マイレージライフ

JAL / ANAでのマイレージ生活とMarriott(マリオット) / SPG ライフタイムチタン生活の毎日を綴ります。

【暮らし】ステイホームは旅行本と

書籍は以前ガッサリと処分していて今は手元にごくわずかしかありません。
断捨離の過程で服と書籍は第一のターゲットでしたので勇気を持って捨てたのですが、無いと寂しいのも事実です。ただこれ以上は増やしたく無いので買うことは憚れます。

これは捨てられなかった本の一部ですが、やはり「深夜特急」は捨てられませんでした。
実現できるかはわかりませんが、私もいつかはそういう旅行に出たいと思っています。中国からベトナムやインドシナを抜けてミャンマーやインドを目指したい。今の環境では行くことができないミャンマーやインドですが、まずはアジアを廻りたいなぁ。そしてトルコから地中海沿岸の国々を廻りながらユーラシアの西端を目指す。
そんなことを今でも思っています。

IMG_2892.jpeg


それと岸本葉子さんの「よい旅を、アジア」。今はエッセイストの岸本さんですがその昔彼女はいくつもの旅行本を出していてその中のこの1冊が私の中の旅行本のベストです。この本のことは何度か書いてきています。
各国での旅の思い出の短いエッセイを集めたものですけれど、心踊らせながら読みました。何度も何度も読みました。

その中で1番忘れられない場面はクアラルンプールでの出来事です。

夜遅く暗がりを歩いていた時に、怪しい男に追いかけられた。
身の危険を感じて駈け出して助けてくれる人がいて、危機一髪で九死に一生を得た。これまで旅先では十分な注意を払ってきた彼女だったが、どうしてこんなことになったのか。

そして「私にもしものことがあったら、家の人をはじめわたしを大切に思ってくれている人たちはどんなに悲しむだろう。人を悲しませることになったら、それはもう旅ではない」と書いていたことが忘れられない。

これがわたしの旅の教訓です。
「わたしを大切に思ってくれている人を悲しませてまでする旅行なんて絶対してはいけない。」
いつもそう思って旅に出かけます。

だから僕は、夜は出歩かない。
どんなに旅慣れても、海外は日本じゃない。
何が起こるかわからない。
旅先では臆病でいい。

僕はそう思っています。
久しぶりに岸本さんの本でも読んでみようかな。なんだかそんな気分になりました。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comment

shoji says... ""
mkさん
いつもありがとうございます。
いやぁ、どれも最悪ですね(汗)
こういうのは洋の東西を問わないんだっていうのを改めて実感しました。
個人的にはタクシー編の①②がいやだなぁ。こうして読んでいると思い出しました。私もタクシーでは2回ほど汗をかいたことがありました。1回目は深夜の空港からホテルへ向かう高速道路でタクシーの運転手が居眠りを何度もすること。窓を開けたり話しかけたりしながら起こしました。2回目はターボメーターのタクシーに乗ってしまい、手持ちのお金が足りるかどうかヒヤヒヤしたこと。この時は相場の2倍くらいでした。
2021.05.14 22:27 | URL | #6R1pn6UQ [edit]
mk says... "皆さん凄い経験ですね"
私は野外というよりもタクシーやホテルで怖い思いをしました。
タクシー編①
エジプトで空港からホテルへのタクシー利用時、現地はメーターがないの
で交渉制。相場より上の50ポンドで合意。深夜です。英語で雑談。値段が
上がります、60、70、・・外は真っ暗どこを走ってるかわからない。結局
100となりました(笑)、会話しなければよかったです。
タクシー編②
ペキンのニューオータニホテル(名前だします(^^)/)から日本人スタッフ
紹介のドライバー付き高級自動車で高速使って片道2時間半の清の東陵へ。
帰りにトイレ休憩するはずがなぜか無視され果樹園で用足し(1分だけリ
ュックを身体から離す)。リュック内の小カバン中の封筒に支払い用の現
金○○元+αのうち○○元無くなる。プロの技。それを携帯電話(ホテル
の日本語できる中国人スタッフとの連絡用)で通訳してもらいながら運転
手に詰問。運転手の顔がどんどんと鬼の形相になり結果諦めました。警察
沙汰にしてもよかったのですが、滞在日数があと2-3日だった上、反日国
家の公安と対峙するのは嫌だったので。翌年もこのホテルを利用すると、
最安値なのにアップグレード。(^^♪
ホテル編①
ミラノのホテルで風呂に入ろうとするたびに(数分置きに)、ドアノブが
ガチャガチャ。「誰?」「何?」とかいうと止む。貴重品もバスルーム
へ。お湯の温度が異常に低い上、ハッチが壊れていてお湯がたまらない。
1月です。風邪ひきました(帰宅頃は38度台の熱、気管支炎と診断)。会
計時に、利用していない冷蔵庫内のドリンク代請求されチェックアウトが
かなり遅れました。このホテルはのちにspgに加盟しています。
ホテル編②
初めてのイギリス・ロンドン。ホテルの廊下で従業員らしき男性から幾度
かウインクされる。(@_@)幾度も。当時は30代でコンタクトしてましたが。
(^^)/その夜に変な電話が複数かかってくる(私の部屋へ行きたいような
内容、もちろんノー・笑)。時差の関係で夜8時には寝たいのに。それか
らノックとドアノブのガチャガチャが幾度か。部屋にある椅子・ソファー
などでバリケード。1週間の滞在だが2-3日連続そんな状態。
ある意味これが一番怖いか。(>_<)
2021.05.14 22:03 | URL | #- [edit]
shoji says... ""
とんびさん
いつもありがとうございます。
壮絶な体験ですね、ひきずってでも奪うなんて想像を絶します。南米は治安が悪いと聞くのでかすり傷程度で大きな怪我がなくてよかったと思うしかないですね。
撮った写真の件は本当に残念です。私は写真の全てはiPhoneなのですがWi-Fi環境下に行くと自動的にクラウドにアップされるのでダメージは少しです(アップされない時もあります)。
私はみなさんのような酷い目には遭うほどには海外に行っていないので緊張感が足りないかもしれません。旅行が再開されたらちょっと気を引き締めて行かないといけないですね。
2021.05.14 19:18 | URL | #6R1pn6UQ [edit]
とんび says... ""
自分の場合は、モンテビデオでカバンをとられました。肩下げカバンでしたが、後ろから走ってきた奴に肩紐を奪われました。自分はカバン本体を死守。でも途中で倒れて引きずられました。そして力尽きました。誰かが日本でいえば110番してくれたんでしょうね。ほどなくパトカーがやってきて、まず病院へ。レントゲンは問題なく、かすり傷ですみました、警察で事情聴取されている最中に、ファイルが届けられました。航空券(当時はまだ紙)や旅程表などが入ってました。現場に捨ててあったとのこと。換金できないから捨てたんでしょうね。でも、これが戻っただけでも不幸中の幸いでした。航空券はもちろん旅程表もなければ旅に支障がありますから。

で、カバンのなかには上着、帽子、カメラなどが入ってました。残念なのはカメラ本体はまだいいとして、撮影したSDカードがなくなったことです。カメラは帰国後、クレジットの旅行保険で全額もどりましたが、写真はもどりません。HPのトップページを見ると、1つだけ「旅行記なし」ってのがあることにお気づきですか。写真がないからつくれないからでです。この事件後、対策をとりました。1つは肩下げカバンはやめてリュック(危なそうな国ではお腹の側でかかえる)にかえました。もう1つはカメラについてですが、詳しくは3,4日後くらいに書きますのでお楽しみに。先日の旅行なんですが、その対策のおかげで、助かったのですよ。
2021.05.14 19:08 | URL | #7RorUgFk [edit]
shoji says... ""
たにともさん
いつもありがとうございます。
うわぁ、聞きしにまさるすごさですね。イタリア、スペイン、フランスあたりでは地下鉄でいく人にも囲まれてということは聞いたことがありますが、想像を絶します。
それにしても怪我もなく、お金もパスポートもクレジットカードも無事でよかった。
海外には行けない日が続きますけれど、もう少しの我慢だと思ってその日が来るのを楽しみに待っています。
2021.05.14 07:41 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
たにとも says... ""
私も何度も危ない目に遭っています。
イタリアには25回位行っていて大好きな国ですが、そのイタリアがやはり危ない。
一番震えたのは地下鉄で鞄をカミソリで切られた事。混雑する車内で男性数人に囲まれ次々に手が出てくる。片っ端から叩いていたのですが、その内の一人に切られたと。勿論次の駅で降りたのですが、その時に被害に気付きました。
叩いていた手にカミソリが当たっていたかも。と想像すると震えました。
中身には被害が無かったのですが。。
イタリアではレストランのオープンが遅いのでホテルに戻るのは夜遅くなりますが、
バッグはなるべく小さく上着の下に隠れるようなものを持つようにしています。
2021.05.14 06:27 | URL | #mQop/nM. [edit]
shoji says... ""
pochasannさん
いつもありがとうございます。
ヨーロッパではよく聞きますね。私自身は経験がないのですが、街角や電車の中で囲まれて、スられたりすると聞きます。そうなってしまうと残念なおもいをしますね。
昼でも夜でもやっぱり注意していないと大変なことになりそうです。
2021.05.13 20:26 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
pochasann says... "旅"
ツアーでしか行ってませんが団体で歩いていても怖い思いをしましたイタリアだったと思いますジプシーに囲まれて。。。。

ブランド品やブランドアクセサリーをたくさん見に着けていると危ないって。
他のツアーと合流して難を逃れました。

買い物の時のバックの処遇など日本とは違う事確り感じてないとまずいですね。
2021.05.13 06:55 | URL | #- [edit]
shoji says... ""
Rさん
いつもありがとうございます。
国内旅行も今はちょっとお休み中でしょうか。
私の場合は海外で怖い目にあったことはないような気がします。危なさそうなところには行かないようにしているからかな。特に夜は出歩かないようにしているので危険なシーンには出会ったことがないような気がします。
作者は今から30年くらい前でしょうか、若い時の出来事だったと思いますので、若い女性が夜の一人歩きは危険と遭遇する可能性が高いような気がします。
2021.05.12 09:21 | URL | #jFhDM2Bo [edit]
R@国内旅行自粛中 says... ""
私も飲まないし夜遊びもしないので日本も含めて夜はほとんど出歩かないクチですけど、上海でまっ昼間にヤーさんみたいなのに500mも追いかけられて怖い思いをした経験があるので、昼間だから安全というわけでは無さそうです。これが理由で、中国には行きたくないと思っていました。(今は冤罪リスク等の別の理由で行きたくありませんけど)

しかし、10回以上でかけているクアラルンプールで危険な目って、ちょっと信じられないですね。
ホテルから夜市会場には時々出歩きますけど、路地を歩いても怖い雰囲気を感じることはない街なんですけどね。まあ、旅行者が知らない危ない地域があるのかもしれませんが。
2021.05.12 07:20 | URL | #W25JDkb2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する