マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott(マリオット) / SPG ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【2019年6月ソウル旅行】ソウルのトレンディスポット益善洞(6)

仁寺洞(インサドン)の隣で、鍾路3街の北側に広がる益善洞(イッソンドン)には韓国の伝統家屋である韓屋(ハノッ)が立ち並んでいます。
以前はあまり観光客が立ち寄るようなところではなくて、年寄りの街だったように思います。そして再開発指定区域になったのですが、韓国家屋をコンバージョンして最新のトレンドのカフェが増えたりしていくうちに最新のトレンドの街に様変わりしてしまいました。

カフェ、アクセサリー屋をはじめレストランやクラフトビールが飲める店などが数多く立ち並び今ソウルで一番ホットな街になっています。

この街を歩く人々は多国籍です。
韓国人が最も多いと思いますが、肌の色が違う人も数多くいてこれまでのソウルとはちょっと違う感じさえします。
もちろん東アジアの大国の人々もたくさん歩いてるような気もしました。

ssIMG_5082.jpg



ssIMG_5059.jpg

カフェの店先にはこんなワインとシャンパンのコルクで作られたものがあったりして、とても雰囲気が良いですね。


ssIMG_5069.jpg


若い人がとても多くて活気があります。
カフェやレストランなどが韓国家屋を上手にリノベーションして使われていることもありとても雰囲気のあるお店が多い街です。古い韓国家屋の街並みもこうして古いものを生かしながら生まれ変わって行きましたが、上手に町興しができた良い事例となるような気がしました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사

関連記事
スポンサーサイト



Comment

shoji says... ""
mkさん
いつもありがとうございます。
古い鍾路三街をご存知でしたか。中心部にありながらそこだけ開発が遅れていてなかなか歩くことの少ない街だったかと思います。
私のイメージはごちゃごちゃした民家や細い路地、旅人宿(ヨインスク)のある街でした。隣の仁寺洞が光ならこの街は陰と言った雰囲気だったと思います。
今は古い街並みを生かしながらそこだけトレンドの先端のような街並みに変わりつつあります。なかなか良かったです。
2019.07.05 06:22 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
mk says... ""
仁寺洞(インサドン)は骨董品や書画などで以前から有名でしたね。
私が初めてソウル探索をした1990年代初頭、鍾路3街は半分スラムの様でした。
ソウルの中心であった景福宮には日本統治時代を象徴する建造物が鎮座し、複数の王宮や宗廟の狭間は、小さな民家ばかりで、具現化された高齢化社会をみるようです。
その中で異様な建物は、道路の上にビルが建っている楽園市場?ビルですね。
タプコル公園では老人や不思議な方々と、日本語で会話したことがありました。

東京なら上野~浅草界隈、大阪ならミナミの裏筋~新世界といったところでしょうか。

2019.07.05 00:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する