。

ハイアットのスタッフに聞いてみるとやはりAC加算が非常に多いようだ。
どうしてなのだろうかと思っていたようで、からくりを話すと妙に納得していた。

ユナイテッド航空の思い出

私のUA時代はまさに修行でした。
今とはまったく違って100%自腹修行でした。
1P(プレミアエグゼクティブ/ANA-PLT相当)に到達するために北米2回にアジア3回を毎年ノルマにしていました。
聖地マイアミ詣もしたしIT券やPEX券で無駄に北米をぐるぐるできました。
今では楽しい思い出です。

それにしてもUAはおいしかった。
3万円のY席のIT券でNYに行けば、C席のBKKが付いてきました。
(当時直行便は13500マイルですが、経由便にして15000になるようにすれば、100%ボーナスで合計3万マイル。MPMの25%増しと言う時代もありました。)
6万マイルボーナスキャンペンもおいしかったなぁ。
ソウルに有償C席で1回行くとC席BKK2回分のアワードになりました。
(国際線1往復(予約クラスC)すると6万マイルのボーナスが付いた)
NRT-HKG-SGNもC席3万マイルで飛べたのも楽しい思い出です。
NRT-BKK//SIN-NRTなんていうOJで発券してエアアジアで繋いでみたり、マレー鉄道乗ってみたり、マイル遊びの楽しさを教えてくれたUAは、いつまでたっても楽しいマイル遊びのできるUAであって欲しいなぁ。

ユナイテッド航空マイレージプラス改悪のうわさ

ユナイテッド航空のマイレージプラスの改悪のうわさがかなり流れています。
私は今こそANA(最近はJALも)で飛んでいますが、もともとマイル遊びはUAで覚えました。UAから転向してきたのでANAだったんです。

スターゴールドのステイタス(Premier Gold)には5万MPM飛ぶだけでよかったのに、これに使う金額が重なるようです。
どうなるのかはこれから明確になるのだと思いますが、使う金額でステイタスとはなかなかシビアだなぁ。
一応噂ですけど改悪は以下の通り。

●5万MPMを飛びかつ4000ドルを使いかつUAで4フライト
●あるいは60フライトかつ4000ドルを使いかつUAで4フライト
●あるいは1万ドルかつUAで4フライト

またエリートボーナスの変更は
●100%ボーナスマイルが50%へ変更
●UGの確定が72時間前から48時間前に変更

これだと多くのUA系の上級会員は逃げ出すと思います。
行き先はACかANAでしょうねぇ。

スターアライアンスとBOSSゼロの頂点とのコラボレーション

スターアライアンスとサントリーBOSSの新製品「ゼロの頂点」とのコラボレーションが始まりました。
素敵なおまけがついています。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/zero/index.html
0816.jpg

1本に1個ついていて18種類。
2缶用であれば6種類。

缶コーヒーは微糖系を毎日1本は飲んでいるので、いくつか買うだろうなぁと思っていましたが
本日すでに4本買ってしまいました。
飲んだのは2本。
残りは会社で友人にあげてしまいました。

それにしてもどこまで買ってしまうのか恐ろしい。

エアカナダ/アエロプランに加入

エアカナダのマイレージプログラムアエロプランに加入した。

現在はANA/JALをメインにしている。
UAにも9000マイルほど残っているのでヒルトンのダブルディップで1滞在500マイルほど加算されるようにしており、12500マイルの国際線片道特典が取れるほどにはしておこうとしている。
貯まれば、ソウルに片道発券で行ってくる。
マイルが分散するのが嫌なのでこれ以上手を出すことは考えていなかったのだが、アエロプランがどうしても気になっていた。
背景にあるのは、7-9月の期間中ハイアット1ステイごとに2500マイルほどもらえると言うキャンペーンをしていることだ。
上限は10滞在25000マイルまでだ。
もし10滞在をハイアットのゴールドパスポートに加算していたとすると約800P×10滞在=8000Pと言うことになる。
ホテルポイントは結構貴重で、海外でのホテルステイにはポイントでのアワードをとることが多い。
ただこの期間はおいしいキャンペーンがないこともあり、この10滞在はアエロプランにつけることにした。
そして後日、SPGから5000ポイントほどトランスファーすれば3万マイルになる。

アエロプランの良いところは、アワードまでが近いことであろう。
特にアジア内ビジネスクラスは3万マイルで獲得することができるので、これが人気の理由である。
スターアライアンス系のフライトを自由に組み合わせてアジアをぐるぐるできることが魅力的だ。

ハイアットのラウンジスタッフに聞いてみると、今はポイントをACにつけている人が非常に多いとのことであった。やはり考えることはみな同じようだ。

0807.jpg

このチャートのアジア1というのが3万マイルになる。
アジア2になると6万マイル相当なので決しておいしくはない。
このマイルを使っていくところは、アジア1のところである。
アエロプランには詳しい人も多いので、先輩達の経験を元にいろいろ発券してみようと思う。

【マイレージ】現在のステータス状況

少し現在の航空会社とホテル会員のステータスのまとめをしておこう。

●航空会社
・ANA 51,917 PP  55レグ(現在ダイヤ 来期プラチナ確定修行終了)
・JAL  21,605 FOP 22レグ(現在サファイヤ 来期サファイヤ修行中)

●ホテル
・Hyatt 30滞在33泊(現在ダイヤ  来期ダイヤ確定修行終了)
・SPG  26滞在26泊(現在プラチナ 来期プラチナ確定修行終了)
・HH    5滞在06泊(現在ゴールド 非修行)

航空会社は、ANAからJALへの転向中であり今期はサファイアを確定させた上でJGC-プレミア(JGP)まで目指している。6万ポイントには到達予測なので残りの2万ほどをどうするかはやがて考えなくてはならない。
ANAは、若干増えそうだが、それでも6万ポイントまでであろう。ダイヤ会員レベルまでは到達するとは思えず、中途半端にはこれ以上は必要ないであろう。

ホテルは、メインであるHyattとSPGの来期の会員ランクが最上級で確定したため、あとはこだわりなくホテル選択ができることになった。そんなこともありヒルトンで爆裂法人レートが出ていることもありちょくちょく利用しているが、普段の出張では使えないほどヒルトン大阪は高いため、特に修行しているわけではない。
ゴールド会員で十分なベネフィットがあるため、ヒルトンはダイヤにならなくても問題はない。

これは、SPGのアカウントだ。
通算137滞在125泊。結構泊まってきたものだと思う。

【マイレージ】JALカードは貯まる貯まる

JAL‐JCB(club-A+ショッピングアルファ)を使い始めてまだ2ヶ月くらいなのですが、JALカードって結構貯まりますね。
7月10日付けで8866マイルも加算されており、明細をしらべて見ると、ほとんどダブルマイルになっているんですね。
引き落とし額は286,435円。これで8866マイルですから驚きです。
利用シーンは、仕事用でJAL・ホテル・レストランと言ったところですが、想像以上に貯まるので驚いています。
感覚的にANA-Visaだとまずは3000マイルって言う感じです。その後ANA便のインターネットチケット分で312×3-4回で1000マイル追加と言う感じでしょうから、やはりANAカードより2倍貯まる感じがします。

sappire_convert_20110720081646.jpg


※ちなみに、、。
ANA-VISAの6月15日加算分は、5960マイル(621,807円)です。これにフライト分のインターネットチケット分の312×4回=1000マイルが1-2ヶ月して加算されても7000マイル。

ANAカードとJALカードとだいぶ違うような気がします。