【ホテル】新型コロナウィルスでグローバルホテルチェーン各社の対応

    猛威を奮っている新型コロナウィルスはとどまることを知らない状況です。
    直撃を受けているのは各業界とも同じですが、特に航空業界・ホテル業界の影響はいかばかりか想像できないほどの状況です。

    グローバルチェーンの対応が少しづつ出てきています。
    ハイアットでは、アジアパシフィックの在住会員に対し、会員資格と特典の有効期限を2022年2月28日まで1年延長するを決めています。さらには、アジアパシフィックに頻繁に旅行されるメンバーの会員資格と特典の延長も視野に入れて現在検討しているようで、さすがの対応となっています。

    2020-02-24191703.png

    ヒルトン、IHGといずれも中華圏のみですが、資格やポイントの延長対応策を出しています。残すところはマリオットでしたがマリオットもやっと対応をしてきました。ただし、中華圏のみ(中国本土、香港特別行政区、マカオ特別行政区、台湾)の対応で日本は対象外になっています。

    各社出揃いましたが、今後どのような対応に変化していくでしょうか、ハイアットのようにアジアパシフィックにまで広げるか、それともこのままで終わるのか、注意してみていく必要がありそうです。


    ※ヒルトンホテルでは、中国国内の約 150 のホテルを閉鎖しています。
    ※マリオット で閉鎖しているところはありません。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村


    세일여행사


    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 2

    There are no comments yet.

    shoji

    12345さん
    いつもありがとうございます。
    なんと、、驚きましたー。そりゃそうですよね、私もビュッフェは怖いです。
    多くのお客さんはどうされるのでしょう。
    現在大阪の定宿は中国人韓国人のみならず欧米人も消えました。外国人で滞在してるのはエアラインクルーのみです。価格もほぼボトムになっています。

    2020/02/25 (Tue) 22:35

    12345

    東京のハイアットでは、ビュッフェの休止となりました。
    レストランだけではなく、クラブラウンジもです。

    2020/02/25 (Tue) 21:08