マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott / SPG(スターウッド)ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【ブックオフでの仕入れ】年金不安の正体

こちらは、ブックオフでの仕入れではなくて、新刊を購入しています。
11月8日に発行されたばかりのほやほやの本です。

海老原さんの「年金不安の正体」という今最も関心のあるテーマを題材にした本です。
年金問題はとかく政治の道具にされるが、野党がいうような本当に破綻するのか、枯渇するのか、100年安心は嘘だとか、その欺瞞に満ちたアジテーションに真っ向から切り込みを入れている。


IMG_7231.jpg


学者もだが、政治家も基本的な年金の仕組みを知らないにも関わらず政権攻撃のために間違った知識をもとに論理を展開し国民の不安を煽っているのが今の状態だ。マスメディアも根拠のない妄言をそのまま流し一緒になって不安を煽る姿には、メディアとしてのレゾンデートルはなんなのかと問いたい。

年金問題に少しでも関心がある方には、この本は極めて良書である。
年金は政治の道具ではなく政治家やメディアが流す情報が決して正しくはないということを自分の目でみて知ってほしい。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


세일여행사






関連記事
スポンサーサイト



Comment

shoji says... ""
とんびさん
いつもありがとうございます。
民間に採点を移管するのに無理があるのかもしれません。入学試験は神聖なものですし公正でないといけませんし、不透明感があれば制度として成り立たないと思います。
文部科学省は少し配慮が足りなかったかもしれませんね。
2019.12.07 08:29 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
とんび says... ""
気になったので、新テストの試行問題を見てみました。内容面の難易度は不明ですが(たぶん易しいでしょうが)、形式面に限れば記述式といってもかなり易しいと思いました。国語は30字が2つと120字が1つ。しかも120字といっても、文の書き出しを指定し、書く内容のヒントになることが書いてあります。数学は途中式は不要で答えの数式を書くだけです。わざわざ記述式にする必要はないと思いました。2次試験で、国語なら200字とか400字とか書かせる問題はよく出されますし、数学は途中をすべて書かせるのが普通ですし。問題が易しくても、採点は難しいかもしれません。いろいろな答えがあって、正誤の判断がつかないこともあるでしょうし、大学の教員が採点する2次試験なら模範解答以外でも正答にすることを相談のうえ決められるでしょうが、1次の大量の答案をアルバイト学生が同じようにできるかは不明です。

しかも、採点を受注したとされる会社は高校の授業で行われる模試で最大のシェアを持つし、英語で利用予定だった民間試験の中でもこの社の試験が一番利用されると予想されていたし、何か不透明な部分を感じさせられます。さらに、2,3年前に利用者の情報が流出した過去もありますし、気になりますね。
2019.12.07 07:18 | URL | #7RorUgFk [edit]
shoji says... ""
mkさん
いつもありがとうございます。
個人的には共通の試験ではセンター試験のように基礎的な学力を問う物で良いと思っています。受験者も多いですしマークシート式で良いのかなと思います。そして各大学で実施する2次試験で思考力を問うような記述式を行えば良いと思っています。また1次と2次の比重は各大学でかなり色をつければ良いかと。
私の時は2次試験は数IIBと英語でした。得意の数学は意外なことに苦戦しました。ところが苦手なはずの英語は多分満点ではなかったかと思います。結果的に得意と不得意が逆転したのがとても意外でした。
2019.12.06 23:59 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
mk says... "横道にそれますが"
新テストも問題が多すぎのようですね。

センター試験も、共通一次試験も、大学の序列化を促しただけで、
四~六択(一部九択とか)の当て問(笑)で人生が半分決まるのは、
なんだかな~と思いますし、現在の脆弱化した日本の姿を40年前に
垣間見えたかのようにも思えます。

それ以前の大学別の完全記述式(論述含む)は問題作成も採点も面倒なんでしょうが、
学力差ははっきりでますよね。(私も苦手な科目は模試などで白紙同然でした)。

大学進学後、新聞に掲載されている共通一次の試験問題は苦手科目は、
易しいなあと思いましたよ。

意味不明な実体験ですが、私は、数学の4問題100点満点(各25点)で、
一つがすごく易しくて25点得点でき、4問題合計は27点で合格しました(笑)。

小学生時の算数はすごく得意だったのですが、数字に強いと思って中学以降全然勉強しなかったので、高2ぐらいから数学は赤点(笑)ばかりの残念な生徒でしたよ。
2019.12.06 22:43 | URL | #- [edit]
shoji says... ""
とんびさん
いつもありがとうございます。
英語の試験の民間移管がなくなるというのはニュースで見ましたが、国語と数学の試験もですか、、。これは知りませんでしたが、国語と数学も変更予定だったのですね。
マークシート方式には問題もありましょうけど、共通一次やセンター試験の流れをくむ試験であれば記述式は採点の問題もありなかなか難易度が高いんじゃないかなと想像します。
2019.12.06 19:21 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
とんび says... ""
この記事へのコメントじゃなく、半年ほど前に話題になった大学入試の件をコメントした続きです。記事自体は入試についてじゃなかったので、どの記事にコメントしたのかわからなくなってしまったので、ここに書きますね。

再来年からセンター試験がなくなり、代わりの新しいテストになるってコメントしていた記憶があります。shojiさんは知らなかったとか書いていらっしゃいました。それが最近になって大問題になり、英語の民間試験利用は延期、そして今は国語と数学の記述式試験も延期にかたむいているような感じです。新しいテストの眼目は、英語の民間試験利用と国語と数学の記述式ですから、記述式のほうも延期になれば、今のセンター試験とほとんど同じになりますね。そして、どちらも取りやめになる可能性も高いです。
2019.12.06 17:23 | URL | #7RorUgFk [edit]
shoji says... ""
momoさん
ありがとうございます。
聞きしに勝る階級社会ですね。想像を絶します。
日本は明治時代へと移ったさいに、平等な社会体制にしたのでしょうね。なかなか明治政府の行ったことは画期的だったように感じました。
平等で平和な日本で会ってほしいと願います。
2019.12.06 11:46 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
momo says... ""
英国では銀座にあたるボンドストリートの大半の土地は女王陛下の所有で年間の借地料は莫大です。
また階級によって話す言葉や、やったり見たりするスポーツ、読む新聞、紅茶の飲み方も違います。
日本人女性が大好きな欧州ブランドショップも階級によって扱いが違ってきます。
少し上級は毎年カタログが送られ→ブランドショーへの招待→ショップ訪問時に別の入り口からプライベートルームへ案内→最上位は自宅へ訪問し全てオーダー!
ここまでくるとお金が有るだけではダメでショップとの数十年の付き合いが無いとたどり着けません。
日本で売られているブランド品は輸出用で型番が本国のとは違うことが多いです。

先日の「坂の上の雲」にも通じる日本の平等な社会がこれからも続いて欲しいですね。
2019.12.06 10:32 | URL | #KAJ5fv8w [edit]
shoji says... ""
momoさん
いつもありがとうございます。
なるほど、マイケル・グリーン氏さんの話はかなりおもしろい話ですね。よく見てる。
書かれていることは同感でして、日本は平準化した社会だと思います。その分、多くの国民は押しなべて平等で階級がなく平等だと感じています。なんだかんだ言いながらも極めて住みやすい国だと思います。
2019.12.06 08:59 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
momo says... ""
先日BSの番組で米国のマイケル・グリーン氏が面白いことを言っていました。
「東大留学中の教授は皆んな社会主義者でその教えを受けた優秀な学生たちは大蔵省(財務省)へ進んだ。日本は最も成功した社会主義国だ」と。
野党の政治家、マスコミは不正確なことで国民に不安感を煽っていますよね。
貧富の格差がよく言われますが日本ほど階級化が進んでいない国は無いと思います。
私は留学や仕事で海外で暮らしましたが「何て日本は平等なんだろう!」と思います。
年金だけでなく国民皆保険も含めると日本は住みやすい国だと実感します。
2019.12.06 01:00 | URL | #KAJ5fv8w [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する