【ファイナンス】日経平均の30年

    この30年の日経平均のチャートが出ていました。
    こうしてみてみると、この30年は沈みっぱなしでしたね。ここ最近は28000円前後でしょうか。
    株価は日本だけで決まるわけでもなく海外特にアメリカの市況にも左右されますし、原油、為替、戦争、イベントリスクなどに大きく左右されます。

    とはいえ、この10年での株価の回復は目を見張るものがあります。
    リーマンショックに沈んだ株価も安倍政権の誕生でアベノミクスが始まり、一体どうなるのだろうと思ったマイナス金利も後で振り返ってみれば、意外なことに世界中が後追いで同じことをするようにもなりました。直近数年でいえば、アメリカにトランプ大統領というかなり不思議な人が就いてからの上昇は目を見張るものがありました。


    IMG_0312.jpg


    失われた30年。

    私がビジネスマンになったのは86年からで空前の株高に湧きました。
    NTT株は318万円という値をつけたのは今ではもう昔話のようです。90年前後だと思いますが不動産の総量規制がバブル雪崩を招いたのではないかなと記憶しています。当時お付き合いのあったデベロッパの社長より総量規制でどうにもならんのだと言われたことをよく覚えています。あとはもうつるべ落としで30年にわたる不景気の中で仕事をしてきたような気がします。

    その中でも特にリーマンショックのダメージが大きくて仕事も息詰まり感を感じてどうにもならなくなりましたが、それ以降のこの10年は右肩上がりを実感するような経済環境となってきました。株価は仕事にも大きく影響を与えましたが、日常生活にも密接に関係しています。支給されるのはまだまだ先ではありますが、国の年金運用にも影響は大きいはずです。生活への影響は遠からずでしょうか。

    これから3万円台をコンスタントに超えるようになるのか、それともまた予期せぬ事態でシュリンクしていくのかそれはわかりません。ただ言えることは、このチャートを見ていて株価が低下すると景気が悪くなるということです。景気が悪くなるから株価が下がるというのが正しいと思いますが、景気と株価は一致しているように思います。

    これからの30年は、ううん、30年はちょっと長いかな、これからの10年15年はどういうチャートになっていくのかわかりませんが、ゆっくりでいいので右肩上がりであって欲しいなと願っています。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 2

    There are no comments yet.
    shoji(しょじ)

    shoji

    elledacksさん
    いつもありがとうございます。
    当日と今では金利はまるで違いますね。今は不動産も高騰していますがこの低金利のおかげで買いがつく。不動産の独歩高は低金利のなせる技ですね。
    あの時、激動の金融業界に身を置いていた方々はあの頃の情景を忘れることはないでしょうね。私は素人なのでこれからどうなっていくのか全く予想もつきませんが、リーマンショックやバブル崩壊クラスの激変が来ないことを祈るだけです。

    2021/10/19 (Tue) 22:10

    elledacks

    貨幣価値が・・・

    34年前、私は某証券本社の法人部門に在籍しておりましたが、究極の過剰流動性により、国債・株式は凄まじい相場でした。更に信用がつけられる不動産は下がると言う言葉はありませんでした。
    但し、90年頃8%国債が発行され程の、日銀引き締めで、崩壊は時間の問題だったと思います。

    現在、株価はやっと当時の水準に近づきましたが、最大の相違点は金利水準だと思います。
    更にコロナ禍で世界中の政府がバラマキを開始し、我が国の国債発行の歯止めは無い状況です。
    私はある時期に突然貨幣価値が大幅に変化すると思います(個人的には年金の価値が縮小するのは残念ですが)。そう言う観点で考えますと、株価は高すぎる事はないと見てますが、大変動が何時起こるかは検討も付きません。

    2021/10/19 (Tue) 21:39