【ホテル】プログラムに思うこと

    グローバルチェーンのホテルプログラムはいくつもあります。
    メジャーなところでは、ヒルトン、ハイアット、マリオット、インターコンチネンタル、アコーといったところでしょうか。それ以外にもたくさんありそうですが、まぁ、日本ではよく知られたところというとこんなところでしょうかね。

    いくつか泊まってきての結論は『プログラムは相性だな』だと感じています。

    合う、合わないとか、求めていることが提供されるとかされないとか、プロパティが好きとかそうでないとか、インテリアが好きとかそうではないとか、便利なところにあるとかないとか、ベネフィットが気に入っているとか気に入らないとか。まぁ、そんなところに収斂されるのではないかなと思います。

    数年前にマリオットに絞ってしまいましたが今でもハイアットが好きです。プログラムも悪くないですし、多頻度宿泊者への対応も素晴らしいなと感じていました。何よりプロパティが素晴らしいところが多く今でも大好きです。日本国内はもとより特に上海でいろいろ泊まったハイアット系の素晴らしさは、私のホテル経験の中では良い思い出になっています。

    会員ステータスを維持していくのは大変で、やがては多頻度では泊まれなくなる時が来てしまいます。あれほど泊まって特別な対応をされてもステータスを失ってしまうとそうではなくなってしまう。いろいろな事情がありましたが2つのプログラムを維持するのはなかなか大変で1つにすることにしました。


    2013-4-IMG_0506_2014011.jpg


    SPGへ集約していますが、それはプログラムも優れていて気に入っていたこともありますが大事にしてもらえる感があることやベネフィットも気に入っていたからでもあります。
    その後SPGはマリオットに変わっていきましたが、その過程でこのプログラムは大きく変わりました。旧マリオットに関しては全然魅力的なプログラムではありませんでしたが、旧SPGの良いところを踏襲したため新しいマリオットのプログラムはとても魅力的なプログラムになり、プロパティも増えたことで利便性も増しました。

    マリオットは大衆路線を進んでいるように感じます。M&Aを繰り返し、プロパティを増やし、マスを狙うという戦略に舵を切ったように思います。プロパティを大きく増やしているために上級会員数を増やしても問題はないという考えなのでしょう。マリオットに限らずですが、ここ数年ホテルの上級会員は何も特別なものではなくなり敷居の低いモノになっていったように思います。そう考えると巨大なマリオットの意味が見えてきます。

    最近思うのは、マリオットがベンチマークしているのは競合他社のグルーバルホテルではなくOTA(Online Travel Agent)なんじゃないだろうかということです。Expediaに代表されるオンラインの旅行代理店をベンチマークしている、そのためには多くの配下のホテルが必要です。行きたい街のホテルをGoogleで検索するとマリオット系のホテルがたくさん出てくる。その中からマリオット系ホテルを選ぶ。たぶんおそらくそうなんだろうなと感じるようになりました。


    プログラムを選ぶにあたり、よくいく旅行地にあるのか、予算的にちょうどいい価格帯にあるか、欲しいベネフィットがあるのか、お得感があるかなどなど選択基準はたくさんあるような気がします。

    そして最後は相性。
    たまに泊まるホテルですからリラックスできて価格以上の納得感やお得感、ここにして良かったなぁと思えるホテルとの出会いで決まっていくように思います。そんなホテルと出会えればシアワセです。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 6

    There are no comments yet.
    shoji(しょじ)

    shoji

    HKさん
    いつもありがとうございます。
    マリオットはホテルの数もバリエーションもかなり増えましたね。価格帯も幅広くなりTPOに合わせて選べるようになりました。高級ホテルばかりではないのは比較的安いホテルを選ぶ私にはありがたいことだと感じています。プライベートでも宿泊数が極めて多いので高いホテルばかりではついていけなくなります。
    PLT以上の上級会員は非常に多いですね。これはもう多すぎで各ホテルはコスト増で大変だろうと想像します。上級会員への敷居を下げたマリオットの功罪は大きく各社チキンレースが始まったと感じます。
    上級会員資格ではハイアットが追随したこともあり、デフレが得意なマリオットが黙っているとは思えないのでこれからあるであろう来季対応については後出しジャンケンのできるマリオットは何をやるのか目が離せません。

    2020/12/06 (Sun) 10:22
    shoji(しょじ)

    shoji

    ワイン大好きさん
    いつもありがとうございます。
    書いていただいたことを読んでいてSPGからマリオットになって何が良くなったかを考えていたのですが、プロパティの数が明らかに増えてそれも価格帯のバリエーションが豊かになったこと以外思いつきませんでした。
    Gotoの影響か、価格の高い部屋を予約する人が増えたと聞きますのでなんだか不思議な現象です。常にボトム料金でしか予約したことがないのでこの感覚がわからないです。
    それにしてもアンバが25人、これも驚きです(笑)
    上位資格者の受難が続きそうですね。

    2020/12/06 (Sun) 10:07

    HK

    国内だけで見ると、マリオットは、立地的にもプライベート利用を目的とするホテルが多いですね。
    何よりホテル数が多く、各地域に点在しているのも魅力的で、私のように出張利用がない利用者にとっては、旅行先にグループホテルがあるかどうかは重要なポイントです。
    最近はステータスマッチなどによって、上級会員が大幅に増えましたが、今年だけでも数多くのホテルが開業したので、他のホテルグループから引き抜く必要があるのかもしれません。
    フェアフィールドのような低価格帯ホテルの開業もあって、日本の会員は上級会員を狙いやすくなったので、上級会員多すぎ問題は、長期的に続きそうです。

    2020/12/06 (Sun) 09:56

    ワイン大好き

    我が家はIHGは米国のHoliday Inn程度の利用なので平会員でした。
    Hilton,Accorは上級会員の時にそれなりのUPGで快適に過ごせました。
    Accorはプログラムを知らないスタッフが多く、こちらから言わないとウエルカムドリンクもギフトもUPGも提示されないこともあってC/Iの際に時間が掛かることもありました。
    SPGがMarriottの傘下になって良くなったのはHPからの予約の変更が楽になったこと、ホテルの選択肢が増えたこと、ラウンジのアルコール提供時間が長くなったので食後にも利用できること。
    ただ最近はGo toでクラブルームやスイートの予約が溢れているようですね。
    某ホテルでは、ある日アンバサダーさんが25組も宿泊されてアンバサダーなのに普通のお部屋(低層階のクラブルームでは無い)しか提供されなかったようです。

    2020/12/06 (Sun) 09:50
    shoji(しょじ)

    shoji

    Rさん
    いつもありがとうございます。
    価格はとっても大事なポイントです。いくら良いホテルでも予算を超える価格なら選択肢から外れてしまいますね。その昔、年末年始をNYで過ごすときにWTC横のヒルトンに泊まっていましたが、ピーク時は郊外のHoliday in Expressに避難しました。リーズナブルで快適でした。
    マリオットに関しては、上級会員の取得者が溢れていて大衆路線を進んでいるように感じています。これからの旅行先にマリオット系のホテルがたくさん選択肢があるようであれば考えてみられると良いかもしれませんね。

    2020/12/05 (Sat) 10:41

    私は、IHG(旧Priority Club)が25年、ヒルトンが20年、アコーが10年程度の経験ですが、相性も重要ですけど価格が一番な気がしています。

    ヒルトン系は、直接予約よりもOTA経由の方が安いことが多く、最近の宿泊実績は全部OTA経由です。あと、特に英米のヒルトンはひどいところが多いので敬遠してしまいます。(Hampton Innは愛用)

    IHGは、米国のHoliday Inn Expressが安くて好みだったので(当時は高級モーテルといった感じでした)、そのままIHGメインになっています。アコーは主に欧州で使っていましたが、シルバー会員でも東南アジアでの待遇がIHG以上でしたので、今年プラチナを取得して来年の楽しみにしています。いずれも価格帯が安めなのと、ある程度クオリティが保たれていますので、安心感も大きいです。

    実は、この記事でマリオットがマス戦略でありながら上級会員の待遇も良いとのことで、少し興味を持ってしまいました。年齢的にも、今後は日本とアジア中心になると思いますので、調べてみたいと思います。
    大昔に調べたときは、ほとんどホテルが無いという印象だったので、メジャー観光地以外にもあちこち飛び回る私には使えないなと判断したことがあるのですが、今後は有名観光地や大都市が中心になると思うので、案外使えるのかもしれません。

    2020/12/05 (Sat) 10:26