【ファイナンス】日経平均株価の40年推移

    日経平均株価が30,000円をコンスタントに超えだして現在は32,500円前後となっています。
    この40年ちょっとのチャートを見ていただくと分かる通り、89年あたりに最高値をつけた後に暴落。バブル崩壊といわれたながく続く不景気へと突入していきました。

    最高値は89年12月につけた3万8915円です。
    それ以降はつるべ落としで2012年にアベノミクスが始まるまでは1万円を切るほどで7162円(2008年10月)が最安値でしたでしょうか。アベノミクスはいろいろいわれていますが、1万円もしなかった株価は今や3万円を超えるようになっています。アベノミクスの三本の矢は第一に低金利政策、金利を低くして市場にじゃぶじゃぶとお金を流通させたことです。低金利は経済の活性化を産みますし、大胆に競り金利政策を生み出すなどで効果があります。第二に財政出動でしょうか。税金を投入するわけですから増税あるいは国債の発行で賄うしかありません。そして3つ目は成長戦略でしょうか。さまざまな規制緩和が新しいビジネスを生み出すというのは法規制でビジネスががんじがらめだったことから解放された感があったのを肌感覚でおぼえています。

    経済成長、あるいは暮らしの豊かさを実感するのはどんな場面なのか。
    株式が上昇することが経済成長とは言えませんが、少なくとも資産を嵩上げしてくれるもので極めて大事なことだと思っています。

    企業業績が良くなり、給与も増えて、買いたいものを躊躇することなく買える。
    そんなときに豊かさを実感するのでしょうか。


    nkave.png


    アベノミクス以降の10年は、企業業績が悪かったとは思いませんが企業は内部留保の確保に走っていて、結局現金を持っていることが全てというような経営だったように思います。それは過去のバブル崩壊、そしてリーマンショックでの経験を通して、現金があれば銀行が手のひらを返したところでびくともしないという教訓を得ていたからだと思います。そういう経営では過去最高益というような業績を出していも給与は上がることはありません。従業員への還元、株主への還元というような方向には向かわなくなります。それがこの10年だったのかなと私なりの解釈をしています。守備固めの経営だったのでしょう、それは生き残るために必要なことですし、これまで幾度となくあった危機を生き伸びてきた知恵でもあります。

    岸田政権は、物価高ということも背景にありますが給与を上げることを経済界に強く要望しており、各企業は給与を上げる努力をしています。給与の上昇以上に物価が上がってもいるでしょうけれどそれでも給与が上がり出しています。「なんだ、あげれるんじゃん」これまでと同じような企業業績でも給与は上がっている。これまでは何だったんだと思いたくもなります。

    まぁ、そうはいってもいい方向に歯車は回り出しているのではないかなと思っています。
    そして日経平均株価は今後どうなっていくのか、89年12月につけた最高値の3万8915円を超える日が来るのか。個人的には、そう遠くない先に4万円も超えるんじゃないかなと思っていますが、こればっかりはわかりません。世の中、特にグローバルでは不安定な要素がたくさんあります。ロシアは他国を侵略してドンパチしていますし、始末に悪いのは侵略しているという認識が全くないことです。そして日本の隣国には領土的野心に燃えた心の通じ合わない人々がいます。景気なんて水物で、ひとたび不安が膨らむと実態以上にシュリンクしていくのはこの40年チャートを見ての通りです。

    どうなっていくのかわかりませんが、着実に経済成長をして行ってほしいと願っています。
    そして株価もね。株価は私自身の資産形成上も大きなウェイトをしてめています。桁違いに凹んだ株式資産も少しづつ回復していますがまだまだ元には戻っておりません。ちゃんと元に戻ってもらわないとね。


    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 2

    There are no comments yet.
    shoji(しょじ)

    shoji

    elledacksさん

    elledacksさん
    いつもありがとうございます。
    書いていただいて気が付きましたが、ほんとですね、この上昇はデフレ時代からインフレ時代に移行しているという感じがしますね。ホテルは非常に高くなりました。従来の2倍というのは普通でインバウンドに合わせて価格を合わせてきているなと感じます。リモワも(実はTUMIもです)高くなりすぎて私も買えません。
    なにより、日本は諸外国が経済成長している中でまったく経済成長せず、いつしか抜かれ相対的に貧しくなった。ただそのことに気がついていない日本人が多いんじゃないかなと感じます。
    せめて日経平均株価がバブルではなく、実経済を反映して力強く株価を上げて行って欲しいと思っています。

    2023/08/02 (Wed) 07:26

    お名前忘れ

    ご無沙汰してます。elledacksです。
    日経平均がやっと30,000円台に到達しましたね。
    この先も上昇が期待されますが、この上昇はデフレ時代からインフレ時代に移行したからなと最近は感じてます。
    都内のマンションの驚く様な価格上昇など、資産インフレの1980年代が想い出されます(・・・その後日銀の強烈な引締めでバブル崩壊しデフレ不況に突入したのですが。)
    リーマンショックの15年位前から考えますと、日本だけがデフレが続いて世界に取り残された感じです(仮に年率5%インフレが続くと15年で約2倍)。確かにリモワのスーツケースは2倍位になって私にはもう買えません。以前は海外で安いなと言う実感がありましたが、現在の日本円基準では(一部のアジア地域以外を除くと)高いと感じます。また国内マリオット系のホテルは海外基準の価格で2倍になった気がしてます。
    私は年金生活者なのでインフレに抵抗する為に株を保有してます(目先の上下動は気になりますが)。
    ではごきげんよう。

    2023/08/02 (Wed) 06:55