マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott(マリオット) / SPG ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【ワインのある暮らし】シャトー・レオヴィル・ラスカーズ

しばらくワインの冒険はしていなかったのですが、久しぶりに買いました。
だんだん暑くなってくると重たい赤ワインは敬遠しがちなのですが、シャンパーニュを買うついでに買いました。

今回は「シャトー・レオヴィル・ラスカーズ」です。格付け2級のボルドーを代表する定評のあるワインです。同格だとシャトーコスデストゥーネルあたりと双璧になるのでしょうか。

ちょっと安い価格で出ていました。
2013年ヴィンテージはボルドーでは比較的安く出ているので狙いどころだと思いますが、私が買うのは苦労したヴィンテージの少し安めに買えるモノというのが多いかなぁ。だからボルドーだと2013年というのが比較的多いように思います。


IMG_3265.jpeg


ちょっと安めで出ていたこともあり今回は2本買いです。
近いうちに1本開けて、気に入ればもう1本は取っておいてホールド、気に入らなければ残りはすぐに飲んじゃう、そんな作戦ですけれど、安かったとは言え、気楽に開けれるような値段ではないのでしばらく飲めないだろうなぁ。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【ワインのある暮らし】東洋美人は美味しいね

滅多にいかない近くの酒屋に久しぶりに顔出しました。
「お酒見せてね」と声かけて何があるかなとじっくり見ていて花陽浴はやっぱりおいてないなぁとわかってはいてもちょっとばっかりがっかり感。

暇な時間帯なのか、色々と説明をしてくれました。
気になるお酒はあるものの、欲しいお酒はなく出ようかなとしたときに「東洋美人」を発見。それも極小の1合瓶です。1合瓶でなぜ出してきたのかの説明をいただきましたが、私が知っている話とはちょっと違うけどなと思いながらも話を聞いていました。

東洋美人は山口県の萩のお酒です。
フルーティーで芳醇な香りだけどすっきりとした後味。柔らかな口当たりと辛みとそして酸味のバランスの良い飲みやすいお酒です。


IMG_2674.jpeg


郷里のお酒でもあり2本買って帰りました。
久しぶりの飲む東洋美人は、とてもおいしいものでした。
1にも2にも花陽浴ファンでしたが、滅多に買えないんですもの、代わりを探さなくちゃ。その点、東洋美人はいいかもしれません。花陽浴ほどの芳醇さはないものの大いに気に入りました。常備しておこうかなというお酒になりそうです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】花陽浴がやっと買えた!

大好きな花陽浴(はなあび)をやっと買うことができました。
埼玉県羽生市の南陽醸造へ今シーズン3回目の訪問にして初めてです。これはもう完全に運とかタイミングの問題なのですが、3回目にしてやっと運に恵まれました。

この日は、マイクロツーリズムという名の埼玉ぐるり旅に出ました。
花陽浴を買いに行ったわけではなく、埼玉ぐるり旅に出たのです。
まずは高崎線熊谷駅を目指しました。そこから秩父鉄道に乗り換えて新郷駅が近くなった時にどうしても素通りできなくなって下車。そう、この駅の近くに花陽浴を造っている南陽醸造があるんです。せっかくここまできていて素通りすることなんてできません。小さな駅を降りて酒蔵を目指します。歩いて7分くらいだと思います。
果たして置いてあるか、、、とお店に入ると、なんと冷蔵ケースの中に10本前後ありました。残念ながら4合瓶は置いてなくて1升瓶のみです。1升瓶なんて飲めないし、一瞬どうしようか躊躇しましたが買うことにしました。ここまで来て、やっと目にすることができて買わないなんてことは考えられない。


IMG_2688.jpeg


今シーズン、やっと今頃になって手に入れることができた花陽浴、とってもうれしいです。

今回入手できたのは、2020年4月の製造の『花陽浴 純米大吟醸無濾過生原酒 五百万石』です。 
花陽浴はいくつか種類がありますが、どれに当たるか全く予想がつきません。この五百万石という酒米の花陽浴をこれまで手にしたことはなかったと思います。味は飲む前ですからもちろんわかりませんが、花陽浴特有のフルーティで醇香豊かな味わいだと思います。正直なところ、私には種類の違う花陽浴をいくつか並べてみても区別がつかないと思います。だってどれも美味しすぎるんですもの。


IMG_27040.jpg


どうしてこんなに花陽浴に惹かれるのかわかりません。
私はお酒は弱いので、花陽浴といえど1合飲めば確実に潰れます。適量は小さなグラス(おちょこ)で2杯。それなのにこの花陽浴は飲みたいんですよね。1度封を切ると確実に味が変わっていきます。甘さが増し酸味が増していきます。数日で飲み切らないと味が変わっていきますので開けるときは相当な覚悟がいるお酒でもあります。なお、私は2日目の味が好きです。それはもう濃厚なパイナップルジュースを飲んでいるような味わいなんです。

さぁて覚悟決めなくちゃ。
と、書いていたところにもう1本加わりました。
4合瓶の『花陽浴 純米吟醸無濾過生原酒 備前雄町』です。


IMG_27222.jpg


こうして2本も花陽浴が並ぶと圧巻です。
大小合わせて2本も在庫を持つときなんてありませんでしたしこんなシアワセが押し寄せるなんて思いもしませんでした。
いやぁ、まだ飲んでないというのに花陽浴があるというだけで、ただいまシアワセ満喫中です。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】残念なワインブレンドパレットの終了

マンズワインが提供していたワインをアッサンブラージュできるワインブレンドパレットが3月末にてサービスの終了となってしまいました。かなり残念です。

そんなこともあり、2本ほど作っておきました。
もうちょっと作っておけばよかったかなぁ。

左側のワインは、、。
使用キュヴェ: シラー/フランス 20% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン/フランス 20% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン 樽熟成/フランス 25% 、 メルロー/チリ 35%

右側のワインは、、。
使用キュヴェ: シラー/フランス 20% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン/フランス 20% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン 樽熟成/フランス 20% 、 メルロー/チリ 40%


IMG_2475.jpeg


いずれもボルドーをイメージしながら重すぎず軽すぎず、比較的フレッシュな味わいにしようと思いながら作りました。
メルローの比重をほんの少しだけ変えただけなのでこの二つはほぼ同じ感じですね。
年に1度くらいしか作りませんでしたが、アッサンブラージュするのはとても楽しいものですし、オリジナルなワインに仕上がるのでよろこびも感じます。昨年作ったものは同僚の退職に際して創ってお贈りしました。そんな作り方もできるのでこのワインブレンドパレットのサービスがなくなってしまうのはとでも残念です。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】戴き物のドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ブートナック

なんとも長い名称ですね。
ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ブートナック。
長いお付き合いのある友人にいただいたものです。こういう気持ちがうれしいです。

初めてのワインですが、どんな味わいなんだろう。調べてみると、南仏の代表的なブドウ品種カリニャン、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルの4品種をブレンドして造られているようです。
カリニャンは絹のようにきめ細やかなタンニン、シラーはしっかりとしたコクをワインに与えてくれる品種。濃い赤紫の色合い。柔らかな口当たりで、ブドウの旨みが余韻に心地よく広がり、大変バランスが良く、素直に美味しいと思える味わいだそうで、とても期待が持てそうです。





ワインは、ちょこちょこ買って貯蔵しているというか適度に飲んでいますけれど、飲む量より買う量の方が多いので今は備蓄状態です。このとっておきのワインはいつ開けようかなと思案中です。
気持ちのこもったものなので大事にしてとっておきの時に開けたいなと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【ワインのある暮らし】もうプピーユばかりです

ここ何年か、いろいろなワインを買ってきました。
どれぐらい買ったのかはわかりませんがいつも安いボルドーを選んでいます。当たり外れについてはだいたい答えは出てきていて、2000円以下ではなかなか美味しいボルドー には出会いにくく3000円までであればいくつかある。という感じです。

そしてこの夏に出会ったプピーユ、これがまた美味しいんです。
私はいつも通販で買いますがおおよそ3500円くらいです。以前阪急百貨店でみた時は5000円ちょっとでしたので店頭価格はそれぐらいでしょうか。
このプピーユに出会ってからは、新しいボルドー銘柄へのチャレンジ意欲が衰えてきました。デイリーワインにするにはちょっと高いのですが、この価格でこの味はなかなかないんです。安いワインはたくさん飲んできましたがプピーユと出会ってからは、もうプピーユひと筋です。



IMG_1061.jpg


今回は大人買いの6本。
いつもは送料が無料になるように3本買うのですが、今回はまとめて6本買いました。
お世話になっている人へのおつかいものにするということもあります。お使い物にするのはちょっと安いワインで恐縮なのですが、値段以上に美味しいワインなので喜んでくれるのではないかなと思っています。

ワインのある暮らしっていいものですね。
佳いグラスを出してきて、美味しいワインを飲むのは幸せを感じる瞬間です。
決してお酒に強いわけではないので飲むのはちょこっとですが、ちょこっとちょこっとを毎日飲んでいます。
お気に入りのワインに出会えてシアワセ満喫中です。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】花陽浴を求めて

久しぶりに『花陽浴(はなあび)』が欲しくなりました。

もともとお酒は弱いですし日本酒は決して得意ではないのですが、花陽浴だけは別です。
濃厚なパナップルジュースのようなその味わいは日本酒の常識とは異なる味わいです。すっきり辛口とは対極にある味わいでこれを日本酒というカテゴリーに分類するのかとさえ思います。

酒屋さんで買えばいいのですが、取り扱いするお店も少なく、そして売っていないことも多く、あってもプレミアム価格だったり他の日本酒との抱き合わせ販売だったりしてちょっと敷居が高いんですよね。そんなこともあり今回は蔵元まで買いに行きました。


南陽醸造。
埼玉県の北部にある羽生市は群馬県との県境になります。その県境にある酒蔵は、決して立派なものではありませんでした。どちらかというと質素な酒蔵で儲かっているような風情ではありませんでした。

お店の小さな冷蔵ケースは空っぽでした。
時期が悪いようで残念なことに売ってはいませんでした。聞いてみるとここ最近は売っていなくて晩秋以降に出てくると思うということでした。小さな酒蔵ですし仕方がありません。詳しい日程はさすがにわからないとのことでまた訪れてみないことにはわかりません。


IMG_0355.jpeg


それにしても酒蔵は遠かったです。行って帰って半日がかりの小旅行でした。
生産量も少ないですし花陽浴を手に入れるのは一筋縄にはいかないですね。
寒くなったらまた訪れてみようと思います。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】プピーユは美味しすぎる

今回の仕入れはプピーユです。
先般仕入れたシャトープピーユがとても美味しかったのでファーストで評判の良いプピーユを仕入れてみました。調べてみると自然な栽培方法を求めて実践したり、樽熟成中に澱とワインが均一に接触するための回転式樽ラックの導入をしたり、無農薬であったり、メルロ−100%だったり、ワイン作りにいろいろなこだわりがあるようです。

価格は3500円程です。

【ワインのある暮らし】シャトープピーユ


IMG_0084.jpeg


開けました。
これがメルロ−100%の世界観なのだろうか。このワイン、極めておいしいです。
フレッシュだけど深い。タンニンの渋さは溶け込んでいて口当たりを邪魔しない。口の中に広がったワインも飲み込むとスパッと消えていき余韻を残さないのは不思議な感じがします。

おいしいと聞いていましたが、その通りでした。
リーズナブルでとてもおいしいワインに出会いました。期待以上、値段以上の味わいでした。とても3500円ほどのワインとは思えませんね。

そしてその後、このプピーユばかり飲んでいます。ただデイリーワインにするには心持ち高いので、2000円前後のシャトーモンペラと混ぜて買っています。モンペラも値段以上の味でとても美味しいのですが、プピーユには敵いませんね。

いやぁ、それにしても美味しいワインと出会いました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー・ランシュ・ムーサ

ワインの仕入れ中です。
今回仕入れたのはシャトー ランシュ ムーサです。

いつものボルドーワインですが、メドック格付け第5級の老舗シャトーです。名前は知っていましたがこれまで仕入れたことがありませんでした。5000−8000円くらいのワインだと思うのですが値段的に中途半端なんですよね。そんなこともあり気になってはいたものの飲んだことがないままでした。デイリーワインにするには高すぎる。かと言って特別なときに開けるというほどでもない。なかなか難しい価格帯です。今回は5500円でしたので価格的にもボトムラインなので買ってみました。


IMG_9859.jpeg


味わい的には口当たりは非常に柔らかく、甘やかな果実の旨味が凝縮された印象。
カベルネが主体であるため、クラシカルなボルドースタイルのワインと言われています。
骨格がしっかりしているため味わい深く、複雑性のある香りを持ちます。タンニンはワインによく溶け込んでいてエッジがたってはいません。価格も比較的安く美味しいワインでした。

とても美味しいワインですね。
また買いたいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】コルクコレクション

ここ数年、ワインのコルクは捨てないで取ってあります。
ガラスの瓶に入れているのですが、いったいどれぐらいあるのか数えてみるとなんと89本でした。

たぶん2年くらいだと思うのですが、ずいぶんと飲んだんだなと実感します。
たいして高いワインを飲んでいるわけではなくて2000円前後のワインが多いのですが、それでも時折ちょっと高めのワインを飲んだりもします。ごくたまにですけどね。





これまで安くて美味しいワインをさがしていろいろチャレンジしてきましたけれど、わかったことは2000円前後だとなかなかアタリと思えるワインは少なかったなぁということ、3000円代のワインになると美味しい確率が上がるなということ、です。

そんなこともあり2000円クラスで買うワインはシャトーモンペラくらいになりました。
3500円クラスのプピーユも極めて美味しいので飲むことが増えました。プピーユに関しては記事にしているのですが掲載されるのはちょっと後になります。5000円クラスはハズレがとても少なくなりますが、デイリーワインにするにはちょっと高いのが悩ましいところです。

美味しいワインを求めて試行錯誤することはこれからも続くと思いますが、美味しいワインとの出会いはなんとも言えない幸せな気分にしてくれます。これからも美味しいワインと出会えますように。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】ふたたびのシャトー・コス・デストゥルネル

今回の仕入れはシャトー・コス・デストゥルネルです。
先般、1992年ヴィンテージの記事を書きましたが、今回は比較的リーズナブルに出ている2014年のヴィンテージです。
リーズナブルと言っても結構な値段がします。

【ワインのある暮らし】シャトー・コス・デストゥルネル





新たに買ったのには理由があります。
92年ヴィンテージのものは私には開けることができないなと思ったので、それはお遣い物にすることにしたからです。せっかくのコスを開けれないのはあまりに残念なので、リーズナブルなコスを新たに書い直したということです。

本当はオーパスワンを大人買いしようと思っていたのですが、それもつまらないなと思うようにもなりボルドーでも1級でなければリーズナブルなものはまだまだありますし、いろいろ探してみるかなと思うに至りました。

今回のコス。
まだ開けてはいませんが、近日飲んでやるー。待ってろよ、コス(笑)


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー・デュアール・ミロン

今回の仕入れは、シャトー・デュアール・ミロン です。

メドック格付け4級のワインです。
格付け第1級シャトー・ラフィット・ロートシルトが所有するもう1つのシャトーだそうです。
古くからのシャトーのようですが栄枯盛衰、品質を大きく落とした時期もあったようで、1962年からロートシルトに経営が変わり、40年かけて復活したようです。現在ではメドックの格付けにふさわしい、いえ格付け以上のシャトーとして見事に復権を果たしているのではないだろうかという評価をされているようです。


IMG_9860.jpeg


まぁ、こんな物語もワイン探しには楽しいですね。

価格帯は10000円〜15000円のレンジで買えます。今回は11000円ほどで購入。1万円もするワインだと以前はちょっと迷っていたのですが、最近は多少感覚がが麻痺してきました。こんなことではいけませんね。安くて美味しいワインを探さなくちゃ。

バランスの良いエレガントな味わいという評価のようなので、これも飲むのが楽しみです。
ただ少し寝かしたいかな。私なりの味の評価はこれからずっと先になりそうです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー・キルヴァン

今回の仕入れはシャトー・キルヴァンです。
知らない銘柄でしたが、メドック格付3級のトップにランクされるワインです。
マルゴー地区に位置して歴史は古く、12世紀まで遡ることができるほどです。1855年の格付けの際には、3級シャトーの中でもトップの評価を得ていました。
しかし、その後、シャトーはボルドー市に寄付された時期があり、この頃の評判は芳しいものではありませんでした。一時は「5級並み」という低評価を受けたこともあったそうですが、1925年、オーナーが代わり低迷期を抜け出しました。
さらに、1991年からは著名な醸造家ミシェル・ロランをコンサルタントとして迎え、急速にワインの質は向上してきています。果実味たっぷりで、華やかなワインとのことで飲むのが楽しみなワインでもあります。

ワインにはそれぞれの歴史もあってそんな歴史を感じることができるのがいいですね。


IMG_0085.jpeg


5000円ほどで仕入れたワインです。
どんな味がするんだろう。

※追記
飲んでみました。
これアタリです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー ラスコンブ

今回の仕入れは、シャトー ラスコンブ です。
マルゴーが生み出す2級の格付けのワインです。
名前だけは知っていましたが、あまり魅力的には思っていなかったのになんでこれを選んだのか、ちょっと覚えていないんですよね。気がついたら買っていたワインです。

IMG_9862.jpeg



「甘やかな果実味に良質なタンニン、濃縮感がある造り。後味には複雑さが感じられ、綺麗な果実味を伴う長い余韻が楽しめます。とても洗練されたモダンで華のあるワイン」ということなので、ちょっと楽しみですが少し熟成したほうがいいのかなという気もするのでしばらく寝かすことになるかもしれません。
近年評価を上げているようで(それ以前が良くなかった)、やはりオーナーが替わり投資をしたり品質を上げる努力をするようになったことが良い方向へと結果を出しているようです。


価格はちょっと高くて10000−15000円のレンジにあるワインです。
しばらく飲む機会がなさそうなので味を体験するのはまだまだ先になりそうです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー ラフォン ロシェ

今回の仕入れはシャトーラフォンロシェ。
メドック格付け第4級シャトー・ラフォン・ロシェが造るファーストラベルです。

ジャムのような凝縮された果実味。
ほどよくタンニンもありスパイシーな印象も熟成香が絶妙に絡み合って芳醇な味わいも感じる。


IMG_9858.jpeg


サンテステフで有機農法で作られた葡萄は、樹齢37年と少し古めの木で栽培されています。有機農法に移行していますのでこれまで以上に手間がかかっていると思います。香りが強く、余韻も長いということは、かなりどっしりとしたボルドーらしいボルドーかもしれませんね。



価格はいうほど高くもなく6000−8000円くらいのレンジでしょうか。
数万円もするワインが多い中、コストパフォーマンスは良いワインと言えそうです。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー・レオヴィル・ポワフェレ

ワインの仕入れ中です。
今回は、ボルドー格付け2級のシャトー・レオヴィル・ポワフェレです。

サンジュリアン村にある有名な3つのレオヴィルの1つがシャトー・レオヴィル・ポワフェレです。元々1つのシャトーだったものが分割され、当時の所有者の名前に因みシャトー名が付けられたそうです。


IMG_9861.jpeg



「濃く深いルビー色。ブラックカラントやブルーベリーの濃厚な黒系果実の香りが広がります。溶け込んだタンニンが心地よい、ジューシーでリッチな仕上がり。 さらなる熟成の可能性を感じさせる1本」

そんな風に言われているのを見たときに、買わなくちゃとなりました。
以前お遣い物で買ったことがありますが、自分用には買ったことがありませんでした。価格帯は2011年ヴィンテージであれば、お店でばらつきがあるかと思いますが10000−16000円くらいでしょうか。ちょっとばかり贅沢なワインです。
たまにはこんなワインもいいでしょう。

また飲んでないので私なりの味のコメントは付けられませんけれど、ちょっと期待しているワインです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】マルゴードブラーヌ

ワインの仕入れ中です。
今回の仕入れは、マルゴードブラーヌです。

名前の通り、アペラシオンはマルゴーですね。
3000円前後で流通しているワインで、格付け2級シャトーのブラーヌ・カントナックのサードラベルになります。アロマティックな香りと凝縮した果実の旨味が詰まったワインです。グレートビンテージである2015年だともっと良かったのですが、2016年。まぁ、安いので仕方がありません。

品種は、メルロー55%、カベルネ・ソーヴィニヨン45%とのことで、私の好きなメルローが多いのでたぶん好みの味ですね。




まだ開栓していないので味は正直なところわかりません。
個人的にはクラシカルなボルドー の味わいが好きなのでこの手のタイプのワインは好みのはずです。
格付け2級のシャトーのサードラベル。若木で作られていると思うのでファーストラベルほどの味わいはないとは思うけれど、ワインのある日常の暮らしの中では、これもありかもしれませんね。開けるのが楽しみです。

・・・あけてみました。
全体的にはまだ若い感じがして、わざわざ指名買いするほどではないかなという気がしました。
この値段のクラスならもっと美味しいワインがあるはず、というのが感想でした。若木はやはり若木ですかね。
安ワイン探しは難しいと改めて実感したのでした。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトー・コス・デストゥルネル

シャトー・コス・デストゥルネルです。
ボルドーのメドック格付け2級のワインで、ちょっと高価なワインです。

コス・デストゥルネルのスタイルは、サン・テステフの他の格付けシャトーに比べ、メルロのブレンド比率が高いのが特徴だそうで、古樹のメルロを用いることで、土壌の栄養分が全てワインの中に凝縮され、味わいに深みが加わります。
92年のボルドーは悪い年だったそうです。そんな中、このコス・デストゥルネルは評価されているようなので困難なヴィンテージに強いのかもしれません。

メルロの膨らみのある果実味が見事に調和し、素晴らしいハーモニーを生み出していると言われています。
深みのある濃い色合いで、ほのかに甘い黒系のブラックカラントやブラックチェリーの熟した果実香が特徴的。


IMG_9514.jpeg


でもね、開けられない。もったいなくて開けられないです。
92年のビンテージなので現在の経営者の前だと思いますから、クラシカルな味わいなのかなと想像しますけれど、うーん、やっぱり開けられないので味は永遠にわからないだろうなぁ。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトーピュイグロー

ワインの仕入れ中です。
今回のワインは、ボルドーのシャトーピュイグローです。2000円ほどでしたので安いワインですが、ティエンポン家がコート・ド・フラン地区に所有するシャトーとのことです。

ボルドーで2000円代の美味しいワインをいつも探しています。
1500円下では難しいのですが、2000円を超えると大きくハズレることは少なくなり、値段以上の美味しいワインと出会えるのがこの価格帯です。そういうワインと出会えるとうれしいですね。いつもそういうワインに出会えないかとチャレンジしていますけれど、あまりに数が多すぎて到底網羅することができません。もともとお酒は弱いですしね。





このワインは、活き活きとした果実味とこなれたタンニン、まろやかな酸が心地良いバランスのワインとのことで飲むのが楽しみでした。
開けてみると、、、、濃い、深いガーネットを思わせるような色です。そして渋い、開栓した直後も、2日経ち3日経ってもタンニンはどこまでも渋く、柔らかく開くことはありませんでした。
どっしりとした典型的なボルドー で深い味わいが好きな方には良いかなと思いましたが、最近のトレンドとはちょっと違うクラシカルな味でした。もうこのあたりはそれぞれの好みかもしれませんね。私にはちょっと重たかったかな。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【ワインのある暮らし】シャトーセネジャック

ワインの仕入れ中です。
だんだんと暑くなり、赤ワインよりはスパークリング、白ワインをキュと冷やして飲む方が美味しいような気がするのですが、それでも時折赤ワインを仕入れています。

今回仕入れたのは、シャトーセネジャックです。
概ね2000−3000円のレンジのボルドーワインです。シャトータルボのオーナーが所有しているということで期待が持てました。




飲んでみると、香りもいいし、タンニンの味わいは柔らかくて果実味に溢れた感じがしてなかなか良いです。
値段以上という感じがしました。十分に美味しいワインです。これもまたリピートしてもいいかなと感じました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】ロジャーグラートの白とロゼ

夏が近くなるとスパークリングワインが飲みたくなります。
安いCavaを探していたのですが、良いものがなかなか見つからず、今回はCavaにしてはちょっと高めのロジャーグラートを2本買いました。手前が白で後ろ側がロゼです。1500円とか1700円でしたが、どっちがどっちなのかは忘れました。

ロジャーグラートはちょっと有名なCavaなので人気がありますね。
このロゼは瓶詰め後、18ヶ月の熟成期間を経て蔵出しされます。長期熟成ならでは深い味わいときめ細かい泡立ちやベリーの香り広がってとても美味しいものです。





Cavaは1000円以下と決めてはいたのですが、美味しいものは値段が高くなっても仕方ないです。
1500円は普段飲みするCavaとしてはちょっと高めではありますけれど、値段以上の味がしますからとても得した気分になります。あぁ、やっぱり好きかも。ロジャーグラートはいくつもの種類を出していますのでそれぞれ飲み比べてみるのも良いかもしれませんね。

リーズナブルで値段以上の味がするロジャーグラートは大好きです。
何だか最近酒代が高くなっているかもしれませんね(笑)



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】ボーテルトルは美味しい

最近は白ワインがマイブーム。
カチッと冷やして飲むのがいいですね。
ただ白ワインは全くわからないので、買う時に困ります。今回は、値段で選びましたがなんと499円。

ボーテルトルと読むのでしょうか。
字も小さいので私にはよく見えないのですが、大きな字で「Vin de France」と書いてあります。
これはフランスのワインの中では最も低い品質保証と聞いているので味は期待できないですが、それは値段とリンクしているということで普段飲みのテーブルワインという感じでしょうか。もちろん産地もぶどうの品種も分かりません。


IMG_9009.jpeg


飲んでみると最初は少しボケた味。
ハズレを引いたかなと思ったものの、さらに飲んでみるとコレ意外においしいんです。軽い味わいですがフルーティ。華やかな味わいがします。お酒に弱い私でも2杯飲めたのでちょっと好みかもしれません。
口当たりがいいので、さらに飲んじゃいそうでしたが、昼ご飯どきに開けたので自制しました。それ以上飲んでしまうと昼からだというのに潰れてしまいます。

またこのワインに当たることがあるかどうかわかりませんが、名前はしっかりと覚えました。ボーテルトルね。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【ワインのある暮らし】珍しく白ワインを激安で

暖かくなると赤ワインよりは白ワインが欲しくなります。
スパークリングはもちろん大好きなのですが、飲むきるのに2−3日かかるので開けるのに勇気がいります。それならばと白ワインを買ってみました。

値段は300円代で激安ワインのカテゴリーのお酒です。
激安のスーパーに行った時に見つけたのですが、白ワインは普段飲まないので味もわからないし、何を選んでいいのかわからないですが、安ければ失敗しても料理酒にできると思い選択しました。


IMG_8825.jpeg


全体的に熟成度合いが若いのかフルーティで飲みやすい味です。
そういうのって意外に好みなのでついついチューチューと飲んでしまい、潰れてしまいました。
口当たりがいいので飲みやすいんですよね。暖かい休日の午後はお酒で潰れて終了ということになってしまいましたが、なかなか良いお酒でした。しかし、白ワインは何を買ったらたら良いのかまったくわからないです。

少しは勉強しないとなりません。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】赤のスパークリングワインが好きです

実は昔から赤のスパークリングワインが好きです。
たまたまやまやだったと思いますが、見かけたので1本ほど仕入れて冷やしておきました。

今回仕入れたのは「ランブルスコ」です。
ランブルスコはイタリアの赤のスパークリングワインで微炭酸のすっきりとした味わいで、甘みと軽さを感じられるのが特徴です。イタリアでも北部の方で作られているワインのようです。銘柄というよりぶどうの種類のようなのでこの葡萄を使ったワインは多種多様にあるようです。Seccoは辛口。Amabileはやや甘口、Dolceは甘口なので、購入したこのワインはやや甘口でした。





微発砲でしたがもう少し発泡性があっても良いかなという気もしますが、これ美味しいワインです。
赤ですがタンニンは優しく、フルーティで酸味もまろやかです。
シャープでドライなスパークリングを飲むことが多いですけれど、たまにはランブルスコの赤いスパークリングワインもいいものです。
値段は覚えていませんが、700円前後だったような記憶があるので極めてリーズナブルにもかかわらず値段以上の味と楽しさがあるワインだと感じました。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】シャトープピーユ

今回の仕入れはシャトープピーユです。
このワインを買ったのは初めてで2000円程のワインです。ヴィンテージにもよると思いますが、概ね2000円だとかなり安く高ければ4000円くらいとなります。

サンテミリオン近くのコート・ド・カスティヨンというアペラシオンのワインでオーガニックにこだわって作られているようです。私が買ったこのワインがオーガニックなのかは分からずですが、モノづくりにこだわっているシャトーのようなので好感が持てます。


IMG_9026.jpeg


優しいメルローの味わいでタンニンは丸く包まれています。
スルスルトロトロという味わいで2000円でこの味のワインがあるのかという新鮮な驚きを覚えました。
とても美味しいです、このワイン。値段は安いしとても2000円のワインの味とは思えないし、定番のワインにすることにしました。今回1本しか買っていませんでしたが、ちょっとまとめて買おうかと思っています。

良いワインと出会いました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村




【ワインのある暮らし】Corte dei Conti Chardonnay Barrique

暖かい季節になってくると白ワインが欲しくなります。
赤ワインはボルドー ばかりを選ぶ傾向があるのですが、白ワインとなるとイタリアワインを選ぶ傾向があります。
比較的軽くて口当たりの良い白ワインが好きで、ついつい飲みすぎて頭痛を起こしてしまうといういつものパターンで苦労していますけれど、それでも好きなんですよね。

今回選んだのはCorte dei Conti Chardonnay Barriqueという白ワインです。
シャルドネと書かれていたので、なんとなく味の想像もつきますし、好きなぶどうです。バリックってなんだろうと調べてみるとボルドーやコニャック地方でワインの熟成に使われる小型樽のことだそうです。なるほど。樽熟成をわざわざ歌っているということのようです。価格も安く600円しない程度だったような記憶があります。



IMG_8833.jpeg


まだ開けていないので味が分かりませんが、まぁ値段なりのイタリア白ワインの味のような気がします。
ワインは好きですし、お酒は好きです。好きなのですがたくさん飲むことができません。でもないと寂しい。でも調子こくとつ頭痛に悩まされます。白ワインは冷えていることが多いいのでついつい飲み過ぎてしまいます。飲み過ぎるといっても2杯です。2杯で頭痛を起こしてしまいます。基本的にはお酒は弱いんですよね。

願いはたった1つ、頭痛がしないワインであってほしい。それだけです。頭痛がしないようであればリピートします。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】久しぶりにワインを作ったよ!

久しぶりにワインをアッサンブラージュしてオーダーしてみました。
前回作ったのがちょうど1年前くらいでしたので、久しぶりに作るかぁと思って作ってみました。

1年ちょっと前に記事にしていますので併せてみてください。

【ワインのある暮らし】オリジナルワインを作ったよ!
【ワインのある暮らし】オリジナルワインが届いた!


今回も「アッサンブラージュECサイト」公式ページからアクセスします。前回とても美味しかったので同じような配合にしようかなと思っていたのですが、全く同じでは面白くない。ちょっとアレンジしてみました。

【前回のキュベ】
シラー/フランス 10% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン/フランス 20% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン 樽熟成/フランス 30% 、 メルロー/チリ 30% 、 プティ・ヴェルド/チリ 10%

【今回のキュベ】
シラー/フランス 15% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン/フランス 20% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン 樽熟成/フランス 35% 、 メルロー/チリ 30%


IMG_8967.jpeg


全体的には、フルボディで深すぎず浅すぎずの中庸という感じでしょうか。
前回作成したものは飲んじゃって手元にはないので今回はちょっと取っておこうかな。美味しいのはわかっていますので(笑)
これで2500円(税・送料別)ほどですので、リーズナブルにオリジナルのワインが作れるのですからとてもありがたいです。ワイン選びは楽しいものですが、こうして作るのも悪くないですね。ワークショップもあるようなので一度行ってみたいなぁ。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】カヴァ エンテリンブリュット

最近のカヴァはこのカヴァ エンテリン ブリュットを買うことが多いです。
800円ちょっととかなり安いので最近はコレですね。

フルーティだけれど甘すぎず、しっかりドライですね。
シャンパーニュのような熟成は感じないけれど、普段飲みならこれで十分です。
安くておいしいカヴァは買うのに躊躇がないですし、なんとなくシアワセな気分にもなるし良いですね。


ssIMG_8753.jpg


1回で飲める量ではないので、飲みきるには開けてから通常2−3日かかります。
缶ビールならば、1館200円ちょっとくらいなので飲みきれなくても捨てればいいので便利なのですが、ビールもいいけれどスパークリングワインはなんだか特別な気分になるので、やっぱり好きです。
1回あたり缶ビールと大して変わらないと思うとやはりリーズナブルです。これからの季節はゴクゴクと楽しみたいなぁと思います。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

【ワインのある暮らし】ル・オー・メドック・ド・ラグランジュ

意外なことにシャトー・ラグランジュの記事を書いていませんでした。
これはサードラベルに相当する ル・オー・メドック・ド・ラグランジュ です。

シャトー・ラグランジュはメドック格付け3級のワイナリーですが、サードラベルとも言えるこのワインは「もっと気軽に食卓で開けてもらえるボルドー」を目指して造ったワインだそうです。2000円前後で買えますのでリーズナブルで失敗しても許せる価格だったりしますので私の一番買う価格帯になります。

まだ片方しか開栓していませんので開けた2016年の方しか味はわかりませんが、「素直な凝縮感とピュアな果実味を持つ、ほど良い厚みのワイン」というふうに言われていましたけれど、まさにそうでした。バランスの良いワインでカベルネ・ソーヴィニョン特有のスパイシーな風味もしますし、私の好みです。




2012年と2016年ではラベルが違いますが、切り替わったんでしょうかね。
コロナ騒ぎで外出もままならない時は、こうしてワインを仕入れて楽しむのもいいですね。ただこれからは少し暖かくなってきて、ぱあっと飲めるスパークリングの方をカラダは求めそうですけれど、やっぱり赤ワインも捨てがたいです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【ワインのある暮らし】シャトーディッサンを入手した

ちょっとした縁がありシャトーディッサンを手に入れました。
ヴィンテージによって価格はだいぶ変わりますが、全体的に安すぎず高すぎずという感じの価格帯なので比較的買いやすいワインです。大体7000円前後から売られています。こちらは百貨店で買ったものなので10000円は超えていたような気もしますが、ネットなどで上手に買えばもっと安く買えます。

ボルドーの中でもマルゴーで作られているワインで、格付け3級のワインのようです。
まだ飲んでいないので味がよくわからないのですが、独特な豊かな香りやマルゴーらしい柔らか、余韻の長い味わいなどでとても評判が良いようです。




ゴールドのラベルでちょっと高級感もあったりしますね。
メドック格付3級のワインなので、ハズレは引かないと思うのですが、こういう5000円をこえるワインは普段飲みにはできない価格なのでちょっとした特別感もあります。美味しければ今度はネットで安く買おうと思っています。
気に入りになるといいな。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【ワインのある暮らし】ヴーヴクリコでお祝い

お祝い事があるので、何かお酒をと思ってワインにしようかなと思ったのですが、お祝い事だしスパークリングの方がいいかなかと思ってヴーヴクリコを買いに行きました。箱入りでしたので、箱から出してちょっと撮影。
ちょっと大袈裟な箱入りで、その分高いし、まぁ、そうは言っても仕方ないかな、お祝い事だし。


ssIMG_8174.jpg


5000円前後のシャンパーニュでは一番好きなのがコレです。
シャンパーニュはもっと安くとも経験的にはどれもハズレはないと思いますが、その中でもクリコは好みの味です。爽やかで心地よい香りが繊細でフレッシュですし、味もまろやかでとても好みの味わいなのです。万人受けする味なので喜んでくれるでしょう。

気持ちをこめたクリコを味わってくれるといいな。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

【ワインのある暮らし】お祝いにはオーバーチュアを。

今回のワインはオーバーチュアです。
オーパスワンのセカンドワインですが、セカンドとは思えない深い味わいでとろけるようなタンニンとトロトロのシルキーさを感じてとても大好きな味です。正直なところ私にはオーパスワンとの区別がつきません。

このオーバーチュアはお祝い用に用意したモノです。
どえらく高くつきました(汗)





高くついたワインでしたが、どんなワインにしようかなと考えたり、悩んでみたり、喜んでくれるかなと想像してみたりとワインを選ぶのは楽しいものです。最終的にはシャトーピションロングヴィルバロンと迷いながらこれを選択しました。
お祝いにセカンドとはちょっと気が引けましたが、セカンドとは思えない味は飲んでみて分かることでしょう。
あ、いや違うな、味はよく知っている人なので、うん、美味しいと思ってくれていることと思います(笑)




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사


【ワインのある暮らし】花陽浴(はなあび)が1番好き

ワインじゃなくて日本酒です。
一番好きな日本酒は花陽浴(はなあび)です。
これはもうこれ以上のお酒はないと思うくらい好きなお酒です。
埼玉県羽生市の南陽醸造のお酒です。

日本酒はもともと好きじゃなく美味しいと思ったことがありません。そして獺祭と出会って日本酒って美味しいんだと思うようになりました。その後、手取川、吉田蔵とお気に入りのお酒もできて、たまには日本酒も飲むようになりましたが、この花陽浴と出会ってそれまでの日本酒とは全く異なるテイストにノックアウトされました。

はっきりいって、甘いです。
そして、これだけフルーティな日本酒に出会ったことがありません。開けたその日はもちろんですが、開栓した翌日には濃厚なパイナップルジュースのような味に変わります。




なかなか売っていないことや売っているのを見つけても他の日本酒と抱き合わせの販売だったりするので敷居が高いのです。欲しくもないものと併せて買わなくちゃいけいないのはちょっと癪ではありますが、それでも飲みたい日本酒です。

好きな日本酒ってなんですか?と聞かれたら、迷いなく「花陽浴(はなあび)です」と答えます。堪りません、このお酒。

みなさんも機会があれば是非一度お試しください。

久しぶりに花陽浴を開けました。
おちょこ一杯でノックアウトされましたが、その後3杯、美味しくいただきました。シアワセに酔っ払ったのはいうまでもありません。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사