ブックオフでの仕入れ【銀翼のイカロス】

    書籍関連なのでブックオフでの仕入れにカテゴライズしたのだが、正確にはブックオフで仕入れしたのではない。
    連日ブックオフで仕入れしていた堂場瞬一の刑事・鳴沢了のシリーズを読んでいたのだが、出張先で手持ちの本を読み終わってしまい、新たに本を探していた。

    そんな時に伊丹空港の搭乗ゲートの前にある書店で気になっていた『銀翼のイカロス』が平積みにしていたので買ったのであった。ご存知『半沢直樹シリーズ』の最新刊だ。もう1年前に終わってしまっていた半沢直樹のその後の活躍にワクワクして手に取った。

    舞台は『JAL』だ。本の中では帝国航空となっていたが、破綻直前の日本航空を取り巻く舞台裏を小説にしたものであろう。
    もうだいぶ前なのでJALの破綻前後のことをお忘れの方も多いかと思うが、民主党政権でコドモ大臣と揶揄された国土交通大臣が法的根拠もなくJAL再生タスクフォースなるものを立ち上げて、混乱の中解散し、企業再生支援機構へと引き継がれていったが、なんで短期間にドタバタとこんなことが起こったのか僕には意味がわからなかった。



    あくまで小説である。
    小説ではあるけれど、なるほどそういうことだったのかとあの時のドタバタ劇の舞台裏に思い至った。
    銀行員の面魂というか誇りを改めて実感した小説でした。

     


    スーツケースを選ぶならJALショッピング♪ アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JAL日本航空 先得

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 2

    There are no comments yet.

    shoji

    まろんさん
    半沢直樹シリーズはなかなか面白いですよ。テレビでの印象がずいぶん強いので主人公や周辺の人達のキャラクターもテレビでの印象で上書きされていますけど。
    経済モノはなかなか面白いと思います。
    あくまで小説ですけど、勉強になりますしね。

    2014/09/15 (Mon) 14:34

    まろん

    こんにちは。
    半沢直樹は私もTVで見ました。面白かったですね。
    で、銀翼・・って何のことかなぁと思っていたら、日航のことでしたか。
    それも面白そうですね。
    ロスジェネも読んではみたいのですけどね。
    銀行モノも証券モノも大好きです。
    また読んでみたいものです。

    2014/09/15 (Mon) 13:03