【JAL】JAL Life Statusプログラムがついにオープン!

    JALが新しいJALグローバルクラブの内容をリリースしました。

    ◉JAL Life Status プログラム

    わかりやすく言えば、従来のFOPの制度はそのままに、JGCのプログラムをJAL Life Status プログラムという名前のライフタイムプログラムを拡充して生活全般でJALのサービスを利用してもらうことでJGCへ入会できたりするようなプログラムを作ったということです。非航空部門のサービスを拡充させて、生活のあらゆるシーンでJALのサービスを利用いただくことで収益チャンスを拡大させるというものだと捉えています。

    Life Status ポイントは、JALグローバルクラブ*への入会基準となるポイントです。JALマイレージバンク会員である限り、生涯たまり続けるポイントのため、ご自身のスピードでJALグローバルクラブを目指すことができます。つまり単年度で飛行機にたくさん乗って入会する資格から、飛行機搭乗以外にも様々なポイント獲得機会を得て複数年かけて自分にあった方法で入会資格を得るプログラムになったといえます。なかなか良い考えだと思いますが、最初の設定バーが高すぎるかもしれません。

    JAL Life Status プログラムとしてスタートします。

    Starグレードは、2024年春頃より導入。JAL Life Status プログラムには、生涯獲得Life Status ポイント数に応じた6つのStarグレードがあり、Star グレードごとに異なる特典やサービスをご用意しています。
    ThreeStar以上が旧JGCに相当しますのでここではそれを取り上げます。



    1500 ポイントに到達した段階でJGCに入会できます。これまで単年度での搭乗実績でJGCの入会をするという形でしたが、これからはライフタイムで到達すれば良いということになります。ライフステータスとはそういうことなのです。

    国内線のフライトのみなら300回の搭乗で1500ポイント相当なのでなかなか遠いですね。これまでのように単年度で50回搭乗で得る資格ではなくなりましたのでJGC入会は難易度が非常に高くなったと言えるかもしれません。ただ、さまざまなサービスを利用することでこの1500ポイントには到達できますので障壁は下がったと考えることもできますが、それでも300回ですから高い壁です。個人的には新規入会に関しては難易度は格段に上がったと思います。これまでの過去実績がないと1500ポイントは遠すぎますし、1年で到達できる人はいないんじゃないかなと思われます。これからゼロからJGCを目指すというのは現実的ではないかもしれません。ただ長く乗ってきたけれど、単年度でJGCに入会するほど多くは乗ってこなかったという方にはJGCが身近になります。新しいライフステータスとはそういうものなのでしょう。JALはそういうお客さまを大事にしたいということなのでしょうね。

    Life Status ポイントとは、対象サービスの利用に応じて積算する生涯実績ポイントで、減算されたりリセットされたりするものではなく延々と積み上げていく数字になります。それはフライト・カード決済・JALMall・JALPayをはじめとしたJALのサービスの利用実績が加算されていきます。生活全般でJALを利用することによって積算されてステータスをいただけるものになります。まさにLife Status ポイントといえます。

    例えばJALカードで毎月決済している場合などを想定してみましょう。
    毎月20万円決済しているとすれば、獲得マイルは100円で1マイルとすると獲得できるのは2000マイルですよね。
    2,000マイルで5ポイントになりますので、1年で60ポイントになります。こういうコツコツした積み上げでJGCへと近づいていきます。ただかなりコツコツですね。でもこれも10年で600ポイントにもなります。

    なお現在JGCの方はスリースター以上ですので、ワンワールドサファイアのステータスを与えてくれるのはこれまで通りですから既にJGCである方はこれまで通りです、ご安心ください。


    2023-11-14192100.png


    ◉気になる初任格付けがどうなるか?
    生涯フライト記録(JALマイレージバンク入会日以降にマイル積算対象運賃でご搭乗いただいた、JAL国際線通算搭乗マイル数またはJALグループ国内線搭乗回数)を新ステイタスポイント「Life Status ポイント」に換算して積算します。
    Life Status ポイント保有数は、2024年1月中旬頃よりJAL WebサイトまたはJALマイレージバンクアプリにて確認できるようになります。そして下記のいずれかに格付けされます。


    2023-11-1423.png


    ◉生涯搭乗実績からの計算方法
    国際線は「生涯マイル」、国内線は「生涯搭乗回数」の実績に基づきLife Status ポイントへ換算します。
    国際線は生涯マイル「1,000マイル」、国内線は生涯搭乗回数「1回」ごとに「5 Life Status ポイント」がたまります。

    ということは、私の場合で書くと次のようになります。

    国内線搭乗回数  1141回搭乗 ×5P =5705P
    国際線搭乗マイル 147,925マイル搭乗 ÷ 1000 = 147マイル 147マイル × 5P = 735P

    合計すると 6440Pとなり、JGC Five Starへの格付けとなります。


    これはもしかしたら国内線組の方が少々有利な設定かもしれませんね。国内線は1回で5ポイントと国際線は1000マイルで5ポイントが等価ということにしていますが、東京ー大阪片道1本乗って5ポイント。東京ークアラルンプールで片道1回乗って区間マイルが3345マイルなので3×5ポイントで15ポイント。
    区間の距離や航空券の価格を考えると国際線の方がハンデキャップがあるような気もします。なんとなく国内線がメインだった私にはラッキーだったという感じもしますがこのあたりは個々人ごとに感じ方が違うかもしれません。


    2023-11-14192128.png


    このFiveStarのサービスの内容は、旧黒ガメとほぼ同じではないかなと思われます。個人的に1番欲しかったマイルの有効期限撤廃というのがこのFiveStarにはありますので、とてもありがたいことです。私自身は国内線1000回搭乗で旧赤カメに到達しています。旧黒ガメ到達まであと100回のところで制度変更の話がリリースされ旧黒ガメ到達もダイヤモンドを維持することも辞めてしまいましたが、結果的には旧黒カメの内容のサービスを受けれることになります。それは国内線だけではなく国際線を合算することでその分のポイントが寄与したということでもあります。ラッキーと言えばラッキーですね。

    初任格付けでファイブスターとなるので、これ以上のシックススターは非現実的な到達ラインということもありますし個人的にはこれでおしまいです。すでに多頻度では乗らなくなりましたしね。これからは毎月のJALカード決済でのライフステータスポイントが少しづつ積み上がるくらいでしょうか。

    黒ガメ目指して赤ガメで終了していましたので中途半端感がありましたが、今回のFiveStar格付けによりJALは解脱ということになりました。


    私がいちばんの関心ごとであるJAL Life Status プログラムについてのレポートをさせていただきました。



    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 16

    There are no comments yet.
    shoji(しょじ)

    shoji

    To そらさん

    そらさん
    いつもありがとうございます。
    5スターとのこと、おめでとうございます。
    国内線はおおよそ同じくらいの搭乗回数、国際線はそらさんの方が多いと思っていましたので予想通りでしたよ。わたしも到達することなく諦めてしまっていた黒ガメ(みたいなものに)に到達するなんてと驚きです。制度改定でいいことは何もないかなと思っていましたが、そういうことばかりじゃないなということを今回実感しました。

    JALのサービスの低下は私自身は感じたことがないのですが、それは他社を知らないからでもあります。他社を知ると「あれれ?これでいいのかJAL」と思うようになるんでしょうね。
    これからもいろいろ教えてください。

    2023/11/18 (Sat) 22:33

    そらさん

    shojiさん。こんばんは。
    新制度が発表されましたが、良く分からないこともあったので、助かりました。
    さて、自分の場合、国内線が1132回、インターが103回で264946マイルでした。
    今までは、ドメの基準で赤亀だったのですが、これからはインターの基準も加えていいのですね。
    航空券の高止まりとNHへの浮気も相まって、黒亀は遠いと思っていましたが、結果的に5スターが手に入ることとなりました。

    しかし、最近のJALはラウンジサービスは勿論ですが、機内エンターテイメントなどでもANAに見劣りしているように思います。
    ANAは国内線の小型機でも映画や音楽のサービスがあるのに、JALはエアバスと787以外は目立ったサービスは何もありません。
    国際線の機内エンターテイメントの冊子さえもなくなってしまいました。
    コロナも終わって制度が変わる今、空港や機内サービスも改善して欲しいなと思いました。

    何はともあれ、shojiさん、黒亀おめでとうございました

    2023/11/18 (Sat) 22:20
    shoji(しょじ)

    shoji

    To Molybdenumさん

    Molybdenumさん
    いつもありがとうございます。
    こうして書いていただくと国際線の方に必ずしも厳しいわけではないんだとわかります(笑)
    Molybdenumさんの場合は、国際線では茶ガメ相当、国内線では緑ガメ相当と国内・国際それぞれにかなりお乗りでしたので、こういう方が報われるようになったんだという感じがします。JALの新しいライフステータス制度を楽しみましょう!

    2023/11/17 (Fri) 15:29

    Molybdenum

    Shojiさん、

    私は国際線メインなので国際線の基準が緩くなれば嬉しいですが、新基準、金額ベースであればまぁまぁ妥当におもいます。
    国内線、路線/時期/券種にもよりますが、ラフに1搭乗15000-20000万円ぐらい?ですから、往復10ポイントで3−4万円。
    日本ーシンガポールを往復で6500マイルで、32.5ポイント(端数は、長期で考えれば有効でしょう)。これも時期によりますがラフにエコノミーであれば10−15万円。まぁ、国内線とトントンかな。ビジネスクラスとかプレミアムエコノミーとかでもう少し高価なチケットであれば、「国際線の方が割りが悪い」という感じになりますけど、閑散期に「往復7万円!」とかもありますからね。それを言ったら、国内線もパックとかキャンペーン価格とかあるか、、、

    2023/11/17 (Fri) 15:07

    shoji

    To Molybdenumさん

    Molybdenumさん
    いつもありがとうございます。
    お役に立てたのであればうれしいです。
    JALはこれまで国際線、国内線のいずれか一つでのカウントでしたのでそれぞれにそれなりに乗っている方には物足りない形になっていましたが、今回より両方ともカウントすることになったのでバランス良くなってこられて方々には朗報だと思います。
    個人的には国際線の1000マイルで5ポイントというのはちょっと厳しい評価かなという気もしますがいずれにせよ一歩踏み出した感があります。
    5スター直前とのことで到達が励みになると思いますので引き続き頑張ってくださいませ。

    2023/11/17 (Fri) 14:31

    Molybdenum

    解説ありがとうございます

    このブログで新制度をちゃんと理解できました。
    当方、国際線メインで53万マイル強の実績で茶亀でした。それに加えて、国内線の搭乗実績が500回強あります。
    これは地方在住のため国際線に乗る際に、地方ー東京便に必ず乗るという事情があります。
    国内線/国際線が別カウントだったのが合算されるのであれば、5300ポイントぐらいになり、一挙に4スター獲得、5スターも目前となります。
    今回の新制度、国際線/国内線のどちらもほどほどに利用していた人には、明らかにメリットがあるように思います。

    2023/11/17 (Fri) 14:13
    shoji(しょじ)

    shoji

    To くまっぽさん

    くまっぽさん
    いつもありがとうございます。
    国際線50万マイルということは、茶ガメさんだったんですね。せっかく緑→茶色と着実にランクアップしてきたのに3スターということであれば引き戻される感がありますね、残念なお気持ち察します。あとほんの少しだと思いますので是非3000Pに届きますように。ただメタルになるほどお乗りならばすぐ3000Pには到達されると思います。
    問題は75万マイル相当のポジションがなくなったことですね。モチベーションの維持はメタルを維持すると思えば大丈夫、そう遠くない先に5スターになっていると思いますよ。

    2023/11/15 (Wed) 22:29

    くまっぽ

    こんにちは。
    国際線に超偏っている私は一個下のランクに下がるような気分です。。。
    国際線50万マイルちょっと飛んでいますが3000ポイントに到達しません。
    加えて75万マイル相当のランクもなくなりミリオン相当の6000ポイントが遠すぎてモチベーション保てなさそうです。
    どんな形であれJALに金を落とせばポイント貰えるというのはJALにとって良い制度と思いますが、自分にとっては改悪のようです。
    JAL株たくさん保有しているので株でポイントボーナスがあると元気が出るのですが、JMBお得意様番号と株主情報がリンクしてなさそうなのでなさそうですねぇ。
    メタルの方が価値あると言い聞かせるしかありません。

    2023/11/15 (Wed) 22:10

    shoji

    To とんびさん

    とんびさん
    今は海外からでしたよね、ありがとうございます。
    4スターになりそうだとのこと。少し先をゆくとんびさんにマイルの失効対策などでいろいろ教えていただきました。その一環での黒ガメ到達を目指していたのですがそれも途中で頓挫してしまいどうしたものかと思っていた時に今回の繰上げ5スターということになりマイルの有効期限がなくなりそうです。私もすでにあまり乗っていないのでこれから積み上がって上に行くこともないのでこれにて終了という感じです。

    2023/11/15 (Wed) 16:24

    とんび

    記載された方法で計算してみました。4スターになりました。ひと安心です。もっとも今年はマイルの有効期限対策で特典の長距離国際線を2回使い、来年もそうなので、利用する割には生涯マイルは増えません。また、その後は有償で利用するにしても、旅行日数を増やし旅行回数は減らしているので、有償でもあまり増えません。4スターどまりの可能性が高いです。

    2023/11/15 (Wed) 15:17
    shoji(しょじ)

    shoji

    To masaさん

    masaさん
    いつもありがとうございます。
    スタートは3スター、でもそう遠くない先には4スターへとなりそうな感じですね。
    私も今年からダイヤモンドを維持するのをやめにしたので2024年3月いっぱいまでで、それ以降はJGCになります。もう十分に乗りましたし、もうオッケーです。
    マイルの有効期限問題は私も感じていて、AeonのGGカードを作ったりもしていましたので5年の有効期限なので計画的な利用をしないといけないと思っていましたが、減る時は早いものでビジネスクラスの特典航空券をボトムでとってもガサガサと減っていくので心配無用でした。

    新制度導入記念キャンペーン! 私も願っています(笑)

    2023/11/15 (Wed) 12:51

    masa

    現時点では、四つ星に少し足りない状況です。
    三つ星と四つ星、私にとっては、それほど特典が大きくは違わないような感じです。
    3月末でダイヤモンドも終わり、マイルの有効期限が発生するので、計画的に使わなくてはと思っています。
    五つ星も無理ですし、JGPになるくらいの搭乗も今後は難しいです。
    新制度導入記念、Life Status ポイント2倍付与とかないですかね(笑)

    2023/11/15 (Wed) 11:23
    shoji(しょじ)

    shoji

    To DLさん

    DLさん
    いつもありがとうございます。
    DL→JLへと変遷されていましたね。DLもあと少しのダブルミリオンも気になるところなのでこれは少し長い目で追いかけていかれることでしょう。
    そしてJLは3スターとのこと。4スターまでは結構ありますね。2倍のポイント数なのでなかなか難易度は高いです。
    3スターの基準は1500P。全て国内線と考えるとというと1500Pは国内線300回、次の4スターは3000Pなので国内線600回、5スターは6000Pなので国内線なら1200回と倍々ゲームなのでなかなか大変ですが国際線も利用されたりするともう少し効率よく到達できそうです。
    ワンワールドの世界一周航空券は楽しみですね!
    一気に駆け回られるのか、何度かに分けて使われるのか、計画する段階から楽しみがいっぱいな旅行になりますね。

    2023/11/15 (Wed) 09:26
    shoji(しょじ)

    shoji

    To たにともさん

    たにともさん
    いつもありがとうございます。
    新しいJGCの制度では初年度格付けは計算方式もありますし、JAL側で計算して年明けには表示もしてくると思うのであまり難しい話ではないのですが、スタートしてからはさまざまなサービスの利用具合で加算もされてくるので、訳がわからなくなるかもしれないと想像しています。
    ANAみたいに激しく使った金額とかありとあらゆるサービスを使わないいけないという感じでもなさそうなのでだいぶ緩いかなという気もします。

    2023/11/15 (Wed) 09:15

    DL

    私は、JALに本格的の乗り始めて7年、コロナ禍では、ほぼ国内線利用ということもあり、ほぼJAL利用でした。
    私の生涯搭乗実績から計算すると、ほぼ国内線利用で計1565PでJGC Three Starのようです。これからFour Starまではハードルが高いので、多分、Three Starのままでしょうが、従来のJGC会員の特典がほぼ利用できるなら良いと思ってます。

    スカイチームは、DeltaのSkymilesの会員基準が購入金額のみに改変され(不評で、基準が若干低くなりましたが)、また、羽田のラウンジがゴール会員以上でもデルタワン以上でないと利用できなくなったことやそもそも航空券が高く(安い予約クラスの航空券はほぼ見当たらない)気軽に購入できなくなったことなどで、ダブルミリオンマイラー手前で足踏みしてます。

    来年は、ほぼJAL中心で、スカイチームの世界一周航空券が発売停止になったので、ワンワールド世界一周航空券、初めての利用予定です。

    2023/11/15 (Wed) 07:45

    たにとも

    情報ありがとうございます。
    JALに乗らなくなってから最新情報に疎くなりました。今年は4回しか乗っていません。先月は久しぶりのANA今月も久しぶりのキャセイですから。
    さて、shojiさんの計算方法で私も調べてみました。私は4starでした。
    そう言えば、遠い昔はビジネス席利用すると往復の荷物の宅配をしていただけたなぁ。と特典内容を見て思い出しました。次のJALでの海外は来年の2月。その頃はまだ利用出来ませんね。

    2023/11/15 (Wed) 07:06