【暮らし】チャーハン作った!

    チャーハンが好きです。
    中華料理系で一番好きなのは、チャーハン。
    週末のこの日、朝からお腹が空いていたけれど、ちょっと我慢してお昼ご飯を食べに出ようと思っていたのですが、我慢しきれず朝と昼との間にチャーハンを作ってしまい食べてしまいました。そのため昼時にはお腹が空かず食べにいくことができませんでした。まぁ、そんな時もあります。

    ウィンナーと卵のチャーハン。
    冷蔵庫を見てみても具は最低限しかありませんでしたので、仕方がありません。




    薄味にしようと思ったのですが、塩を入れすぎてかなりしょっぱいチャーハンになってしまいました。
    薄味にしてウスターソースをじゃぶじゃぶとかけて食べるのが好きなのですが、しょっぱすぎてソースが使えませんでした。味付けは失敗。たかがチャーハン、されどチャーハン。難しいです。

    まだまだ修行が足りないようです。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村


    세일여행사



    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 6

    There are no comments yet.

    shoji

    momoさん
    いつもありがとうございます。
    海軍士官ってなかなかステキなことを言いますね。
    すばらしいや。こう言うときにこんなこと言えるそのセンス、素晴らしすぎます。
    現地でも多いに話題なったことでしょう。

    2019/11/05 (Tue) 17:24

    momo

    暇つぶしの小ネタです。
    遠洋練習航海で思い出したエピソードです。
    私の参加した航海ではないですが、場所はニューヨーク、米国建国記念国際観艦式に参加した練習艦隊旗艦「かしま」が港へ停泊中の出来事でした。
    英国の豪華客船「クィーン・エリザベス2」が操船を誤り「かしま」へ接触事故を起こしました。
    「クィーン・エリザベス2」から「かしま」へ謝罪に訪れた副船長らに対して司令官は・・・。
    「幸い損傷は小さく、これから先の航海には何ら支障はありません。それよりも女王陛下からキスを頂き光栄です!」と。
    このやり取りは英国、米国の新聞・テレビで取り上げられ評判になりました。

    昔から海軍士官はユーモアとウィットを大事にするのが世界共通のエチケット、これを体現したとの評価でした。

    私もこんな会話ができるようになりたいものです(笑)。

    2019/11/05 (Tue) 01:02
    shoji(しょじ)

    shoji

    momoさん
    いつもありがとうございます。
    士官時代に教わったマネジメントはかけがえのないモノではないかなと感じます。
    厳しい中にも人間的ですばらしいですね。
    特殊な世界の中でのことではなくて、普通の世界でも応用ができるというのがすごいなぁと思います。

    2019/10/30 (Wed) 17:20

    momo

    航海中は常に暇だったように思われるかもしれないですね。
    しかし寄港地では積み込む食料、飲料水、上陸地での乗組員への衛生教育などの責任は医務長に掛かってます。
    そのため数日前からの準備、積み込み時の立ち会い検査と寝る間も無いほどの忙しさになります。
    陸から遠く離れた洋上で集団食中毒、伝染病など発生したら大事ですからね。
    そんな緊張感から解放されての息抜きを笑って許していただいた司令官の人事マネジメントは今でも見習わせて頂いています。
    旧海軍からの伝統「休める時にはしっかり休め!仕事が有る振りするな!休息、気分転換はしっかり取れ!」
    これは今でも心に留めてスタッフへの目配りにも生かしています。

    2019/10/30 (Wed) 16:07
    shoji(しょじ)

    shoji

    momoさん
    いつもありがとうございます。
    なかなかセンスのある上官でしたね。厨房に入り浸る医官を上手にマネジメントされていたのではないでしょうか(笑)
    きっとこの時に得たプロの技が今に生かされているのかもしれませんね。

    2019/10/30 (Wed) 09:03

    momo

    自宅だと中華料理店のように火力が強くないのでパラパラに仕上げるのが難しいですよね。
    私は先ずご飯と卵を卵かけごはんの要領でよくかき混ぜます。
    これだとご飯に卵がコーティングされてパラパラになりやすくなります。
    それからよく熱した中華鍋へ投入、パラパラになったら具材を入れます。
    この方法は海自医官時代に調理専門のベテラン隊員に教わった方法です。
    半年間の遠洋練習航海中に調理室に顔を出して様々な料理の手ほどきを受けた思い出のレシピでもあります。
    当時の司令官から「医務長が調理室で料理を作っているなんて前代未聞だよ!だけど医務長が暇なのは皆が無事な証拠。どんどんやれ!」と変な激励をされました(笑)。

    2019/10/30 (Wed) 00:55