【JAL】浅野屋のパンって美味しいの?

    JALのダイヤモンドプレミアラウンジに来ました。

    いつもおにぎりが楽しみなラウンジですが、どうも最近新しい種類のおにぎりには出会わず、今回もとりご飯でしたのでパスすることにしました。その代わりクロワッサンとこの新しい種類の浅野屋のパンがありました。クロワッサンも美味しいとは感じたことがないので普段から食べることはありませんし新しいこの浅野屋の葡萄パンをいただくことにしました。

    食べてみての感想は、、、うーん、、、です。
    浅野屋のパンは食べたことがないのでその味がわからないのですが、これを美味しいとは正直なところ感じることができませんでした。そもそもそのまま食べるものではなくてローストすると美味しいのかな?

    出来立てではないから美味しくない?
    個別包装してしまってるので味が変わってしまってる?

    きっとそのどちらかではないかなと思うのですが、どうなのでしょう。有名なお店なので美味しくないとは思えないのです。ただこういう形で提供すると味が落ちてしまうんじゃないかなと想像しています。私のように食べたことがない人がこうして食べると「浅野屋=まずい」という思考回路になってしまって今後お店で買うことは無くなってしまうんじゃないかなと心配してしまいます。





    コラボレーションしての提供は本来の味が維持できないということでしょうか。
    そうであれば、やめた方がブランドの価値を維持できますし良いのではないかなと思います。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 2

    There are no comments yet.
    shoji(しょじ)

    shoji(しょじ)

    To 12345さん

    12345さん
    いつもありがとうございます。
    今回のこのパンのお店は、名店でもコストを削減し大量生産するようになると本来の品質を維持できないということでしょうかね。残念なことです。

    美味しいパン屋さんには恵まれていて、食パンならここ、バゲットならここ、カンパーニュならここというふうに使い分けしています。いずれも名店ではなくて町のパン屋さんなのですが作っている姿が見えて、美味しくてリーズナブルで人気になっていて焼きあがるとすぐに売り切れてしまいます。生産量に限りがあるのとやはりみなさん美味しいものは知っているなぁと感じています。

    2022/09/22 (Thu) 09:25

    12345

    おはようございます。

    まずは、良く言われるのは、名物にうまいものなし。
    これは、評判や名前などが先行しているので、該当するもののは多いと思います。
    一般的には、名物は高くはないけれど安くもない、配るお土産用に最適でまあまあかなって感じです。
    個人的には、温泉饅頭のようなものが一番おいしいと思っています。

    さて、今回のものは名物ではなく比較的名店のもの。
    これも評判や名前などが先行しているものが少なくありません。
    ここが該当するというわけではありませんが、再び高級食パンが閉店や衰退しているように、
    大量出店や大量販売をしていくと評判が下がっていく傾向があります。

    ・やはり名店のものは、高い。→コスト、手間、時間がかかっています。

    良い例が、ニューオータニ(サツキ)のプレミアムバゲットは1日10本の限定販売、これは
    発酵時間が16時間かかるので、それしか生産できないのです。
    サツキでは、1000円弱のカレーパンやケーキも1000円以上で、多くのものが他のホテルより
    かなり高いですが、バンバン売れていてリピートゲストが絶えません。
    私もその一人ですが、サツキは売れすぎて気の利いた他のホテルのような手厚いサービスは
    期待できませんが、商品勝負で長年の評判があると思います。


    2022/09/22 (Thu) 09:04