【いつか行きたい街】スペイン サン・セバスティアン

    いつか行きたい街、サン・セバスティアン。

    スペインのバスク地方に行きたいのです。
    特に美食の街サン・セバスティアンの街並みも綺麗ですが、何と言っても美味しく気楽にお酒と料理を楽しむことのできるバル巡りがこの街の醍醐味のような気がします。テレビで見た時から、この街のバルで酒と料理を楽しみたいと思うようになりました。赤ワインにチーズケーキもいいね。
    有名なお店もあるでしょうし、有名でない店もあるでしょう。きっとどこで食べてもハズレはないような気がします。観光客はもちろん地元の人で賑わっているバルで楽しみたいです。

    2019-01-26183715.png


    比較的現実的な行きたい街です。
    観光もいいのですが、食べにいく街です。

    欧州のゲートウェイになる空港まで飛べばあとは別切りの航空券を手配すれば大丈夫でしょう。スターウッド系のラグジュアリーコレクションのホテルもあるようですので滞在するのも楽しみです。行きたいなぁ。欧州だと少し長めに行きたい事もあり現役生活が終わってからの旅行かな。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←ブログ村のランキングに参加してます。クリックしてね。



    세일여행사

    JAL日本航空 ビジネスきっぷ


    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 17

    There are no comments yet.

    shoji

    とんびさん
    おかえりなさい。長い旅行でしたね〜。
    たくさんのバルで、何度も楽しまれたようて良かったですね。サンセバスティアンは食べる楽しみがあっていいですよね。早く行ってみたいです。行ける日までは旅行記を楽しみにしています。

    2019/06/15 (Sat) 14:19

    とんび

    帰国しました。サン・セバスティアンでは3泊しました。サン・セバスティアンのほか、近くのいくつかの街で、昼食、夕食と、1日2回、バル巡りをする日が多かったです。

    1回に何店も巡る人もあるようですが、1回について、2、3店が限度でした。カウンターの上のピンチョスだけなら可能かもしれませんが、もう少し量が多い料理などもたのむと多くの店をまわることはできません。それでも、旅全体では20店以上回ることができました。

    ↓のコメントのいくつかの補足です。
    店によっては、口をふいた紙を床にどんどん捨てていました、そういう店では、カウンターの下に、上着掛けのようなホックがついていて、カバンを床に置かなくてよいように工夫されてました。

    店が開くのは遅いですが、夕食時に限ればの話で、多くの店は、12時から15時くらいの昼食時あいて、次が19時30分か20時から深夜までの夕食時に開くって感じでした。シエスタですね。これは、マドリードでもアンダルシアでもスペインのどの街へいってもいえることです。

    2019/06/15 (Sat) 09:39
    shoji(しょじ)

    shoji

    とんびさん
    現地からありがとうございます。
    ピンチョスばかりじゃなくて店ごとに名物の料理があったりしてオーダーでも料理が食べれるというのが新しい発見でした。美味しい料理に巡り会えますように。
    いつか行きたい街(必ず行きます)ですけれど、まだまだ行けないのが悲しい。
    現地レポートを毎日楽しみにしています。帰国後の旅行記も楽しみにしています。

    2019/06/08 (Sat) 13:53

    とんび

    サンセバスティアンにきています。
    バル巡り、着いた日の昼と夜、翌日は昼は日帰りで別の街にいっていたので夜だけしました。今日も夜だけする予定です。

    バル巡りは、さっと食べて次の店にうつるってのがよいようなことががネット情報では多いです。行ってみると、それがなかなか難しいんです。
    カウンターの上に並んでいるピンチョスだけを選んで(これも店によって、自分でつまむ店と店員に入れてもらう店があってややこしい)食べるなら、たくさん食べられます。
    ところが、その店の名物料理を選ぼうとすると、メニューから選んで店員につげて作ってもらいます。店によっては、カウンターの上には料理は何もなく、すべてオーダー制のところもありました。

    その場合、カウンターの上にある、具をパンの上にのせてあるようなピンチョスに比べて量が多いのです。一品料理の超ミニサイズのような感じです。
    カウンターの上に並ぶものだけ食べていれば、たくさん食べられそうですが、自分の場合は、その店独特のオーダーして食べるものが食べたくて、そちらを主に食べています。そうすると、1回のバル巡りで2、3店、一つの店では3皿くらいってことになって、予想していたほど食べられていません。



    2019/06/08 (Sat) 13:32
    shoji(しょじ)

    shoji

    とんびさん
    いつもありがとうございます。
    そうでしたかー。それはなかなかすばらしい。
    私は現役引退してから行こうと思っています。だからもうちょっとだけ先です。
    バル巡りしたいなぁ。しばらくは日本でバル巡り?立ち飲み巡り?で我慢かな。

    2019/04/30 (Tue) 15:58

    とんび

    サンセバスチャン行ってきますよ。
    フランスのどこかに行こうといろいろ検討していて、フレンチバスクが浮かび、ならばスパニッシュバスクに同時にっていうことになりました、
    この記事が影響したのでしょう。
    いまスケジュール検討中ですが、ビルバオ、サンセバスチャン、バイヨンヌとバスクを回ろうって思っています。

    2019/04/30 (Tue) 10:14
    shoji(しょじ)

    shoji

    Rさん
    いつもありがとうございます。
    サン・セバスティアンのバルはコンビニのようにみじかにあってなんでも扱っていると言うことだと思います。
    フランスからスペインへと言うのがおもしろそうですね。時間もかかりますし素人の私には珍道中というか苦労しながらの旅行になりそうですけれど、周遊するスタイルで楽しめればいいなぁと思っています。このルート、ちょっと先ですけれどきっと行こうと思っています。

    2019/02/07 (Thu) 22:25

    momoさんのコメントで、コンビニほどではないですがいろんな物も販売ってありますけど、通算15回、全州回った感触では田舎には多いですけど都会では滅多にありません。
    行かれた場所が少ないから、こんなコメントになっているのかな?
    ちなみに、今回のテーマであるバスク地方のバルに限れば皆無と言ってよいでしょう。その代わり、半端ない数のバルがあります。

    がっつり系でないことは確か。アルコールだけでなく珈琲やコーラでもOKであることは確かです。
    スペインの夕食は概ね21時過ぎからですから、日本人的にはバルをはしごして夕飯っていうのもアリです。
    時差が抜けきっていないと、夜9時からの夕飯は体に悪いです。ソク眠気が襲ってきます。

    山暇さんのコメントの補足ですけど、サンセバスチャンならフランス側のバスク地方と合わせて訪問すると良いと思います。
    私のブログに交通情報詳細をミニ情報として発信しています。

    ほかにフランス~スペインなら、バルセロナ~アンドラ~トゥールーズというのも夏場はお勧めです。バスしかありませんけど。
    あと、バルセロナから地中海沿いにフランス側まで良い街がたくさんありますので、フランスのマルセイユ空港と合わせて一方通行で巡るのもアリです。
    リタイアした後に、ゆっくりどうぞ。(今年3~4月にフランスからスペインに3週間行ってきます)

    2019/02/07 (Thu) 21:30
    shoji(しょじ)

    shoji

    坂下さん
    いつもありがとうございます。
    携帯電話からと思えないほどのボリュームと内容をありがとうございます、私も見習わなくちゃ。
    季節は冬以外が良さそうですね。いくつか都市を周遊しながらの旅行が良さそうです。随分と私には難易度が高そうですが、こうしてみなさんの書いていただいているのを読むとさらに行きたい気持ちが強くなってきました。スペインは欧州では最も行きたい国だったのですが、その気持ちがさらに強くなりました。
    あとはいつ頃行くかですね。今年は難しい気がするので来年以降でしょうか。長い旅はしたことがないのでできるだろうかと言う不安はあります。

    2019/02/06 (Wed) 21:36

    ss

    坂下です。
    サン・セバスチャン、行かれた方は多いのですね。私も数年前のクリスマスシーズンに行きました。
    - 素晴らしい町ですが冬は陰鬱なので別の季節がよいです。
    - 鉄道でアンダイエ、その先のサンジャッドリュースまで行きました。バスクの鉄道は正確でしたが、フランス側はすごくテキトーでした。本数も少ないです。 あわそれとフランス側はトイレが少なくて困りました。
    - 隣町のビルバオも、バスで行きました。正確な運行でしたし、街も素敵でした。さらにその隣のサンタンデールもいいところらしいです。サンセバスチャン、ビルバオ、サンタンデールは市内は地下鉄があり便利。
    - 経路はパリからビルバオ空港、そこからバスで。帰りはバルセロナからパリでした。
    - 知人はカタール航空で、アラブ経由で行ってました。
    - 有名なバルはすごく混んでますが並ぶほどではありませでした。注文は何故か同行の妻が頼んだほうが相手にしてくれました。どんな店でもクレジットカードが使えて便利でした。
    - このときのガイドブックには、バルだはみんなゴミを床に捨てる、だから美味しい店は床がゴミだらけとあったのですが、当時ですらそれは違っていて、ちゃんとみんなゴミ箱に捨てていました
    - このときは現地の年配の方は英語はあまりわからない印象でした。片言のフランス語が話せる同行の知人はそれなりに通じていました。
    - ホテルに23時ぐらい帰って来ると、なんでこんなに早く帰って来たのかと、不思議がられました
    - バルセロナで飲んだビールのファンタレモン割がおもしろかったです。

    携帯電話から書いていますので箇条書きで申し訳ないです。

    2019/02/06 (Wed) 21:02

    shoji

    さんたろうさん
    お久しぶりです。おかわりございませんか?
    サン・セバティアンに行かれたんですね!やっぱりバル三昧を楽しまれたようですね。
    私も行ってみたいなぁと強く思っています。元気なうちにしか行けないのでそう遠くない先に是非とも行ってみたいと思っています。
    ちょっとゆっくり行きたいのでホテルや航空券の安い時期に(笑)

    2019/02/06 (Wed) 20:24

    さんたろう

    フランスとの国境

    私は一昨年夏行きましたよ 
    なんと言っても印象に残っているのは美食ですね イベリコ豚の生ハム、シーフード類
    バルの店頭に入ると既に出来上がった料理がカウンターに沢山並んでいます。それを適当に取り、飲み物を注文し、カウンターで立ち食い、いす席(相席)で現地の人と雑談しながら、、、
    高級なレストランには入りませんでしたので、バルの情報しかありません。
    フランスとの国境の街 Irun サンセバスチャンからのバルク鉄道(私鉄)に乗るとフランス国内のエンダイエまでまで乗り入れています。

    エンダイエまでは本数は少ないですが、TGVが乗り入れています。

    リゾートなので夏などシーズンはホテルが高いですね

    2019/02/06 (Wed) 19:57

    shoji

    mkさん
    いつもありがとうございます。
    体調はまだまだ本調子ではなさそうですね。早く良くなられますように。
    独自の文化を持った国というか地方なんですね。私はフランス語もイタリア語もスペイン語も全くわからない中でバスク語を聞いても何語かもわからないでしょうね(笑)
    遥か昔に唯一行ったことがあるイタリアは良い思い出です。欧州はやっぱり行きたいなぁ。

    2019/02/06 (Wed) 18:52

    shoji

    山暇さん
    いつもありがとうございます。
    フランス側からのアプローチというのもあるんですね。フランスも行ってみたいし、そういうルートがいいかもしれません。欧州は1度行っただけなのでなんだか敷居が高いというか難易度が高いですけれど、行ってみたいなぁ。
    バルも開くのが遅いのですか、、。宵っ張りの街なのですね。

    2019/02/06 (Wed) 18:48

    shoji

    momoさん
    いつもありがとうございます。それで皆さんバルのはしごをしているんですね。
    ちょろちょろっとつまんで次の店へという感じなのでそういう楽しみ方をするんだろうなと思っていました。ただレストランが開くのが多いのですね。夜は早く寝るのでバルではしごしてご飯になりそうです。
    スペインは行きたい街がたくさんありますが、最初はどの街からにしようかと思案中です。

    2019/02/06 (Wed) 18:45

    mk

    生のバスク語を聴いてみたい

    行ってみたいけれど体力的にしばらくは無理かも。

    気候も良く、食生活、文化面等で、人気急上昇の街、地方ですね。
    直行便はないので、最低でも1回、2-3回乗り換えが必要となると
    なかなか選択肢には入りません。

    momo さんがコメントされているように、バルはがっつり系ではなく、
    軽食系だと思います。イタリアのバールでは、気軽によって立ち食い
    で飲み物と軽食を摂るのが普通でした(着席すると席料が必要)。

    バスク語は孤立語の代表例でヨーロッパのどの言語とも関連性がないそう
    です。しかも、バスク人はRhマイナスが大多数(8-9割)と他の民族と
    の混血も少ないとのことで、昔からとても関心がある存在でした。

    2019/02/06 (Wed) 17:21

    山暇

    生ハムとタコがおいしいです。

    こんにちは
    わたしもこちらは何度か行ったことがあります。
    初めて行ったときは勝手がわからず、バル全部休みなの?
    って思ったけど、始まるのが遅いんですよ。
    (スペイン自体が初めてだった時のような遠い記憶)
    砂浜が広くて海水浴も楽しいし、バルでつまむのがおいしいです。

    国境のイルンで電車を乗り換えて行った記憶があります。
    ピレネーアトランティックいいですよ。

    フランス側のサンジャンドリュズ、ベアリッツも海水浴がサイコーですよ。
    生ハムはバイヨンヌより、断然、スペインだと思っています。

    でももう、ちょっと行けないかな。

    2019/02/06 (Wed) 01:17