ソウルのタルトンネ

    タルトンネ。
    韓国にはタルトンネ(달동네)と呼ばれる街が今なお残っている。
    タルトンネとはいわゆる貧民街のことです。
    タル(달)は「月」、トンネ(동네)は「街」のことを意味しています。
    そう、タルトンネとは月の街のこと。
    朝鮮戦争前後の避難民が山の斜面に小屋を建てて住み着いたことから始まっています。

    経済発展とともにこのタルトンネは再開発の波に飲まれいくつも消えてきた。
    僕はこのタルトンネを歩いてきた。
    ソウルや釜山には大規模なトンネがまだ残っており、今見ておかないとやがてはなくなっていく運命にあるような気がしている。

    この夏、まだ見たことのないトンネを歩くつもりだ。
    弘済洞にあるケミマウル(개미마을)。
    地下鉄3号線「弘済(홍제/ホンジェ)」駅2番出口よりマウルバス7番乗車(ケミマウルは終点)とのことで、今からいくのが楽しみだ。
    44.jpg

    写真は、昔歩いた里門洞(이문동)のタルトンネでの写真だが、まだ里門洞は健在のようだ。
    ここももう一度歩いてみたい。
    関連記事
    スポンサーサイト



    shoji(しょじ)
    Posted byshoji(しょじ)

    Comments 2

    There are no comments yet.

    shoji

    Re: 初めまして(笑)

    いらっしゃいー。
    実はあまり宣伝していないので、気が付かなくて当たり前です(笑)

    こちらでもよろしくです。
    勝手にリンクもお許しくだされ。

    > ソウルのケミマウル、初めて知りました。
    > 韓国ドラマを見ているとソウルにもまだまだタルトンネが残っていることがわかりますが情報不足でなかなかそれ以上先に進みません。
    > 帰国されましたら様子を教えてくださいね。

    はい、帰国したら報告しますね。

    2011/08/20 (Sat) 22:54

    マッシー

    初めまして(笑)

    こちらでは初めまして(笑)
    新しいブログ、作成されたのですね!
    私としたことが、今まで気づかずに申し訳ありません。
    ソウルのケミマウル、初めて知りました。
    韓国ドラマを見ているとソウルにもまだまだタルトンネが残っていることがわかりますが情報不足でなかなかそれ以上先に進みません。
    帰国されましたら様子を教えてくださいね。
    ※旅のふろく、リンクしてくださりありがとうございます。

    2011/08/20 (Sat) 22:49