マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

シェラトン都ホテル大阪のジュニアスイート

この日、久しぶりにシェラトン都ホテル大阪に泊まった。
最後に泊まったのは3月21日なので1ヶ月半ぶりということになる。
この日のレートは、20時以降チェックインのレートで8800円。
最近はこのホテルは少し高い。
以前は、8000円前後で7000円台の時もあったのだが、現在は10000円近い時が多い。
たまたまこの日はチェックインが遅くなることもあり、20時以降のプランに空席があったのでそれにしたが、
それでも高いなぁと思う。
で、アサインされたのは、1761号室のジュニアスイート。
ちょっと調べてみると、、。

1月以降このホテルに泊まったのは、6回
そのうちジュニアスイートは、2回
ダブルが、2回
ツインが、2回
昨年は9割がジュニアスイートであったが、今年は年明けから渋いのでちょっと遠ざかっている。
ジュニア、ツイン、ダブル、ダブル、ツインと続いていたためなんだかなぁと思っていた。
この日は、当日にもかかわらずどこにも予約もしていなかったので、仕方なく予約を入れたという状況だ。

さて部屋であるが、いつもと変わらない。
ここのベッドは実はフカフカで眠りやすい。布団も厚くて気持ちが良いのがいい。

5-IMG_0813.jpg

ソファーはもうだいぶ古くて座る気に離れなくてほとんど座ったことがない。
ないよりはマシという程度であろうか。

5-IMG_0820.jpg

テレビは、非常に向きが悪い。
寝ながら見るにはいいのだが、デスクに座りながらやソファーに座りながらとなると、なかなか難しい。
特にデスクに座ってみるのは至難の業。
テレビの台座が固定されているので、首は振れるものの限界がありデスクからは見えない構造になっている。

5-IMG_0817.jpg

今回は珍しくヘルスクラブに行き、お風呂に入った。
ここのお風呂は非常に利用者の平均年齢が高くおそらく60歳は超えているだろう。
私なんかはいつも最少年齢である。
みなさん年はとっても肌はツヤツヤで元気な方が多い。
風呂場での会話がなんといっても面白い。
運転免許を返上してきたとか、近所の爺さんが死んだとか、なかなか年齢を感じさせる会話だ。
それも風呂に入りながらではなく、すっぽんぽんで立ったまま、ヘルスクラブの女性スタッフと話している。
もちろん女性スタッフも平均年齢60歳オーバーというところである。
女性スタッフは、タオルを取り替えたり何かと忙しく働いており、そんな彼女たちを捕まえて話しているのだ。
そこには、オトコとかオンナとかなくて、のどかでいい感じの時間が流れている。
よそ者でまだ若い私はそんな会話には入っていけなくて、聞いているだけだ。

さて、翌朝の朝ごはん。
ここではあまり朝ごはんの楽しみがないのだが、このスクランブルエッグは秀逸である。
たっぷりのバターが染みこんでおりふわっと、表現変えるとベタッと作っていてなかなか美味しいのだ。
またザーサイも意外に美味しくご飯が進んだ。

5-IMG_0829.jpg

スターウッドはまだまだプラチナが遠いのでなんとか25滞在しないといけないと思いつつ。ホームグランドがこのホテルということもあり、足がなかなか向かない。
現在のところ16滞在。
まだまだプラチナへの道は遠い。

関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://anaflyer.blog.fc2.com/tb.php/323-47fc6fa4